筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【訃報】納谷悟朗さん死去 「さらば、とっつぁん!」

また一人、大好きな声優さんが亡くなれた。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 
 

私にとって、納谷さんといえば=チャールトン・ヘストンであった。
チャールトン・ヘストンといえば、「ベン・ハー」が代表作で、マイベスト3の中の1本である。
しかし、納谷さんの吹き替えでは「ダンディー少佐」と「ウィルペニー」が、お気に入りの作品だった。
「沖田艦長」や「銭形のとっつぁん」なども、はまり役だったし忘れ難い・・・。

 

 

 

 

私は中学生の頃から、洋画を見るようになったと思う。といってもテレビの洋画劇場でのこと。
淀川先生の解説とともに、様々なジャンルの作品を楽しんでいた。当然、みな吹き替えだった。
当時は、俳優によって吹き替えをする声優が、ほぼ固定していたように思う。
例えば、ヘンリー・フォンダ=小山田宗徳、グレゴリー・ペック=城達也、アラン・ドロン=野沢那智
スティーブ・マックィーン=内海賢二、チャールズ・ブロンソン=大塚周夫、ショーン・コネリー=
山弦蔵、トニー・カーチス=広川太一郎、ジャック・レモン=愛川欽也、マリリン・モンロー
向井真理子、オードリー・ヘプバーン=池田昌子などなど・・・。
彼らの声を聞くだけで、映像を見ずとも場面を思い浮かべることができた。
時折、再放送などで別の声優さんが吹き替えをしていたりすると、どうしても馴染めない。
面白さが半減してしまうのである。「今のセリフは、話し出す前に一呼吸入れるところだろう。
那ちゃんは、ちゃんとやってたぞ・・・」などと、突っ込みたくなることもしばしば、、、
昨今の声優さんたちは皆さん上手いと思う。セリフ回しも発声もしっかりしているし、それなりに
役をこなされているのは確かである。しかし、その声と俳優がイコールにならないのである。
思い込みかもしれないが、ベテランの声優さんたちは、作品の役を通して、その俳優と同化して
いたように思う。しゃべり方や間の取り方など、その俳優の癖までも自分のものにしていた。
だから、どの作品を見てもチャールトン・ヘストンは納谷さんでなければ、しっくりとこなかったし
楽しめなかったのである。
近年でいえば「24」シリーズの主人公ジャック・バウアーの吹き替えをしていた、小山力也さんが
そんな声優の一人ではないだろうか。
今は、DVDやBRで字幕で見ることが殆どだが、敢えて、吹き替えで楽しむ作品が何本かある。
その中の一本に「お熱いのがお好き」(1959年)というコメディー作品がある。
マリリン・モンロー(向井真理子)、トニー・カーチス(広川太一郎)、ジャック・レモン(愛川欽也)が
共演している名作であるが、字幕で見るより吹き替えのほうが、はるかに楽しめるのである。(☆5つです)
若い頃から親しんだ、ベテランの声優さんたちが少なくなっていくのは、淋しい限りであります。

*********************************************************************
2013年3月11日 スポニチアネックスより
「ルパン三世」銭形警部役 納谷悟朗さん死去
アニメ「ルパン三世」シリーズの銭形警部役などで知られる声優で、俳優の納谷悟朗さんが
5日午前3時、慢性呼吸不全のため千葉市内の自宅で死去した。83歳。北海道出身。
11日に所属事務所の「テアトル・エコー」が発表した。
葬儀・告別式は近親者のみで行った。後日お別れの会を開く予定。
喪主は妻で女優の火野カチ子(納谷捷子=なや・かちこ)さん。
1950年代に俳優としてデビュー。59年に「テアトル・エコー」所属後、俳優として活躍する傍ら、
外国映画の吹き替えで人気となり、クラーク・ゲーブル、チャールトン・ヘストン、ジョン・ウェイン
などの声を担当した。
低音の渋い声が魅力で、ほかにアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の沖田艦長、仮面ライダーシリーズの
ショッカー首領役なども演じた。
-----------------------------------------------------------------------------
石川五ェ門役・井上真樹夫 納谷さんをしのぶ「ああ、とっつぁん」
アニメ「ルパン三世」シリーズで、石川五ェ門を演じた声優で俳優の井上真樹夫(72)が
自身のツイッターで故人をしのんだ。 
井上は「ああ・・・悟朗さん、悟朗さん、悟朗さん!ああ、とっつぁん!!」と納谷さんの名前を連呼。
「とっつぁん」と銭形警部の愛称を叫び、短い投稿に悲痛な思いがこもっていた。
その後、フォロワーとの会話で「久々に泣きました」「悟朗さんをいつまでも忘れないで!」
「まだまだ生きて欲しかった」「銭形は本当に納谷さんの創造物なんです」
「ほんと、納谷さんの演技力はハンパじゃないです」などと心境を吐露。
「あっちの世界でルパンと仲良くやってもらいたいです」の声には「『ルパン、逮捕だ!』とね」と
返し、初代・ルパンの山田康雄さん(享年62)とともに冥福を祈った。
------------------------------------------------------------------------------
神谷明、納谷さんは「師匠」
納谷悟朗さんの訃報を受け、声優の神谷明(66)が11日、自身のブログで故人の思い出をつづった。 
「キン肉マン」「北斗の拳」のケンシロウ「名探偵コナン」の毛利小五郎などでおなじみの神谷。
「とてもつらいです。納谷さんは、大好きな先輩というより師匠でした」といい、研究生時代は直接、
演技指導を受けたという。神谷はナレーターとして活躍した納谷さんにもスポット。
美空ひばりさんが涼んでいる「金鳥蚊取り線香」のCMバックに流れた「『金鳥の夏・日本の夏』と
いう納谷さんのフレーズは、知らない人がいないほどでした」と振り返った。
「納谷さんは演技には厳しかったですが、優しく、心温かい方でした。また、ダンディーで格好良く、
そのファッションには憧れたものです」と人柄をしのび「私自身も、ナレーションや演技に多くの影響を
受けました。実は毛利小五郎の演技には、納谷さんを意識した部分もありました」と明かした。
2009年の「ルパン三世VS名探偵コナン」で共演。
「収録にお伺いして、お話できたこと、一生忘れません。これからも、納谷さんから受け継いだものを
しっかり継承していきます」と亡き“師匠”に誓っていた。
 

 

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/98-530b8721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。