筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災から2周年

東日本大震災で犠牲になられた方々の御冥福を心より祈念いたします

 

 

 

**********************************************************************


天皇陛下のおことば(全文)
本日、東日本大震災から二周年を迎えるにあたり、ここに一同と共に、震災により
かけがえのない命を失われた多くの人々とその遺族に対し、改めて深く哀悼の意を表します。
2年前の今日、東日本を襲った巨大地震とそれに伴う大津波により、2万人を超す死者、
行方不明者が生じました。
震災後に訪れた被災地では、永年にわたって人々が築いてきた故郷が痛々しく破壊されており
被災者の悲しみは、いかばかりかと察せられました。
一方、この厳しい状況のなか、被災地で、またそれぞれの避難の地で、気丈に困難に耐え、
日々生活している被災者の姿には、常に深く心を打たれ、この人々のことを、私どもはこれからも
常に見守り、この苦しみを、少しでも分かち合っていくことが、大切だとの思いを新たにしています。
この度の大震災に際して厳しい環境の下、専心救援活動にあたった自衛隊、警察、消防、海上
保安庁をはじめとする国や地方自治体関係者、多くのボランティア、そして原発事故の対応に
あたった関係者の献身的な努力に対し、改めて深くねぎらいたく思います。
諸外国からも実に多くの善意が寄せられました。物資や義援金が送られ、また、救援の人々も
多数来日し、日本の救援活動を助けてくれました。
また、駐日外国大使など日本に住んでいる外国人を始め、災害発生後の日本を訪れる多くの
外国人が被災地に赴き、被災者を励ましてくださっていることに感謝しています。
この度の津波災害において、私どもは災害に関し、日頃の避難訓練と津波防災教育がいかに
大切であるかを学びました。
この教訓を決して忘れることなく、これから育つ世代に伝えていくことが大切と思います。
今後とも施設面の充実とともに、地域における過去の災害の記憶の継承、日頃からの訓練と
教育などにより、今後災害の危険から少しでも多くの人々が守られることを期待しています。
危険な業務に携わる人々も、この度の経験を生かし、身の安全が確保されることに工夫と訓練を
重ねていくよう願っています。
今なお多くの苦難を背負う被災地に思いを寄せるとともに、被災者一人一人の上に、一日も早く
安らかな日々の戻ることを一同と共に願い、御霊(みたま)への追悼のことばといたします。

 

 

 被災地に心寄せられ続け
天皇皇后両陛下は、2年前の震災発生以降、被災した人たちに心を寄せ続けられてきました。
両陛下は、3月11日の震災直後から被災状況の把握に努め、天皇陛下は、未曾有の災害を前に
被災した人たちを思う気持ちを、ビデオを通じた異例の形で国民に語りかけられました。
そして、一刻も早く被災者を励ましたいと、3月の末には東京都内の避難所を訪れ、以降、7週連続
で東北3県の被災地などを訪ねて、避難生活を送る人たちを見舞われました。
大きな余震や原発事故による影響も心配されるなかでの訪問でした。
両陛下は、その後も静養先の栃木県で、福島県から避難してきた人たちのもとを訪ねるなど、折りに
触れて被災者を励まされました。
天皇陛下は、翌年の去年2月に心臓の手術を受けたあと、退院からわずか1週間後の3月11日に
東京で開かれた、犠牲者の追悼式に皇后さまと出席されました。
のちに、追悼式に間に合うよう手術を受けたことを明かされた天皇陛下。
国民が被災者に心を寄せ、被災地の状況を改善する努力を続けるよう願うおことばを述べられました。
両陛下は去年も、仙台市や福島県の川内村を訪れ、仮設住宅で暮らす人たちや原発事故からの
復興に取り組む人たちを励まされました。
これまで50回近くにわたって、政府の防災担当者や放射線の専門家などから、被災地の復興状況
や原発事故の影響などについて説明を受け、被災者の置かれた状況への理解を深めるとともに、
機会あるごとに被災地支援のためのチャリティーコンサートなどに出かけられてきました。
天皇陛下は、ことし1月2日に皇居で行われた新年の一般参賀でも、訪れた人たちを前に、
「これからも皆で被災地に心を寄せて過ごしていきたいと思います」と述べられています。
(2013年3月11日 NHK NEWSwebより)
********************************************************************
平成25年3月11日
東日本大震災二周年追悼式 内閣総理大臣式辞
本日ここに、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、東日本大震災二周年追悼式を挙行するに当たり
政府を代表して、謹んで追悼の言葉を申し上げます。
かけがえのない多くの命が失われ、東北地方を中心とする我が国の国土に未曾有の被害をもた
らした東日本大震災の発生から、2年の歳月が経ちました。
この震災により亡くなられた方々の無念さと、最愛の方を失われた御遺族の皆様の深い悲しみに
思いを致しますと、誠に痛恨の極みであり、哀惜の念に堪えません。
ここに改めて、衷心より哀悼の意を捧げます。また、今なお行方の分からない方々の御家族を始め
被災された全ての方々に、心からお見舞いを申し上げます。
被災地を始め全国各地では、いまだに多くの方々が不自由な生活を送られています。
原発事故のためにいまだ故郷に戻れない方々も数多くおられます。
今を懸命に生きる人々に、復興を加速することで応えることが、天国で私たちを見守っている犠牲者
の御霊に報いる途でもあるはずです。
持てる力の全てを注ぎ、被災者に寄り添いながら、一日も早い被災地の復興、被災者の生活再建を
成し遂げるとともに、今般の教訓を踏まえ、我が国全土にわたって災害に強い強靭な国づくりを進め
ていくことを、ここに固くお誓いいたします。
この震災では、助け合いの力が大きく発揮されました。地元の方々の御努力、関係機関の尽力は
もちろんのこと、全国各地から多くの支援の手が差し伸べられました。
さらに、本日ここに御列席の世界各国・各地域の皆様からも、多くの、温かく、心強い御支援を頂き
ました。改めて、感謝の意を申し上げたいと存じます。
我が国の先人たちは、幾多の困難を克服し、その度に、より逞しく立ち上がってきました。
今日を生きる私たちも、それに倣い手を携えて、前を向いて歩んでいくことを改めてお誓いいたします。
御霊の永遠に安らかならんことを改めてお祈り申し上げるとともに、御遺族の皆様の御平安を心から
祈念し、私の式辞といたします。

平成25年3月11日
内閣総理大臣 安倍 晋三
**********************************************************************

平成25年3月11日 3.11をむかえて〜安倍総理のメッセージ〜

 

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/97-a230df26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。