筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日の丸寄せ書き」についての、ご報告

1月16日にご紹介した『Mの親方日記』さんの「日の丸寄せ書き」についてですが
4月に呉市安浦町で戦没者慰霊祭が行われるのに際し、地元住民の方々にお返しする
ことになりそうです。日の丸とともに、英霊の皆様も故郷に帰ることができますね。
以下、『Mの親方日記』さんの経過報告と、この件を取り上げてくれた新聞記事を転載します。
拙ブログをご覧になり、拡散協力をしていただいた方々に感謝いたします。

****************************************************************
~2013年2月25日 日の丸の寄せ書き:追伸7
本日発売の読売新聞、広島地方版に日の丸寄せ書き(出征旗)
の記事が掲載されました。
4月、呉、安浦町で戦没者慰霊祭が行われます。
その日に出征旗をその故郷の地へ!と、思います。
持ち主には、まだたどり着いていませんが、
たとえたどり着けなくとも、故郷の地へ戻り、ご友人のご子息、
地元住民の方々へお返しすることが最善と考えます。
その日が僕のゴール。
その後は遺族会にバトンを渡します。
何かの縁か?呼ばれたのか?
思い起こせば、昨年4月、満開の桜に誘われ靖國神社に参拝。
1週間後、仕事で台湾へ行ったとき台南にある飛虎将軍廟へ
参拝することになった。
その後、田舎の法事で大叔父達の戦死の真相を知り、で、
この出征旗を発見、入手。
そして、故郷へ帰郷。
伊勢神宮出雲大社も参拝者は“神に呼ばれた”と言います。
飛虎将軍も台湾を守る神となった英霊。靖國の英霊もまた神。
きっと俺は神様に呼ばれたんだろうな。。。
協力者の方々も神様に心を動かされたのかも、、、そう信じます。
……………………………………………………………………

2013年2月25日  読売新聞 (広島地方版)
大戦中の日の丸 呉・安浦に帰郷へ
 
米ネット競売購入 持ち主捜す
 
第2次大戦末期、出征兵士のため呉市安浦町の人たちがつづった寄せ書きがある
日の丸の旗が見つかった。
昨年12月、米国のオークションに出品されているのを東京の男性が見つけて入手。
残る多数の血痕から、戦地を経て米軍兵士の手に渡ったとみられるが、贈った相手の
名前が書かれておらず、持ち主は不明。男性は同市安浦支所に連絡、地元遺族会など
とも調整し、4月に地元で行われる慰霊祭までに旗を〈帰郷〉させたい考えだ。
旗は畳半分よりやや小さく、日の丸の周囲に墨で約50人の氏名と「武運長久」「祈健闘」
などの言葉が書かれている。
東京都稲城市でオートバイ部品販売会社を経営する佐々木隆さん(46)が、インターネット
のオークションに出ているのを見つけて購入。その際、旗は2万人以上の旧日本兵が戦死
したとされる小笠原諸島硫黄島での攻防戦に従軍した米海兵隊員が持ち帰ったものだ
と聞いたという。
旗には「三津口局職員一同」の文字もあり、佐々木さんは安浦町に「三津口」という地名が
あると知って支所に連絡。支所が判読できる氏名を調べたところ、いずれも実在の町民だった
が、既に全員が亡くなっていた。遺族らの記憶も定かでなく、「三津口局」と思われる地元の
三津口郵便局にも問い合わせたが、手がかりはなかったという。
町遺族会長の上田節臣さん(80)も佐々木さんと連絡を取りながら調べたが、持ち主には
たどり着けず、硫黄島で戦った兵士のものかどうかも確認できていない。
それでも、上田さんは「様々な思いがこもった旗を手に、地元の誰かが戦地に赴いたのは事実。
手がかりを探し、持ち主が見つからなければ遺族会で供養したい」と願う。
町内の戦没者慰霊碑前では4月、遺族会による慰霊祭が行われる。佐々木さんも、それまでに
旗を届けたいと考えており、「町の人たちが現物を見て、何かを思い出すきっかけになれば」と
話している。

………………………………………………………………………

2013年2月14日 日の丸の寄せ書き:追伸6
本日、Y新聞社より電話がありました。
ん?勧誘かな?と思いましたが、
なんと!出征旗の取材のTELでした。
広島県の地元紙か全国紙かはまだ解りませんが、
新聞記事を通して広く働きかけてくれるようです。
いやぁ~~大変ありがたい^^
また、出征旗の多くの記名の中に、当時の町長さんの
お名前も確認されました。
あの旗は昭和18年に安浦町で書かれたものです。
出征旗は、当時出兵する個人に渡した物と、弾避け(お守り)
として渡したものがあったそう。
この旗は“○○君”のような宛名が確認できないため、後者では
なかろうか?
遺族会では万が一持ち主へ返すことができなかったとしても、
出征旗を引き取りたいとの意向だそうです。
僕もそれには大賛成!!
毎年、桜の咲く頃に慰霊祭が行われるとの事ですし、何より、
地元に帰ったほうが魂も喜ぶと思います。
それがゴールで良いのではないかな?
皆さん、どう思いますか?
何やら大きな何かが、、、大きな力が働いてる、、、
僕自身、何かに動かされている感は否めない。

 

 

 

 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/90-bff7c971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。