筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奉祝・紀元節!

皇紀2673年(平成25年) 

 

2月11日は神武天皇が、大和の畝傍山(うねびやま)の麓、橿原の地で御即位された日です。
明治6(1873)年、この日を「紀元節」と定め「建国を偲び、国を愛する心を養う」祝日となりました。
そして、明治22(1889)年「大日本帝国憲法」が発布された記念日でもあります。

 < 橿原神宮 >

***********************************************************************
~2013.2.11 産経ニュース【主張】より
建国記念の日 政府自らが祝ってほしい
47回目となった今年の「建国記念の日」も政府の主催や後援による記念式典は
開催されず、残念といわざるを得ない。
日本書紀によれば紀元前660年、橿原宮(奈良県)において初代神武天皇が即位した。
その日を太陽暦に換算したのが2月11日である。
明治6年、政府はこの日を「紀元節」として祝日に定めた。
当時の日本は、西欧列強がわが国を植民地にするかもしれないという脅威の中で、
世界に伍していくべく新しい国づくりが求められていた。
紀元節の制定は、建国の歴史を学ぶことで国民に一致団結を呼びかける意味があった。
しかし先の敗戦後、GHQ連合国軍総司令部)によって紀元節は廃止され、
建国にかかわる神話も学校では教えなくなった。
国民の強い要望に応え、2月11日が「建国記念の日」として復活したのは昭和42年である。
名称は変わったものの、祝日法に「建国をしのび、国を愛する心を養う」と明記されたのは、
まことに意義深いことだった。
それにもかかわらず、市民活動家らはいまだに「建国記念の日は国家主義の復活、戦争の
美化に通じる」などと訴えている。理解に苦しむばかりだ。
建国を祝い愛国心を養うことが、どうして国家主義や戦争などに結びつくのか。
わが国はこれまで一度として国家が断絶することもなく、一系の天皇を戴きながら連綿と
継承されてきた世界でもまれな国である。
祖先が建国の歴史に誇りを持ち続けたたまものといえよう。
その日本が今、中国北朝鮮などによって主権を脅かされ、あらゆる面で日本人が自信を
失いかけている。いまこそ紀元節を定めた明治期のように、全国民が建国の歴史に学び、
誇りを胸に一致団結すべき
ではなかろうか。
そのためにも「建国記念の日」を祝う式典を、政府自らが主催することが求められる。
政府後援の式典が中止された平成17年以降、政府が直接かかわる式典は開かれていない。
国が定めた祝日でありながら、政府が祝わないのは、極めて異例というほかない。
自民党は昨年末の衆院選で、政府主催の式典の開催を公約に掲げた。
その自民党が政権復帰したことで「政府主催」に期待が膨らんでいる。
臨機応変に今回、対応して欲しかったが、来年はぜひ政府主催を実行してもらいたい。

 

 

 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/76-952bb6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。