筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノロウイルスによる集団感染に注意!

全国各地で、ノロウイルスによる集団感染が相次いで発生し、死亡者が続出しています。
今後も流行の継続が予想されますので、日頃の手洗いの徹底や、発症時の対応などに
留意し、感染予防・感染拡大防止に努めてください。
**********************************************************************
◆ 免疫すり抜ける「変異型」ノロ、大流行の兆し
この冬、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎は大流行する兆しを見せている。
厚労省は、重症化しやすい子どもや高齢者らに特に注意を呼びかけている。
国立感染症研究所が、全国約3,000の小児科病院から報告を受けている定点調査によると、
1医療機関当たりの感染性胃腸炎の平均患者数は、12月3~9日の1週間で今季最高の
19.62人に達し、過去10年間で最も多かった2006年に次ぐ水準となった。
感染研によると、今シーズン流行しているウイルスは、人間の免疫をすり抜けやすい性質に変異
しており、感染が広がる一因になっている。
同じ変異型のウイルスは、世界的に流行しているとみられるという。
国内では今月に入り、大分県竹田市の病院に入院していた男性患者(当時84歳)が死亡したほか
京都市左京区の病院でも、80歳代と90歳代の男性患者が死亡。広島市でも1,000人以上が集団
食中毒にかかるなどした。
西日本での流行が目立っているが、北海道や静岡など東日本の各地でも集団感染が確認されている。
(2012年12月24日  読売新聞)
・----------・----------・----------・----------・----------・----------・
◆感染経路は?予防法は?…
ノロ対策Q&A
ノロウイルスに、どう対処するか。ポイントをまとめた。

 

Q)どんなウイルスか。
A)患者の便や嘔吐物、加熱不十分な二枚貝などに潜む。感染力が強く、ウイルスが10個以上
  あれば、感染するとの報告もある。激しい嘔吐や下痢を、1日10回以上繰り返すこともある。
  熱はほとんどなく1~2日で自然に治る。高齢者、乳幼児以外では重症化することは少ない。

Q)感染経路は。
A)床に飛散した嘔吐物や下痢便などに触れた手からウイルスが口に入り、感染する。
  消毒が不十分だと、舞い上がったウイルスを吸い込み、感染することもある。

Q)予防法は。
A)トイレの後や食事の前、流水とせっけんでしっかり手洗いをする。
  下痢便や嘔吐物を処理する時は、ビニール手袋を着用し、塩素系消毒薬で消毒する。
  アルコール消毒はあまり効果がない。
  拭き取った布や手袋などはビニール袋に密封して処分する。
  衣類は水洗い後に塩素系漂白剤で消毒する。
  調理器具や食品は85度以上の熱湯で1分以上加熱する。

Q)発症時の注意点は。
A)ノロウイルス自体に効く治療薬はない。
  脱水症状を防ぐため、十分な水分補給をする。
  嘔吐がひどく、水も飲めない時は、医療機関で治療する。
  下痢止めは、ウイルスの排出を抑え、回復を遅らせることもあり注意したい。
(2012年12月24日  読売新聞)
・----------・----------・----------・----------・----------・----------・
ノロウイルス手洗いで予防
下痢や嘔吐を繰り返す感染性胃腸炎が急増している。原因の一つのノロウイルスは感染力が強い。
普段から手洗いをしっかりするなど感染予防に力を入れたい。
感染性胃腸炎になると、子どもや高齢者は脱水症状を起こしたり、吐いた物を喉につまらせたりして
命にかかわることもある。
国立感染症研究所によると、今年の流行は、この10年間で2006年に次ぐ勢いだ。
ノロウイルスに汚染された食品を食べて感染する。感染者が調理すると、さらに別の食品に
ウイルスが付着することがある。吐いた物に触れて感染が広がるケースもある。
東京都福祉保健局は、「ノロウイルス対策の基本は、普段からの手洗い」という。
石けんを使い、手のひら、甲、指先・爪の間、指の間の順にしっかりこするように洗う。
特に、親指の周りや手首などは汚れが残りやすい。洗い忘れないように注意する。
洗った後は十分に水で流し、ペーパータオルや清潔なタオルでよく拭くこと。
もし家族が感染したときには、他の家族に感染が広がらないよう気を付けたい。
吐いた物など汚物はぬぐい取り、ウイルスが残らないよう確実に消毒することが必要だ。
大阪府地域保健感染症課は、その処理法=イラスト参照=を紹介している。消毒液として使うのは、
市販の塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウムが約5%のもの)を水で10倍に薄めたものだ。
汚物が付いた衣服は処分するのが最も安全だが、捨てるのに抵抗があるなら、水でもみ洗いした後
温度計を見ながら85度以上の熱湯に1分以上つける。
布団などの場合は汚れを取った後、アイロンのスチームをあてる。処理中はマスクとビニール手袋を
着用する。手や体に付いた場合には、せっけんで洗い、シャワーで念入りに洗い流す。
(2012年12月21日  読売新聞)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

◆発生状況まとめ(12月23日現在)

 

・12月  4日:静岡県三島市の飲食店で、ノロウイルス検出。
・12月10日:静岡県熱海市の旅館で、3人からノロウイルス検出。
・12月12日:栃木県の保育園で、園児46人が下痢や嘔吐などの症状、1人が入院。
      ノロウイルスによる感染性胃腸炎が集団発生。
・12月13日:東京都千代田区三崎町の飲食店で、27人が下痢や発熱などの症状。
      ノロウイルスによる集団食中毒。
      :名古屋市のホテルで、食事をした49人がノロウイルスによる食中毒。
      :富山県高岡市の食堂で、食事をした女性6人が下痢や嘔吐、発熱などの症状。
       患者と食堂の従業員からノロウイルス検出。
・12月14日:広島市で弁当を食べた1,052人が下痢や嘔吐。一部の患者からノロウイルス検出。
      :沖縄県で修学旅行中の高校生31人が下痢や嘔吐。ノロウイルス検出。
・12月15日:山梨県甲斐市で、仕出し弁当を食べた319人が下痢や嘔吐。ノロウイルス検出。
      18日には患者累計619人が食中毒に。
      23日には、とりまとめで1,184人が食中毒に。
      :神奈川県茅ケ崎市の飲食店で、客17人が下痢や中毒症状。ノロウイルス検出。
・12月16日:千葉県成田市のホテルで、中学校の生徒68人と教師3人が発熱や嘔吐などの症状。
      そのうちの1人からノロウイルス検出。
・12月18日:大分県竹田市の病院で、患者6人と職員2人が下痢や嘔吐の症状。
      そのうち5人からノロウイルス検出。この集団感染で1人死亡。
      :鎌倉市の児童発達支援センターで、児童6人と職員4人が食中毒症状。
      うち1人からノロウイルス検出。
・12月19日:北海道帯広市内の病院で、複数の患者や医療関係者などが下痢や嘔吐。
      5人からノロウイルス検出。この集団感染で1人死亡。
      :広島県呉市の海上自衛隊の隊員48人が嘔吐や腹痛。5人からノロウイルス検出。
・12月20日:京都市左京区の病院で、入院患者10人が下痢や嘔吐。4人からノロウイルス検出。
      この集団感染で2人死亡。
・12月21日:山形県米沢市の飲食店で、客が下痢や嘔吐。7人からノロウイルス検出。
      :福岡市の高齢者施設で、入所者や職員などが下痢や嘔吐。1人からノロウイルス検出。
      :青森県五所川原市の飲食店で、客が下痢や嘔吐。1人からノロウイルス検出。
      :山梨県甲府市の飲食店2店で、客が下痢や嘔吐。ノロウイルス検出。
      :栃木県小山市の高齢者施設で、入所者と職員らが下痢や嘔吐。ノロウイルス検出。
      :富山県高岡市の食堂で、客が下痢や嘔吐。ノロウイルス検出。
・12月22日:奈良県河合町と田原本町の葬儀場で、会席料理を食べた男女が下痢や発熱。
      7人からノロウイルス検出。
      :兵庫県姫路市の居酒屋で、客が下痢や嘔吐。2人からノロウイルス検出。
・12月23日:山梨県峡東保健所管内の保育所で、園児と職員が下痢や吐き気。
      12人からノロウイルス検出。
      :宮崎県日南市の病院で、ノロウイルスによる集団感染が発生。この集団感染で6人死亡。
      :大分県大分市の飲食店で、客が下痢や嘔吐。ノロウイルス検出。

 

ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)>
 http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ちなみに、週刊実話特大号に以下のような記事が載っていましたので、転載します。

 

国内で変異株出現、韓国ではキムチ751トン回収
年末年始が怖い
ノロウィルス・パンデミック

 

感染性胃腸炎の原因と言われるノロウイルスに、“異変”が起きていることが判明した。
ノロウイルスには、いくつかのタイプがあるが、ここ数年は、'06年に全国で大流行を
引き起こしたタイプが大半を占めていた。
「ところが、新潟県長岡市の2つの福祉施設でこの10月に集団発生した感染性胃腸炎
で患者から検出されたノロウイルスを国立医薬品食品衛生研究所が分析したところ、
これまでにないタイプが発見されたのです」 (社会部記者)

その後、同じように変異したウイルスが、北海道や東京そして沖縄など9つの都道府県で
発見されたのだ。

 

一方、隣国の韓国でも思わぬ事態が起きている。
ソウルと浦項で発生した食中毒を調査した結果、生産されたキムチや調味料など751tが
ノロウイルスに汚染された可能性があるとして、食品医薬品安全庁が回収命令を出したのだ。
「つい最近、ソウルや浦項の4つの高校で集団食中毒が発生した。
原因は、安東農協・豊山キムチ工場で生産されたキムチだったが、これが日本でも問題と
なっている。実はノロウイルス入りのキムチが、日本にも輸入されている可能性があるのです」
(社会部記者)

 

こうした事象を見る限り、今冬にも日本全土でノロウイルスが大流行する可能性が高い。
ノロウイルスの潜伏期間は24~48時間。吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などの症状がある。
発熱はそれほどでもないが、子供や老人のいる家庭では2次感染が心配だ。

 

世田谷井上病院の井上毅一理事長が語る。
ノロウイルスは感染力、増殖力が非常に強い。感染者の便やおう吐物に大量に含まれて
いることがあり、乾燥して舞い上がった埃からも感染する。そのため外出先から帰ったら、
必ず、うがいと手洗いを徹底すること
また、マスクも必須だが、外側は汚いのでマスクを触った手で調理してはナンセンス。
食器、まな板、布きん、タオルなどは85℃以上の熱湯で1分以上の加熱が必要です」
ちなみに、アルコールによる除菌では効果はないというから、用心が必要だ。

~2012年12月23日(2012年12月27日 特大号)

 

**********************************************************************


ノロウイルス汚染のキムチで集団食中毒、750トン回収へ韓国

 

韓国の食品医薬品安全庁は5日、ソウルと浦項(ポハン)で発生した集団食中毒を
調査した結果、安東農協・豊山キムチ工場で生産されたキムチや、調味料など
総751トンが、ノロウイルスに汚染されている可能性があるとして、回収命令を出した。
複数の韓国メディアが報じた。
韓国メディアは
「安東農協・豊山キムチ、ノロウイルス検出で販売禁止」、「高校集団食中毒の原因は
農協のキムチのノロウイルス」、「食中毒が懸念されるキムチ・調味料700トンが市場
に流通」などの見出しで伝えた。
ソウルと浦項の4つの高校で先ごろ、集団食中毒が発生した。原因となった食品は、
安東農協・豊山キムチ工場で生産されたキムチや調味料とみられている。
調査の結果、該当製品から検出されたノロウイルス(G2―4)は、高校4校の患者(144人)
のものと同じタイプであることが分かった。
さらに、キムチの生産に使用された地下水から検出されたノロウイルスも同じタイプだった。
今回の回収対象製品は、安東農協・豊山キムチ工場で11月9日から12月4日までに生産
されたキムチやキムチを漬けるための調味料などの全製品。
同工場で生産された製品は751tあり、このうち50tを企業から回収した。
市場に通している残りの700tについても、回収措置を行っているという。
~2012/12/07(金) サーチナニュースより

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/54-96d276e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。