筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年12月16日は「最高裁判所裁判官国民審査」も実施

12月16日は第46回衆議院議員総選挙とともに最高裁判所裁判官の国民審査が実施されます。
この審査は現職の裁判官が「憲法の番人」にふさわしいかを、国民がチェックする制度です。
15人の裁判官中、2009年8月の前回審査後に任命された、山浦善樹、岡部喜代子、須藤正彦、
横田尤孝、大橋正春、千葉勝美、寺田逸郎、白木勇、大谷剛彦、小貫芳信の10氏(告示順)が
対象となります。
国民審査の投票用紙には、対象となる裁判官の氏名が記されていますので、
罷免すべきと思う裁判官は、氏名の上に×(バツ)印を書き入れ、信任する場合は何も記入しない。
有効投票の過半数が罷免の×印をつけた場合、その裁判官が罷免されることになります。
以下に、10氏の略歴と判決評価をあげておきますので、審査の参考にしてもらえればと思います。
ただし罷免すべきか否かの判断は、自分なりに考えたうえでお願いします。
***********************************************************************
①山浦善樹(やまうら よしき)66歳
山梨学院大学大学院法務研究科教授、筑波大学大学院ビジネス科学研究科法曹専攻教授、
中央大学大学院法務研究科客員教授等を務め、今年就任

△2012年10月:収賄事件で、前福島県知事を有罪とした決定に関与
△2012年10月:参院選の1票の格差訴訟で、違憲状態の多数意見
×2012年12月5日:岐阜の家族5人殺害で、無期懲役の判決

 

②岡部喜代子(おかべ きよこ)63歳
東洋大学専門職大学院法務研究科教授、慶應義塾大学法科大学院教授などを務め
中央労働委員会公益委員から2010年に就任。

×2011年1月:「まねきTV」訴訟の上告審判決で、テレビ局側を逆転勝訴させた。
◎2011年6月21日:国歌起立職務命令を合憲とする判決に、賛成の補足意見を述べた。
△2011年12月:著作権法違反ほう助罪に問われたファイル交換ソフト「ウィニー」開発者を
 無罪とした裁判長
△2012年10月:参院選の1票の格差訴訟で、違憲状態の多数意見
○2012年2月28日:「生活保護の老齢加算廃止違憲訴訟」で老齢加算廃止は合憲とした裁判長。
△2012年7月9日:「児童ポルノ事件」で、URL掲載が公然陳列正犯に該当するという判決。

 

③須藤正彦(すどう まさひこ)69歳
東京弁護士会副会長、、最高裁判所司法研修所教官、日本弁護士連合会綱紀委員会委員長を歴任。
2009年に就任。

×2011年2月18日:武富士創業家の贈与税訴訟で、課税を適法とした二審・東京高裁判決を破棄し
 ‎逆転判決を出した裁判長。
◎2011年5月30日:国歌斉唱起立の職務命令を合憲とする判決。
◎2012年6月:朝鮮総連の上告を退け、敗訴を確定。総連本部の差し押さえを決定した裁判長。
△2012年10月:参院選の1票の格差訴訟では、違憲とすべきとの反対意見を述べた。
△2012年11月13日:高知白バイ衝突死事故で、有罪となった元バス運転手が「証拠が捏造された」
 として県などに損害賠償を求めた訴訟(冤罪の疑いがある)で、最高裁第二小法廷にて、原告側の
 上告を棄却。

 

④横田尤孝(よこた ともゆき)68歳=検察官出身
最高検察庁検事、法務省保護局長、広島高等検察庁検事長を務め、2007年退官後事務所顧問を
へて2010年に就任。

×2011年4月21日:「大江健三郎岩波書店沖縄戦裁判」(沖縄ノート名誉毀損訴訟)で、
 原告の上告を棄却し、大江健三郎を勝訴させた。
◎2011年7月14日:君が代斉唱不起立、再雇用拒否訴訟で上告を棄却。
◎2011年12月12日:北九州連続監禁殺人事件で、副主犯格とされた女性被告を無期懲役とした
 多数意見に対し、死刑相当との反対意見を述べた。
◎2012年2月9日:国歌斉唱義務不存在確認事件で、多数意見に賛成の補足意見を述べた。
△2012年10月:参院選の1票の格差訴訟で、違憲状態の多数意見
○2012年12月5日:岐阜の家族5人殺害で、無期懲役の判決に反対し死刑を主張。

 

⑤大橋正春(おおはし まさはる)65歳
日本弁護士連合会法科大学院センター委員長から今年2月に就任

△仙谷由人めぐる「週刊新潮」記事について新潮社への賠償命令を確定。
△2012年10月:参院選の1票の格差訴訟では、違憲の反対意見を述べた。
△2012年7月9日:児童ポルノ事件で、URL掲載が公然陳列正犯に該当するという判決に
 反対意見を述べた。

 

⑥千葉勝美(ちば かつみ)66歳
東京高等裁判所判事、最高裁判所首席調査官などへて、仙台高等裁判所長官から2009年に就任。

×2012年7月:「闇サイト殺人事件」で、死刑判決が妥当だったにもかかわらず、C被告に更生の余地
 ありとしC被告を無期懲役に。
◎2011年5月30日:国歌斉唱起立の職務命令を合憲とする判決に賛成する補足意見を述べた。
△2012年10月17日:参院一票の格差訴訟では、違憲状態に賛成し、補足意見を述べた。

 

⑦寺田逸郎(てらだ いつろう)64歳
法務省民事局長などをへて、さいたま地方裁判所所長、広島高等裁判所長官から2010年に就任。

△2007年11月:難民申請が認められず、不法滞在になったクルド人家族3人が、強制退去処分の
 取り消しを求めた控訴審で、国と家族が話し合うよう促したため、結果として原告3人は定住者と
 して1年間の在留資格を得る(特別措置)にいたった。
○2011年10月:福岡市の幼児3人死亡事故で、元市職員に危険運転致死傷罪の成立を認め実刑と
 した裁判長
△2012年7月9日:児童ポルノ事件で、URL掲載が公然陳列正犯に該当するという判決に反対意見を
 述べた。
△2012年10月:参院選の1票の格差訴訟で、違憲状態の多数意見

 

⑧白木勇(しらき ゆう)67歳
東京地方裁判所所長、 広島高等裁判所長官、東京高等裁判所長官などをへて2010年に就任

×2011年4月21日:「大江健三郎岩波書店沖縄戦裁判」(沖縄ノート名誉毀損訴訟)で、
 原告の上告を棄却し、大江健三郎を勝訴させた裁判長。
△2010年3月:ネットの書き込みによる名誉毀損を、報道と同基準で判断すべきだとした裁判長。
◎2011年6月6日:君が代斉唱訴訟で、憲法19条には違反しないと判断、上告を棄却。
◎2012年2月20日:光市母子殺害事件で元少年の上告を棄却、被告を死刑とした広島高裁判決
 を確定させた。
△2012年10月:参院選の1票の格差訴訟で、違憲状態の多数意見
×2012年12月5日:岐阜の家族5人殺害で、無期懲役の判決

 

⑨大谷剛彦(おおたに たけひこ)65歳
最高裁判所事務総長、大阪高等裁判所長官を経て2010年就任。

×2011年1月:「まねきTV」訴訟の上告審判決で、テレビ局側を逆転勝訴させた。
○2011年6月7日:「広島連続保険金殺人事件」において、死刑はやむを得ないとし原告の上告を
 棄却。死刑が確定。
◎2011年6月21日:国歌起立職務命令を合憲とする判決に、賛成の補足意見を述べた。
◎2011年10月31日:北九州酒酔い運転死亡事故について、危険運転致死に当たるとした判決に
 賛成の補足意見を述べた。
△2011年12月19日:ウィニー作者幇助事件について、幇助にあたるとの反対意見を述べた。
△2012年10月、参院選の1票の格差訴訟で、違憲状態の多数意見

 

⑩小貫芳信(おぬき よしのぶ)64歳
法務省矯正局長、名古屋・東京両高検検事長などを経て今年就任。

○2012年9月:特別公務員暴行陵虐致傷罪で、審判に付された佐賀県警巡査部長の
 松雪大地被告を、無罪とした決定した裁判長。
△2012年10月:参院選の1票の格差訴訟で、違憲状態の多数意見。

 

【 ◎判決を支持(高評価)、○判決を支持、△どちらともいえない、×判決を不支持 】

(「正しい歴史認識」さんを参考にさせてもらいました。)

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/48-e3aba199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。