筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇陛下、新年のお出まし

平成29年1月1日、皇居宮殿の「松の間」において『新年祝賀の儀』が執り行われました。
天皇陛下におかれましては、新年にあたり「国の発展と国民の幸せを祈ります」とのお言葉を述べられました。

NNN「新年祝賀の儀」

平成29年1月1日 NHKニュースより
皇居で新年祝賀の儀
元日に皇居では「新年祝賀の儀」が行われ、天皇陛下が「国の発展と国民の幸せを祈ります」
と新年の挨拶をされました。
「新年祝賀の儀」は、年の初めに天皇陛下が皇后さまとともに、皇族方や総理大臣、衆参両院
の議長と議員、それに日本に駐在する外国の大使などから新年のお祝いを受けられる儀式です。
皇居宮殿の「松の間」では、午前11時すぎから両陛下が皇太子さまなど皇族方とともに儀式
に臨まれました。
去年10月に三笠宮さまが亡くなり、喪に服している三笠宮妃の百合子さまなどは出席されま
せんでした。
はじめに、出席した衆参両院の議員や夫人を代表して大島衆議院議長と伊達参議院議長がそれ
ぞれ新年の挨拶をしました。
これに対し天皇陛下が「年頭に当たり国の発展と国民の幸せを祈ります」と述べられました。
両陛下は午前中、安倍総理大臣や閣僚それに最高裁判所の長官などからも挨拶を受けられまし
た。午後からは、日本に駐在する外国の大使などから挨拶を受けられることになっています。


平成29年1月1日の天皇陛下の行事
(宮内庁HPより)



新年を迎えられる天皇ご一家(宮内庁提供)
天皇ご一家近影(宮内庁提供)


---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------

平成29年1月2日、皇居で一般参賀が執り行われました。
天皇皇后両陛下とともに皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下、眞子内親王殿下、佳子内親王殿下が宮殿
長和殿のベランダに計5回お出ましになられました。
天皇陛下は参賀者に対し「新年おめでとう。皆さんとともに、この日を祝うことをまことに喜ばしく思い
ます。本年が人々にとり、穏やかで心豊かに過ごせる年となるよう願っています。年頭にあたり、わが国
と世界の人々の平安を祈ります」
とのお言葉を述べられました。


新年一般参賀


2017年01月02日 読売新聞
一般参賀で天皇陛下「心豊かに過ごせる年に」
皇居で2日、新年恒例の一般参賀が行われた。
天皇、皇后両陛下や皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻らが午前、午後の計5回、宮殿のベランダに立ち、参賀者
の祝意に応えられた。天皇陛下は「本年が人々にとり穏やかで心豊かに過ごせる年となるよう願っています」
とあいさつされた。宮内庁によると、この日、皇居を訪れた参賀者は計9万6700人。
昨年8月に天皇陛下が退位の意向を示唆する「お言葉」を表明されたこともあり、皇太子ご夫妻の結婚翌年
の1994年(11万1700人)に次ぎ、平成に入って2番目の多さだった。
東京都八王子市の無職男性(63)は「退位後は拝見する機会がなくなってしまうかもしれないと思い、夫婦
で初めて一般参賀に来た。天皇陛下の生の声を聞かせていただき、感動した」と話していた。
1日には宮殿で「新年祝賀の儀」が行われ、両陛下が皇族方や安倍首相ら三権の長などから新年のあいさつ
を受けられた。


2017年1月2日
産経ニュース
平成で2番目の9万6千人超が祝う
陛下の譲位で関心高まる 4回目は入場制限

新年恒例の一般参賀が2日、皇居で行われ、天皇、皇后両陛下や皇族方が宮殿「長和殿」のベランダに立ち、
手を振って応えられた。宮内庁によると、計5回で9万6700人の参賀者が訪れた。
平成の新年一般参賀では、皇太子妃雅子さまがご成婚後初めて参列された6年に、計8回で11万1700
人が訪れたのが最多。今年はそれに次いで多かった。
天皇陛下が昨年8月に譲位の意向を示されたことで、国民の関心が高まったのが要因とみられる。
宮内庁によると、4回目だけで会場内の人数が2万6730人に達したため、入場を制限したという。
陛下は毎回、マイクを通じて「新年おめでとう。皆さんとともにこの日を祝うことを誠に喜ばしく思います。
本年が人々にとり、穏やかで心豊かに過ごせる年となるよう願っています」とあいさつをされた。


2017年1月2日
日本経済新聞/共同
陛下「人々の平安祈る」 新年一般参賀に9万人超
天皇陛下が新年に当たり、人々から祝賀を受ける恒例の新年一般参賀が2日、皇居で行われた。
陛下は宮殿・長和殿のベランダに立ち「人々にとり穏やかで心豊かに過ごせる年となるよう願っています。
わが国と世界の人々の平安を祈ります」とあいさつされた。
陛下は、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまら成年皇族と共に並んだ。
一般参賀は午前と午後に計5回実施。宮内庁によると、平成に入って2番目に多い9万6700人が集った。
過去最多は皇太子妃雅子さまが初めて参加した1994年の11万1700人。この年は参賀の機会が8回あった。
昨年10月に亡くなった三笠宮さまの妻百合子さまは服喪期間のため欠席し、息子の妻の寛仁親王妃信子さ
まや高円宮妃久子さま、孫も参加しなかった。陛下の弟の常陸宮さまは車いすに乗り、妻の華子さまと共
に最初の2回だけ加わった。
陛下が退位の意向を強くにじませた昨年8月のビデオメッセージ以降、陛下の動静に注目が高まっている。
昨年12月23日の天皇誕生日を祝う一般参賀(3回)には、記帳と合わせ、平成に入って最多の計3万858
8人が訪れた。


2017年1月2日
朝日新聞デジタル
天皇陛下「穏やかで心豊かな年に」 皇居で新年一般参賀
新年恒例の一般参賀が2日、皇居であった。天皇陛下は皇后さまや皇太子ご夫妻ら皇族方と宮殿のベランダ
に立ち、「本年が人々にとり、穏やかで心豊かに過ごせる年となるよう願っています」と語った。
天皇陛下が昨年8月に退位の意向をにじませるお気持ちを表明し、注目が集まるなか、朝から多くの人たち
が足を運んだ。
陛下は「新年おめでとう。みなさんとともに、この日を祝うことを誠に喜ばしく思います」と述べ、「年頭
に当たり我が国と世界の人々の平安を祈ります」と話した。
宮内庁によると、天皇陛下や男性皇族方はモーニングコート。皇后さまは淡いうぐいす色、雅子さまはロイ
ヤルブルー、紀子さまは淡いあんず色、眞子さまはクリーム色、佳子さまは空色、常陸宮妃華子さまはブル
ー系のお長服姿。


2017年1月2日
毎日新聞
新年一般参賀 9万6700人…平成で2番目に多く
新年恒例の一般参賀が2日、皇居・宮殿で行われ、平成に入って2番目に多い9万6700人が集まった。
昨年8月に天皇陛下が退位の意向がにじむおことばを公表され、皇室への関心が高まったためとみられる。
天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方が宮殿・長和殿のベランダに5回立ち、笑顔で
手を振って応じられた。参賀の機会が7回から5回に減った2009年以降では最多の参賀者数だった。
天皇陛下は参賀者に「本年が人々にとり、穏やかで心豊かに過ごせる年となるよう願っています。年頭に
当たり、我が国と世界の人々の平安を祈ります」と述べた。
平成になって参賀者数が最多だったのは、皇太子妃雅子さまが結婚後に初めて出席した1994年。
この年の参賀の機会は8回で11万1700人だった。
今回は陛下のおことば公表から初の新年一般参賀で、「正月に陛下を見られるのは最後かもしれない」と
の思いで来た人や、初めて来たという人の姿も目立った。
福岡県筑後市の会社員、藤丸七次郎さん(68)は「今年が最後ではないかと思い家族と一緒に初めて来た。
お元気そうでうれしかった。退位をされるのなら残念だが、お元気にゆっくりしていただきたい」と話した。
大阪市東成区の会社員、石丸仁志さん(42)は「天皇陛下が退位されるのではとのニュースが話題になって
いるので来た。姿を見て声も聞くことができてよかった」と話していた。
昨年10月に三笠宮さまが100歳で亡くなったことを受け、妻百合子さまら三笠宮家と、三男の故高円宮
さまが創立した高円宮家のご家族は欠席した。
安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」は専門家からヒアリングする
など陛下の退位に関する議論を重ねており、月内に論点整理をまとめる予定。 (山田奈緒、高島博之) 


2017年1月2日
NHKニュース
皇居で新年一般参賀
2日、皇居で一般参賀が行われ、10万人近くが訪れました。天皇陛下は「わが国と世界の人々の平安を祈り
ます」とあいさつされました。
2日の東京は青空が広がる穏やかな天気となり、午前9時半に皇居の正門が開くと、待っていた1万1000
人余りが二重橋を通って宮殿の前に向かいました。
天皇皇后両陛下は、皇太子ご夫妻など皇族方とともに、午前中3回、宮殿のベランダに立ち、訪れた人たちに
笑顔で手を振って応えられました。
去年、三笠宮さまが亡くなり、喪に服している三笠宮妃の百合子さまなどは出席されませんでした。
天皇陛下は「新年おめでとう。皆さんとともに、この日を祝うことをまことに喜ばしく思います。本年が人々
にとり、穏やかで心豊かに過ごせる年となるよう願っています。年頭にあたり、わが国と世界の人々の平安を
祈ります」とあいさつされました。
天皇ご一家は、午後も2回、宮殿のベランダに立たれ、1日で平成に入って2番目に多い10万人近くが皇居
を訪れて新年を祝いました。
宮内庁は「天皇陛下が去年、お気持ちを表明された影響もあったと見られる」としています。

■訪れた人は
皇居を訪れた神奈川県の26歳の女性は「これまでは皇室に対して特別な思いはありませんでしたが、去年、
天皇陛下がお気持ちを表明され、今年は感謝の気持ちと、お元気でいて欲しいという思いで来ました。素敵な
姿を拝見できて嬉しいです」と話していました。
兵庫県の61歳の男性は「天皇陛下がお元気そうにされていて、私も良い正月を迎えられました。陛下は大変
な公務がめじろ押しなので、ゆっくりされて欲しいです」と話していました。
大阪の32歳の女性は「皇居ではたくさんの人たちが『天皇陛下』と声を上げていて、皆が天皇陛下のことを
思っているんだと感じました。天皇陛下には長く続けていただきたいという思いもありますが、私たちが立ち
入ることではないのかなとも感じます」と話していました。
埼玉県の37歳の男性は初めて3人の子供と訪れ、「自分自身、小学生の時は天皇陛下という方がいることを
あまり知らなかったので、子供たちには早いうちから実感を持って欲しいと思っています」と話していました。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/443-ab3e7be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。