筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマ訪日を知っていましたか・・・

チベット自治区(西藏)は1949年以降の支那共産党の侵略により、苛酷な虐殺と宗教破壊の
被害を今現在も受け続けています。
そして09年以降、この侵略行為に対する抵抗運動としての焼身抗議が、70人以上にもなります。
支那共産党は国際法を無視し、強力な軍事力を擁してチベット高原を占領し続けているのです。

 

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が11月3日に来日されて、14日までの滞在期間中

に横浜市や那覇市で講演された他、宗教と科学をテーマに東京都内で開催されたシンポジウムなど
に出席されました。日本訪問は18回目になるそうです。
今回特筆すべきは、13日に国会議員向け特別講演会が参院議員会館で行われたことです。
この講演は、超党派の国会議員有志が主催し、衆参の国会議員計134人を含む230人余り
が参加したもようです。さらには、「チベット支援国会議員連盟」が設立されました。
この件に関して、国内メディアはまともに報道しませんでした。特にNHKは完全にスルーでした。
英国紙フィナンシャル・タイムズやインドの有力紙がとりあげ、世界にむけて報道されましたが
国内新聞は、産経以外は殆ど報じませんでした。

 

 

「ダライ・ラマ」とは、モンゴル語の称号で「大海」の意。
本名は「テンジン・ギャツォ」
1935年7月6日、チベット北東タクツェル生まれ。
2歳のときに、先代13世の転生者であるとの認定を受けた。
1989年、ノーベル平和賞を受賞。
正式呼称は、チベット仏教最高指導者第14世ダライ・ラマ教皇猊下。

 

***********************************************************************
□ダライ・ラマ14世法王 特別講演
 http://youtu.be/WT1ZT-324rQ
11月13日に、参議院議員会館の大講堂で行われた
『ダライ・ラマ法王14世 特別講演』の模様です。
(平成24年11月13日・参議院議員会館)
・…………………・・…………………・・…………………

□ダライ・ラマ法王に単独会見
http://youtu.be/dss2FolhyLk
「櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!」
櫻井よしこさんによる、単独会見です。

 

***********************************************************************
自民 安倍総裁 ダライ・ラマ支援を表明 
仏教最高指導者のダライ・ラマ14世の国会議員向け特別講演会が13日午前
参院議員会館で行われた。
講演に出席した自民党安倍晋三総裁は、チベットで「人権が弾圧されている現状」
を変えていくために全力を尽くす、と表明した。
民主党の牧野聖修前経済産業副大臣、自民党で安倍氏に近い下村博文衆院議員
ら超党派の国会議員有志が主催した。
下村氏によると、ダライ・ラマが日本の国会施設で講演するのは初めてで、講演には
衆参の国会議員計134人が参加したという。
安倍氏は冒頭あいさつで「ここに集った議員は一日も早くチベットの人々が自由を
勝ち取るために自らの命を絶つ、こういうことが起こらないように協力していきたい
ということでは完全に一致している」と指摘。
「これからもチベットに対して声援を送っていくこと、協力をしていくこと、なんとか
チベットが今の現状、人権が弾圧されている現状、これを変えていくために全力を
尽くしていくことを誓う」と明言した。
ダライ・ラマとの関係については「完全に自由と民主主義を目指す、この価値で
私たちと一致している」とも指摘した。
この他、会場で配布された特別講演会の「世話人一同」によるアピール文は、
「現在、中国政府はチベットの人々に対して、苛烈な人権蹂躙を行っている」と明記。
その上で、「チベットおよびウイグルに対する不当な人権弾圧について、今後、その改善を
中国政府に厳しく求める」と訴えている。
ダライ・ラマは講演で、中国共産党の役人はチベットの文化、信心を弾圧している、と述べた。

 

 
~11月13日 ブルームバーグより~

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「中国の高官も真の姿知ることができる」
ダライ・ラマが議員団のチベット訪問要請 国会内で講演
来日中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は13日午前、国会内で講演し、
中国国内で相次ぐチベット族の焼身自殺について
中国政府は何が原因かを調べるべきだが、地方政府は恐らく正確に報告していない」
と述べた上で、
「外国の議員団やメディアが訪問し現状を報告すれば、中国の高官も真の姿を知ること
ができるだろう」と国会議員団のチベット訪問を要請した。
国会内でのダライ・ラマの講演は初めて。
超党派の有志議員が主催し、社民、共産両党を除く与野党の議員134人が出席した。
参加議員は「チベット及びウイグルなどに対する中国の不当な人権弾圧について、改善を
中国政府に厳しく求めていく」などとするアピール文を採択し「チベット支援国会議員連盟」
を設立した。
ダライ・ラマは講演で、チベット族に対する人権抑圧について「共産党の役人は平和、慈悲、
非暴力の文化であるチベットの仏教文化が分裂と独立の危険性をはらむという誤った認識
に基づいて弾圧をしている」と改めて懸念を示した。
2012.11.13 産経ニュースより~

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「対話通じて平和を」 ダライ・ラマ、沖縄で訴え
来日中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は11日、那覇市で講演し
「21世紀は対話を通じて、平和を築く時代にしていかなければならない」と非暴力の
重要性を訴えた。
14世は、広島市や長崎市に原爆が落とされたことなどから「20世紀は流血の世紀
だった」と指摘。
「人はそれぞれ考え方が違うが、他者への尊敬の気持ちを失わずに対話を広げ、
非暴力を実践するべきだ」と強調した。
中国政府は中国で相次ぐチベット族の焼身自殺について、14世が扇動していると
非難しているが、この問題への言及はなかった。
講演に先立ち、太平洋戦争末期に激戦地となった沖縄県糸満市の戦没者慰霊碑
「魂魄の塔」を訪問。線香を手向け、約10秒間目を閉じ、祈りをささげた。
居合わせた女性らにも「問題解決の手段として暴力を使うのは間違っている」と説いた。
~2012.11.11 産経ニュースより~

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以下は、支那の反応を伝えたニュースです。


ダライ・ラマ訪日に抗議 中国国連批判にも反論
チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世が訪日したことについて、
中国外務省の洪磊報道官は5日の定例記者会見で「日本側に厳正な申し入れを行った」
と述べ、日本に抗議したことを明らかにした。
中国チベット族居住区では中国当局の弾圧に抗議する焼身自殺が多発し、
レイ国連人権高等弁務官は今月2日、中国チベット政策を批判する声明を発表したが
報道官は「強い反対と不満を表明する。中国への内政干渉をやめるよう望む」と反論した。
報道官は「ダライの目的は中国の分裂活動を進め、中国と他国の関係を破壊することだ」
と主張。「いかなる国であろうと、ダライの分裂活動に、場所を提供することに反対する」と
述べ、ダライ・ラマの訪問を受け入れた日本を批判した。
~2012.11.5 産経ニュースより~

・…………………・………………・………………・………

日本の「チベット支援議員連盟」に反発…「反中活動だ」

中国政府・外交部の洪磊報道官は13日、日本の国会議員がチベット支援を目的とする
議員連盟を発足させたことについて
「日本の右翼勢力が公然と、ダライラマの反中国分裂活動を支持」などとして非難した。
~11月14日 サーチナ ニュースより~

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/44-8a96793e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。