筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大義なき野党は烏合の衆

2月26日、「民主党」と「維新の党」が3月中に合流することで正式合意しました。両党が合流すれば衆参両院におい
て計150人程度の政党になる予定です。現在、両党の議員数は衆議院で「民主党」72人、「維新の党」21人の計93人。
参議院は「民主党」59人、「維新の党」5人ですが、国会法の規定により、「旧みんなの党」から比例代表で当選した
「維新の党」の5人は新党に参加できません。この5人は、無所属で参議院の会派に加わることになるでしょう。
とはいえ、この両党、いったい何の為に合流するのでしょう…。民主党は今でさえ、まとまりのない“烏合の衆”状態な
のに、政治理念が曖昧な民主と維新が一緒になったところで、自民党に対抗できるような野党勢力にはなれないでしょ
う。共通する政治理念・大義が無いために、党の看板である新党名さえ話し合いで決められないという体たらくぶりで
す。これでは、単なる数合わせ、選挙目当ての野合と思われ、支持は得られないでしょう。
Yahooニュースの意識調査で「民主と維新の合流、与党への対抗軸として期待する?」というアンケートがありますが
、その数字を見れば、今回の合流が如何に国民の支持を得ていないのかが分かります。6日現在、21万票を超える投票
数のうち、「あまり期待していない」「まったく期待していない」を合わせると約74%(15万5千票余り)という状況
です。
民主党の議員たちは様々な場面で、「民意を無視するな」と口癖のように主張しますが、この調査で示されている民意
については、尊重してもらえるのでしょうか…?


Yahoo 意識調査
(Yahooニュース意識調査 3月6日現在)


3月5日 NHK 党名調整つかず
(3月5日 NHKニュースより)


党名を募集

3月4日 東京 政党名を公募
(3月4日 東京新聞より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2016年(平成28年)3月7日 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160307/k10010434891000.html
民主・維新 新党名に約2万件の応募
民主党と維新の党は、新しい党名を巡って実務者が協議し、国民から党名の案を募集した結果およそ2万件の応募
が寄せられたことから、今週10日までに数件の案に絞り込んだうえで、最終的な選考に入る方針を確認しました。
民主党と維新の党は、今月27日の結党大会で新党を正式に発足させる方針で、7日は、新しい党名を巡って実務者
が協議しました。 この中では両党が6日までの3日間、インターネットやファックスを通じて国民から党名の案を
募集した結果、およそ2万件の応募があったことが報告されました。そのうえで両党は今週10日までに、それぞれ
の党で数案の案に絞り込んだうえで、最終的な選考に入る方針を確認しました。
会合のあと、民主党の赤松前衆議院副議長は記者団に対し、「われわれが思いもつかないような党名案があるなど
、大変参考になるものが多かった」と述べました。
また、維新の党の江田前代表は、「想定以上の応募を頂いた。国民から寄せられた案を精査しながら絞り込んでい
きたい」と述べました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2016年3月1日 産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/160301/prm1603010004-n1.html
ニセモノ維新が行き着いた先は究極の偽装新党だった
「吸収と書かないで」と泣きつく哀れな末路に合掌…
改革の旗手と仰いだ橋下徹前大阪市長との決別から約半年。
「ニセモノ維新」と橋下氏らに痛罵されてきた維新の党が行き着いた先は、究極の「偽装新党」だった。
「党名も規約も綱領も変えて結党大会をするんだから、どうみても新党だ」(幹部)と強弁してみたところで、実態
は民主党への吸収合併である。期待を寄せる有権者が、はたしてどれだけいることか…。
民主党の岡田克也代表と維新の党の松野頼久代表は2月26日、国会内で会談し3月中に新党結成を目指すとする合意文
書に署名した。「対等の精神で一つになるという以外はありえない」 岡田氏は直後の記者会見でこう強調したが、両
代表間の合流協議は維新の党側の「ベタ折れ」に終わったと断じていい。
「98年方式」と呼ばれる今回の合流形態は、野党3党を実質的に吸収した平成10(1998)年の民主党結成時のやり方
を踏襲した方式で、岡田氏ら民主党執行部が当初から最有力のシナリオとして思い描いてきたものだ。
維新の党は「両党解党-新党結成」という従来の主張を降ろすことを余儀なくされ、結論は民主党にとって「想定の
範囲内」(幹部)に落ち着いた。今回の合流を野党結集の重要局面だと印象づけたい維新の党側からは、「『吸収』
とは書かないでほしい」(改選を迎える参院議員)とメディアに注文をつける始末だが、所属国会議員数でみれば5
倍の民主党に飲み込まれ、しかも民主党が存続政党となることがはっきりと決まっている以上、どこからどう見ても
「吸収」である。しかも、維新の党の衆院議員21人のうち約半数は民主党出身であり、いわば「元の鞘」に収まった
だけの話に過ぎない。 (中略)
吸収というイメージを払拭して「新党感」を演出したい維新の党側の頼みの綱は、合流後の党名である。
今後、「民主」を含む党名か含まない党名かを世論調査などを基に決めることになるが、松野氏は27日、横浜市内で
記者団に「全く新しい党名でイメージをガラッと変えていきたい」と語り「民主を含まない党名」への期待をにじま
せた。とはいえ、民主党内には約20年間使い続けている党名へのこだわりは根強い。
2月24日の党常任幹事会では、赤松広隆最高顧問や寺田学広報委員長が党名変更に異論を唱え、寺田氏は役職の辞任ま
で申し出た。民主党最大の支持団体である連合の幹部も「『民主』をなぜ変える必要があるんだ。(表立っての反対
こそしないが)水面下で党側を突く」と話す。野党再編に積極的な民主党若手ですら、次のような不満を漏らす。
「仮に、自民党の一部を巻き込むようなドラスチックな再編が起きるなら、解党も党名変更もやむをえない。しかし、
維新の党との合流ははたしてそうした局面なのか…」
岡田氏は今回の新党を「安倍晋三政権に疑問や不安を持つ人の受け皿」と位置づけるが、維新の党が政権奪取の「戦
力」になりうるかもはなはだ疑問だ。
維新の党の衆院議員21人のうち、前回衆院選で選挙区で勝ち上がったのは、江田憲司前代表、柿沢未途前幹事長ら旧
結いの党出身の4人に過ぎない。他の17人は選挙区で敗北した比例復活当選者だ。つまり、橋下氏の人気に救われてか
ろうじてバッジをつけている議員たちが、新たな看板として民主党にすがりついてきたというのが実相なのだ。
選挙に弱い者を何人かき集めたところで、政権交代など夢のまた夢である。
比例復活当選者の見本市のような政党と一緒になるために、約20年の歴史を持つ「民主党」の看板を捨て去ることに
大義はあるのか。 政権を失ってもなお民主党を支え続けてきた全国の地方議員や党員・サポーターに問いたい。
(松本学の野党ウオッチより)


2016年3月7日 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/160307/plt1603070004-n1.html
民・維新党、ネット上で揶揄
党名募集 まるで大喜利 「七転八党」「野党連合」「帰ってきた民主党」…
民主党と維新の党は6日、インターネットなどで受け付けていた新党の名称募集を終え7日から絞り込み作業に着手
する。18日までの党名決定を目指すが、具体的な選考手順は固まっていない。
「民主」を残す党名を求める民主党に対し、全く新しい名称を目指す維新は世論調査で案を絞ることを提案してお
り、調整は難航しそうだ。
「帰ってきた民主党」「七転八党」「野党連合」…。インターネット上では新党結成が報じられた2月下旬以降、
さまざまな案が大喜利のように飛び交う。ネット募集に踏み切った民主党の赤松広隆最高顧問、維新の江田憲司前
代表らで作る党名検討チームが目指した「幅広い英知を集め、新党への関心を高めたい」(赤松氏)との狙いはあ
る程度実現しているようだが、ネット上では新党を揶揄する内容が目立つ。
党名募集は、維新が「密室で決めたとの印象にすべきでない」と強く求めた。ただ、新党名は応募数の多寡で決め
るわけではなく、あくまで参考資料との位置付け。
集まった案の公表さえ「予断を生む」(江田氏)として行わず具体的な絞り込みは「密室」で行われることになる。
両党議員からも、「立憲民主党」「民主党・国民連合」「民主自由党」「共生党」「民権党」などの党名案が浮上
しているが、選考の方法は決まっていない。
維新が世論調査実施にこだわるのは、国会議員や党員らの投票で決めた場合、数で勝る民主党に敗れるのは確実と
みているからだ。一方、民主党は両党間の議論で「民主」を含む党名に持ち込みたい考えだ。
党名を大幅に変更すれば夏の参院選で無効票が続出する可能性が高い。党幹部は「死に票が何十万票も出たら維新
は責任を取ることができるのか」と牽制する。
政党名を一般に求める手法は決して珍しくない。日本新党(平成4年発足)や新進党(同6年発足)のほか、昭和
30年に日本民主党と自由党が合流した自民党も、単に「自由」と「民主」を足したのではなく、公募で党名を決定
した。自民党ホームページによると、先に綱領などを策定し党名は「広く党内外に公募」して自由民主党に決めた。
ただ、本格的なネット時代での党名募集は今回が初めて。
手軽な応募が可能な半面、風当たりの強いアイデアが続出している民主、維新両党の新党は自民党のように長命と
なれるか。(松本学)



民主党の支持団体




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/414-da1b63c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。