筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法治国家なら法律違反を処罰するのは当たり前

2月29日、田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏らが「私たちは怒っています!」と題して会見を開き、高市総務
大臣の「電波停止」発言は憲法・放送法の精神に反している、と声明を発表しました。
3月2日には、これを後押しするかのように『立憲デモクラシーの会』の学者たちが放送法4条を根拠に処分を行うこ
とは、憲法違反にあたるとする見解を発表しました。
参院選を前に、またもや反日・反安倍勢力が蠢きだしたように感じるのは、私だけではないと思います、、、

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
2016年3月3日 朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12238188.html?rm=150
「高市氏言及の『停波』は違憲」 憲法学者ら、見解表明
高市早苗総務相が放送法違反を理由に放送局へ「停波」を命じる可能性に言及したことについて、憲法学者らが2日、
東京都内で記者会見し、「政治的公平」などを定めた放送法4条を根拠に処分を行うことは、憲法違反にあたるとす
る見解を発表した。会見したのは樋口陽一・東大名誉教授(憲法)ら5人で、法学や政治学などの専門家でつくる
「立憲デモクラシーの会」の会員。
見解は「総務大臣に指揮命令される形で放送内容への介入が行われれば、放送事業者の表現活動が過度に萎縮しかね
ず、権限乱用のリスクも大きい」とし、漠然とした放送法4条の文言だけを根拠に処分することは、「違憲との判断
は免れがたい」と指摘
している。
樋口氏は、「何人も自分自身がかかわっている事柄について裁判官になってはならないという、自由民主主義社会の
基本原則が肝心だ」と述べ、政治的公平を政治家が判断することの問題点を指摘した。
西谷修・立教大特任教授(哲学)は、「政府を批判することは偏向であり政治的だとされる風潮が広がる中での大臣
の発言。言論に携わる者は、深刻に考えてほしい」と語った。 (編集委員・豊秀一)

3月3日 朝日 立憲デモクラシーの会

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

民主党政権時代、平岡総務副大臣が高市早苗総務相と同様の答弁をしましたが、その時、この学者先生たちは抗議な
どしなかったはずです。憲法学者として、憲法と放送法に齟齬があるとするならば、まずは法律の改正を主張すべき
ではないでしょうか。「何人も自分自身がかかわっている事柄について裁判官になってはならない」と主張する一方
で、安倍政権に関する事については、自分たちが裁判官でもあるかのような発言をする矛盾。
『立憲デモクラシーの会』(http://constitutionaldemocracyjapan.tumblr.com/)の代表が樋口陽一東京大学名誉教授
(憲法学)です。さらに、会の共同代表には昨年8月30日、SEALDsが参加した国会周辺のデモ集会において「安倍
に言いたい!お前は人間じゃない!叩き斬ってやる」とアジをとばした山口二郎氏(法政大学/政治学)が名を連ね
ています。阪口正二郎氏(一橋大学/憲法学)以外は法律は専門外の学者です。ちなみに、小森陽一氏(東京大学)
は日本文学、西谷修氏(立教大学)は思想史、千葉眞氏(国際基督教大学)は政治学が専門です。
この会の設立趣旨に< 我々は、・・・安倍政権の企てを明確に否定し、これを阻止するために声を上げ、運動をしな
ければならない >と書かれているように、安倍政権打倒が目的です。彼等は、学者の肩書を利用し反政府活動を行う
反日左翼勢力と思って間違いないでしょう。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2016年2月29日 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290018-n1.html
「高市さんに恥ずかしい思いをさせなければ」
田原総一朗氏、岸井成格氏ら6人が抗議会見

2月29日 産経 「私たちは…」

田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏ら放送業界で活動しているジャーナリスト有志が29日、高市早苗総務相の
「電波停止」発言に抗議する記者会見を東京都内で開き、「私たちは怒っている」「発言は憲法、放送法の精神に反
している」とする声明を発表した。呼び掛け人には、田原氏らのほかに田勢康弘氏(会見には欠席)、大谷昭宏氏、
金平茂紀氏、青木理氏が名を連ねた。声明では、高市氏の発言が「放送による表現の自由の確保」を定めた放送法1
条や「表現の自由」を保障する憲法21条の精神に反していると主張。その上で「現在のテレビ報道を取り巻く環境が
著しく『息苦しさ』を増していないか」として「自主規制、忖度、萎縮が放送現場の『内側から』拡がることになっ
ては、危機は一層深刻だ」と訴えた。
会見で、岸井氏は「高市発言にはあきれ果てた。憲法、放送法の精神を知らない中での発言であれば、大臣失格だ。
仮に曲解しているのであれば、『言論統制を進めたい』と思われても仕方がない」と高市氏を批判。
田原氏は「非常に恥ずかしい発言。全テレビ局の全番組が抗議すべきだが、残念ながら多くの番組は何も言わない。
高市さんに、恥ずかしい思いをさせなければならない」と訴えた。
また、鳥越氏は「安倍政権からの恫喝、脅しだ。安倍政権のなめきった態度が、高市発言となって現れた」と強調。
「メディア内部に(政権への)遠慮がはびこっている。このままでは日本は大変なことになる。戦前のようになるか
もしれないし、全権委任法を受けたナチスのようになるかもしれない」とも訴えた。

会見で配布された声明文の全文は次の通り。
「私たちは怒っている--高市総務大臣の『電波停止』発言は憲法及び放送法の精神に反している」
今年の2月8日と9日、高市早苗総務大臣が、国会の衆議院予算委員会において、放送局が政治的公平性を欠く放送
を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性について言
及した。誰が判断するのかについては、同月23日の答弁で「総務大臣が最終的に判断するということになると存じま
す」と明言している。私たちはこの一連の発言に驚き、そして怒っている。
そもそも公共放送にあずかる放送局の電波は、国民のものであって、所管する省庁のものではない。
所管大臣の「判断」で電波停止などという行政処分が可能であるなどいう認識は、「放送による表現の自由を確保す
ること」「放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること」をうたった放送法(第1条)の精神に著しく反す
るものである。さらには、放送法にうたわれている「放送による表現の自由」は、憲法21条「集会、結社及び言論、
出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」の条文によって支えられているものだ。
高市大臣が、処分のよりどころとする放送法第4条の規定は、多くのメディア法学者のあいだでは、放送事業者が自
らを律する「倫理規定」とするのが通説である。また、放送法成立当時の経緯を少しでも研究すると、この法律が、
戦争時の苦い経験を踏まえた放送番組への政府の干渉の排除、放送の自由独立の確保が強く企図されていたことがわ
かる。私たちはテレビというメディアを通じて日々のニュースや情報を市民に伝達し、その背景や意味について解説
し、自由な議論を展開することによって国民の「知る権利」に資することをめざしてきた。
テレビ放送が開始されてから今年で64年になる。これまでも政治権力とメディアのあいだでは、さまざまな葛藤や介
入・干渉があったことを肌身をもって経験してきた。現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく「息苦しさ」を増し
ていないか。私たち自身もそれがなぜなのかを自らに問い続けている。
「外から」の放送への介入・干渉によってもたらされた「息苦しさ」ならば跳ね返すこともできよう。だが、自主規
制、忖度、萎縮が放送現場の「内部から」拡がることになっては、危機は一層深刻である。
私たちが、今日ここに集い、意思表示をする理由の強い一端もそこにある。

呼び掛け人〉(五十音順 2月29日現在)
青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎

2月29日 産経 「私たちは…」02

http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290021-n1.html
岸井成格氏
「品性、知性のかけらもない」「恥ずかしくないのか」 自身への批判に反論

田原総一朗氏らジャーナリスト有志が高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議した29日の記者会見では、TBS系報
道番組「NEWS23」アンカーを務める岸井成格氏が安保報道をめぐる自身の発言への批判について、「低俗」「品性
のかけらもない」と語気を強めて切り捨てる場面もあった。
岸井氏は会見で、番組編集に当たっての政治的公平などを定めた放送法4条に絡み、「公平・公正という言葉にみな
、だまされてしまう。でも、政治的公平は、一般的な公平・公正とは全く違う」と主張。
「権力は絶対に腐敗し、暴走する。それをさせてはならないのがジャーナリズムの役割だ」として、「政治的公平を
判断するのは国民であり、事実をチェックするメディアだ」と訴えた。岸井氏は昨年9月の同番組で、国会審議が大
詰めを迎えていた安保法案について、「メディアとして廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」と発言。
これに対し、作曲家のすぎやまこういち氏が代表呼びかけ人を務める「放送法遵守を求める視聴者の会」が、政治的
公平を定めた放送法違反の疑いがあるとして岸井氏らに公開質問状を送ったが、岸井氏は回答しなかった

岸井氏は同会からの批判について、「低俗なあれにコメントするのは時間の無駄だ。だが安保法制については、憲法
違反で、自衛隊のリスクが一気に高まり、戦後の安保体制が180度変わる。それをあんなに反対の多い中で形で強行
採決していいのか。誰が考えたって批判するのは当たり前のこと。それがダメだと言われたらメディアは成り立たな
い」と主張した。また、同会が産経新聞や読売新聞に発言を問題視する意見広告を出したことについては、「最初は
何の広告か、さっぱり分からなかった。本当に低俗だし、品性どころか知性のかけらもない。ひどいことをやる時代
になった。恥ずかしくないのか疑う」と、痛烈に批判した。
一方、鳥越俊太郎氏は「日本の社会が戦後70年たち、全体として右側に保守化している事実は認めなければいけない。
その空気の中で、日本会議という右翼的な団体があって、そこからお金が出て、産経と読売に意見広告が出ている、
ということがある程度分かってきている
」などと発言。
その上で、「メディアが政権をチェックするのではなく、政権がメディアをチェックする時代になっている。そこか
ら戦っていかなければいけない。戦いですよ。負けられない戦い。負けたら戦前のようになる。大本営発表のように
なる」と強調した。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

高市早苗総務相の「電波停止」発言は、≪放送法 第10章 雑則 (業務の停止) 第174条 総務大臣は、放送事業者
(特定地上基幹放送事業者を除く)がこの法律又はこの法律に基づく命令若しくは処分に違反したときは、3月以
内の期間を定めて、放送の業務の停止を命ずることができる≫に基づいて行われたものであり、それ以上でも以下
でもありません。
日頃、「憲法を守れ」とか「立憲主義に反する」などと主張しているメディアに関わるジャーナリスト達が、「放送
法」という法律を恣意的に解釈し、「倫理規定」や「努力目標」であるかのように正当化をはかり、その上で、高市
総務相に対して法を守ることは罷りならん、と言っているのに等しいのです。
この会見での鳥越俊太郎氏の「日本会議という右翼的な団体があって、そこからお金が出て、産経と読売に意見広告
が出ている」という発言について、日本会議側が「明らかな虚偽及び事実無根の内容であり、日本会議が意見広告に
資金提供しているとの誤った認識を国民に与えるもので到底看過しえない」として鳥越氏の発言に断固抗議し、発言
の撤回と謝罪を求める、との見解を発表しています。
鳥越氏は「放送法の遵守を求める視聴者の会」の意見広告を問題視していますが、昨年9月に朝日・毎日・東京の在
京3紙に、SEALDsの「安保法案反対」の全面広告が3回(広告費1億円以上)も掲載されました。この資金を提供
していたのが、支那共産党の工作機関といわれている「日本レアメタル協会」だそうです。
鳥越氏が真面なジャーナリストならば、どちらを問題視し、批判すべきかは論を俟たないはずですが・・・。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

日本会議HPより
http://www.nipponkaigi.org/opinion/archives/7985

平成28年3月1日
2月29日、鳥越俊太郎氏の発言に対する日本会議の見解
2月29日、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏らは、高市早苗総務大臣の放送法に関する国会答弁に対する抗議の会見を開
いた。鳥越氏は、その質疑応答の中で、「放送法の遵守を求める視聴者の会(以下視聴者の会)」に関連し、次のよう
に述べたとされる。「日本の社会が戦後70年たち、全体として右側に保守化している事実は認めなければいけない。
その空気の中で、日本会議という右翼的な団体があって、そこからお金が出て、産経と読売に意見広告が出ている、
ということがある程度分かってきている」(以上、「産経ニュース」2月29日17時40分配信記事より引用)
このように鳥越氏は、日本会議が「視聴者の会」の意見広告に資金提供していると述べた。
しかし、本会として「視聴者の会」意見広告への資金提供を行うことや、または「視聴者の会」活動に賛同することを
機関決定した事実は存在しない。 これは明らかな虚偽及び事実無根の内容であり、 日本会議が意見広告に資金提供し
ているとの誤った認識を国民に与えるもので、到底看過しえない。
もとより、国民には様々な手段や方法を通じて、自らの信条を表明する権利や思想信条を共有するものとグループを結
成する権利が保障されており、意見広告とてその例外ではない。
「視聴者の会」賛同者には、本会役員と重複する人がみられるが、これは個々の有識者が、個人の自由意志によって
「視聴者の会」に賛同しているものである。よって本会は、鳥越氏の発言に断固抗議し、発言の撤回と謝罪を求める

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2016年3月4日 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160305/k00/00m/010/064000c
高市総務相
「憲法上の問題ない」 放送法発言で反論

高市早苗総務相が放送法違反を理由として放送局に電波停止を命じる可能性に言及し、「憲法の精神に反する」との
指摘が出ていることについて、高市氏は4日の記者会見で、「放送法は憲法の規定に沿っている。その運用も厳格な
要件の下で行われるので、憲法上の問題はない」と述べた。
自身の発言は放送法の運用を説明したにすぎず、憲法の精神に反していないと反論したものだ。また、放送法をめぐ
る一連の発言について、撤回する考えはないことを改めて表明した。
高市氏は放送法と電波法に関し、政治的に偏った番組を流した放送局に総務相が電波停止を命じられる仕組みになっ
ていると繰り返し説明。国会答弁などで電波停止命令に言及した理由として、「どんなに放送事業者が極端なことを
繰り返しても何も対応しない、という約束はできない」と述べた。
また、発言が放送局側を萎縮させているのではないかとの指摘に対しては「放送事業者が主義、主張を持って番組を
編集することについて(自分は)何らコメントしていない」と主張。
電波停止の判断が総務相に委ねられていることについては「大臣が責任を持って判断するという趣旨だ。そこに恣意
的な判断が入ってはいけない」と話した。 (青木純)



<参考>
「放送法」
http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s1

第1章 総則
(目的)
第1条 この法律は、次に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を
図ることを目的とする。
一 放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
二 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
三 放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:テレビ・マスコミ・報道の問題 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/413-208ef2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。