筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから支持者が離れていくんですよ民主党さん

1月12日の衆院予算委で、安倍総理に対して民主党の緒方林太郎議員が北朝鮮による拉致問題に関する質問をしま
した。その内容の酷さには呆れるばかりで、予算委員会で時間をとって質問すべきものとは思えません。
緒方議員の質問の意図は、あきらに、安倍総理を中傷し貶めることにあることが見え見えでした。
安倍総理は議員になりたての頃から、故中川昭一氏とともに拉致問題に取り組んできた数少ない政治家の一人です。
元小泉総理が訪朝するまで、共産党や社会党、朝日を中心とする進歩的文化人たちが「北朝鮮が日本人を拉致などす
る筈がない」と主張し、北朝鮮の蛮行を認めようとはしない時代のなかで、拉致被害者家族とともに闘い続けてきた
安倍総理に対して、拉致問題の傍観者であり門外漢で不見識の元外務官僚に、とやかく問い質す資格などありません。
安倍総理が指摘するように、拉致問題に関して日本国内で批判し合うような状況は、北朝鮮を喜ばせ、利することに
なることを忘れてはなりません。緒方議員は、それを分かっていながら今回のような言動をしたとすれば、北朝鮮の
フロント組織の一員、或は見做し工作員ではないかと思われても仕方ありません。
ちなみに、緒方林太郎議員のfbを覗いてみると、書き込まれている筈の批判的なコメントが殆ど見当たりません。
他の多くのユーザーによれば、抗議や批判の書き込みを次々に削除もしくはブロックしてようで、自分の言動に責任
を持たない、偏狭な卑劣漢だと自ら明かしているようなものです。 北九州、いや、福岡の恥です。





////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1月13日 産経 安倍総理激怒
(1月13日 産経新聞より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2016年1月12日 WSJ [時事通信社]
http://jp.wsj.com/articles/JJ11884373191045064186117377420991053672043
安倍首相、拉致利用批判に猛反発=「無責任な誹謗中傷」—衆院予算委
「あなたがこういう質問をすること自体が、本当に残念」 「一人の方の本で誹謗中傷するのは無責任だ」
12日の衆院予算委員会では、民主党の緒方林太郎氏が拉致被害者蓮池薫さんの兄、透氏の著書を根拠に安倍晋三
首相が拉致問題を政治利用したのではないかと追及したのに対し、首相が猛反発する場面があった。
緒方氏は、透氏の著書「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」を引用しながら、首相が官房副長官
だった2002年当時、帰国した薫さんら5人の北朝鮮への再入国に当初は反対していなかったなどと指摘した。
首相は「当時は北朝鮮に戻す流れだったが私は断固として反対した。私が言ってることが真実だと(国会議員)バッ
ジを懸けて申し上げる」と色をなし、「私の言っていることが違っていたら、国会議員を辞める」と言い切った。
緒方氏は「首相は拉致問題を使ってのし上がったのか」とも挑発。首相は「大切なことは、全ての拉致被害者を奪還
するために全力を尽くすことだ。そういう質問をすること自体がこの問題を政治利用している
」と「逆批判」を展開
した。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/411-38b38db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。