筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミが報じない在日米軍基地のクリスマス・パーティー

沖縄の在日米軍はボランティア活動など地元住民と様々な交流を図っていますが、マスコミはその様子を伝えるこ
とは殆どありません。特に、沖縄の新聞・メディアは全く無視しています。
12月12日、キャンプ・フォスター(北谷町)では、在日米海兵隊音楽隊(IIIMEF Band)による「クリスマス・
コンサート」が公演されました。 下の動画は、日・米の国歌(君が代と星条旗)が演奏されたときの様子です。


(在日米海兵隊You Tubeより)


12月12日 キャンプ・フォスター、米海兵隊音楽隊によるクリスマス・コンサート

また、辺野古のあるキャンプ・シュワブでは12月5日に地元の子供たちを招いて、34回目となるクリスマス・
パーティが開催されました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

12月7日 在日米海兵隊fbより


12月5日 キャンプ・シュワブ クリスマス01

(この可愛い笑顔が・・・)

【米海兵隊キャンプ・シュワブ】
12月5日 キャンプ・シュワブ クリスマス02

12月最初の土曜日(5日)、キャンプ・シュワブでは隣接する辺野古地域の小学校6年生までの児童を招いて、
一足早いクリスマス・パーティを開催しました。
二日前の晩には辺野古少年野球チームを基地内に招いて、クリスマス・ツリーの点灯式を終えてばかりでした。
その点灯式では嘉陽宗克辺野古区長、デイビッド・オドム基地司令官、そして日米の子供代表がスイッチを入れ
友好のシンボルとしてツリーに灯りがともりました。
そして、USO(非営利で米軍関係者に福利厚生サービスを提供する団体)で行われたクリスマス・チルドレン・
デイには児童擁護施設、辺野古区、豊原区と久志区から児童や幼児が約150人ほど集まり、保護者を入れると
200人以上の地元住民が参加しパーティを盛り上げました。
まず始めにオドム司令官が
「今日は私たちのクリスマス・パーティに来てくださり、皆さんを歓迎します。50年以上に渡るキャンプ・シ
ュワブと皆さんの友好の証でもあり、楽しいことを沢山用意しています。どうぞ楽しんでいって下さい」と地元
住民を歓迎する挨拶を述べました。
続いて挨拶に立った嘉陽区長は
「34回目を迎えるこの行事は、半世紀以上にも渡る辺野古区とキャンプ・シュワブの友好な関係からなる賜物
です。そして、今年から久志や豊原の子供たちも招待していただき、このような機会を子供たちに提供してくれ
たオドム司令官やUSOの皆さんに感謝します」と述べました。
昼食にはUSOが用意してくれた200食分のホットドッグとポテトチップス、辺野古が用意してきた沖縄そば
400食がみんなに振る舞われ、それぞれが舌鼓を打っていました。昼食が終わると、中庭にはUSOが用意し
てくれた巨大ケーキが運ばれ、オドム司令官と司令官の娘、ターシャ(15)さんがケーキを切り分け、みんなに
配っていました。食事やデザートがすべて終わると、南国沖縄なので真っ赤なお鼻のトナカイさんではなく真っ
赤な消防車に揺られてサンタ・クロースが登場しました。サンタは用意していた220人分のプレゼントを子供
一人ひとりに手渡し、ハグをして子供たちの笑顔を貰っていました。全ての子供たちにプレゼントを配り終える
と、応援に駆けつけた名桜大学の女子大生もサンタからプレゼントを貰っていました。
このクリスマス・パーティを最初に開催したのは当時、キャンプ・シュワブの基地曹長を務めていたエパーソン
氏で海兵隊を退役後は辺野古で居を構えています。エパーソン氏は、「妻の勝子と二人で1985年頃、少人数
の辺野古の子供たちを招待して始めました。USOは当初から協力してくれました」と述べています。
高校2年生のターシャさんも毎回地元との交流会に参加していて「地元の人たちと一緒にアメリカの色々なイベ
ントを分かち合えることは嬉しいし、楽しいです」と笑顔で話してくれました。
辺野古少年野球部の6年生の男の子はプレゼントを貰い笑顔で「毎年、楽しいから参加しています。でも、これ
が最後なのでちょっと残念です」と話していました。
最後の挨拶でオドム司令官は「また来年のクリスマス・パーティでお会いましょう。でもその間、色々なイベン
トも沢山用意しています」と締めくくりました。
パーティの最後には児童たち全員で「赤鼻のトナカイ」を合唱して、オドム司令官やサポートしてくれた海兵隊
員、名桜大学生、USO職員に感謝の気持ちを伝えました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このクリスマスパーティーを楽しみにしている子供たちの笑顔を失わせ、心を傷つけるような信じられな行為が毎年、
米軍基地周辺で繰り広げられているのだそうです。
今回は市議会で問題となったため珍しく「沖縄タイムス」が小さな記事で取り上げていますが、簡単な内容で済ませ
ており、実際はどのような状況だったのか分かりません。
反対派の事となると、些細な出来事でも針小棒大かつ詳細に報じるのに、その扱いの違いに唖然としてしまいます。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2015年12月11日 沖縄タイムスwebより
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=145421
辺野古抗議の男性 子どもが乗ったバスに罵声
【名護】 名護市議会定例会で10日、野党会派「礎之会」の宮城安秀議員が一般質問の中で、キャンプ・シュワブ
内のクリスマス行事に参加する辺野古区の児童が乗ったバスに対し、新基地建設の反対運動に参加していた男性が
罵声を浴びせたと述べた。宮城氏は辺野古区在住。
児童を引率した複数の区民によると、5日午前10時過ぎ、バス3台に分かれてシュワブ内に入ろうとしたところ、
男性が車窓をたたきながら侮辱する言葉を複数回発した

宮城氏は議会で「反対するのはいいが、ルールと法律、秩序を守ってやってほしい」と訴えた。
クリスマス行事は、シュワブと同区が34年前から続けている。
昨年までは徒歩でシュワブ内に入っていたが、同様のトラブルがあったため、ことしはバスに切り替えたという。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この件に関して、手登根 安則さんの12月12日のfbによれば
基地内のクリスマスイベントに参加しようとした子供達は98名で、区民も付き添いのため同行していたそうです。
反対派は、ゲート入り口でバスの進路を塞ぎバスを停車させたうえで、集団でバスを叩きだし口々に「乞食、乞食、
ギブミーチョコレートか」「お前達、中に入れば殺さりんど」と恫喝を続けた
ようです(傍若無人な行為です)。
乗車していた子供たちの中には、怯えて泣き出しそうになった子もいたそうです(当然です…)。

上記の在日米海兵隊fbの記事に対して、以下の様なコメントが書き込まれています。

「辺野古11班の皆さん、ゲート前で大騒ぎして申し訳なく思います。それにもかかわらず、子供達を招待して
 くれたことに感謝です」

「一部の人たちは基地前で嫌な言葉をなげつけたりして、嫌な思いもしていると思いますが、違う考えを持った
 地元の人も沢山います」

「プロ市民が嫌がらせや騒いでるけど、そんな輩が民意ではないですからね。オール沖縄なんて思わないで」






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:テレビ・マスコミ・報道の問題 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/406-a1623441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。