筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小西洋之(民主党)参院議員による、不当な言論弾圧

産経新聞記者の阿比留瑠比氏が4月1日付の自身のfbで、人物を特定することなく、ある伝聞情報を書込みした内容
に対して、小西洋之(民主党)参院議員から名誉毀損で刑事告訴されました。
一記者が個人的に書いたものに対し、内容が気に入らないからといって現職議員が告訴するなど明らかに異常です。
阿比留氏は「また聞きなので実名は記しませんが」とことわったうえで、ある議員から聞いた話を紹介し、その感想として
「あの異常なまでの態度のでかさ、根拠の全く分からない偉そうな態度は、昔からだったということでしょうね」と述べてい
るにすぎません。これの何処が名誉棄損にあたるのか?理解できません。
公職にある者として、酷評や罵詈雑言をうけるのは、ある意味当然のことです。それを、名誉棄損として訴えるのは、言論
の自由を阻害する弾圧行為に他なりません。しかも小西氏は、氏に対する批判的な書込みなどを違法行為とみなし法的
措置をとる、と国民を恫喝するに等しい発言をツイッター(5月4日)上でおこなっています。
「俺が正しく、お前が悪い」とばかりに、我が身を省みることなく、他者の言論に対して因縁をつけて封殺しようとする。
まるで朝鮮人かと思えるような思考回路です。かような輩が参院議員とは・・・。

ちなみに安倍叩き大好きな日刊ゲンダイが5月1日、小西氏に寄り添った記事を報じていましたが、その冒頭で阿比留氏
を、「安倍首相の“側近”との指摘もある“大物記者”」として紹介しています。
はて、いつから側近記者になったんでしょうね? しかも大物記者だそうです。そりゃあ、日刊ゲンダイの記者に比べれば、
そうかも知れませんが、阿比留氏も苦笑いでしょうね・・・。

4月1日 阿比留氏fb

小西ひろゆきツイート

平成27年4月23日付 訴状
http://konishi-hiroyuki.jp/wp-content/uploads/b3.pdf 
4月23日付訴状
 (弁護士の中に、朝鮮人がいるのは国会議員として問題ないのかな・・・?)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2015年5月1日 日刊ゲンダイより
安倍首相“側近記者”が大ピンチ…国会議員が怒りの刑事告訴
4月1日 阿比留氏fbがもとで

安倍首相の“側近”との指摘もある“大物記者”が大ピンチだ。
フェイスブックにつづった内容に対し、現職の国会議員から名誉毀損の疑いで刑事告訴されたのである。
刑事告訴されたのは、産経新聞・政治部編集委員の阿比留瑠比氏。
阿比留記者は4月1日付の自身のフェイスブックで「ある議員」から聞いた話を掲載。
〈『国会の指さしクイズ王』が官僚時代に、意にそまぬ部署への異動を指示された際、1週間無断欠席し、
さらに登庁するようになってもしばらく大幅遅刻の重役出勤だった〉と書いた。
実名こそ出していないが、元官僚の「クイズ王」が「自分」を指し示していると“反応”したのが民主党の
小西洋之・参院議員。
自民党の憲法改正草案について国会で安倍首相を舌鋒鋭く攻め立てた直後だったからだ。小西議員は
すぐにツイッターで「事実無根」と猛抗議。
さらに4月23日付で阿比留記者と「ある議員」を相手取り、刑事告訴に踏み切った。
小西議員が改めてこう言う。「私が国会で安倍総理の暴挙を追及するたびに、産経新聞は総理を懸命に
擁護し、私を不当におとしめる記事を書いている。NHK中継の国民の目の前で、『平和主義の切り捨て』と
いう解釈改憲の本丸を突き崩され、ついにそれでは足りなくなったのか。阿比留氏の批判は全くの事実無
根であり、『ある議員』も堂々と名乗り出ていただきたい」
本紙の直撃に対し、阿比留記者は「裁判のことなので一切コメントできない」と答えた。
産経新聞は、前ソウル支局長の加藤達也記者が、〈セウォル号沈没当日に朴槿恵大統領が男と密会〉と
報じて、名誉毀損で在宅起訴を受け、約8カ月間の出国禁止措置を受けたばかり。
たまたまだろうが、会社を代表する支局長や編集委員といった“大物記者”が立て続けに名誉毀損で刑事
告訴される事態は異例だ。 裁判の行方が見モノだ。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/387-92774f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。