筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【拡散希望】 署名運動に協力を

福岡市だけの問題ではないと思います。全国各地で似たような事例が有るものと思われます。
子供達を反日左翼から守るためにも、一人でも多く声をあげなければ、状況を変えることはできません。
是非、協力をお願いします。


Change.org
「変えたい」気持ちを形に ( クリック)


福岡市の小学校6年生で使われている道徳の副読本「人権読本 ぬくもり 改訂版」(福岡市同和教育研究会発行)
の64ページに「アイゴーの叫びは我が胸に」という項目が有り、「強制連行および徴用で重労に従事時中に被爆し
た朝鮮人のために」との記述が「長崎原爆朝鮮人犠牲者の碑」の裏あるとの記載がある。
ここには1点の間違いと1点の不確実な要素が含まれている。

1点目は、当時の朝鮮人は、日本人である事
2点目は、強制連行に関しては、証拠に乏しい
その表記は、直接的ではなく「長崎にある碑に記載されている」と、巧妙に解説されている。
この石碑は、現在、長崎市民有志によって、長崎市に対しても、この記述の根拠が無い事が申し入れられている上に
この「長崎原爆朝鮮人犠牲者の碑」が、違法に立てられた物である疑いが有る事も指摘されている。
さらにこの石碑には、「強制連行」 「虐待酷使」 「武力で威かく」などの文字も書かれており、現在、長崎市民有志に
よる調査と市役所への情報開示が求めらていると言う石碑である。
そこで、福岡市教育委員会に対し、間違いや明確な証拠が無いままの内容を記載し、子供達に教えるのは間違いで
あり、児童に指導する際に教師は『本には強制連行と書いているが、これについては疑義があるため必ずしも強制連
行があったとは言えない』と訂正するよう通達した上で、すぐにこの副読本の使用を中止していただきたいと申し入れ
るも、強制連行に関しては、疑義がある事は認めたものの、次の改訂時期までは変更できない旨の返答のみであり、
有効な対策を講じようとする態度は一切見られなかった。
この教材の通りに「朝鮮人を強制連行した」などと、史実と異なるまたは、疑義がある事柄を将来のある私達の子供達
に教育をされるのは、親として日本国民として許しがたいことである故、このような署名運動をするに至ったものである。

明るい子供と日本の未来を考える母親の会



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/344-cb843892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。