筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成26年8月15日 全国戦没者追悼式

69回目の終戦の日を迎えるあたり、英霊に感謝の意を捧げるとともに、心から追悼の念を表したいと思います。

終戦から69年 全国戦没者追悼式

平成26年8月15日 戦没者追悼式

終戦から69年を迎えた15日、およそ310万人の戦没者を慰霊する政府主催の全国戦没者追悼式が、東京の日本武道館で
行われました。式典には全国の遺族の代表などおよそ6000人が参列しました。
天皇皇后両陛下が菊の花で飾られた式壇に着かれたあと、安倍総理大臣が
「戦没者の皆様の貴い犠牲の上に今、私たちが享受する平和と繁栄があります。そのことを片時たりとも忘れません。歴史に
謙虚に向き合い、その教訓を深く胸に刻みながら、今を生きる世代、そして明日(あす)を生きる世代のために国の未来を切り
拓いてまいります」と式辞を述べました。そして、正午の時報とともに、参列者全員で1分間の黙とうをささげました。
続いて天皇陛下が「さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々と、その遺族を思い深い悲しみを新たにい
たします。歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対
し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と、おことばを述べられました。
このあと遺族を代表して、昭和19年にサイパンで夫を亡くした愛知県豊橋市の牧野笑子さん(88)が「最愛の肉親を失った
私たち遺族の悲しみは、ことばでは語り尽くせないほど、深く切ないものでございます。過去の悲惨な戦争から学んだ教訓と
平和の尊さを次の世代にしっかりと伝え、この悲しい歴史を二度と繰り返さないことをお誓い申し上げます」
と追悼の辞を述べました。
終戦から69年を迎え、遺族の高齢化は一層進み、参列した遺族のおよそ8割が70歳以上になりました。最年長の参列者で
神奈川県相模原市に住む100歳の難波いそさんは、終戦の半年前に夫の壽一さんをフィリピンのルソン島の戦闘で亡くしま
した。難波さんは「戦時中は空襲がひどくて友達も皆亡くなり、100歳まで生きてこられるとは思いませんでした。これからもず
っと平和が続いてほしいと思います」と話していました。また最年少の参列者で、鹿児島県奄美市に住む7歳の福田鈴さんは
、曽祖父の重岡秀彦さんが終戦の翌年に満州で亡くなりました。福田さんは、「1人寂しく中国で亡くなったひいおじいさんが
かわいそうです。戦争は怖いので、しないでほしいです」と話していました。
式典では、参列者が式壇に菊の花を手向けて、戦争で亡くなったおよそ310万人の霊を慰めるとともに平和への誓いを新た
にしました。

◇首相 戦没者墓苑で献花
安倍総理大臣は政府主催の「全国戦没者追悼式」に出席するのに先立って、午前11時半ごろ東京・千鳥ヶ淵の戦没者墓苑
を訪れました。そして花束をささげ、深々と頭を下げ、戦没者の霊を慰めました。
千鳥ヶ淵の戦没者墓苑には、第2次世界大戦で戦死し名前が分からないため遺族に引き渡すことのできない遺骨が納められ
ています。 (2014年(平成26年)8月15日 NHKニュースより)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
全国戦没者追悼式 安倍首相が式辞


「平和への誓い新たに」 戦没者追悼式 首相式辞の全文

天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、戦没者の御遺族、各界代表、多数の御列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行致します。
祖国を思い、家族を案じつつ、戦場に倒れられた御霊(みたま)、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遠い異郷に亡くなられた御霊、いま
その御前にあって、御霊安かれと、心より、お祈り申し上げます。戦没者の皆様の、貴い犠牲の上に、いま、私たちが享受する平和と
、繁栄があります。そのことを、片時たりとも忘れません。
いまだ、ふるさとへの帰還を果たされていないご遺骨のことも、決して忘れません。過日、パプアニューギニアにて、ジャングルで命を
落とされ海原に散った12万を超える方々を想い、手を合わせてまいりました。いまは、来し方を想い、しばし瞑目(めいもく)し、静かに
頭(こうべ)を垂れたいと思います。
日本の野山を、蝉しぐれが包んでいます。69年前もそうだったのでしょう。歳月がいかに流れても、私たちには変えてはならない道が
あります。今日は、その、平和への誓いを新たにする日です。私たちは歴史に謙虚に向き合い、その教訓を深く胸に刻みながら、今を
生きる世代、そして、明日を生きる世代のために、国の未来を切り拓いてまいります。
世界の恒久平和に、能(あた)うる限り貢献し、万人が、心豊かに暮らせる世の中の実現に、全力を尽くしてまいります。
終わりにいま一度、戦没者の御霊に永久(とわ)の安らぎと、ご遺族の皆様には、ご多幸を、心よりお祈りし、式辞と致します。

平成二十六年八月十五日
内閣総理大臣 安倍晋三



全国戦没者追悼式 天皇陛下がお言葉を述べられる


天皇陛下のお言葉の全文

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った
数多くの人々と、その遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。
終戦以来すでに69年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時を
忍ぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。
ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し、心か
ら追悼の意を表し、世界の平和と、我が国の一層の発展を祈ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FNNnewsCH (14/08/15)
朝日新聞「慰安婦」記事取り消し 前代未聞の事態に波紋広がる






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/321-4d6330a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/17 08:57)

豊橋市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • 2014/08/17(日) 08:58:02 |
  • ケノーベル エージェント

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。