筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中文科相、一転して新設を認可ですか・・・

民主党の岡田副総理が「なぜ認可前に、校舎の整備が始まっているのか・・・」というような発言をし
田中真紀子文部科学大臣は「(認可が決まった段階で)既に建物が出来ているのはおかしい・・・」
などという発言をしていました。
この2人は大学設置法をご存じないようで・・・。少しは勉強して欲しいものです。
11月2日の田中真紀子文部科学大臣が“3大学の新設不認可”の記事を読んだときは、「暴走が
はじまったか・・・」「下手をすると訴訟騒ぎになるかも、墓穴を掘ったな」と思ったものです。
案の定、非難百出でどうにもならなくなり、本日、事実上の敗北宣言となったわけです。
この暴走オバサンの言う「大学数が多すぎる」「学生の質が低下している」のは正当な事ですが
それは、不認可の理由にはなり得ません。
「設置審」のあり方や法令・制度が悪いのであれば、見直しをして改正すればいいだけです。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3大学新設、一転認可 田中文科相表明
田中真紀子文部科学相が、秋田公立美術大(秋田市)など3大学の新設を不認可と判断した
問題で、田中文科相は7日、衆院文部科学委員会で「現行制度にのっとり適切に対応する」と
述べ、一転して新設を認可する考えを表明した。
3校側の強い反発のほか、身内の民主党内からも反対論が強まったことから判断を覆した。
文科省は近く正式に通知する。これにより3大学の来春開学が決まった。
ほかの2校は、札幌保健医療大(札幌市)と岡崎女子大(愛知県岡崎市)。
委員会後、田中文科相は記者団に「3校を認可する。大学設置のあり方の見直しは、かなりの
方が賛成していると分かった。これが私が知りたかったことだ」と翻意の理由を語った。
~2012.11.7 産経ニュースより抜粋~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

大学設置について調べたところ、沢山の方が疑問や意見を出されていましたので、ポイントになると
思われるものを要約してみました。(参照元は省略します)

 

現在の大学設置認可制度は準則主義です。
平成15年に準則化され、事前チェックから事後チェックへと変わりました。
法令に定められた要件を満たしていれば、主務官庁が認可を付与する仕組みですから
要件を満たしている場合は、認可しなければいけない、ということになっています。
大学新設等の手続きは「大学の設置等の認可の申請及び届出に係る手続等に関する規則」
(平成18年文部科学省令12号)により規定されています。
文部科学省が出している「大学の設置等に係る提出書類の作成の手引き」には
認可申請書に添付すべき書類として「校地校舎等の図面」が必要とされています。
①都道府県内における位置関係の図面 ②最寄り駅からの距離や交通機関がわかる図面
③校舎・運動場等の配置図 ④校舎の平面図がすべて含まれる、となっています。
さらに申請時において校地・校舎が未整備の場合は、造成・整備・建築に「着手したものに
ついてはその工程表を、未着手のものについては、その工事計画を校地校舎等の図面の
最後に添付」するようになっています。
したがって現行制度では、申請段階において校地が確定していなければならず、校舎も新設時点
までに建築工事等が完了している必要があるのです。
人事面においては、「大学設置・学校法人審議会」(設置審)に申請する時点で、教員候補者から
「就任承諾書」という書類を取り、履歴書、教育研究業績書、印鑑証明書とともに提出しなければ
なりません。設置審ではこれらの資料をもとに、当該人が大学教員として適切か否かを判断する
ことになります。つまり申請段階で人材確保ができていること、が前提条件となるわけです。
このような大学設置基準等に従って認可申請を行い、「設置審」による審査を受けたうえで、
認可の答申が文部科学大臣に提出されるのです。(「設置審」はあくまで審議する機関であり
決定権はありません)
当該法人は現行法令等に従い、設置基準を満たすために準備を行ってきた訳ですから、要件を
満たしている限り、文部科学大臣は「認可」を与える義務があります。
これを大臣が「不認可」とするには、各認可申請が大学設置基準等に抵触しているとか、重大な
疑義があるなどの理由を指摘する必要があるのです。
これができない限り、「不認可」とするのは裁量権の濫用になるのではないかと思われます。


~参考:大学設置認可に関する基礎資料(文部科学省-PDF)~

http://202.232.86.81/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/027/siryo/__icsFiles/afieldfile/2010/08/24/1296391_3.pdf


***********************************************************************

 

安倍自民党総裁もご自身のFBのなかで、以下のように語っておられます。


田中真紀子文部科学大臣が、三大学の新設の不認可を撤回いたしました。
田中大臣の「三大学新設の不認可」は思いつき、気まぐれ行政の典型と言えます。
田中大臣は「大臣が認可をする前に、『既に建物もできている、教授陣もそろっている、
そして生徒の募集も行っている』というのはおかしいじゃないか」と述べていました。
それに対して「それは一理ある!」との発言も複数の識者から出されていましたし、
NHKの街頭インタビューでもそうした声はありました。
しかし、この発言自体がこの制度について、根本的に理解していないことによります。
大臣自体が、この制度を知らないという事自体が驚くべきことでありますが、残念ながら
彼女はこの制度を全く理解していません。
学部、学科の新設については約3年間の審査が行われます。
紙の厚さが1メートルにも達する書類を提出しそれが厳重に審査されます。
この提出から3年間の内に(民主党政権下の大臣のもとに)文部科学省が審査を続けてきました。
そして認可の審査は「校舎がその認可基準に達している事」「認可基準に達するスタッフ(教授、
事務職員等)をそろえる事」が出来るという考え方を基本として審査が行われます。
何よりも田中大臣の主張のように、「校舎も全くできていない」何も無い、計画だけの書類を
認可できるわけがありません。
岡田副総理が田中大臣の「建物を先に造る方がおかしい・・」ということを挙げ、田中大臣を庇った
ことは副総理としての資質に欠ける、大恥をかいてしまったのだと思います。
そもそも、これだけ大臣の資質に欠ける人物、文部科学省の制度を理解せず、何よりも思いつきで
若者の将来や夢を大きく狂わせようとした人物を大臣に任命したことに関しては、極めて重大な
責任が総理にあると言えるでしょう。(彼女の資質については、かつて外務大臣を務めた時に
「全く無い」ということが分かっているのですから。)
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/32-277cda78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。