筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那の期限切れ鶏肉問題について

「上海福喜食品」による期限切れ鶏肉問題は、支那の米企業排斥運動の一環だと、宮崎正弘氏が分析しています。
支那問題の専門家による分析は、説得力があり参考になりますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成26年(2014) 7月31日(木曜日)弐 通巻第4305号より  

米食品企業はなぜ中国で手入れされたのか

期限切れ鶏肉をつかってマック、KFCの経営被害は甚大だが、このキャンペーンは中国の外国企業排斥が基本の動機
ではないのか… 最初から意図的である。
期限切れ食肉加工は米国企業が100%出資の現地法人である。中国のテレビが当該工場に潜り込んで、実際にカメラ
を回し、「期限が切れている? 死にはしないさ」という工員の会話が録音された。画像が放映され中国ばかりか世界に
流れたので、日本でもファストフーズなど、甚大な悪影響がでた。しかし、この事件はそれほど驚くことだろうか?
どぶ川の水で食器を洗い、箸をばしゃばしゃと洗い、つぎの客に出すのは常識。いや、それは日常の風景。屋台だけの話
ではない、ちゃんとしたレストランで、小生がチト呆れたのは、どぶ川の水でスープを作っていたこと。すぐにそのスープを
飲むのをやめたが、下痢は三日続いた。
北京の一流ホテルの料理場では、コック長が「客が日本人?」と聞くやフライパンに唾を吐いて、それから料理したと実際
に目撃した元駐在員が語った。中国での駐在が長いと原因不明の食あたり、食中毒は常におこる。原因不明で死んだ人
も何人かいるが、中国の医院では死因は特定されない。
過去四年間だけでも、伊勢丹、ヤマダ電機など数十社が撤退したが、日本企業ばかりではなく台湾企業は一万社近くが
すでに撤退した。韓国企業は夜逃げを敢行した。米国もIT関連、通信機器、コンピュータの多くが人員削減に踏み切って
いる。IBM、HPなどの動向がそれであり、またスタバも近く撤退を開始するとの情報がある。
IT関連で言えば、華為技術やZTE(中国通訊)など大手がすでに欧米日の技術に迫り、外国企業が邪魔になったため、
様々な妨害、入札阻止などをおこなっている。
豪企業リオ・テント、英国企業グラクソ・スミス・クラインなどは、なぜか独禁法抵触といわれて、社員が逮捕されるなど、
露骨に中国企業を保護するためだ。

◇米中戦略対話の破綻、海洋リグ撤去への報復の可能性
この流れが食品産業にきた。米系企業をとっちめるのは、その背後に、もっとどろどろした政治的動機がある。
つまり、シャングリラ対話、米中戦略対話で、米中はアジアの安全保障をめぐって激論、中国は四面楚歌となり、完全に
米中関係が破綻している事実経過と、なんらかの関係がある。
ベトナム沖で掘削を続けたCNOOC(中国海洋石油)は海洋リグを撤去した。これを中国軍は屈辱と感じており、米国へ
の報復をとんでもない方向からやらかした、とみると整合性がでてくるだろう。
さらに穿った見方は、この米国企業は、進出の際の諸手続きや認可に関して江沢民派の世話になった。
江沢民派をコーナーに追い込む習近平政権にとって、これは戦闘開始の信号でもある、という。しかし、まだ勢力を誇示
する上、家来を政治局常務委員に4人も送り込んだ江沢民を最後まで追い詰める意図を習近平が抱いているとは到底
考えられず、上海派が牛耳る通信利権に習近平が手を出す前に、胡錦涛――温家宝――朱容基らがもつ、「金融利権
(銀行、保険、証券)に手を付けるか、あるいは、守旧派の李鵬一味が持つ「発電利権」に手を出すだろうからだ。
ともかく、米国企業を絡め手で敵に回した中国は、この結末をいかにつけるのか…?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年7月27日 産経ニュース (中国総局/矢板明夫)より

期限切れ鶏肉問題 外資たたき? やらせ? 飛び交う陰謀説

中国上海市にある食肉加工会社「上海福喜食品」が7月中旬、マクドナルドなど外資系大手ファストフード店に期限切れの肉を
使用した商品を供給していたことが中国メディアに報道され、食の安全問題への関心が一気に高まった。
中国国内のインターネットに「もう何も食べられなくなった」といった不安の声が多い一方、「食の安全問題で外資系だけがクロ
ーズアップされるのはおかしい」「政府の陰謀かもしれない」といった意見も寄せられた。
一連の不正が明るみに出たのは、「上海福喜食品」の従業員の内部告発がきっかけだったという。上海市のテレビ局のスタッフ
が同社の臨時従業員として3カ月に渡って潜入取材し、半月近く過ぎた鶏肉や鶏皮を混ぜて出荷したり、床に落ちた鶏肉を肉棚
に戻したり、期限を7カ月も過ぎた牛肉を使っていたなどの衝撃の映像をカメラにおさめた。
上海福喜食品は、米国の食品卸売会社OSIグループの中国法人で、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン(KFC)など多くの
外資系大手ファストフード店に食用肉を供給していた。これらの企業は、「慶豊包子」などの中国の民族系ファストフード店と比べ
て、値段は高いが、食品安全問題で良好な企業イメージがあった。都市部の若者などを中心に人気を博し、近年中国で営業規模
を拡大させている。今回の上海テレビの報道を受けて、インターネットでこれらの企業に対する非難が殺到した。
「中国人をばかにしているのか」「外国系企業を中国から追い出せ」といった書き込みが多く寄せられた。
しかし一方、テレビの潜入取材の映像があまりにもきれいに取れていることから、「これは盗撮ではなく、やらせではないか」といっ
た意見もみられた。また、上海福喜食品は中国人が経営する大手レストラングループ「小肥羊」などにも商品を提供しているのに、
中国メディアはほとんど伝えなかった。さらに、テレビニュースの中に「だから、外国資本の企業は信用できない」「これからは中国
の店を使いたい」といった街頭で取材した市民の声を繰り返してながしていることから、「目的は外資系たたきではないか」と推測
する声多かった。
「中華民族の偉大なる復興」を政権スローガンにしている習近平政権は、外資系企業が中国で影響力拡大に対する不満が、今回
の調査報道の背景にあったと分析する意見もある。
「外資系の店の食べ物は問題あるかもしれないが、民族系企業と比べたら、はるかに安心できる」といった意見も多かった。

 「上海福喜食品有限公司」の鶏肉加工品の生産ライン

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年7月29日 zakzakより

“危険な中国産食品”専門家が教える防御法 大手外資系の安全神話「崩壊」

日本マクドナルドなどと取引のあった中国・上海の食品会社で使用期限切れの鶏肉が使われていた問題は、中国産食品の危険性
を改めて浮き彫りにした。床に落ちた鶏肉を平然と使い、カビが生え、腐った牛肉を材料に混ぜる生産現場の実態に、日本はおろか
世界が衝撃を受けた。再び顕在化した食のチャイナリスク。我々は今後、どうやって食の安全を確保していけばいいのか。
専門家が自己防御の心得を伝授する。
米食肉大手OSI(本部・イリノイ州)の中国法人「上海福喜食品」で、使用期限切れの鶏肉が使われていた問題は、中国の食品製造
業界が抱える闇の深さを印象づけた。
国営新華社通信が運営するサイト「新華網」は24日、上海市の品質管理や食品安全の監督当局が過去3年間に同工場を7回検査
したにもかかわらず、不正を見抜けなかったと報じた。検査官の怠慢か、不正を黙認していたのか。それとも偽装が巧妙すぎたのか。
いずれにせよ、ずさんな生産体制を放置することになった上海当局にも批判が集まっている。
被害を受けた日本マクドナルドは、中国からの鶏肉調達に見切りをつけ、タイ産に切り替えることを決めた。
日本で2007~08年にかけて起きた冷凍毒ギョーザ事件以降、中国産食品の危険性が度々伝えられてきたが、今回の問題は「外資
系の大手ファストフード店なら安心」という安全神話を打ち砕いたという点で、衝撃度はより大きい。
『食品のカラクリ6 輸入食品の真実!!やっぱり危険!?「中国産」の知られざる実態』(宝島社)などの著書がある食糧問題研究家
の小倉正行氏は、「これまで、期限切れや人体に有害な農薬、添加物が混ざった危ない食材は、中国国内だけで流通しているという
のが定説だった。中国に進出している外国資本の食品関連企業の多くは、現地に生産拠点を構え、『独自の安全基準を設けて厳重
な管理体制の下で製品を作っている』と安全性をアピールしてきた。ところが、今回の問題で大手外国資本の傘下であっても現場の
不正行為は防ぎきれない、ということが分かってしまった」と問題視する。
財務省の貿易統計によると、日本が昨年度、中国から輸入した食品は金額ベースで約8,700億円で、最大の輸入相手国である米国
(約1兆2,600億円)に次ぐ高さ。我々の食卓に相当数の「メード・イン・チャイナ」が入ってきていることを意味する。この状況のなか、ど
うやって「食の安全」を図っていけばいいのか。
『日中食品汚染』(文春新書)の著者で愛知大学教授の高橋五郎氏(中国農業経済学)は、「外食チェーンで使われる食材の多くは
中国産だ。デパートやスーパーの総菜の原材料として扱われることも多い。普通に生活していれば、完全に中国産食品を排除するの
は不可能に近い」と話す。基準値以上の農薬や、日本で使われない食品添加物が混入していることも多く「細菌やウイルスは洗浄と
加熱によって排除できるが、添加物や重金属は別。食材に浸透しているため、洗ったり熱を加えたりしても消えない」と高橋氏は指摘
する。健康被害がすぐに出るものではないものの、「体内に蓄積されると危険性が増す。こういう化合物は『調味料』に含まれることが
多い。産地表示を確認し、中国産であれば摂取しすぎないように気を付けること」と注意をうながす。
徹底して避けるのなら、やはりこの方法しかない。「産地表示をよく確認して食材を購入し、自分で調理する。外食はなるべく避けて、
出来合いの総菜も買い控える。それが最善の方法だ」(高橋氏)
安全・安心な食生活を送るためには、それぐらいしないと、もはやダメなのかもしれない。

 「上海福喜食品」の工場内



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/313-f8087aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。