筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教師も親も泣いた「特攻劇」

昨日の、大分県教職員組合による格安“韓国反日教育ツアー”の件で遣り切れない気分だったのですが、ふと思い出した“ちょっと感動
する、良い話”がありました。それは3月10日の産経ニュースwestに掲載されていた《“荒れた中学”変えた「特攻隊」》という記事です。
この中で紹介されている、東大阪市立花園中学校の福島教師の教育姿勢や生徒への接し方こそ、教育者としてのあるべき姿ではない
でしょうか。大分県教職員組合の左巻き教職員には理解不能かもしれませんが、せめて「平和を学ぶ」とはどういうことか、くらいは参考
にして欲しいと切に願う次第です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年3月10日 産経ニュースwest 【関西の議論】より

“荒れた中学”変えた「特攻隊」、非行生徒らは明らかに変わった
             …3年生210人が演じた「特攻劇」、教師も親も泣いた


荒れた中学校が特攻隊をテーマにした劇を契機に大きく変わろうとしている。大阪府東大阪市の市立花園中学。
現3年生は入学時、髪を染めたり、ピアスをしたりといった生徒が「普通」で、暴力、喫煙など非行が絶えなかった。
それが、熱血教師らの指導もあって、バラバラだった学年が劇制作などを通じて一つにまとまり、下級生にも「いい
影響」が広がりつつあるのだ。 卒業を控えた3年生と教師の軌跡をたどる。 (古野英明)

◇体育館を包んだ嗚咽
昨秋、開かれた文化祭。
3年生210人全員参加で作り上げた劇「青空からの手紙」が終わる頃には、会場の体育館のあちこちで嗚咽が漏れていた。
テーマは、第2次大戦末期の特攻隊員の悲劇と生き方。
結婚して子供が生まれたばかりの主人公・中村正は、海軍で出会った友人の坂本から、「お前には家族がいる。ここは俺に
任せろ」と志願を止められたが、「自分だけが生き残るわけにはいかない」と先に志願した友人に続く。
結局、先に出撃したのは中村の方で、そのまま終戦を迎えることに。終戦後、生き残った坂本が遺族の元に届けた遺書には、
家族の幸せを願う中村の思いがつづられていた…。
ロングラン公開中の映画「永遠の0」を思わせる内容だが、劇を制作・上演した頃はまだ映画は公開されていない。
指導・監修にあたった福島哲也教諭(32)は「まだ中学生ですから、原作の本も読んでいない者が殆どだったでしょう。図らず
も、話題の映画と同じテーマの劇を学年全体が一丸となって制作できて、教師も生徒もみな感動しています」と話す。
感動したのは3年生と教師だけではない。「いつもは、ざわざわと私語が絶えない1・2年の生徒も、静かに劇に見入っていまし
た」と福島教諭。保護者の多くも目を真っ赤に泣き腫らし、後日、劇を収録したDVDを見た付近の高齢者の中には「号泣され
る方もおられました」という。

◇グレる生徒、まじめな生徒…互いに疎外感
3年前、現3年生が入学してきたとき、花園中はかなり荒れていたという。1年のときから現3年を担当している福島教諭は
「この子らも、喫煙、夜遊びは当たり前で、上級生に暴力をふるったり、学校のものを壊したり、教師に暴言を吐いたり…。
それほどグレてない子でも髪を染めたり、ピアスをつけて学校に来たりしていました」と振り返る。
「もちろん、真面目な子も多かったのですが、いわゆるサイレントマジョリティーで、グレている生徒とは距離を置き、非行を目にし
ても教師に伝えることをせず、関わり合いになることを避けていました」
当時、同校に赴任したばかりで、学年主任となった福島教諭は、まず校則違反から正していった。ピアスや髪染めなど目に見え
る違反は、保護者も交えて話し合って改めさせた。また、サイレントマジョリティーの真面目な生徒に、非行やいじめがあれば教え
るよう依頼した。生活指導を受ける生徒は当然、反発したが「彼らは、どうせオレなんて、私なんて、という疎外感をどこかにもって
いる。教師の側が腹をくくって接していれば、自分達は見捨てられていないということを、必ず分かってくれると信じていました」

◇きっかけは特攻資料館
そして、次に打った手が1年時から計画をスタートすることになっている修学旅行。平和学習ということで長年、定番旅行先だった
長崎ではなく、福岡県の特攻資料館「大刀洗平和記念館」に決めた。
「原爆投下や大空襲だけが、悲惨な戦争体験ではないでしょう。家族のため、国のために特攻に志願せざるを得ない状況に追い
込まれ、尊い命を犠牲にした若者が沢山いたことを、生徒たちに知ってもらいたいと思ったんです」と福島教諭。
事前に特攻に関する資料を調べるなどの学習をさせ迎えた、昨年6月の修学旅行当日。生徒達の多くは、命を散らせた特攻隊員
らが出撃前にしたためた遺書や遺品、特攻関係の資料を前に無言のまま釘付けになった。
「生徒は特攻はおろか、戦争のことを殆ど知らなかったでしょうが、彼らなりに何かを感じ取ったようでした」

◇劇制作通じ固い絆…教頭も「闇まぎれ感涙」
旅行後、その「何か」が具体的に形になっていく。「特攻をテーマにした劇を文化祭でやりたい」。教師たちが助言したわけではなく、
自然発生的にそんな声が上がり、キャスト、ナレーター、道具係、衣装係、音響、照明、パネル、合唱など、学年全員が何らかの役割
を負った。夏休み中には、オーディションで選ばれたキャストの生徒9人が稽古を重ね、2学期が始まる頃には全てのせりふを覚えて
いた。制作委員の一人である生徒は「現代では考えられないような悲惨なことが、そんなに遠くない昔に実際に起きていたというこ
とにショックを受けました。そして、そういう人たちの犠牲の上に、今の自分達の平和があるんだ、と強く感じました。そんなメッセージ
を伝えられたら、という思いで劇を作りました」と話す。
そして迎えた9月の文化祭本番。劇の完成度は高く、榎本欣弥教頭は、「私も泣きました。生徒達に見られたら恥ずかしいので、暗闇
に紛れて…」と、その時の感動を語る。
「1年のころはツッパリだった生徒も喜んで裏方の仕事をやっていました。どの子も自分が自分が、というのではなく、それぞれの役割
を黙々と果たし、学年が一つになっていました。こいつら凄い、と思いましたね」

        平成25年9月 花園中3年生制作劇「青空からの手紙」

◇校長にも元気よく挨拶…そして卒業
3年生の影響を受け、他学年も変わりつつある。赤壁英生校長によると、校内ですれ違っても挨拶どころか、目を合わせようともしなか
った生徒達が「挨拶をするようになりました」。また、以前は委員会活動に生徒が参加することはなく、実質、教師だけで行っていたが、
最近は積極的に生徒も参加するようになってきたという。
「真面目にやったら損する、悪いことをして正直に言ったら怒られるという考えが改まってきたように感じます。今の3年が作ってくれた
いい雰囲気を全生徒にもっと広げ、引き継いでいくことがわれわれの仕事だと思っています」と赤壁校長。
受験の真っ只中にある3年生は2月末、自分達で実行委員会を立ち上げ自主的に「冬の運動会」を実施した。
「少しでも勉強する時間が惜しいでしょうに、まるで名残を惜しむかのように取り組んでいました」と福島教諭。
固い絆で結ばれた3年生は、14日に卒業式を迎える。学年主任の福島教諭は、旅立つ彼らに「サプライズ」を用意しているという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記事の中で紹介されている、特攻資料館「大刀洗平和記念館」には、映画「永遠の0」が公開されて以来、来館者が急増しています。
個人的には、平和学習や修学旅行などで子供達を学ばせるなら、国内各地に在る歴史資料館などの施設にすべきだと思っています。
広島県呉市にある「海事歴史科学館」は、幕末から太平洋戦争終結までの戦史が学べますし、鹿児島県には「知覧特攻平和会館」
(南九州市)をはじめ「鹿屋航空基地史料館」(鹿屋市)や「万世特攻平和祈念館」(南さつま市)など、特攻について学べる施設が
有ります。我が福岡に在る「大刀洗平和記念館」もそんな施設の一つです。この春以降、「大刀洗平和記念館」に来館した小中学校
を以下に紹介しておきます。写真に写った子供達の姿から、何を感じますか?

4月香川県坂出中学校
4月28日 香川県坂出市立坂出中学校のみなさん(修学旅行)

5月島原市立第4小
5月09日 長崎県島原市立第四小学校のみなさん(平和学習)

5月千葉県国府台女子学院
5月31日 千葉県国府台女子学院のみなさん(修学旅行)

7月3日久留米市高良内小学校
7月03日 福岡県久留米市高良内小学校のみなさん(平和学習)

7月 長崎県今福中学校
7月09日 長崎県今福中学校のみなさん(修学旅行)

「大刀洗平和記念館」 Fbより
https://www.facebook.com/heiwakinenkan?fref=nf





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/311-30dac13b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。