筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯会場で「ゴミ拾い」・・・

日本のマスコミが伝えず日本人が殆ど知らない話題が、海外で大きく報道されるということが多々あります。
6月15日のサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会での出来事も、国内で報道された様子はありません。
コートジボワール戦で惜敗した後の、日本人サポーター達の行動が、海外で称賛されているという話題です。
日本人サポーター達は観戦後のマナーを忘れなかったようで、スタジアムを後にする前に、観客席などに散乱したゴミを拾い集めていた
そうです。この様子を@WorldCupProbsというTwitterユーザーが、「CLASS ACT(一流の人の意味)」と称賛する投稿をしたようです。
J-CASTニュースと香港メディアが伝えています。

W杯 ゴミ拾い02


2014年6月16日 J-CASTニュースより

日本人サポーター負けた後もW杯会場のゴミ拾い
「日本は文化も教育も最高だ!」と世界中から絶賛


サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会での日本人サポーターの振る舞いが素晴らしい、と世界中から尊敬の念を集めているのだと
いう。6月15日に行われた日本対コートジボワール戦で日本は1-2で敗れた。
怒りを露わにイスを蹴ったり、何かを投げつけたりするサポーターが少なくない中で、日本のサポーターの取った行動は会場内のゴミ拾
いだった。
アメリカのケーブルテレビ局向け放送局のターナー・ブロードキャスティング・システムは、6月15日付けの自社サイトコラムに2枚の写真
を掲載した。そこにはW杯会場の観客席と思われる場所で、何人もの男性が青く大きなビニール袋を持ってゴミを拾っている様子が写っ
ている。
記事は「2014年のW杯で日本のファンは試合の後に清掃を始めた」という見出しを掲げ、日本のサポーターはコートジボワールに2-1で
敗れたものの取り乱すことはなく、近くにゴミ箱がないことが分かるとゴミ拾いを始めた。その作業は徹底されていて、負けたチームのサ
ポーターなのにもかかわらず非常に上品な行動だ、などと書かれている。
よほど衝撃的で不思議な光景に見えたのか、この日本人の清掃の様子がネット上に多くアップされている。「ツイッター」で写真を公開し
た人のコメント欄には英語とスペイン語で、「彼らの文化と教育。ブラボー!」、「日本は最高だ!」、「彼らはとても礼儀正しい。私たちは彼ら
から多くのことを学ぶことができる」などと尊敬の念を示している。
このニュースを読んだ日本のネットの掲示板などでは、「サポーターも外交大使の役割を見事に果たしてるね。ほんとにありがとうござい
ますって感じ」、「ゴミを散らかせたら片付けるなんて当たり前のことに理由が必要なのか」、「やっぱり何事にも責任感を持たないといけ
ないという教育と、社会環境のおかげと、何よりサッカーという好きなことに対する思いからだろう」などといった書き込みが出ている。
スポーツジャーナリストの工藤健策さんに話を聞いてみると、海外のサッカースタジアムの観客席はとにかく汚いのだという。
ファンにとって観客席は不満をぶつける場所になっていて、ゴミを撒いたりイスを蹴飛ばしたり、平気で落書をしたりしている。
これは国レベルのサッカー、スタジアムに対するとらえ方の問題で、特に清潔好きかどうかということは関係ないそうだ。日本でもJリーグが
始まるまでのサッカー場は非常に汚かったのだという。そして綺麗なスタジアムが完成すれば日本人特有の潔癖さ、清潔好きが表面に出
てきて、キレイさを維持しようとするのだそうだ。
「世界のサッカーファンと、日本のサッカーファンのレベルの違いということでしょう。ネットに出た清掃の写真で、日本が世界から称賛され
るのは至極当然ともいえますし、もし、日本の姿勢を本当に見習ってもらえるとしたら、いい傾向です」

W杯 ゴミ拾い01


2014年6月16日 サーチナより

さすが日本人サポーター!
W杯会場で「ゴミ拾い」・・・雨の初戦で敗戦しても


サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本代表は15日(日本時間)、グループリーグ初戦のコートジボワール戦をブラジル
北東部のレシフェで戦い、1対2で逆転負けした。雨の中の初戦でアフリカの強豪に苦い敗戦。
だが、香港系のスポーツニュースメディア鳳凰体育は「さすがは日本人サポーター! 試合後のスタジアム、雨の中でゴミ拾い」と題した
ニュースを伝え、日本人の精神を称えた。
コートジボワール戦で日本人サポーターたちはスタジアムに青いゴミ袋を持参し、風船のようにふくらませて応援していた。
中国のインターネット上などでは、この光景を不思議に感じた人も多いという。鳳凰体育が伝えたのは、試合後、日本のサポーターたちが
雨の中、会場で出たゴミをこのゴミ袋に入れて持ち帰る様子だった。
前回の南アフリカ大会では、日本のサポーターたちが日本代表のカラーに合わせて青い風船をスタジアムに持ち込み、応援した。
しかし今大会では風船の持ち込みが禁止されたため、応援に行くサポーターたちの間で「青いゴミ袋」を持って行って風船のように使い、
試合後にはゴミを入れて帰ろうという呼びかけがインターネット上であったようだ。
中国などでも「きれい好き」と有名な日本人の気質。「雨の中のゴミ拾い」は、試合後に日本代表選手たちがサポーターたちに深くおじぎ
して感謝を示した様子と共に、称賛に値すると報じられている。 (編集担当:古川弥生)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年6月16日 XINHUA.JP

日本のサポーターがW杯で見せた精神、試合後に雨の中をゴミ集め
・・・「民度の高い国は尊敬に値する」「さすがはアジア最強国」―中国ネット


中国・鳳凰体育は16日、「日本のサポーターがW杯で見せた精神、試合後に雨の中をゴミ集め」と題した記事を掲載した。
日本に行ったことのある人は誰もがこの国の清潔さに舌を巻く。日本のサポーターがこの清潔好きの精神をサッカー・ワールドカップ
(W杯)ブラジル大会の会場でも発揮した。日本代表がコートジボワール代表に敗れた後、ゴミを集めてからその場を立ち去る日本の
サポーターたちの姿に多くのサッカーファンが敬服した。
W杯C組グループリーグの日本は初戦の相手、コートジボワールとレシフェのペルナンブコ・アリーナで対戦。MF本田圭祐が先制点を
挙げ日本優勢のまま前半を終了したが、後半立て続けに2点のゴールを許し逆転負けを喫した。日本代表はこの初戦敗退でグループ
リーグ突破は楽観視できない状況に。脆弱な攻守を見る限り、8強入りはかなり厳しいと言わざるを得ない。
歴史的な要因から、ブラジルには日本人や日系人が多く住んでいるため、試合会場には日本代表を応援するサポーターが大勢集まり、
大声援を送った。その中には日本からわざわざ駆け付けたサポーターもいた。雨の中での試合となったが、サポーターたちの熱気が冷
めることはなかった。
試合開始直後から多くの日本のサポーターがブルーのビニール袋を手にしていた。ゴミ袋のようにもみえる。ネット上では「あれは何?」
と言った声が上がっていた。試合終了後、その答えが明らかになった。
日本代表がアフリカゾウに逆転されるという悲劇に見舞われ、日本のサポーターたちは意気消沈しながらも、周囲に落ちていたゴミをそ
のブルーのビニール袋に集めてから立ち去ったのだ。 この行動は多くのサッカーファンを敬服させた。
日本代表も試合終了後、一列になって観客席に向かって深々とお辞儀をし、感謝の気持ちを伝えていた。

中国ネットユーザーの反応は以下の通り。
「応援とゴミ集めの兼用というわけだったのか」、「政治は置いておいて、本当に日本という国が大好きだ。学ぶべき点が多々ある」
「中国人の民度も向上したとはいえ、これが中国人だったらゴミを気にする人はいなかっただろう」
「日本人は素晴らしい、日本の政権はならずものだが」、「民度の高い国は尊敬に値する」
「これがわれわれが人でなしと騒いでいる日本人だ。皮肉なことに被害者面しているわれわれは足元にも及ばない」
「日本人は自分のゴミは自分で持ち帰るし、他の人のゴミも拾う」、「中国人がいたら、ガムのポイ捨てだらけだっただろう」
「日本に行ったことがある人はみなこの民族が好きになる」、「このような民族は尊敬に値する!」
「無言の行動が最も強力な言葉になる」、「日本人の民度は非常に高い!これほど自律的な民族は他にいない!」
「このような民族が強くならないわけがない。日本と比べると、われわれは幼稚園から学び直さなければならない点が多い」
「日本人にとっては習慣化されたこと。中国人は永遠にまねできない」、「さすがはアジア最強国」

(編集翻訳 小豆沢紀子)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スポーツニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/291-e454f3cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。