筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【訃報】 桂宮殿下が薨去されました

6月8日午前10時55分、桂宮宜仁(よしひと)親王殿下が薨去されました。 悲報に接し、謹んで弔意を表し奉ります。

     桂宮殿下

訃報を「薨去」と報じたのは産経新聞だけのようです。その他は「逝去」「死去」と報じています。マスコミ・メディアの皇室を軽んじた
不敬な報道を目にする度に心が痛みます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年6月8日 NHK NEWSWEBより
6月8日NHKニュース

6月8日NHKニュース02

2014年6月8日(日) YOMIURI ONLINEより

天皇陛下のいとこ、桂宮さまがご逝去

桂宮宜仁(よしひと)親王殿下は8日午前10時55分、急性心不全のため、東京都文京区の東大病院で逝去された。66歳だった。
桂宮さまは天皇陛下のいとこで、昭和天皇の末弟の三笠宮崇仁たかひとさま(98)の次男。「車いすの宮さま」として知られた。
皇位継承順位は第6位だった。
桂宮さまは8日朝、宮邸で容体が急変、東大病院に救急搬送されたが心肺停止状態で、救命措置も及ばなかった。
兄宮の三笠宮家の寛仁ともひとさま、弟宮の高円宮憲仁さまともに逝去しており、三笠宮ご夫妻の男子は3人とも亡くなられた。
桂宮さまは1948年2月11日、三笠宮さまと同妃百合子さま(91)の次男としてご誕生。
71年に学習院大法学部を卒業後、オーストラリア国立大学大学院に留学された。88年1月1日、40歳を迎えるのを機に三笠宮家
から独身のまま独立、桂宮家を創立された。同年5月、宮邸で倒れ、急性硬膜下血腫の緊急手術を受けられた。右の手足などに
障害が残ったが、91年11月から車いすで公務に復帰。
「日・豪・ニュージーランド協会」や、「大日本農会」などの総裁として公務に取り組まれた。2008年以降は敗血症のため宮邸で
療養されていた。 桂宮さまの逝去で、皇室の構成は天皇陛下と皇族方計21人となる。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年6月8日 FNNnewsCH
桂宮さまご逝去


桂宮宜仁さまご逝去


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年6月8日(日) 産経ニュースより

■桂宮殿下 薨去 天皇陛下のいとこ
三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下の第2男子で、天皇陛下のいとこにあたる桂宮宜仁(よしひと)親王殿下が8日午前10時55分、急性
心不全のため東京都文京区の東京大学医学部付属病院で薨去(こうきょ)された。66歳のご生涯で、皇位継承順位は第6位だった。
桂宮さまは昭和63年5月、お住まいの宮邸の寝室で倒れて以来、右半身が不自由となり、リハビリテーションを受けられていた。
ご本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は約1週間後に東京都文京区の豊島岡(としまがおか)墓地で執り行われるとみられる。
桂宮さまは独身のため、桂宮家は断絶する。 桂宮さまの薨去により、皇室の方々は21方となった。
日・豪・ニュージーランド協会総裁のほか、大日本農会、大日本山林会、日本工芸会、日本漆工協会の各総裁を務められた。
心筋症の持病があったほか、宮家創立から約半年後の63年5月26日には、宮邸の寝室で倒れられているところを発見された。
当時のご年齢は40歳だった。都立広尾病院に入院し診断の結果、頭蓋骨の内側にある硬膜と、くも膜の間から出血する「急性硬膜下
血腫」と分かり、緊急手術を受けられた。右半身まひなどのご障害が残ったものの、リハビリに取り組み、平成3年には公務にご復帰。
総裁を務める各団体の表彰式などに、20年まで出席されていた。
20年9月には、高熱が続いたため東京大学医学部付属病院にご入院。診察の結果、血液に細菌が入る「敗血症」と診断された。
一時は重篤なご症状に陥ったことから、ICU(集中治療室)で治療を受けたが、21年3月に退院し、療養されていた。
また23年12月には、唾液などが気管に入って起こる誤嚥(ごえん)性肺炎を防ぐため、気管(喉頭)を閉じる手術を受けたほか、26年
1月~3月にも発熱が続いたため東大病院に入院するなど、入退院を繰り返し、長い闘病生活を送られた。
お住まいの桂宮邸は東京都千代田区三番町。兄の寛仁(ともひと)親王殿下は24年6月、弟の高円宮憲仁(のりひと)親王殿下は14年
11月、薨去されており、三笠宮さまのご子息はお3方全員が亡くなられた。


■車いすで懸命に励まれた公務 元サラリーマンの横顔も
天皇陛下のいとこにあたる桂宮宜仁(よしひと)親王殿下が8日、66歳で薨去された。7日までは血圧、脈拍などに異常はなかったが、8日
朝に容体が急変された。お若いころはバンド活動に励むなど“行動派”の一面をお持ちだった桂宮さま。
昭和63年には急性硬膜下血腫で倒れたが、リハビリをへて約3年半後に復帰、車いすで公務に臨まれた。ここ数年は体調を崩して、表舞
台に出られる機会は多くなかったが、元側近らは「明るくざっくばらんな方」とそのお人柄をしのんだ。
桂宮さまは学習院中・高等科時代にはビートルズに熱中、バンドを結成し、自らリードボーカルを担当されたこともある。
オーストラリア留学から帰国した翌年の49年10月から60年5月まで、NHKに嘱託として勤務し、サラリーマン生活を経験された。
NHKでは、セレモニーやイベントでの切符もぎり、大道具、小道具の運び役など裏方もご体験。「サラリーマン社会は人間関係も複雑。
サラリーマンの苦労もよく分かりました」と、昭和63年1月に三笠宮家から独立して桂宮家を創設した際に振り返られた。
宮家ご創設から約半年後、急性硬膜下血腫で倒れ、車いすでのご生活に。しかし、手術やリハビリに耐え、約3年半後に公務に復帰された。
皇族が車いすで外出すれば、施設のバリアフリー化などが注目され「ほかの障害者の役に立てる」と周囲に語られた。
身体や言葉に障害が残ったが、ご自身が総裁を務める団体の行事には折に触れて出席された。
6年から20年に敗血症で入院するまで、毎年、秋田県で開かれる「桂宮杯全日本学生水上スキー選手権大会」を名誉総裁として欠かさ
ずに観戦されていた。
社団法人「日本工芸会」の総裁を務めていた桂宮さまは、敗血症で長期入院するわずか5日前の20年9月23日にも、都内で開かれた
「第55回日本伝統工芸展授賞式」に出席されていた。
側近を務めた元職員は「あまりにざっくばらんなので、宮邸で話をしていると敬語を使うのを忘れてしまうこともあった」と語る。
別の元側近は「お客さまを迎える際にじゅうたんの掃除がきちんとしていないと『失礼だ』と怒られた。厳しい面もあった」と明かす。
生涯独身を通された桂宮さま。ご自身の障害と闘いながら、できる限りの公務に励まれたご生涯だった。


■悲しみに包まれる桂宮邸 両陛下もご弔問に
桂宮さまのご遺体は8日午後0時57分、東京都千代田区三番町にある桂宮邸に戻られた。ご両親である三笠宮ご夫妻をはじめ皇族方が
次々と駆けつけられ、夕方には天皇、皇后両陛下も弔問に訪れられた。
三笠宮ご夫妻は午後2時17分、桂宮邸に到着された。門を通る際には、ご夫妻ともうつむくことなく、前をしっかり向かれていた。
午後3時には高円宮妃久子さまがご到着。桂宮さまのめいにあたる三笠宮家の彬子さまと瑶子さま、高円宮家の承子さま、典子さまも宮
邸を訪れられ、桂宮さまの姉である近衞●(=ウかんむりの下に心、その下に用)子(やすこ)さんらご親族も駆けつけた。
宮内庁関係者は宮邸内の様子について「三笠宮ご夫妻は普段通りのご様子だった」と話し、「ご家族で静かに過ごされている」と話した。
午後5時過ぎには両陛下がご弔問に。皇太子ご夫妻、秋篠宮ご一家、常陸宮ご夫妻も訪問された。
宮邸前の歩道は報道関係者で埋め尽くされたが、オフィスビルや大学が立ち並ぶ近隣は休日とあって、人通りもまばら。宮邸の通用門で
は生花や供物が届くたびに、職員が忙しそうに対応していた。
宮邸近くの学校に通っていたという新宿区の主婦は「ニュースを聞いて久しぶりに近くまで来た。ご両親のお気持ちを考えるとおかわいそ
う。残念です」と話していた。


■両陛下、皇族方が服喪
宮内庁は8日、桂宮さまが薨去されたことに伴い、天皇、皇后両陛下が5日間、喪に服されると発表した。両親の三笠宮ご夫妻は30日間、
皇太子ご夫妻らほかの皇族方は5~7日間の喪に服される。
服喪中は華やかな行事を控え、公務などで外出される際には一時的に喪を外す「除喪」の手続きが取られる。


<宮内庁会見一問一答>
桂宮宜仁(よしひと)親王殿下が8日午前に薨去(こうきょ)されたことを受け、宮内庁の西ケ広渉宮務主管と名川弘一皇室医務主管が
記者会見した。 一問一答は以下の通り。
記者会見する西ケ広渉宮務主管(右)と名川弘一皇室医務主管=8日午後
(西ヶ広宮務主管から冒頭説明)
発表いたします。宜仁親王殿下には、本日10時55分、東京大学医学部付属病院において、薨去されました。謹んで哀悼の意を表する
次第であります。 以上です。

(質疑応答)
--桂宮さまがお亡くなりになった病状、死因、お亡くなりになったときのご様子について

名川皇室医務主管
「桂宮さま、日頃からあまり良い状況といえるご状況ではございませんでしたけれども、今回、ある意味、急性の変化が起きまして、それで
9時過ぎに東大病院の方へ救急車で搬入されました。東大病院に救急車で搬入された時点で、心肺停止状態という状況だと聞いており
ます。すぐに東大病院の救急、循環器医師が蘇生を開始いたしました。蘇生をずっと続けておりましたけれども、一回も心臓の拍動が戻る
ことなく、10時55分に薨去された次第でございます。その急性の変化の原因についてでございますけれども、正確なところはちょっと分か
りかねますが、担当医、あるいは担当医を指導する上級医の方から確認したところ、急性心不全ではないだろうかと。これがもっとも考えら
れるということでございました」

--最近は入退院を繰り返していらっしゃったが、最近の治療、どういうことが行われてきたのか。最近のご体調はいかがだったのか

名川皇室医務主管
「一番大きな、入院をなさる原因は細菌の感染。呼吸器感染、あるいは尿路系の感染等々。感染によってお熱が出る。お熱が出ると、心臓
に負荷がかかる。心臓に負荷がかかると、心不全の方向になるといった連鎖が起きますので、その連鎖をストップしつつ、感染も抑えつつ
、抗生物質を使い、宮邸へお帰りになるということを何回か繰り返されている状況」

--運ばれた場所はICU(集中治療室)でよろしいのか。ちなみに駆けつけられた皇族方のご様子をお伝えいただきたい

名川皇室医務主管
「救急車が到着した部署として私が承知しているのは、東大医学部付属病院の救急外来。薨去されるまでの間にいらっしゃった皇族の方
、私が存じ上げている限りでは、三笠宮崇仁親王殿下と百合子妃殿下でございます」

--三笠宮ご夫妻、そのときのご様子は?

西ケ広宮務主管
「申し訳ございません。その時間に私自身、まだ病院に駆けつけておらなくてですね、その後、崇仁親王殿下とお話する時間を持っておりま
せんので、まだご質問にお答えするようなことはできません」

--昨日までの桂宮さまのご様子は?

名川皇室医務主管
「血圧、脈拍、酸素飽和度、お熱、こういったバイタルサインと申しますけれども、こういったものについては昨日の段階では、異常はござい
ませんでした」

--今朝方のご様子というのは?

名川皇室医務主管
「宮邸の職員が、宜仁親王殿下のご状況について少し様子がおかしいというようなことで、東大病院に連絡し、その後救急車で東大病院
へ搬入ですので、宮邸の方が宜仁親王殿下をそのような状況だと認識するまでは、いわゆる通常の状況という風に思っております」

--様子がおかしいというのはどのような?

名川皇室医務主管 「呼吸が微弱だという風に聞いております」

--それは何時ごろ?

名川皇室医務主管 「細かい時間は承知しておりませんが、8時台だと思います」

--蘇生とはどういったことをされた?

名川皇室医務主管
「救急部で行う蘇生は心臓マッサージ、それから人工呼吸器に装着して気道、それから呼吸を確保するということでございます」

--蘇生を止められるときというのは、病室に三笠宮さまご夫妻はいらっしゃったのか

名川皇室医務主管
「崇仁親王殿下それから百合子妃殿下は、もちろん蘇生の状況、蘇生の段階では病院にお着きになっていらっしゃいまして、蘇生をいつご
ろやめるかといったようなご相談も前もってさせていただいた上で、その蘇生を中止したという風に病院側から聞いております」

--両殿下とご相談のうえで?

名川皇室医務主管 「そのように聞いております」

--三笠宮さまと百合子さまがそばで看取られたという状況?

名川皇室医務主管 「物理的な距離の問題ですか? それは承知しておりません」

--お看取りになった最後の瞬間を立ち会われたのか

名川皇室医務主管
「もちろん最期、10時55分に薨去されるということは医師の死亡確認がなされたということでございまして、このときは、これも私現場にお
りませんので、正確かどうかは分かりませんけど、当然立ち会わられていらっしゃると思います」

--亡くなられた時間というのは、三笠宮ご夫妻が蘇生を止めるというご判断をして、それで死亡確認が行われたということか

名川皇室医務主管 「死亡確認をしたのは医師です」

--そこに至る前に、蘇生を止めましょうをいう判断をご夫妻と?

名川皇室医務主管
「それは三笠宮崇仁親王、百合子妃殿下のご意向を受けて、その蘇生を止めたということではなくて、もちろん医師の判断とか、心臓がもう
一回蘇生して心拍を開始するかどうかという見通しとかを全部総合してのものです」

--今後の予定は

西ケ広宮務主管 「今後の予定については、これから打ち合わせる状態であります」




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/286-a931f3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/09 08:44)

千代田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • 2014/06/09(月) 08:44:18 |
  • ケノーベル エージェント

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。