筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健さんの新CMがカッコイイ

俳優高倉健さんと歌手井上陽水さんとのコラボCMが、ショートムービーのようでカッコイイです。 健さんは一言も語らず、バックに流れるのは
陽水さんの「少年時代」。福岡県人としては、もうこれだけで十分です。

健康家族 公式チャンネルより
健康家族 にんにく物語「土との出会い」60秒CM


~2014年06月02日 qBiz西日本新聞経済電子版より~
<これが九州の広告だ>
健康家族

「不器用」に共感した高倉健さん 健康家族(鹿児島市)
「出演オファーは『ダメもと』でした」―。
「にんにく卵黄」で知られる健康家族(鹿児島市)が、3月中旬からテレビとウェブで放映を始めたCMで、同社関係者も驚く“共演”が
実現している。名優・高倉健さんとミュージシャン・井上陽水さん。ともに福岡県出身で、言わずと知れた日本を代表するスターだ。
1993年発売のにんにく卵黄は、同社の看板商品。2003年からは宮崎県の自社農場でにんにくの無農薬生産を続けている。
徹底したこだわりで手間暇を掛けているが、「そうした点をもっと多くの人に知ってもらう必要がある」(広報宣伝課)という思いがあった。
ではなぜ、健さんと陽水さんだったのか。健康家族の企業理念は「不器用でも信頼の置ける会社」。どこかで聞いたことがある。
そう、「自分、不器用ですから」という健さんの代名詞とも言えるセリフだ。調べてみると、この名セリフも、健さんが1980年代に生命保険
会社のCMに出演した際のものらしい。
泥臭く、手間も人手もかけて自社生産する商品や企業イメージと、健さんのイメージがぴったり合致。藤裕己社長は健さんに出演を依頼
するため、直筆の手紙をしたためた。だが相手はテレビやCMにあまり出ない健さん。「実現はたぶん厳しい」(関係者)と社内では見られ
ていた。だが、同社や商品の理念に共感した健さんから、「OK」の返事が届いた。
健さんと交渉するなかで、健さん自身がファンという陽水さんのBGMで、という話が持ち上がる。陽水さん側も最初は「冗談じゃないか?」
という反応だったという。しかし健さんや企業側の思いを知り、快諾。
広報宣伝課関係者は「社長含め、自分たちが一番驚きました。夢みたいでしたが、このおかげで全社一丸になりました」と振り返る。
関係者によると、この夢のタッグの実現にはJR九州も協力した。プロローグ編のCMのため数カ月の交渉を経て、未明にある列車を臨時
で走らせたのだ。今年2月、実際の自社農場で撮影された。
現在2パターンあり、生産農家演じる健さんは一言も発しない。実際の生産者が作った手書きのノートを手にし、静かに農場に、土に向き
合う。陽水さんの名曲「少年時代」が流れるなか、「土は無口だ、土は正直だ」というナレーションが淡々と入る。それでも、雄弁に、商品と
企業ブランドを物語る。

健康家族 広告一覧
http://cp.kenkoukazoku.co.jp/ninniku-story/cm/


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/285-53b2b9b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。