筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内外で蠢く反日勢力

戦後の日本は現在にいたるも、マスコミをはじめ識者や進歩的文化人と言われる人たちは言うに
及ばず、政治家・官僚に至るまで、赤い反日思想が主流を占めているのが実情です。
集団的自衛権は認めない、憲法改正は罷りならん、秘密保護法は廃止しろと未だに法案潰しに熱
心なのをみればその実態が分かろうというものです。
日本のために正しいことをしようとすると、必ず叩かれるか何等かの圧力がかかるのです。
それはどこまでも執拗であり、潰すまで徹底して行われます。NHKの籾井会長の件がその最たる
例ではないでしょうか。日本を取り戻そうとすると、日本中の内なる敵が蠢きだすのです。
更に政治家には外圧がかかります。支那や朝鮮からは勿論ですが、それよりも抗い難いのは米国
から圧力なのです。過去、米国の意向で潰された政治家は数知れません。故中川昭一氏もそんな
犠牲者の一人だと考えられます。
日本は真の意味での独立国家にならなければ、好むと好まざるに拘わらず未来永劫、戦勝国から
の圧力に従い続けなければならないのです。

2014年4月25日 SakuraSoTV 『青山繁晴が答えて、答えて、答える!』より

今回は、河野談話の検証に取りかかりながら検証結果に関わりなく継承を表明して
しまった安倍内閣の立場と、憲法無効論についての現実について答えていただきます。

----------------------------------------------------------------------------------------
2014年04月24日
ザ・ボイス そこまで言うか! / 青山繁晴


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

5月3日、朝日・東京新聞は全面広告に「9条の会」カルト教の意見広告を掲載していました。
この日の朝日の紙面は「護憲・反安倍プロパガンダ」満載で、人民朝日の面目躍如といったところ
でした。
5月3日朝日 全紙広告


『第13期市民意見広告運動』
5月3日の新聞に意見広告を出そう!私たちの声をあげよう!
平和憲法と人びとの暮らしを破壊する安倍「反民主主義政治」にNOを!
aera_shimen.jpg




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/272-b98ff033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。