筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原慎太郎氏、都知事を辞任!

 

石原慎太郎氏が東京都知事を辞任し、新党を立ち上げることを表明されました。
都政を途中で投げ出すのは無責任、との意見もあるでしょうが、日本を立て直してもらうために
応援すべきではないでしょうか。。。
日本丸が沈みかけている現状に、石原氏は以前から危機感をもたれており、最後の戦いという
覚悟をもって決断されたのであろう、と思います。
確かに80歳という高齢のため、健康面での不安が多少はありますが、そこは気力でカバーして
いただくしかありませんね。
何も決められない実行力ゼロ、嘘つきでへたれの民主党に、このまま政権を任せていては本当に
日本は沈没してしまいます。
「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表とともに、真正保守として日本再生のために力を発揮して
していただきたいと思うしだいです。

 

 

***********************************************************************


石原都知事が辞任表明新党結成、衆院選出馬へ

 

東京都の石原慎太郎知事(80)は25日午後3時から、東京都庁で緊急記者会見を開き、
都知事を辞任することを表明した。都議会議長に辞表を提出する。
自らを党首とする新党を結成し、次期衆院選にも出馬する。
大阪市の橋下徹市長(43)が代表を務める新党「日本維新の会」と連携しながら、次期
衆院選で民主、自民両党に対抗する第3極勢力の結集を目指す。
早ければ12月上旬にも都知事選が行われる見通し。
石原氏は「東京から日本を変える」をスローガンに、1999年の都知事選で初当選し現在4期目。
石原氏はこの日、緊急記者会見を開き「諸般の事情にかんがみて知事を辞職する」
「もう一回、国会に復帰しようと思う」などと語った。
新党には、たちあがれ日本の平沼代表や園田幹事長ら、同党の衆参国会議員5人が参加する。
石原氏は68年の参院選で初当選し、72年に衆院にくら替えして当選。
75年に都知事選に挑戦したが、現職の美濃部亮吉氏に敗れた。再び衆院議員となり、
環境庁長官(現環境相)、運輸相(現国土交通相)を務め国会議員在職25年を機に95年に
衆院議員を辞職した。

(2012年10月25日 読売新聞より)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【石原知事会見詳報】

東京都の石原慎太郎知事は25日、都庁で記者会見し、知事を辞職して新党を結成、国政に
復帰する考えを示した。

 

一問一答は次の通り

 

「お呼びかけしましたけれども、ありがとうございます。
今日をもって都知事を辞職することに致しました。
なんで辞めて、何をするのかということでしょうけれども。
私はあしかけ14年、正確には13年と8カ月にわたって、都知事を務めて参りました。
日本の心臓部に当たる大都会の行政を監督する間に、ほかの県と違って、強いて言えば、
日本の心臓部である東京の問題は日本全体の問題になる。それを踏まえ、東京のためだけ
ではなくて日本のためになる。
国との関わりに関しては、国の妨害にあって苦しい思いをして参りました。
新党を作って、仲間を作ってやろうと思ってますが、これからやろうとしていることは、都知事
として14年間やってきたことの延長です。
私は共産主義が嫌いでして、国父とされている毛沢東が書いた方法論「矛盾論」「実践論」
がある。私も学生のころ見ました。テキストがありまして、特に矛盾論。
目の前にあるやっかいな問題ということだが、矛盾を解決するためには、目の前の背後に
あるもっと大きな問題を解決しなければならないと言っている。まさにその通りだ」
「具体的な行政となると日本の財政はピンチというが、まだまだ余力がある。
それを引き出せないし使えない。中央官僚が把握していながら、それを隠している。
東京として国家との摩擦の中で感じてきたことは中央官僚の独善。
発想力がないことが欠点だ。
ないからこそ自分で責任を持って判断し、解決しようとしない。
尖閣の問題でも、全て官僚は自分の手で解決しようとしない。
こうした通弊を変えなくてはならない。メディアは何で批判しないのか」
「また、国の会計方式は単式簿記だが、こんな会計方式でやってるのは北朝鮮
パプアニューギニア、フィリピン、マレーシアとかくらいだ。なぜ複式簿記にしない。
何故か殆どの自治体も入れていない。外部監査を入れればいい。
そういうことをどうして役人がやらない。
経済界もうとくて、歴代の経済団体の会長に言ってきたが『はあ』というだけでよく知らない。
だからバランスシートがない。財務諸表がない。健全な財政ができるわけない」
「東京は複式簿記で合理化し、財政再建をした。何で同じことを国がやらない。
会計方法を世界並みに変えたらいい」

 

…石原知事の会見は続いている。

 教育や子育て、外交、国の会計制度など石原節が炸裂する。

 

「それから、たとえば文部省(現・文部科学省)。これが主導した、ゆとり教育はどうなったか。
たちまち学力が落ちた。私立は全く(文科省の)いうことを聞かなかった。
自分の犯した過ちを、文科省が取り消しましたか?そのばかなリーダーシップを」
「厚生省(現・厚生労働省)。子供が減って、人口が減って、都会で幼稚園作ろうと思ったら、
国の規格ではとてもできない。(東京の地価では)べらぼうな値段になる。
何で、国鉄が色んな資産を持っている。(民間が)もてあましてる資産もあるから、そこで
子供を遊ばせようと動いたら、猛反対を食った。
土地の値段を踏まえた保育行政を、国がやらなければ誰がやるのか。
一切、役人は現場を見ない。こういう行政が続いている」
「私が代議士の頃から、横田の基地の問題がある。皆さん行ったことがないでしょ。
行ってみろよ、みんな。アメリカ軍に占領される形でもある。何で活用できないんですか。
(官僚は)『国防総省だけは刺激しないで』という。タブーってのは色々あるんでしょうな」
「(こうした問題は)国民全体のためになることだ。国民や市民を、国は全然無視。
苦い経験から逃げてきたからだ。私はこれは限界に来たなと・・・。
私はいい年ではありますけども、中央集権を削除しないと受け入れられない。
有志の方と協力して、大阪にも機運がある。徳川時代が終わり、中央は47都府県へ
知事を派遣し、支配を徹底してきた。徳川時代以上だ」
「国は会計制度もやり直して、外部監査を入れたらいいじゃないですか。
公認会計仕入れて、やらしたらいい。なんでやらさないのか。
ちゃんとしたバランスシートでてくる。
ちゃんとしたバランスシートもないのは、基本的に先進国は日本だけだ。
性根を据えて、地方の役人と戦っていかないといけない、そうでないと窒息死すると、
辞任を決心しました。国民へ最後のご奉公をしようと思っています」

 

…東京都の石原慎太郎知事の記者会見は質疑に移り、焦点となっている
 新党構想や後継者の話に質問が集中した。

 

Q.辞任の時期、新党結成の時期はいつ

 

「辞任の時期は今日ですよ。新党結成は昨日でも今日でも準備はできている」

 

Q.次の衆院選では新党からどのくらい候補者を立てるのか。
 自民と連立を組むつもりはあるのか

 

「いやいや、自民は過半数をとれないと思う。
私は自民にいた当時、苦い思いをした人間。自民に戻らないし、戻りたくもない」
「新党の候補者については、この前、平沼さんたちと一緒に塾を開き、30~40人を育成した。
当選するかどうかは分からないけど、レベルは高かった。
やっぱり日本は選挙制度が悪い。中選挙区制に戻さないといけない」

 

Q.今回、任期を残してやめることになったが、獲得した260万票分の
 都民には、どう説明するのか

 

「仕方がない。もっと役に立つ仕事をするから。必ず役に立つ。都政を放り出す訳じゃあない」

 

Q.都知事の後継候補者で、具体名は上がっているのか

 

「私は猪瀬(副知事)さんで十分だと思っている。あんな優秀な人はいない。
官僚じゃないし、同じ物書きでも私よりよっぽど優秀。言ったことは全て着手してくれた。
(知事になれば)私の代わりに行動を取ってくれると思う」

 

Q.万が一、石原知事が首相になったら形を変えての徴兵制、最低でも青年海外協力隊
 みたいなものを導入するのか。新党を結成したら柱の政策にするのか

 

「もうちょっと若い人に人間の連帯感というものを感じてほしい。自衛隊に入ってでもいいし、
警察ででもいいし、無償の行為をする経験をしてもらった方がいい。
実際にやるかやらないかは仲間と相談する」

 

Q.日本国憲法は無効と話していたが、次期衆院選では公約にするのか

 

「(『無効』というだけでは)言葉が足りない。今の憲法のどこに合法性があるのか。
(メディアも政党も)それぞれ草案を持っている。草案を持ち寄ってブラッシュアップし、
それに変えればいい。占領軍の憲法が独立後も通用する事例なんて聞いたことがない」

 

Q.無効とすると憲法に基づいて、これまで国会で成立した法律の正当性はどうするのか

 

「それは考えるしかない。変えるとはそういうことじゃないのか」

 

石原慎太郎知事の記者会見は終盤にさしかかったが
 さらに新党構想についての質問が続く。
 その中では具体的な連携先の話題も出てきた。

 

Q.石原知事が次期衆院選で比例候補として立てば当選すると思うが
 政策を実行するには他の政党と組まないとならない。
 そうした場合は自公との連立を中心に考えているのか

 

「先のことは分からない。愚問だよ」

 

Q.次期衆院選に向けて色々な動きがある中、日本維新の会とはどのような
 連携を考えているのか

 

「政策については、同会代表の橋下(徹大阪市長)君と話し合ってきた。
連合を組むかどうかは分からない」

 

Q.辞表を用意したのは、いつどのようなシチュエーションで書いたのか

 

「辞表は1年前から書いていたよ。(それは冗談で)1週間前くらいに」

 

Q.日本維新の会は2030年代に、既存の原発を全廃する政策を掲げたが
 その点についてはどう考えているか

 

「経済をどう再生していくかについて、10~20年先まで緻密な計画を立てて、これだけ
の電力がいるということをシミュレーションすることが必要。
それもなしに、いきなりの乱暴な提案は提案にもならない。そういうシミュレーション
やれっていっても民主も自民もやらない」

 

Q.政策の主要点で一致しないと連携はないのか

 

「そうおいう話はしてきている。(互いに)異論を唱え合って、初めて連携ができる」

 

Q.新党での石原知事の役職は

 

代表だよ

 

…石原知事は会見場所から離れる動作を取りながら、最後の質問にそう答えて
 会見場から姿を消した。

 

~10月25日 産経ニュースより~

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

石原氏新党結成 政界は注視

 

民主党の細野政策調査会長は記者会見で
衆議院選挙への立候補ということなので、今後の動きを注視しなければならない。
政治家として、政治生命をかける場合はあるだろうが、都知事選挙が終わって、期間があまり
経っていないことに加え、任期途中で辞任することを、都民がどう判断するのか注目している」
と述べました。
民主党の山井国会対策委員長は記者団に対し、「急なことで驚いているが、国政などに与える
影響は分からない。新党の陣容やどのような政策を掲げるのかを見たうえで、今後の対応を
考えていくことになると思う」と述べました。

 

自民党の安倍総裁は鹿児島県南九州市で記者団に対し
「石原氏は実績とカリスマがあり、政界への影響はあるだろう。
どういう方向性で新党を運営していくのか確認したい。
われわれはほかの党を気にせず、理念や政策を訴えることで次の衆議院選挙で政権を奪還
することを目指しており、保守勢力の再編や結集は選挙のあとになると思う」と述べました。
自民党の石破幹事長は記者団に対し
「石原知事の言う『中央集権の打破』や『官僚政治の打破』などのスローガンは、自民党の
考え方に反するものではない。ただ、衆議院選挙では、多くの選挙区で自民党の候補者と
新党の候補者がぶつかることになり、選挙での有権者の判断を見たうえで、その後、連携
するかどうか判断する」と述べました。

 

公明党の山口代表は国会内で記者団に対し
「石原知事は公明党も推薦したので、任期途中で辞めるのは極めて残念であり、ぜひ任期を
全うしてほしかった。新党が、どういう政策を掲げて、どういう人たちと一緒にやっていくのかを
見極めながら、今後の対応を考えたい」と述べました。

 

社民党の福島党首は記者会見で
「去年、東京都知事選挙を行ったばかりなのに、途中で放り出すのは、極めて無責任だ。
こういう形で辞職するのであれば、そもそも都知事選挙に出るべきではなかったのではないか」
と述べました。
そのうえで、福島氏は「憲法改正を訴える人たちが、民主党自民党以外の第3極として出て
きていることに大きな危惧を感じている。第3極は、脱原発などを訴えるリベラルな勢力である
べきで、憲法改正という時計の針を戻すようなことを考える勢力が、国民の支持を得るとは
思わない」と述べました。

 

日本維新の会」を率いる大阪市の橋下市長は、25日夜、記者団に対し
「石原都知事らしい。最後のご奉公だと言っていたが、最後の大勝負に出るのだろう」と
述べました。また橋下市長は、石原知事が「大阪の仲間と力をあわせてやっていきたい」と
述べ、「日本維新の会」との連携に取り組んでいく考えを示したことについて、「政策の一致、
価値観の一致がないと有権者にそっぽを向かれる。石原知事にも伝えている。政策の一致が
維新の会のアイデンティティなのでこの点は譲れないということは石原知事には伝えている」
と述べ、今後の連携は政策の一致が前提になるという考えを示しました。

 

みんなの党の渡辺代表は記者団に対し
新党を作って中央官僚と戦うというのは、たいへん結構なことだが、国政政党になるという
のであれば、消費税率の引き上げや原子力発電所についての考え方をはっきりしてもらわ
ないと困る。増税や原発を容認するなら、民主・自民・公明の3党の補完勢力になり、『維新』
ではなく、よくて『新選組』だ。
政策のずれを残したまま連携すれば、野合と言われてしまう」と述べました。

 

~10月25日 NHKニュースより~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

□「面白くなってきた」と知日派
米シンクタンク戦略国際問題研究所上級副所長で知日派のマイケル・グリーン氏の話
「東京都の石原慎太郎知事が辞職し国政復帰の意向を表明したことで、日本の政治は
面白くなってきた。
与党政治家が決断しない中、(石原氏のように)明確で断固としたメッセージを発する
人物が目立ってくる。
選挙で歯切れの良い立場を取るのは容易だが、為政者になれば有言実行は難しい。
日本の有権者には、候補者たちに難題に対する現実的な答えを求めてほしい。
日本の政治が再び安定するまでには、さらなる混迷や流動状態が続くだろう」
 (10.25 共同)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

韓国メディア「日本の右傾化が加速する」

石原慎太郎東京都知事の辞職と新党結成について韓国の聯合ニュースは25日
東京発の記事の中で「日本の代表的右翼政治家」と表現した。石原氏が憲法改正を
推進しているとし、記事の見出しでは「日本の右傾化が加速する」と指摘した。
記事では、石原氏を「保守勢力を結集して政界再編を推進しようとしている」と紹介。
朝鮮半島の日本統治時代の「慰安婦」問題に関連し、石原氏が8月、
「日本人が強制連行したという証拠はない」などと発言したと批判的に伝えている。
 (10.25 ソウル=加藤達也)

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/27-d70bcacc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。