筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の危機感欠如に警鐘を鳴らす新刊本

平成25年4月に産経新聞出版から発刊された『脱原発が地方を滅ぼす』は、産経新聞九州版に連載
された「九州から原発が消えてよいのか?」をベースに、原発問題と真摯に向き合った良書でした。
同社より今月発刊された『貶める韓国 脅す中国』は、産経新聞に連載された「新帝国時代」を
ベースにしており、現在の日本を取り巻く現実の厳しさを浮き彫りにしてくれています。
危機感を覚えつつ興味深く読んだ次第です。これも時期を得た、良書だと思います。

******************************************************************************************

平成26年3月23日 産経新聞 【書評】より

日本人の危機感欠如に警鐘
『貶める韓国 脅す中国 新帝国時代 試される日本』


東アジアでは今、中国の台頭という巨大なパワーシフトが進行しつつある。これに対応すべく既
に米国、韓国、東南アジアなどは外交軍事政策の見直しを始めている。翻って日本は大丈夫なのか。
今の日本人に求められるのは、この歴史的転換期を生き延びる強固な意志と、そのための柔軟な
知恵ではなかろうか。
本書は46人の産経新聞記者が日本外交の直面する諸問題を精力的、多角的な取材により抉(えぐ)
り出した力作だ。
各章では、中国の軍事的台頭、尖閣諸島の防衛、中国の対日米諜報工作、歴史問題などをめぐる
中韓の対日宣伝戦、中国の対日サイバー戦などに関する生の最新情報が世界各地の現場から報告
されている。これらの情報はいずれも内容的に詳細ながら、分かりやすく書かれている。
国際問題を専門としない一般ビジネスマン、学生でも十分問題の本質を理解できるだろう。
特に、筆者が改めて「なるほど、そうだな」と唸った部分を幾つかご紹介しよう。
《 米の抗日活動家は「私がやっていることは、実際は日本のためだ」と断言した(序章)
 ▽中国人が広大な農地を求めてロシア・シベリアに続々と渡っている(第5章)
 ▽領空侵犯の際、空自パイロットの権限は警告射撃と強制着陸命令しかない(第6章) 》
そもそも「反日」活動家は、自らを「反日」とは呼ばない。
中国化しつつあるシベリアは、早晩ロシアにとって脅威となる。
尖閣上空では武力攻撃に至らない敵対行為に対する自衛権(マイナー自衛権)
の法的整理が喫緊の課題だ。
だが、本書を読み日本を取り巻く現実の厳しさを憂うだけでは問題は解決しない。
本書が浮き彫りにするのは戦後日本の危機感の欠如と、日本人が作り上げた心地良いシステムが
現在の国際政治環境に適合しないという不愉快だが否定しがたい現実だ。
中韓は人権・人道という普遍的価値を逆手に取って日本を貶め、脅そうとしている。
されば日本も普遍的価値に基づき守るべき伝統と価値を堂々と主張すべきだろう。
その意味でも、本書は一人でも多くの日本人に読んでもらいたい。

評・宮家邦彦(立命館大客員教授)

         産経新聞出版

    ( 産経新聞「新帝国時代」取材班著/産経新聞出版発行
           日本工業新聞社発売・本体1,300円+税 )



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/254-b88e9f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。