筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡を覆う「PM2.5」

我が福岡は毎年この時期になると、大陸から偏西風に乗って黄砂が飛来してきます。
酷いときは晴れているにもかかわらず薄暗くなったり、太陽が霞んだりします。
洗濯物は外に干せず、愛車は薄茶色に汚れて水で流しただけでは綺麗になりません。
花粉の飛散と重なって、辛い思いをする日が少なくありません。近年はこの二つにPM2.5が加わっ
て健康被害のリスクが高くなってきています。花粉症のうえ喘息もちの私は、マスクが必需品です。
人体に殆ど影響を及ぼさない低線量の放射能が、人体に有害で危険だと喧伝してやまない反原発
オカルト集団の連中が、明らかに子供から老人いたるまで健康に害を与えるPM2.5に関して問題視
しないのは何故なんですかね・・・。「原発やめろ!」と国会前でデモするよりも、PM2.5を拡散
する支那に乗り込んで、「PM2.5を止めろ!」とデモしてくれたら応援するんですがね、、、

PM2・5で、かすむ福岡市内


2014年3月19日 FNNnewsCHより


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年03月19日 毎日新聞より

PM2.5:濃度上昇、かすむ福岡…黄砂の飛来予測も

九州・山口全域で19日、微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が上昇した。黄砂の飛来も予測され
福岡県内では市街地の上空がかすんだ。福岡市などは呼吸器系やアレルギーの疾患がある人に
マスク着用やうがいを呼びかけている。
福岡市はPM2.5の大気1立方メートルあたりの1日平均濃度が国の環境基準(35マイクログラ
ム)を超えて43.1マイクログラムになると予測。山口県内でも一部で時間濃度が70マイクログ
ラムを超えた。
福岡管区気象台によるとこの日、朝鮮半島で黄砂が観測されており、九州全域でも20日にかけて
見通しが10キロ前後になると予測される。
飛来が確認されれば福岡では今年初、九州では元日に長崎で観測して以来となる。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/251-824f1bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。