筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性議員が「慰安婦抗議」の記者会見

取り上げるのが遅くなってしまいましたが・・・
松浦芳子杉並区議会議員と、辻村ともこ狛江市議会議員が2月25日、東京都内の日本外国特派員
協会で「慰安婦抗議」の記者会見をされました。
外務省や政府が「河野談話」に縛られて何も出来ない現状において、民間の女性団体や、地方の
女性議員たちが、我が国の名誉のために南朝鮮のジャパンディスカントに立ち向かってくれてい
るというのに、産経新聞以外のマスコミは関心を示しませんでした。

辻村ともこ松浦 芳子
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
平成26年2月25日 産経新聞より

「将来に禍根」慰安婦像の撤去求める地方議員団が会見

米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像に抗議する地方議員団のメンバーが
25日、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、「事実ではない『性奴隷』という言葉を碑に刻み
慰安婦像として残すことは将来に禍根を残すことになる」と像の撤去を改めて訴えた。
記者からは、慰安婦問題への理解不足とみられる質問も相次いだ。
記者会見したのは、地方議員団の代表世話人を務める東京都の松浦芳子杉並区議ら。
1月に訪米し、像の撤去などを求める抗議文をグレンデール市に出した。
松浦氏は、平成5年の河野洋平官房長官談話が「慰安婦募集の強制性」の裏付けがないまま発表
されたことなどを説明した上で、像設置について「新たな日本に対する民族差別を生むのではない
か」と強い危惧を示した。
これに対し、海外メディアの記者からは「他の国にも慰安婦がいたのに、韓国で問題になっている
のはなぜか」(米国の通信社)との質問が出た一方、「大分の炭鉱にいた韓国人労働者は強制労働
させられていたのか」「日本軍の慰安所以外でも強姦がたくさん起こっていたではないか」といっ
た慰安婦問題と直接関係ない、誤解や偏見に基づく質問も目立った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2月26日 狛江市議会議員 辻村ともこFBより

昨日の日本外国特派員記者クラブ「慰安婦抗議」記者会見ご報告させて頂きます。
(2月26日付産経新聞3面に掲載されています)

昨日は、慰安婦像設置に抗議する全国地方議員の会世話人代表杉並区議会議員松浦芳子先生と私が
記者会見し、通訳藤田裕行さん、山本へるみ先生が映像を管理してくださり進めました。
私は「日本の祖父、父、叔父等先人の名誉回復とこれから育つ子供達の明るい未来を守りたい。
今すぐ韓国は歴史事実を見つめ、ねつ造され根拠を失った河野談話に基づく慰安婦を世界中に
輸出することをやめ、国家間の問題を地域に持ち込み、日本に対する民族差別運動ジャパンディス
カウントキャンペーン(日本を貶める運動)やプロパガンダを今すぐ韓国はやめるべきです。
これからは恒久的世界平和の為に、未来志向で日韓関係を築くべきです。罪のない日本の子供達が
いじめにあっている。この事実はほっとくわけにはいかない。」(一部抜粋)と伝えました。
スピーチ後、質疑応答に入りましたが、米国公文書において、
「軍の管理というから、軍の強制性があったのでは?」
「大分の中国の強制労働は、軍の強制か」
「慰安婦という名前はいつから使われているか」
「日本はナチスドイツのように思われている。これ以上河野談話の正当性をいう事がかえってマイ
ナスの印象になるとは思わないか」
「過去の歴史に学ぶために、日本兵の強姦碑(慰安婦碑)は記念として残し、これが平和につなが
るのでは?」
あるドイツ新聞の女性記者は、「私は、日本の軍施設の外での強姦輪姦を、お金がかからず無料だ
から何人もしたという日本人兵士の本を読み、また自分もインタビューをしたことがあるから知っ
ている」(⇒根拠を示す資料無し)。何人か、いつどこか、全くなくただ質問ではなく、ずっと糾弾
しつづけた。
会場からは、「沖縄はどうした」「ベトナムの事、こちらは言ってないぞ」など多くの反論の声が
上がった。
無論、記者会見では、きちんと提出資料を基に話す記者もいらっしゃいました。しかし多くの外国人
記者からの一部のこのように日本に対し、偏見に満ちた質問があり、その多さ、きつい話し方に驚き
ました。無論、全てに根拠を示せる程度説明し、一部反論する場面も多くありました。
詳細は、へるみチャンネルで明日位から見れるようですのでお待ちください。
ある記者からは、「はっきり言って、今日の記者会見は君達への質問ではなく日本への糾弾だね」
と言われました。想定はしていましたが「日本はこんなに悪いことをした」というスピーチをする
ドイツ新聞の女性は、会場出た後ある参加者に、「日本の子供がいじめにあうのは当然。因果応報で
悪いことをしたんだから、罰が当たっているんだ」と言ったそうです!
これは本当に、何とかしなければ、一部アメリカの韓国キリスト教会で、原爆は日本への罰と言って
いるような酷い偏見が、慰安婦問題など様々な要因をねつ造されたあげくそれを引き金に、どんどん
広がりを見せてしまうと恐怖を感じました。
世界で韓国、中国による日本への民族差別運動には様々な根拠があると、具体的事例を作って世界に
広めている事を実感しました。政府は認めていない案件ばかりですが。
当然、日韓基本条約で解決済みの事など、普通はこのように過去の歴史を蒸し返し、謝罪や賠償請求
する民間人を政府は諌めるのが、国際法に則った国が行う事ではないでしょうか。
皆さん、日本は「ナチス的な存在なんだ」と思ったことありますか?私は一度もそのようなことを感じ
たこともありません。祖父母からは、日本は素晴らしい国と、忍耐と努力、そして慈しみの心で各国に
接してきた話ばかり聞いてきました。しかし世界では、日本=極悪ナチスという通念になりつつあると
いうことが、昨日の罵声に近い酷い質問の嵐ではっきりしました。
日本人が近隣諸国の動向に「無関心」でいる間に、捏造された事実で、日本に対する民族偏見が進行す
る危ない状況なのだということを感じました。
一方、記者会見をしたことで、少数ですが理解者も出てきており、あるフランス人記者とウクライナ人
記者からは、「あなたたちの様なはっきりと日本国政府の考えを理論的に話そうとする日本人女性議員
を初めて見た。内容は、良識ある人が聞けばわかるはずなので今後、草の根運動として韓国人や中国人
と多く話す機会を設け、理解促進をするように努力したら良いのではないか」ということでした。
少しでも日本の先祖がやってもいない事で、極悪非道、さらに本当にここに文字で欠けないような事を
質問で言われ、何とか日本人の名誉回復を願う思いが伝わり、日本の名誉回復と子供たちの明るい未来
へ寄与する一助になれていればよいのですが・・・。
これからまだまだ道のりは長く険しいものになりそうですが、日本人として、絶対に事実無根を見逃す
わけにはいきません。譲れない所があります。
日本が日韓併合時に、韓国に何をしたか。今ある5,000校の小学校は?ハングルを教えたのは誰?
今後、本当は何が起こったか写真をもって皆に知って頂くよう、講演会やパネル展をどんどん開くこと
にします。 韓国の人にも知って頂きたいです。お祖父さんに聞いて欲しいです。
私が知っている韓国人の家族は、皆、日本人が韓国に来てくれて近代化出来たと知っています。
民間レベルでも、歴史資料を基に、相互理解が必要です。
今後も精進しながら、多くの方々と会話をしながら、理解を深めて頂けます様頑張りますので、どうぞ
引き続き応援の程よろしくお願い申し上げます。


慰安婦像地方議連 外国特派員協会会見①


慰安婦像地方議連 外国特派員協会会見②


慰安婦像地方議連 外国特派員協会会見③


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年2月26日 WSJ より

勢いづく「河野談話」見直し論―韓中は反発

いわゆる「従軍慰安婦」制度への旧日本軍の関与を認めて謝罪した「河野洋平官房長官談話」の
見直しを示唆する菅義偉官房長官の最近の発言は、日本のナショナリストを勢いづけている。
彼らは、第二次世界大戦時に多くの朝鮮人を含む女性や少女が日本兵への性的奉仕を強いられたと
される同制度に旧日本軍は一切関わっていなかったと主張している。
菅氏は先週衆議院予算委員会に出席した際、1993年の河野談話の妥当性について、「歴史学者や
有識者の手によって、学術的観点からさらなる検討を重ねていく必要がある」と語った。
河野談話とは、慰安婦の募集に官憲が直接加担したこともあったとして、同制度への旧日本軍の
関与を認め、謝罪した当時の河野洋平内閣官房長官が発表した文書。
かつて、日本に植民地支配されていた朝鮮半島からの従軍慰安婦の苦境を物語る河野談話について
日本の保守派やナショナリストは、韓国の圧力を受けて作成されたものだとして繰り返し非難して
いる。安倍晋三首相は前回政権就任当時の2007年、軍や当局者による強制を直接裏付ける文書は見
つからなかったとする閣議決定を行った。この問題は日韓関係行き詰まりの一因となっている。
安倍氏が12年12月に首相に就任して以来、両国首脳はまだ直接会談を行っていない。
韓国は、河野談話のいかなる修正にも反対する意向を明確にしている。韓国外務省の趙泰永報道官
は25日、「日本は河野談話を通じて(性奴隷は)犠牲者個人の意志に反して行われたことを既に認め
ている」とし「これは単なる韓日の問題ではない。人権と女性の尊厳の普遍的価値に関わる問題だ」
と述べた。
同じく安倍首相の歴史観をめぐって、日本に不信感を募らせている中国も韓国に同調。中国外務省
の華春瑩報道官は25日、定例記者会見で日本に「歴史を直視する」よう要求し、日本政府は近隣諸
国の信頼回復に向けて行動すべきだと述べた。
菅氏の発言は、日本維新の会の山田宏衆院議員が、予算委員会で河野談話の見直しを要求したことを
受けたもの。
また、談話の作成に携わった石原信雄元官房副長官も委員会で、政府が強制的に女性を募集した証拠
はなく、談話の根拠となった元慰安婦16人の聞き取り調査の裏付けも行っていないと証言した。

東京都狛江市議会議員で「慰安婦像設置に抗議する全国地方議員の会」のメンバーでもある
辻村ともこ氏は「慰安婦問題は、完全に韓国の捏造された問題であると確信している」と述べた。
辻村氏は先月、同会の代表団の一員として米カリフォルニア州グレンデール市を訪れ、
記念碑として設置された、慰安婦像の撤去を求めた。同会は、慰安婦像に刻まれた
「I was a sex slave of Japanese military(私は日本軍の性奴隷でした)」という文言に
抗議し、「平和の記念碑」に書かれた「20万人以上」の女性が強制的に性奴隷にされたという内容
を否定している。
また、辻村氏は外国報道機関向けに開かれた記者会見で、日本の支配下で韓国の人口が倍増したこ
とを例に挙げ「女性が子供を産みやすい環境になった」とし、「日本人はとても良いことを韓国に
したのだとうれしくなった」と語った。

菅氏の予算委員会での発言から2日後、保守色の強い産経新聞は、FNNと合同世論調査を実施し次の
ように尋ねた。
「慰安婦募集の強制性を認めたと受け取れる『河野談話』について、軍や官憲による強制連行を
裏付ける公的資料が見つかっていないほか、元慰安婦に対する調査のずさんさが指摘されている
が、『河野談話』を見直すべきだと思うか」
その結果、見直すべきだと思うと回答した人は58.6%、見直すべきだと思わないと回答した人は
23.8%だった。
同紙の政治的傾向や質問の仕方からして、この世論調査の数字がどの程度一般市民の感情を反映して
いるかについては疑問が残るが、この問題についてまだ直接発言していない安倍首相は、結果を歓迎
しているようだ。
時事通信と毎日新聞が報じたところによると、首相は24日、「世論調査で河野談話(見直し)賛成が
約6割だった。山田さんのおかげだ」と述べ、予算委員会でこの問題を提起した日本維新の会の山田
議員に謝意を示した。

By TOKO SEKIGUCHI


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/250-4a69f94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。