筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「週刊新潮」も安倍叩きか・・・

“金と女と権力”をネタとするのが"編集方針″の「週刊新潮」が、毎度おなじみの確証のない
創作記事で安倍総裁を貶めよう、悪魔の囁きに従ったようですね、、、
マスコミ・ジャーナリズムとしての「社会正義」など関係ないとばかりに、売らんがために
捏造まがいの記事を掲載する。善悪の判断基準など、この雑誌にはないようですね。。。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

「週刊誌の記事は小説に近い」 安倍総裁夫妻がFBで「仮面夫婦」説に「反撃」
自民党安倍晋三総裁と昭恵夫人が、そろってフェイスブックで週刊誌報道に「反撃」を試みている。
 
週刊誌の記事では、昭恵氏が東京・内神田に居酒屋を開店したことを紹介しており、昭恵が客を
見送る際に「店外で千鳥足の醜態を晒した」と暴露している。また、「仮面夫婦」説も唱えている。
これに対して、晋三氏は、週刊誌から送られてきた質問状の内容を公開し、昭恵氏は「週刊誌も
売らなくてはならない、記者の方もお仕事だと思います」などと皮肉った。

 

「次期ファースト・レディーたる自覚や威厳は微塵も感じられなかった」


記事は、首都圏では2012年10月18日に発売された「週刊新潮」10月25日号に、
「寂しき『未来のファースト・レディー』 裏路地の居酒屋女将になった『安倍昭恵』の隙間風」と
題して3ページにわたって掲載されている。
記事では、昭恵氏が店の外で酔っている写真を掲載し、
「まるで、客に勧められるがままに呑み続けてしまった地方スナックのホステスの図である。
そこには、次期ファースト・レディーたる自覚や威厳は微塵も感じられなかった」と批判。
晋三氏が総裁選で多忙を極めていた時期についても
「鼻歌混じりに掃除がゴミ捨てといった、開店準備に勤しんだのである」と、晋三氏との不仲を
示唆する記述もあり
「実は2人は仮面夫婦なのではないか、と危惧する関係者は少なくないのである」とも指摘している。

この記事を受け、晋三氏の事務所では、10月18日夕方、週刊新潮から5項目にわたって
送られてきた質問状と、それに対する答えをフェイスブックに公開した。

だが、この内容は新潮の記事では使われておらず、実際に記事に使われたコメントは、
「私自身は、家内がお店を開けば、とにかく誹謗中傷が出るであろうということで慎重に考えた方が
いいとも思いましたが、しかし家内が取り組もうとしている方向は間違っていないと思っています。
夫婦間の意見の違いについてのご指摘ですが、どうぞご心配なく」というもの。
フェイスブックで公開された回答で、実際に記事に使われたのは、
「夫婦間の意見の違いについてのご指摘ですが、どうぞご心配なく」という1文だけだ。
 
この状況に、書き込みでは記事に書かれた事実関係については反論していない。
 
 昭恵氏も、10月19日に、
「週刊誌に何かを書かれたからと言って、落ち込むことはあっても泣いたりはしませんが、皆さんからの
暖かい応援コメント、メッセージ、メールは本当に嬉しく、涙が溢れました。週刊誌も売らなくてはならない
記者の方もお仕事だと思います」
と書き込んでいる。

~2012年10月19日 JCASTニュースより抜粋~

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

以下は、安倍晋三氏のFBから転記です

 

カツカレーを食べた事への批難記事、サンデー毎日の捏造記事、週刊ポストの迷惑記事、
そして、今度は週刊新潮です・・・。
くたびれる話ですが、私への誹謗中傷の話も尽きたのか(笑)今度は昭恵に対する中傷記事になっています。
この記事が掲載される前に、質問状が新潮社より送られてきたので、答えさせていただいているのですが、
全く我の答えを記事に反映していないので、今回は皆様に『どんな質問がきて、どのように答えたか』を
フェイスブックで公表させていただきます。
 
以下Q:新潮社 A:安倍晋三
 
Q1、自民党総裁のご夫人が飲食店を開業されるのは非常に珍しいことと存じますが、昭恵夫人
  飲食店を開店されたことに対して、安倍様はどのように受け止めておりますでしょうか。
  安倍様のご見解をお聞かせください。
 
Q2、飲食店開店に際し、昭恵夫人から安倍様にご相談等はあったのでしょうか。
  また、安倍様は昭恵夫人の開店について、意見やアドバイス等をされることはあったのでしょうか。
  もしありましたら、どのようなものであったのか、ご教示いただければと存じます。
 
A1及びA2、昭恵はかねてから地元・下関において、地元の有志、仲間達と米作りに取り組み

「エコ100米」を2年連続収穫することができました。また多くの地元食材を広める上において、

その食材を中心に使った飲食店を出すことを、同じ夢を持った友人達と計画し、この度、開店となりました。

農業の未来を切り拓く為に農商工の連携が必要との昭恵の考えについては、私も同感です。
 
Q3、弊誌の取材によれば、昭恵夫人は「UZU」開店以来、店にも何度か足を運んでおりますが、
  お酒を口にされて店外で酔っている様子も見受けられます。
  自民党は来る総選挙で比較第一党になると見られており、言うまでもなく安倍様は次期総理候補、
  昭恵夫人は次期ファーストレディー候補と目されております。総理夫人候補という、国家にとって
  非常に重要なお方が飲食店を経営し、時にはお酒に酔い、路上で酔態を見せることもある状況は、
  安全面等でいささか不安な点もあるかと存じますが、安倍様のご見解をお聞かせください。
 
A3、本人は当然、お店では飲食はしていません。ただ、土曜日に山口県関係者だけが集まり、お店

  スタートのお祝いの会でお酒を飲んだということです。

  私と違い、家内はお酒を嗜み、時には酔うこともあるでしょう。

  そこを含めて愛するべきものと思っています。
 
Q4、上記のような情報を踏まえまして、お伺いいたします。
  昨今、昭恵夫人は反原発運動などに注力されており、安倍様の主張とは真逆の活動もされています。
  また、昭恵夫人が度々、安倍様の把握していないところで地方旅行等に出向かれているとも

  聞いております。

  一部では、安倍様と昭恵夫人の間に距離ができてしまい、家庭内にすきま風が吹いていると指摘する

  関係者もいます。そのような指摘について安倍様はどのように感じておりますでしょうか。
 
A4、夫婦間の意見の違いについてのご指摘ですが、どうぞご心配なく。
 
Q5、昭恵夫人は飲食店の開業の他に、水に話かけるなどの行動をされているとも聞いております。
  安倍様は官房副長官時代に、鏡を大事に携行していたと当時、官邸に勤務していた外務省関係者が
  証言していると、弊誌では把握しております。鏡を携行していたことと昭恵夫人の「スピリチュアル」

  な行動に関係があるのかどうか、ご見解をお聞かせください。
 
A5、家内は犬に話しかけることはありますが、水に話しかけることはありません。私の鏡の件ですが、

  全く事実ではありません。旅行の際に髪を整えるために鏡を使うことがあっても、宗教的に鏡を使う

  ことなどあり得ません。
 
これを読んでわざわざ週刊新潮を買い求める人は少ないと思いますが、
「何故わざわざ質問状を送ってきたのだろうか?」と考えてしまう程、掲載記事には
このやり取りは反映されていません(笑)
週刊誌の記事とは報道ではなく、小説に近いものだということを改めて実感いたしました。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


安倍昭恵さん、居酒屋経営を告白! こだわりの店を内神田にオープン

 

自民党安倍晋三総裁(57)の妻、昭恵さん(50)が今月10日、東京・内神田の路地に、
料理店「UZU~うず~」をオープンした。
議員夫人として多忙な日程をこなしながら、発展途上国支援に力を入れたり、かつては
FM局のパーソナリティーを務めるなど、昭恵さんはとても活動的だ。
安倍氏の地元・山口県の食材を提供する店と聞き、さっそく訪ねてきた。
店内に入ると、白の木目をベースにした落ち着いた雰囲気。
テーブル18席、カウンター5席とこぢんまりとしている。
テーブル上に置かれたアケビの飾り物にセンスが光る。
銀座や赤坂、六本木といった繁華街ではなく、サラリーマンの街・神田というのに親近感がわく。
しばらくすると昭恵さんが現れた。
「こういうお店をやりたかったのは5年くらい前からです。
故郷を思う山口県出身の人たちのために何かをしたいと思い、2008年に『長州友の会』を
設立しました。そういう人たちが集まったり、山口の良さを知ってもらう場所を作りたかったのです」
変わった店名「UZU」についても聞いた。
「UZU(渦)は何かを生みだし、発信するというイメージもあります。また古事記のアメノウズメ
(=日本神話に登場する芸能の女神)にもちなみ、楽しい場所にしたいと思いました」
だから不要に気負わない。
例えば、おちょこの切り子グラスは「家で使わないからお店に持ってきた」と昭恵さんはいう。
実に自然体だ。一方で、料理には徹底してこだわる。ボードに書かれたメニューは
「山口県祝島ひじき五目煮」(580円)や、「山口県産新米ととん汁セット」(980円)など、
山口県産がもりだくさん。素材本来の味を生かすべく薄味に仕上げられ、健康にも配慮
されている。「きんぴらのえのきは、お店の上で干したものなんですよ。お米は私が下関の
田んぼで作った無農薬米です」
昭恵さんは、安倍氏が「アジアの子どもたちに学校を作る議員の会」の会長を務めていることなどから、
長年、友人たちとミャンマーなどに学校を作る活動を続けている。
関係者によると「料理店で出た利益でミャンマーに学校を建てたいと聞き、安倍氏は納得している」という。
ただ、次期衆院選で自民党が勝利し、安倍氏が2度目の官邸入りを果たせば、昭恵さんは再びファースト
レディーになる。
このことを聞くと、昭恵さんは「私は顔を出せなくなるかもしれないけど、お店は続けます」
と笑顔で語っていた。

 

~2012年10月19日 zakzakニュースより (安積明子)~
 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

読者はどちらの記事に好感を持つかは、言うまでもありませんね。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/25-62b3646b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。