筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在米日本人、慰安婦像撤去求め提訴!!

21日(米国時間20日)、米カリフォルニア州グレンデール市在住の日系人と、ロサンゼルス周辺
の日本人在住者でつくるNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」のメンバー等が
慰安婦像の撤去を求めてグレンデール市を相手取りカリフォルニア州の連邦地裁に提訴しました。
「GAHT」代表の目良氏によれば「国際社会では自分でやらなければ、誰も助けてくれない」
「請願では効果がないと判断し」提訴に踏み切ったとのことです。
訴訟の初期費用は原告メンバーが負担したそうですが、訴訟が長期化すれば資金不足がとなること
が予想されるため、訴訟費用の確保をどうするかが問題だそうです。
このため、「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」では日米両国で寄付金を募るとのことです。
詳しくは 「歴史の真実を求める世界連合会」のHP(http://gahtjp.org/)を参照して下さい。

「慰安婦像」撤去求め日系米国人らが連邦地裁に提訴

本来は、日本政府がやるべきことだと思いますが、駐米領事館や外務省の官僚たちは、この問題に
関しては「河野談話」を理由に何ら打開策を講ずることなく、まともな対応をしてきませんでした。
今の安倍政権にしても、慎重というか及び腰なのが残念でなりませんが、朝鮮の反日組織と手を組
んで暗躍しているのが華僑の大組織のため、政府として対応を誤ると、米中を巻き込んだ外交問題
に発展するかもしれません。いまだ日本再建中の状況において、今以上に米中両国と事を構える訳
にいかないのが現実ではないでしょうか。
慰安婦問題に関しては、2月20日の衆院予算委員会で参考人として出席した石原元副長官の証言を
もとに、「河野談話」を再検証することが何より重要なことだと思います。
日頃、慰安婦問題について南朝鮮寄りの報道が目立つNHKと人民朝日が、無視することなく、歪曲
もせずに「連邦地裁に提訴」を伝えています。

==================================================================================

~平成26年2月21日 産経新聞より~

■慰安婦像、撤去求め提訴へ 米グレンデール
 日系人ら「外交権限を侵害」

米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦をモチーフにした少女像をめぐり、同市
在住の日系人たちがグレンデール市を相手取って、像の撤去を求める訴訟をロサンゼルスにある
同州中部地区連邦地裁に起こすことが20日、分かった。
原告側は米国内で広がる慰安婦像・碑の設置の動きや、誤った歴史認識の拡散に歯止めをかける
ことを目指す。
原告はグレンデール市在住の日系人とロサンゼルス周辺の日本人在住者でつくるNGO(非政府組
織)「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」のメンバー。
21日(米国時間20日)、弁護士を通じて訴状を連邦地裁に提出する。
グレンデール市の慰安婦像は昨年7月に市営図書館に隣接する公用地に設置された。
ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像と同じモデルのブロンズ像で、そばに「戦時中、日本
軍が強制連行して性奴隷にした20万人の婦女子が慰安婦にされた」と書かれたプレートが設置され
ている。
訴状によると原告は、慰安婦問題が日韓間の外交問題になっている中、韓国側の「慰安婦は強制的
に集められ、ひどい待遇を受けた」との言い分に基づきグレンデール市が像を設置したことは連邦
政府に属する外交権限を侵害していると主張。
また、プレートの文言は市議会で承認されていないとし、手続きに瑕疵があったと訴えている。
米国では韓国系人口の集中する東部ニュージャージー州ハッケンサックとパリセイズパーク、ニュ
ーヨーク州ウエストバリーの計3カ所で慰安婦碑が設置されている他、複数の都市でも設置を模索
する動きがあるといわれる。
在米の韓国系団体は全米各地に慰安婦碑・像を設置することを目指し、地方議員から連邦議員まで
あらゆるレベルでの働きかけを強めている。


■原告ら会見「請願では効果がないと判断した」
米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像をめぐり、日系人や現地在住の日本
人在住者らで作るNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」のメンバーらが20日(日本
時間21日)、グレンデール市を相手取り像撤去を求め、ロサンゼルスにある同州中部地区連邦地裁
に提訴した。原告側によれば、訴状は受理された。
訴状提出後に会見したGAHTの目良浩一元ハーバード大助教授(80)は「慰安婦像に代表されるよう
に、歴史が歪曲される中どうにかしなければならないと仲間と考え、請願では効果がないと判断し、
提訴に踏み切った」と語った。
訴状によると、グレンデール市は慰安婦問題が日韓間の外交問題になっている中、韓国側の「慰安婦
は強制的に集められ、ひどい待遇を受けた」との主張のみに基づき像を設置した。
この決定は、連邦政府に属する外交権限を侵害しているなどとしている。 【ロサンゼルス=中村将】


■慰安婦像撤去へ立ち上がった日系人
「捏造された歴史の被害者にはならない」

米国カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去を求めて、日系人や在米日本人ら
が立ち上がった。慰安婦像の撤去だけでなく、市が慰安婦募集の強制性を裏付ける証拠を持たないま
ま像を設置したことを明るみにできれば、米国内で生じている慰安婦問題への誤解を解く貴重な機会
ともなる。
「日本は捏造された歴史の被害者だ。この被害から逃れるには、積極的に加害者と闘う必要がある。
国際社会では自分でやらなければだれも助けてくれない」
原告の一人で、南カリフォルニア在住の目良浩一元ハーバード大助教授(80)は、訴訟に踏み切った
動機をこう語る。目良氏らは、像のそばのプレートに日本軍が強制連行したと記述されたことなどに
“義憤”の念を抱き、日本を貶めようとする試みをただそうとしている。
米国内ではすでに慰安婦像・碑が設けられた4都市以外にも、新たに設置する動きがくすぶっている。
原告は訴訟を通じ、将来、提訴される可能性があることを周知することにより、自治体や議会による
新たな設置の動きに歯止めをかけようとしている。
また、グレンデール市が連邦政府の外交権限を侵害していることが認定されれば、「日本海」の表記
に代えて韓国政府が主張する「東海」表記を浸透させようとする州レベルの動きに対する牽制にもな
る。
今回の提訴に当たり、原告はオスマン帝国時代のアルメニア人虐殺に端を発した、様々なトルコ対
アルメニア訴訟の経験を持つ米国弁護士事務所と契約し、態勢を整えた。
ただ、最大の懸念は訴訟費用の確保だ。訴訟準備の初期費用は原告が自ら負担したが、訴訟が長期化
すれば資金不足となるのは必至。このため原告の一部がメンバーとなっているNPO法人「歴史の真実
を求める世界連合会(GAHT)では日米両国で寄付金を募る。
日本政府は、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話に縛られて身動きが取れ
ない。
訴訟を通じて慰安婦問題の真実を正そうとしている目良氏らは、正しい歴史を後世に伝えたいと願う
日本人による強い支援を求めている。 (田北真樹子)


■菅官房長官、日系人に理解 「政府の考えと相いれぬ、同じ思い」
菅義偉官房長官は21日の記者会見で、米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦像を
めぐり、地元の日系人らが撤去を求める訴訟を起こしたことについて「記念碑(慰安婦像)設置は
日本政府の考え方とは相いれない。現地の邦人の方も、政府と同じような思いの中で提訴に踏み切
ったのだろう」と理解を示した。
菅氏は「米国の自治体では多様な背景を持った住民が、平和と調和の中で共生することを希望して
いる」と指摘し、「市民生活の中に、慰安婦問題をめぐるような出身国間に意見の違いのある案件
が持ち込まれていることは適切ではない」と強調した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年(平成26年)2月21日 14時18分 NHKニュースより

従軍慰安婦像の撤去求め連邦地裁に提訴

アメリカの韓国系市民団体がロサンゼルス近郊の都市に設置した、いわゆる従軍慰安婦問題を
象徴する銅像について、地元の日本人や日系人で作るNPO法人が、市に対し、銅像を撤去する
よう求める訴えを、カリフォルニア州の連邦地方裁判所に起こしました。
この銅像は、いわゆる従軍慰安婦問題を巡って日本政府に賠償などを求めてカリフォルニア州
で活動している韓国系市民団体が去年7月、ロサンゼルス近郊のグレンデール市の公園に設置
したものです。
20日、地元の日本人や日系人でつくるNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会」が会見し、
グレンデール市に対し銅像を撤去するよう求める訴えを、カリフォルニア州の連邦地方裁判所
に起こしたことを明らかにしました。
訴状は、「市が銅像を設置したことは、連邦政府だけが持つ外交の権限を侵害していて、アメ
リカの対日政策に悪影響を及ぼすおそれがある」と訴えています。
代表の目良浩一さんは、「アメリカの世論は世界の世論に影響を与える。この銅像を許せば、
他の州だけでなく、他国にも銅像の設置が広がりかねない」と話していました。
この銅像を巡っては「日本に対する憎しみを増長させる」としてホワイトハウスに撤去を求める
署名が、日本やアメリカなどから12万人分以上集まっていますが、他の自治体でも銅像の設置が
議論されています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年2月21日20時48分 朝日新聞デジタル (ロサンゼルス=藤えりか)より

米の慰安婦像、撤去求め提訴 在米日本人ら

米ロサンゼルス近郊グレンデール市に昨夏設置された従軍慰安婦の像をめぐり、米在住の日本人
らでつくる団体が20日、同市を相手取り、像の撤去を求める訴訟をカリフォルニア州の連邦地裁
に起こした。
原告側は「市が像設置を通して外交上の問題に関与し、米連邦政府の外交権を侵害したのは違憲
だ」と主張している。
訴えたのは、日本人や米市民権をもつ日本生まれの住民らでつくるNPO「歴史の真実を求める世界
連合会(GAHT)」。訴状によると、原告側はグレンデール市が像の設置により慰安婦という政治的
に微妙かつ議論のある問題について、日本政府と異なる立場をとったと主張。
その結果、米政府が持つ外交権を侵害したことは違憲だとしたうえで、米国の外交政策を混乱させ
る可能性が高く、像は撤去されなければならない、としている。
在米韓国系団体は、同様の像を全米の自治体で設置しようと活動を強めており、訴訟はこれに歯止
めをかける狙いがある。
ロサンゼルスでこの日記者会見したGAHT代表で南カリフォルニア大学元教授の目良浩一氏(80)
は、「韓国系団体は政治的に動いており、日本政府も何らかのことをした方がいい」と述べた。

米グレンデール市に設置された従軍慰安婦の像の撤去を求め、米国に住む日本人らでつくる団体が
市を相手取り提訴したことについて、菅義偉官房長官は21日の記者会見で「記念碑が設置されたこ
とは極めて残念だ。おそらく現地の邦人の方も、日本政府と同じような思いで提訴に踏み切ったの
だろう」と評価した。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

No title

河野談話の見直しについての維新の会の活動には敬意を持っています。しかし自民党は駄目ですね。結局うやむやにしそうな情勢です。
河野談話の見直しは公約ですよね?TPPにしろ河野談話の見直しにしろ公約をこんなに簡単に破っていいのでしょうか?安倍政権には失望しかありません。

中道なき言論界
http://ameblo.jp/masato1982/entry-11779343518.html

  • 2014/02/24(月) 16:13:41 |
  • URL |
  • けいじ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/240-e5008e98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。