筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミが報道しない杉田水脈議員の国会質疑

2月3日衆議院予算委員会において、日本維新の会の杉田水脈議員が政府を厳しく追及しました。
杉田議員は、これまでの日本政府の広報のまずさと情報発信の弱さを指摘したうえで、政府の責任を
追及しました。またメディアの偏向を糾弾するとともに、「嘘を報道する自由はあるのか?」と問
いました。 昨年の中山議員の動画削除を批判し「NHKさん、私の動画は削除しないで下さいね」と
釘をさしています。注目すべきは、河野洋平氏の参考人招致を要請したことです。

杉田 水脈 Facebook

杉田 水脈 (miosugita) on Twitter

衆議院議員 杉田水脈(みお)公式webサイト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
平成26年(2014年)2月3日衆議院予算委員会
杉田水脈議員(日本維新の会)の国会質疑





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年2月3日 産経ニュース

河野氏の参考人招致要求 「談話」真相求め維新・杉田氏

日本維新の会の杉田水脈(みお)氏は3日の衆院予算委員会で、慰安婦募集の強制性を認めた
平成5年の「河野洋平官房長官談話」を「反日の格好の情報発信源になっている」と批判し、当事者
である河野氏を参考人招致するよう要求した。二階俊博委員長は理事会で協議する考えを示した。
杉田氏は「慰安婦問題は丁寧に検証を重ねて真実を積み上げ、論理的に対処する姿勢が必要だ」と
指摘。河野氏の参考人招致について「事実に基づく証言をしてもらい、解決への糸口になってほしい」
と述べた。
また「国・地方の女性議員が呼びかけ人となり、河野氏の証人喚問を求める国民運動に取り組もうと
考えている。再三、捏造報道を行った報道機関の責任も追及したい」とも語った。
杉田氏は、米ロサンゼルス近郊グレンデール市に設置された「慰安婦」像について「昨年末の視察
で反対運動をしている在米邦人が『日本政府の支援が一切ない』と言っていた」と明かし、政府の
積極的な対応を要求。
岸田文雄外相は「深刻で重大な問題だと認識している」と強調し、「高い政治レベルでこの問題を
しっかり話し合うことも大変重要だ」と語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年1月31日 チャンネルくらら /倉山満が訊く
ゲスト:衆議院議員 杉田水脈



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年1月30日 J-CASTニュース

慰安婦問題「河野氏、朝日社長の証人喚問を」
維新の会女性議員らの動きに反響続々


慰安婦に強制性があったと言えるかについて、日本維新の会の女性議員らが、河野洋平氏や朝日新聞
社長の証人喚問を求める署名活動を始めると報じられ、反響を呼んでいる。
「よし、きた」「大賛成だ!!!」「署名するぜ」…
産経新聞が1月29日に署名活動について報じると、2ちゃんねるなどでは、こんな歓迎の声で盛り上が
った。慰安婦の強制性について、その根拠に疑問の声が多いからだ。
記事によると、日本維新の会「歴史問題検証プロジェクト・チーム」(座長・中山成彬元文科相)の
事務局長をしている杉田水脈(みお)衆院議員が、この日の維新の会代議士会で署名活動について説明
した。
杉田氏は、慰安婦の強制性を認めた1993年の河野談話について、当時官房長官だった河野洋平氏を国会
に呼んで証人喚問することが必要だとし、そのための署名活動を始めるとした。
杉田氏や中山恭子元拉致問題相ら維新の会の女性議員が呼びかけ人になって、2月3日にも署名をスター
トさせる予定だという。
また、きっかけとなる報道をした朝日新聞が、河野談話の見直しにも否定的だとして、朝日の社長を証人
喚問することも求めるというのだ。
2ちゃんではスレッドが次々に立ち、慰安婦問題を解明するため弁護士として取り組んでいた福島瑞穂
参院議員や、取材した朝日の記者も証人喚問すべきとの声も相次いでいる。
福島氏の喚問も必要とブログで指摘していた経済学者の池田信夫さんはツイッターで、
「これは筋違い。福島みずほを呼ばないと真相はわからない」と維新の会に注文を付けた。
一方、維新の会が署名活動に関わることについて、「自民党が許すわけないだろ」「言論の自由への
公党による介入になる」といった疑問の声も出ていた。
杉田水脈衆院議員の事務所では取材に対し、維新の会の全女性議員が発起人になるものの、あくまでも
超党派で動いていくことを明らかにした。
2月3日に記者会見して、ほかの政党の議員らにも呼びかけていくそうだ。
一番の目的は河野洋平氏を国会に呼ぶことだといい、福島瑞穂議員や朝日の記者への証人喚問要求は
今のところないとしている。朝日の社長に証人喚問を求めることについては、言論の自由への介入と
いうつもりではないと説明した。
事務所によると署名活動は、国会法に基づく請願をするためのもので、街頭などで賛同者に直筆で署名
してもらう。目標は特に設けず、より多くの署名を目指しているといい、とりあえず1か月をめどに活動
することにしている。
関係者には、「署名したいので、どうしたらよいか」などの問い合わせが来ているという。
ネット上などの盛り上がりについて「かなりすごい反響」だと驚いていた。
なお河野洋平氏については、13年12月、外交問題になるので取材などはお断りしているとして河野談話
の根拠についての疑問には答えなかったと一部で報じられている。
朝日新聞社の広報部では、維新の会が社長の証人喚問を求めていることについて「お尋ねの件に限らず
個々の政党の活動について、紙面などで報じる以外に論評することは差し控えます」と取材にコメント
した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年1月29日 産経ニュース

慰安婦問題で河野氏と朝日社長の証人喚問要求 維新が署名活動へ

慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」をめぐり、日本維新の会は
29日、河野氏に加え、河野談話の見直しに否定的な朝日新聞社社長の国会への証人喚問を求め
る署名活動を週明けに開始する方針を決めた。
維新の「歴史問題検証プロジェクト・チーム」(座長・中山成彬元文部科学相)の事務局長、杉田
水脈衆院議員が29日の党代議士会で明らかにした。
中山恭子元拉致問題担当相ら女性議員が署名の呼びかけ人に名を連ねる予定だ。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/234-35542442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。