筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケネディ新駐日大使、宣誓就任式

7月24日オバマ大統領が、ジョン・ルース駐日大使(58)の後任に、ジョン・F・ケネディ元大統領の
長女キャロライン・ケネディ氏を次期駐日大使に指名し、「深い経験と素晴らしい献身ぶりで仕事に
取り組むだろう。一緒に働くのを楽しみにしている」と高い評価と期待感を示しました。

 


過去、駐日大使にはモンデール元副大統領などの大物や、ルース氏のような大統領側近が起用され
るのが通例でした。ケネディ元大統領の愛娘は、米国にとって「特別な存在」であり、歴代大使と比べ
て出色いえます。米有力紙は、「米国から日本への強いメッセージ」であり「米国に改めて日本の重要
さを思い起こさせる」と指摘していました。
外交手腕はまったくの未知数ですが、その知名度とオバマ大統領との近しい関係は、経験不足を補っ
て余りあると言えるかも知れません。
沖縄普天間基地問題や、TPP問題などを抱える日米同盟が、今後どう進展していくのか、ケネディ氏の
手腕に期待したいものです。

 

ケネディ次期駐日米国大使から日本の皆さんへ*

 U.S. Embassy Tokyo (アメリカ大使館) U.S. Embassy Tokyo (アメリカ大使館)


 

 

============================================================

~2013年11月13日 CNNより
ケネディ氏、「日本は重要な同盟国」 駐日大使に宣誓就任
次期駐日米大使に指名されたキャロライン・ケネディ氏(55)が12日午後、国務省で宣誓就任式に
臨んだ。式典は非公開で行われ、報道陣に写真が公開された。
黒いドレス姿でケリー国務長官の前に立つキャロライン氏は、夫のエドウィン・シュロスバーグ氏が
差し出した本の上に左手を置き、右手を挙げて微笑んでいる。後ろには、黒っぽいスーツ姿で右手
をポケットに突っこんで立つ息子のジョン・シュロスバーグ氏の姿も。
このほかに、ケネディ氏とケリー長官、佐々江賢一郎駐米大使が並んだ写真も公開された。
同日夕には佐々江大使の公邸でケネディ氏の歓迎レセプションが開かれた。
ケネディ氏は「米国が対アジア政策を再調整する中、日本は我々の最も重要な同盟国であり続ける」
と発言。ケリー長官も出席し、ケネディ氏を「最高の新大使」と呼んだ。
ケネディ氏は弁護士の資格を持ち、10冊の著書がある。外交実績は殆どないものの、オバマ大統領
と近いことや、故ケネディ大統領の娘であることが、日米関係にとってプラスになると期待されている。

 

 

~2013年11月13日 ロイターより
ケネディ新米大使「多くの人に会いたい」と抱負、15日に訪日
米国の新しい駐日大使になるキャロライン・ケネディ氏(55)が12日夜、ワシントンの日本大使公邸
で開かれた就任レセプションに出席した。
ケネディ氏は「できるだけ多くの人たちに会いたい」と、就任に向けた抱負を語った。
初の女性駐日米大使となるケネディ氏は、公邸内での茶室で行われた佐々江賢一郎駐米大使が
ホスト役のお茶会に、夫のエドウィン・シュロスバーグ氏らと参加。レセプションにはケリー国務長官
も出席した。
その後、報道陣の前であいさつしたケネディ氏は、「日本文化の素晴らしい体験になった。夫と私、
そして子どもたちは15日に日本へ行くことにわくわくしている。できるだけ多くの人たちに会うことを
楽しみにしている」と話した。

弁護士出身のケネディ氏は故ジョン・F・ケネディ元大統領の長女。
ケネディ元大統領は50年前の1963年11月22日、テキサス州ダラス
オープンカーに乗ってパレード中に暗殺された。

 

 

~2013年11月13日 読売新聞【ワシントン=今井隆】より
日本でお会いしましょう…ケネディ氏が日本語で
米国のキャロライン・ケネディ次期駐日大使(55)は12日、日本への着任を前に、国務省で就任のため
の宣誓式に臨んだ。
この後、駐米日本大使公邸で開催された就任祝賀行事のあいさつでは、「日米関係は地域の繁栄、
安定、安全保障の礎石だ」と述べ、日本語で「日本でお会いしましょう」と語った。
ケネディ氏は15日に日本へ着任する。
歓迎行事にはジョン・ケリー国務長官やアラン・グリーンスパン元米連邦準備制度理事会(FRB)議長、
米倉弘昌経団連会長ら約500人が出席した。
ケネディ氏は「今は日米関係にとって歴史的にも重要なときだ。米国がアジアに軸足を置くリバランス
(再均衡)政策を進めている中、日本は最も重要な同盟関係であり続ける」とも指摘し、自らが日米関係
の発展に寄与していく考えを強調した。これに先立ち、ケネディ氏は夫のエドウィン・シュロスバーグ氏
らと公邸で開かれた茶会にも出席した。
ケネディ氏はこの日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で、日本国民に向けたビデオメッセージを公開し
た。父親のケネディ元大統領と写った幼少時代の写真などを紹介しながら、20歳の際の広島訪問で
「より良い平和な世界の実現に貢献したいと切に願うようになった」ことや、新婚旅行で京都、奈良を
訪れたことなど、日本への思い入れを語った。

------------------------------------------------------------------------------------------------
~2013年11月13日 産経デジタル【ワシントン=青木伸行】より
ケネディ氏、大使就任を宣誓「敬意と協力関係強化」日本大使公邸で茶たしなむ
新駐日米大使のキャロライン・ケネディ氏(55)が、15日(日本時間)に来日する。
これを前に12日(米東部時間)、ケネディ氏は国務省で大使への就任を宣誓した。
ケネディ氏は日本に着任後、天皇陛下に信任状を奉呈(ほうてい)し信任を受ける。
着任を前に同日夜、日本大使公邸で祝賀レセプションが開かれ、初の女性駐日米大使の門出を祝っ
た。ケネディ氏は公邸の日本庭園にある茶室「悠々庵」で、佐々江賢一郎駐米日本大使らと緑茶を一服
たしなんだ。
着任を目前に、ケネディ氏は日本国民に向けメッセージを送り、「日米の緊密な友好関係、戦略的同盟
、経済協力を発展させていく。日米両国民は自由、人権、法の支配を守る決意を共有している。私の大使
としての目標は、互いへの敬意と緊密な協力関係を強化することだ」と抱負を語った。
レセプションにはケリー国務長官らも出席した。
父親のケネディ大統領が、テキサス州ダラスで暗殺されてから22日で50年。
父の「命日」を控えての着任となる。

 

 

~2013年11月13日 産経デジタル(共同)
「多くの友人つくりたい」ケネディ次期大使が抱負 広島、奈良、京都訪問体験も披露
米国の次期駐日大使、キャロライン・ケネディ氏(55)の歓迎行事が12日夕(日本時間13日午前)、
ワシントンの駐米日本大使公邸で開かれ、公邸内の茶室でお茶会に出席した。
その後、記者団に「米国の強固なパートナーである美しい日本の歴史や文化を学び、多くの友人を
つくりたい」と抱負を述べた。
ケネディ氏が公の場に姿を現すのは米上院本会議が10月16日に大使人事を承認した後、初めて。
ケネディ氏は在日米大使館を通じ日本国民向けのビデオメッセージも発表。
20歳で広島を訪問した際に「平和な世界の実現に取り組みたいと切に思うようになった」ことや、
新婚旅行で京都や奈良を訪れたことを紹介した。
「日米の国民は共通の価値観で結ばれている。互いに助け合えば世界を変えられる」と日米関係強化
に向けた決意を表明し「日本でお会いしましょう」と日本語で締めくくった。
ケネディ氏は15日に日本に到着し、19日には天皇陛下への信任状奉呈式を予定している。

 


------------------------------------------------------------------------------------------------
~2013年11月13日 毎日新聞【ワシントン西田進一郎】より
ケネディ駐日大使:壮行レセプションで「重要な務め誇り」
15日に日本に赴任するキャロライン・ケネディ駐日米国大使(55)の壮行レセプションが12日夜
(日本時間13日午前)、首都ワシントンの駐米日本大使公邸で開かれた。
ケネディ氏は「この重要な務めに就くことを誇りに思い、東京とワシントンの相互理解を増進し、
同盟関係を強化するために全力を尽くすことを誓う」と語った。
ケネディ氏は女性として初の駐日米大使となる。
50年前の1963年11月22日に暗殺された故ジョン・F・ケネディ大統領の長女で、弁護士。
2008年122年の大統領選でオバマ大統領の当選に大きく貢献し、大統領との太いパイプを持つ。
レセプションには、夫のシュロスバーグ氏らとともに出席。
佐々江賢一郎駐米日本大使は「ケネディ大使は新しい道を進み、新たな冒険へ出発する」と、米国
の有名な詩人ロバート・フロストの詩を引用して紹介した。
ケネディ氏は「日米間の絆をさらに強めるため、みなさんと緊密に連携して働けることを楽しみに
している」と語り、最後に日本語で「日本でお会いしましょう」と話して大きな拍手を浴びた。
ケリー国務長官は「ケネディ氏は大統領の耳であり、大統領の尊敬と愛情を得ている。それは政策
を指揮する上で極めて重要なことだ」とたたえ、乾杯の音頭を取った。
同日午後にケネディ氏は、国務省でケリー長官や家族が立ち会う中、就任宣誓した。

------------------------------------------------------------------------------------------------
~2013年11月13日 朝日新聞デジタル 【ワシントン=大島隆】より
ケネディ新大使「絆深めるため働く」 米の式典で抱負
米国の新しい駐日大使となるキャロライン・ケネディ氏が、15日の着任を前にワシントンの日本大使
公邸で12日に開かれた就任を祝う式典に参加し、「日米の絆を深めるために働くことを楽しみにして
います」と抱負を語った。
ケネディ氏は暗殺された故ジョン・F・ケネディ元大統領の娘。女性として初の駐日米大使となる。
大使公邸での式典には日米の約500人が参加。ケネディ氏はあいさつを「日本でお会いしましょう」
と日本語で締めくくった。ケリー国務長官は「米国がアジア重視戦略を進める中でケネディ大使が赴任
することを喜んでいる」と話した。
また、在日米国大使館は13日、ケネディ氏の自己紹介ビデオを、大使館のサイトや動画投稿サイト
ユーチューブ」で公開した。ケネディ氏はビデオで「20歳のときに広島に行き、より良い平和な世界の
実現に貢献したいと願うようになった」と話している。
ケネディ氏は12日に国務省で就任宣誓。15日に日本に到着し、天皇陛下に信任状を差し出す
「信任状奉呈式」を経て正式に大使としての活動を始める。

 

 

~2013年11月9日 朝日新聞デジタル(ニュースのおさらい
米国のケネディさんが駐日大使
アメリカ(米国)のオバマ大統領は、米国の代表として日本で仕事をする次の駐日大使に、1963年に
暗殺されたジョン・F・ケネディ元大統領の娘、キャロライン・ケネディさんを選びました。
ケネディさんは11月中に日本へやって来る予定です。 どのような人物なのでしょう。

 

■元大統領の娘、女性は初めて
ケネディさんはニューヨーク出身の55歳。女性で初めての駐日大使だ。
28歳で結婚し、ユダヤ系の夫との間に3人の子どもがいる。弁護士の資格を持ち、本もたくさん書いた
経験がある。駐日大使になることについては、「とても光栄で、心が躍ること」「自分が仕事をしたい国
として、日本以上の国は思いつかない」と、ラジオの取材や議会などで話している。
お父さんのケネディ元大統領が50年前、米国ダラスという町で銃で撃たれて殺された時、ケネディ
さんはまだ5歳だった。お父さんのお葬式に参列するけなげな姿がテレビで伝えられ、多くの人の涙を
誘った。人気歌手が幼い頃のケネディさんの姿をモデルにして「スイート・キャロライン」という歌を作っ
たほどだ。それ以来、ケネディさんはテレビや新聞などの取材を避け、静かに生活してきた。
もちろん、亡くなったお父さんへの思いは強く、日本に来ることについても、お父さんが第2次世界大戦
中に日本軍と戦ったことや、大統領をしていた時に日本を訪れることを望んでいたことなどを紹介し、
「二つの民主主義社会の強い結びつきを代表する存在になりたい」と自らの思いを語っている。
私生活はあまり明らかになっていないが、どうやらすごい資産家らしい。はっきりしたお金の額はわから
ないが、「最大で5億ドル(約490億円)」と予想する新聞もある。
おじいさんのジョセフ・ケネディ元駐英大使は、映画製作などで多くの財産を築いており、94年に亡く
なったお母さんや、99年に飛行機事故で亡くなった弟の遺産を相続したからだとみられている。
日本で力を入れたい取り組みは、女性の地位を向上させること。若者の教育問題に携わった経験から
「日本と米国の若者の交流の強化にも取り組みたい」とも話している。

 

■難しい役目、注目集まる
なぜ、オバマ大統領ケネディさんを駐日大使に選んだのか。
「お父さんが人気大統領だったケネディさんの一家は、日本でも有名。『日本を重視している』という
メッセージになる」というのが、米国の人々の見方だ。
ケネディさんは政治家や政府の中にもたくさんの知り合いがいて、性格もとても謙虚で一生懸命なの
で、「駐日大使にはぴったりだ」と評価する人もいる。
一方で、「ケネディさんは駐日大使には向いていない」と批判する人もいる。
ケネディさんは一時期、上院議員選挙への立候補がうわさされたことがあるが、本格的には政治の
仕事をしていない。
大使という大変な仕事をうまくできるかどうかはわからないため、「経験や実績のない人を駐日大使に
するべきではない」という人もいる。
第2次世界大戦後の米国の大使は、約7割が職業として外交官をしている人で、残りの約3割は政府が
政治的に決めた人がなっている。
2008年の大統領選挙では、ケネディさんが応援したことで、オバマさんが有利に選挙を戦えたと考え
る人もおり、「大統領選挙で応援をがんばったり、お金をたくさん集めたりした人が、そのご褒美として
大使に選ばれている」と考える人もいる。
日本は領土の問題をめぐって中国や韓国との関係がぎくしゃくしており、日本と米国の間には、沖縄な
どにある米軍の基地をどうするかという問題もある。
同盟国である日本と米国をつなぐ駐日大使という仕事を、ケネディさんがうまくこなせるかどうか。
日本だけでなく、米国の人々も注目している。 (三浦英之)

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/208-34f99561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。