筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慰安婦像設置の真相…大高未貴レポート

2013年10月17日 zakzak
慰安婦像設置の真相

困惑する米グレンデール市長「何の関係もない市に…」
韓国系団体が、全米各地で慰安婦の像や碑の設置を目指して活動していることに、米国の市長が
反発・困惑している。
日系人や在留邦人らが「新しいレイシズム(人種差別)だ」などと毅然と抗議を始めたからだ。
韓国メディアは「(市長は)弾劾事由に該当する」と報じるが、民族対立でも煽るつもりなのか。
河野談話」の根拠とされた元慰安婦調査の信憑性が崩れるなか、政府・自民党内では反転攻勢の
動きも出てきた。
ジャーナリストの大高未貴氏が訪米し、設置騒動が起きているロサンゼルス郊外を取材した。 

「残念ながら、グレンデール市はいまや姉妹都市の提携解消も示唆されるなど、日本人から最も嫌わ
れている街になってしまいました」デーブ・ウィーバー市長はこう肩を落した。
韓国系団体の主導で、同市に慰安婦の像が設置されたのは今年7月末。
米国内の日系人らが「歴史を捏造するな」「日本や日本人の名誉を汚すな」と猛反発したうえ、姉妹
都市である大阪府東大阪市も「一方的な行為で、はなはだ遺憾」などとして、提携解消も視野に検討
している。
像の設置を決定したのはソウル訪問歴もある前市長で、ウィーバー市長は設置に反対していた。
設置の経緯について、市長は「当市には日本人はほとんどおらず、19万4,000人の市民のうち韓国人
が1万2,000人以上。誰が勢力を持つかお分かりですよね?」と語った。
さらに、慰安婦の像を設置したため、第1次世界大戦におけるトルコ軍によるアルメニア人虐殺の記念
碑を設置する可能性も出てきたようだ。
ウィーバー市長は「わが市には5万人弱のアルメニア人がおります。しかし遠い昔の何千マイルも離れ
たところで起きたことを、何の関係もないグレンデール市になぜ建てたがるのか? 実に不思議です」と
いい、「蜂の巣をつついたような騒ぎになってしまった」と困惑する。
このインタビューは先月、私(大高)が行い、スカパー・インターネット放送「チャンネル桜」で報じた。
すると、韓国紙「朝鮮日報」は先週12日、「(市長発言を)市議会では議決権を正面から否定したもの
とみなし、弾劾事由に該当すると考えている」とし、「次週の議会会議でこの問題を正式に取り上げる
だろう」との市関係者のコメントを紹介した。
韓国のネットの書き込みには市長の暗殺をほのめかしたり、市長が日本に買収されたなどといった
内容もあり、あきれるばかりだ。
グレンデール市から車で1時間ほど離れたブエナパーク市も韓国人が多く(人口の十数%)、慰安婦の像

を設置する話が持ち上がったが、同市議会はこれを否決した。
ブエナパーク市のエリザベス・スウィフト市長は「韓国人は『教育のためだ』と言っていますが、高校の
教師をしていた私としては同意できません。人身売買などについて子供たちに問題提起するのであれば、

世界で現在進行形で行われている事実に目をむけるべきです。記念碑を置いても、インパクトはありませ

ん」と語った。そのうえで、正しい歴史を次世代につなぐ普通の主婦らによるネットワーク「なでしこ
アクション」をはじめとする、日本からの意見書やメール、ファクスについて、スウィフト市長は
「事実が淡々と述べられており、説得力のあるものでした。私たちは、この地で第2次世界大戦を再び
繰り返す必要はありません」と言い切った。
米国は移民の国であり、国内で異なった移民グループがケンカを始めれば、内乱状態に陥ってしまう。

韓国系団体の運動は、米国社会の暗黙のルールを破るものであり、良識ある米国人ならば「他国の争い

米国内に持ち込むべきではない」という常識論で判断するのではないか。
両市の取材を終えてロサンゼルスに戻ると、ある在米日本人が「急増する韓国人移民によって日本人が

被害を受けているケースは他にもある」といい、こう続けた。
「ロサンゼルスではヘルシーな日本食が人気なため、韓国人が『なりすまし日本食レストラン』を次々
とオープンしている。料理の質は極めてひどいが、米国人は『これが日本食か…』と思って食べている。
韓国人は性的サービスもするマッサージ店も経営しているが、店名に平気で『TOKYO(東京)』などと
付けていた。『seoul(ソウル)』や『arirang(アリラン)』で営業しろと言いたい」
彼らを放置していいのか。

 

 平成25年9月30日 SakuraSoTV
アメリカ慰安婦問題レポート Part① 

 

アメリカ慰安婦問題レポートPart②
 

 

果たしてグレンデール市長は日本に買収されたのか?
 

大高未貴の取材により、グレンデール市の現市長たるデイブ・ウィーバー氏の慰安婦問題への
距離感が明らかになったが、これを知った韓国系住民は、脅迫紛いの抗議や、日本側から賄賂
を受け取ったなどと恥知らずな人格攻撃を繰り返しているという。
一方の当事者たる大高未貴からその真相をお話しさせていただくとともに、真っ当な判断を下し
てくださったウィーバー市長や、ブエナパーク市のスイフト市長などの良識派政治家を励ます
ために、視聴者の皆様に励ましと感謝のメールを送っていただくよう、呼び掛けさせて頂きます。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/200-b89e6ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。