筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理、国連総会での演説 (9月26日)

 

平成25年9月26日
第68回国連総会における安倍内閣総理大臣一般討論演説

(政府インターネットテレビ)
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/26generaldebate.html

 

 

2013年9月27日 産経ニュースより (ニューヨーク=水内茂幸)
安倍首相「積極的平和主義」を強調 国連演説

 シリアに6千万ドル追加支援
安倍晋三首相は26日午後(日本時間27日未明)、国連総会で一般討論演説に臨み、シリア問題で難民
や周辺国対策に6千万ドル(約60億円)相当の追加支援を表明した。
集団的自衛権憲法解釈見直しなどを通じ、地域や世界の平和と安定に貢献するため「積極的平和
主義の旗を掲げる」と強調。また、演説の多くを女性問題に割き、国連機関への支援を明らかにした。
首相は演説で「私の責務は、日本を世界に対し善をなす・頼れる力とすることだ」と述べ、積極的平和
主義に基づき、国連の平和維持活動(PKO)をはじめとする集団安全保障に積極的に関わる方針を強調。
また北朝鮮の核・ミサイル開発を非難し、北朝鮮による日本人拉致事件について「自分が政権にいる
うちに完全に解決する」と決意を示した。
尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる問題では、中国を念頭に「海洋秩序の力による変更は到底許せない」
と指摘し、「法の支配」の重要性を訴えた。
女性問題では、紛争下で女性への性的暴力対策に取り組む国連女性機関「UN Women」について
「日本が有力貢献国の一つになる」と強調。資金援助などを行うとともに、女性・平和・安全保障に関する
「行動計画」を策定する考えも示した。
首相はこれに先立ち、国連の核軍縮ハイレベル会合でも演説し、米露間の核軍縮交渉を早期に他の核
保有国にも広げることを求めた。
--------------------------------------------------------------------------------------
2013年9月27日 産経ニュースより

【安倍首相の国連演説要旨】

シリア問題
シリアの化学兵器廃棄に向けた国際社会の努力にできる限り協力する。国際社会と連携し難民に手を
差し伸べる。シリアと周辺国への人道支援として新たに6千万ドル相当を追加し、直ちに実施する。

 

積極的平和主義
私の責務はまず日本経済を強く立て直し、日本を世界に対して善をなす・頼れる「力」にすることだ。
日本をこれまで以上に平和と安定の力としていくことを約束し、新たに「積極的平和主義」の旗を掲げる。
国連平和維持活動(PKO)をはじめ、国連の集団安全保障措置に対し、より一層積極的な参加ができる
ようにする。

 

北朝鮮問題
北朝鮮の核・ミサイル開発は許されない。北朝鮮は国際社会の一致した声に耳を傾け、己の行動を改め
て具体的一歩を踏み出すべきだ。北朝鮮には、拉致した日本国民を残らず返してもらう。
自分の政権で完全に解決する決意で臨む。拉致問題の解決なしに日朝の国交正常化はあり得ない。

 

国連改革
安全保障理事会の現状が、70年前の現実を映す姿のまま凍結されているのははなはだ遺憾だ。
わが国は常任理事国となる意欲を変わらず持っている。

 

女性の活躍
日本の成長の因となり果となるのが、女性の力の活用だ。「女性が輝く社会をつくる」と訴え、国内の
仕組みを変えようと取り組んでいる。憤激すべきは国外で武力紛争の下、女性に対する性的暴力がやま
ない現実があることだ。
(1)女性の社会進出・能力開発 (2)女性に対する保健医療分野の取り組み (3)危険にさらされる女性の
権利・身体対策-の3本柱を立て、今後3年間で30億ドルを超す政府開発援助(ODA)を実施する。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/193-a27c44e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。