筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理、靖国神社参拝

安倍総理が靖国神社に参拝されました。実に喜ばしき事であります。
26日は昨年、安倍政権が誕生してから、ちょうど1年目になります。その総決算として靖国の英霊に対し
報告と感謝をされたのだと思った次第です。
私としては、安倍総理がご自身で判断されて靖国に参拝されるのなら、1年後だろうが、3年後だろうが
いつでもいいと思っていましたが、このタイミングで参拝されたことに嬉しさを禁じ得ません。
保守派の支持層からは「いつ、靖国参拝するのか」という声が、燻っていました。中には「行かなけれ
ば支持を止める」という声もありました(そんな人は、真の支持者ではないので、早々に外れてもらっ
たほうがいいと思いますが)。今まで不満を持て余していた支持者も、これで満足したことでしょう。
特亜3国の反発や非難はどうでもいいのですが、米国の対応が気懸かりではあります。
只でさえ親中派の多い米国議会ですから、これを機に、我が国に対する態度を急変させかねません。

安倍首相靖国参拝


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【産経新聞号外】安倍首相が靖国神社に参拝(PDF)

2013年12月26日 FNNnewsCH
(全録)安倍首相、靖国神社参拝を終え会見


2013年12月26日 讀賣新聞より
安倍首相が靖国神社参拝…第1次内閣含め初
安倍首相は26日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。
首相在任中の参拝は、第1次内閣を含めて初めてで、現職首相としては2006年8月15日の小泉首相
以来7年4か月ぶりの参拝となる。
首相は参拝後、戦争の惨禍を繰り返さないという「不戦の誓い」のために参拝したと記者団に語った。
第2次内閣発足以来、首相は、外交問題化を避けるために参拝を自重してきたが、日中、日韓関係の
改善が見通せないことから、政権発足から1年の26日、参拝に踏み切ったとみられる。
中国、韓国が強く反発している。
首相は午前11時30分過ぎ、同神社に到着。モーニング姿で本殿に昇り、参拝した。
首相は参拝後、記者団に対し「政権が発足して1年の安倍政権の歩みをご報告をし、二度と再び戦争
の惨禍によって人々が苦しむことのない時代を作るとの誓い、決意をお伝えするために、この日を選ん
だ」と述べた。
そのうえで「中国や韓国の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない。英霊の冥福をお祈りし手を合わ
せることは、世界共通のリーダーの姿勢だ」と語り、諸外国を含めて戦場で亡くなった全ての人々を
慰霊する目的で靖国神社境内に設けられた鎮霊社にも参拝したことを明らかにした。
来年以降の定期的な参拝の意向を問われると「この場で話をすることは差し控えさせていただきたい」
と回答を避けた。
首相はまた、「恒久平和への誓い」と題した首相談話も、日本語と英語で発表した。
首相は昨年の自民党総裁選や衆院選で、第1次内閣時代に参拝できなかったことを「痛恨の極み」と
述べ、首相在任中に参拝する意向を事実上、表明してきた。
首相就任後は、参拝の時期については明言を避け、外交的な配慮から、春や秋の例大祭、8月15日の
終戦記念日の参拝を自重。内閣総理大臣名の真榊まさかきや、自民党総裁名での玉串料の奉納に
とどめてきたが、今回の参拝により支持者への約束を果たした格好だ。
.................................................................................................................................................................

◇安倍首相の靖国参拝に合わせて発表された談話「恒久平和への誓い」
 の全文は次の通り。


本日、靖国神社に参拝し、国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、哀悼の誠を捧げ
るとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福をお祈りしました。
また、戦争で亡くなられ、靖国神社に合祀されない国内、及び諸外国の人々を慰霊する鎮霊社にも、
参拝いたしました。
御英霊に対して手を合わせながら、現在、日本が平和であることのありがたさを噛みしめました。
今の日本の平和と繁栄は、今を生きる人だけで成り立っているわけではありません。
愛する妻や子どもたちの幸せを祈り、育ててくれた父や母を思いながら、戦場に倒れたたくさんの
方々。その尊い犠牲の上に、私たちの平和と繁栄があります。
今日は、そのことに改めて思いを致し、心からの敬意と感謝の念を持って、参拝いたしました。
日本は、二度と戦争を起こしてはならない。私は過去への痛切な反省の上に立ってそう考えています。
戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを堅持していく決意を新たにしてまいりました。
同時に、二度と戦争の惨禍に苦しむことが無い時代をつくらなければならない。アジアの友人、世界の
友人と共に、世界全体の平和の実現を考える国でありたいと、誓ってまいりました。
日本は、戦後68年間にわたり、自由で民主的な国をつくり、ひたすらに平和の道を邁進してきました。
今後もこの姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。世界の平和と安定、そして繁栄のために、国際
協調の下、今後その責任を果たしてまいります。
靖国神社への参拝については、残念ながら、政治問題、外交問題化している現実があります。
靖国参拝については、戦犯を崇拝するものだと批判する人がいますが、私が安倍政権の発足した今日
この日に参拝したのは、御英霊に、政権1年の歩みと、二度と再び戦争の惨禍に人々が苦しむことの
無い時代を創るとの決意を、お伝えするためです。
中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くありません。
靖国神社に参拝した歴代の首相がそうであった様に、人格を尊重し、自由と民主主義を守り、中国、
韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたいと願っています。
国民の皆さんの御理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『櫻井 よしこ FB』より

今日午前、安倍首相が靖国神社を参拝しました。
祖国日本のために尊い命を犠牲にされた英霊たちに感謝と尊敬の念を込めて祈りを捧げ、
同時に、靖国神社の同じ境内にある鎮霊社にもおまいりをしたと、安部首相は語りました。
鎮霊社には日本人だけでなく外国人も祀られています。
靖国神社に祀られていない、戦争の犠牲者の方々の御霊がここに祀られているのです。
首相はまた、不戦の誓いを強調しました。
中国と韓国が早速、反応して、日本を非難しています。
韓国は「これまで安倍首相は靖国神社に行かず、いろいろとうまくいっていたのに、何故参拝
するのか分からない。日本政府の信頼と誠意が疑われる」と発表しました。
中国は靖国参拝が「人類の良識に反する」ものだと非難しました。
いずれの避難も当たらないと思います。両国とも、関係がうまく行かないのを日本の所為に
していますが、むしろ、彼らの方が軋轢を起こしているのではないでしょうか。
「母を残し、愛する妻や子を残し、戦場で散った英霊のご冥福をお祈りし、リーダーとして手を
合わせる、このことは世界共通のリーダーの姿勢ではないでしょうか」
そのとおりです。安部首相の想いと祈りが、どれほど靖国の御社に眠る英霊の魂にうれしく
響いたことでしょうか。ご遺族の方々もどれほど慰められたことでしょうか。
新しい年、日本は自らを信じ、自らを律し、日本の為にも世界の為にも、誠実に働き続けるの
が良いと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2013-12-26_210048.jpg
2013-12-26_210223.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2013年12月26日 時事ドットコム【ワシントン時事】より
安倍首相の靖国参拝に「失望」=中韓との関係悪化懸念-米政府
米政府は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について、「日本の指導者が近隣諸国との緊張を
悪化させるような行動を取ったことに失望している」とする声明を、在日米大使館を通じて発表した。
米国が日本の首相の対応を強い調子で非難するのは極めて異例だ。
声明は「日本と近隣諸国が過去からの微妙な問題に対応する建設的な方策を見いだし、関係を改善
し地域の平和と安定という共通の目標を発展させるための協力を推進することを希望する」と表明。
「首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する」とも記した。
アジア外交を重視する米政府は昨年12月の安倍首相就任以降、タカ派色の強い言動が日中・日韓
関係を悪化させかねないと警戒し、日本に両国との関係改善を促してきた。
ケリー国務長官とヘーゲル国防長官が10月の訪日時に靖国神社ではなく千鳥ケ淵戦没者墓苑に
献花した際には、「靖国参拝を控えるよう求めるメッセージ」との見方が出た経緯もある。
ただ、実際には8月の終戦記念日にも春と秋の例大祭にも首相が参拝を見送ったことから、米国では
首相の抑制的な対応を評価する声も出始めていた。
首相の靖国参拝は、オバマ大統領の来年4月のアジア訪問にも影響する可能性がある。 
一方、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは「アジアの周辺国が軍国主義の象徴とみなす
神社を首相が訪問した。自身の保守的な支持基盤へのアピールが目的とみられている」と報道。
「首相の訪問は東京とワシントンの絆を傷つける」とする識者の見方も紹介した。
ニューヨーク・タイムズ(同)は、中国による一方的な防空識別圏の設定により日中関係が冷え込ん
でいることに触れて「緊張をはらんだタイミングでの参拝となった」と指摘。
両紙とも首相のコメントや様子、中韓両国の反応を含めて詳報し、米国での関心の高さを窺わせた。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013年12月26日 CNNより
安倍首相の靖国参拝、中韓が厳しく指弾 米国も落胆表明
日本の安倍晋三首相が26日、東京の靖国神社を参拝した問題で中韓両国は同日、これを激しく指弾
する見解などを発表した。米国大使館も参拝に落胆したとの考えを示した。
中国外務省は参拝を厳しく弾劾する声明を発表。
第2次世界大戦の犠牲者である中国人民や他のアジア諸国の国民を著しく傷付ける安倍首相の行動
に最大限の怒りを表明したいと述べた。
靖国神社への訪問は実質的に日本による軍事侵攻と植民地化を誤って美化するものとも指摘した。
一方、韓国の文化体育観光相は記者会見で、侵略を美化する行動の中止を要求し、遺憾の意と怒り
を表明せざるを得ないと述べた。
米国大使館は、参拝には失望したとの声明を発表。
「日本は価値ある同盟国、友人である」としながらも「日本の指導部は隣国との関係の緊張を高める
行動を行ったことに落胆する」と述べた。
安倍首相は参拝に伴い、戦争の犠牲者の鎮魂を願ったとして、戦犯を崇めるためのものではないと
強調。「犠牲者の鎮魂を祈る上で再び戦争を起こさないとの決意を新たに固めた」と主張した。
その上で、中韓両国の国民の感情を傷付ける意図はないと指摘。相互の国民性、自由と民主主義の
尊重、敬意を持っての関係強化への願望が本意であると付け加えた。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013年12月26日 ロイターより
安倍首相の靖国参拝に米国が「失望」を表明、中韓は強く反発
安倍晋三首相の靖国神社参拝は、中国と韓国の反発を招いただけでなく、米国が「失望」を表明
する異例の展開となった。
参拝は安倍首相にとって悲願だったが、アジアの隣国との関係改善が進まない中、同盟関係にある
米国も日本の今後の対応を注視する姿勢を示した。

◇韓国「怒りを抑えられない」
政権発足からちょうど1年目の26日午前、安倍首相は東京・九段(千代田区)の靖国神社を参拝した。
現職の首相としての参拝は、2006年8月の小泉純一郎首相以来7年ぶり。安倍首相にとっては初の
参拝となった。
安倍首相は参拝後、記者団に対し「日本のために尊い命を犠牲にした英霊に尊崇の念を表し、御霊
安かれと手を合わせた」と説明。「中国や韓国の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない」とし、
「理解してもらうための努力を重ねていきたい」と語った。さらに「日中、日韓は大切な関係であり、
この関係を確固たるものにするのが日本の国益であり、説明する機会があればありがたい」と、
中韓両国との首脳会談実現に強い意欲を示した。
しかし、中国は即座に反発。同国外務省の秦剛報道官は談話を発表し、「日本に対し、侵略の歴史を
反省するとした誓約を守り、誤りを正す措置を講じ、悪い影響を取り除き具体的な行動をもってアジア
の隣国や国際社会の信頼を得るよう、厳粛に求める」と抗議した。
韓国の劉震龍文化体育観光相も「遺憾の意と怒りを抑えられない」と非難した。
さらに夕方、今度は米政府が在日米国大使館を通じて声明を発表。
「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動をとったことに失望している」とした。
米国が日本の首相の靖国参拝に懸念を表明するのは異例。米政府は「首相の過去への反省と日本
の平和への決意を再確認する表現に注目する」と、今後の日本側の対応を注視する姿勢をみせた。
同日午後に会見した菅義偉官房長官によると、日本は関係諸国に参拝を事前に通知。
米国が自制を求めたという話は聞いていないという。菅官房長官は「しっかりと参拝の趣旨を説明し
理解が得られるよう努めていきたい」と語った。その上で、米国やオバマ大統領との信頼関係に影響
があるとは「まったく思っていない」と述べた。
上智大学の中野晃一教授は「(安倍首相は)中国との状況が改善しないのだから、参拝してもこれ
以上悪くならないと考えたのかもしれない」と分析。「しかし、それは間違っている」との見方を
示した。
安倍首相が靖国に参拝するのは、06~07年の第1次内閣時代も含め初めて。
昨年12月26日の第2次内閣発足後、首相は、第1次内閣のときに参拝しなかったことについて「痛恨
の極み」と後悔の念を示していたが、この1年間は中国や韓国との外交問題に発展する事態を避けて
参拝を見送ってきた。

◇南西諸島の警戒監視を継続
尖閣諸島(中国名:釣魚島)をめぐる日本と中国の緊張関係は、緩和の兆しがみえない。
11月には中国が同島上空を含む空域に防空識別圏を設定。
一方、日本は今月に入り、中国の海洋進出を強く意識した国家安全保障戦略を策定した。
安倍首相の靖国参拝を受けて、中国側が尖閣付近での活動を活発化する可能性もある。
小野寺五典防衛相はこの日午前の会見で「現在も警戒監視態勢をしっかりしているし、これからも
同様にしっかり警戒監視態勢をしていく」と語った。 (久保信博、リンダ・シーグ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2013年12月26日 12時37分 Record Chinaより

安倍首相の靖国参拝に冷静な声
=「拝むなとは言えない」「批判する資格があるのか?」
 ―中国版ツイッター


2013年12月26日、日本の安倍晋三首相が靖国神社を参拝した。
日本の首相による靖国参拝は2006年の小泉元首相以来、7年ぶりのこと。安倍首相はこれまで、
中国・韓国への配慮から参拝を見送ってきたが、周囲に「年内には」と漏らすなど、参拝に意欲を
見せていた。このニュースは中国でも即座に報道されるなど、注目を集めている。
「中国版ツイッター」と呼ばれる簡易投稿サイトには、問題視しないというコメントも多数寄せられ
ている。以下は、その一部。
「安倍さんを支持する」  「自分のやるべきことを、しっかりとやるのが王道」
「人が自分の祖先を参拝することに、われわれは関係ない。中国人は寛容に、過去のこと
は水に流そう」
「参拝したけりゃすればいいよ。たとえ憎い相手でも、本人の家族に拝むなとは言えない」
「人が祖先を拝むのは自由。子孫なのだから。彼らの祖先がかつての敵だからといって、
自分の祖先を拝むのだけは良くて、相手はだめというのはおかしい」
「他人を批判する資格があるのか?中国が死に至らしめた自国民は、日本に殺された
中国人よりも少ないのか?」
「中国は日本にかなわない。中国共産党はナショナリズムをあおって批判するような寝言を
言うのは、何か意味があるのか?」

(翻訳・編集/北田)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/18-facc5d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。