筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理の第3次東南アジア歴訪について <その1>

安倍総理は7月25~27日、マレーシア・シンガポールフィリピンを歴訪しました。
今年1月にタイ・ベトナムインドネシア、5月のミャンマー訪問に続く、第3次東南アジア歴訪です。
日米同盟を基軸として、安倍総理が「世界地図を俯瞰する外交」と呼ぶ多角的外交を推し進めることで
東南アジア各国などと、安全保障や経済の分野で連携を強め、中国を牽制しようというものです。
安倍総理は今後も、自由や民主主義などの価値観を共有する国々との連携を深める「価値観外交」を
積極的に展開していくものと思われます。
マスコミはTPP交渉に関しては、大々的に報道していましたが、この安倍外交についての扱いは微々たる
ものでした。その意味合いや成果など、意図的に矮小化しているようでした。
よく、支那や南朝鮮との関係改善をせずに、「何が価値観外交だ」というような非難を耳にします。
まるで日本が、支那や南朝鮮との話し合いを拒んでいるかのような論調です。
安倍総理は常々「対話の扉は、いつでも開いている」と特定アジアの2国に語りかけているにも拘わらず、

支那は尖閣問題、南朝鮮は歴史問題での譲歩を首脳会談の条件にして、話し合いのテーブルにつこう
とはしません。問題を解決するために、様々なレベルでの話し合いが必要なのは言うまでもありません。
しかし、そのために理不尽な条件を突き付けてくるような、特定アジアの国との首脳会談など急ぐ必要は
まったくないのです。
 

 

====================================================================
~2013年7月26日 毎日新聞 【クアラルンプール仙石恭】より
安倍首相:マレーシアなど歴訪、ASEAN外交強化
安倍晋三首相は25日午後(日本時間同)、マレーシアを訪問して同国のナジブ首相と会談し、参院選後
の首脳外交を再開した。会談後の共同記者発表で安倍首相は「参院選で私の政策は国民から信任を
受けた。これを背景に戦略的外交を進めていく」と宣言。対中韓外交が足踏みするなか、政権発足以来、
一貫して重視している東南アジア諸国連合ASEAN)との関係強化から再始動する方針を強調した。
首脳会談で安倍首相は23日から日本が交渉に参加した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について
「引き続き連携して交渉に臨みたい」と協力を要請。
中国の海洋進出を念頭に、海上安全保障の分野での協力を進める方針も確認した。
首相は27日までにシンガポールフィリピンと計3カ国の首脳らと会談することになっている。
TPPに加盟する10カ国のうち、今回の3カ国も含めて今年だけで7カ国を歴訪しており「12月までに残る
ラオス、カンボジア、ブルネイ訪問も検討している」(政府高官)。
ASEAN諸国には中国の海洋進出に警戒感を抱く国も多い。対中外交を打開するうえでも、まずASEAN
との関係強化で足場を固めておく意向だ。

-------------------------------------------------------------------------------------
~平成25年7月26日 世界日報 【クアラルンプール時事】より
首相外遊、ASEANと関係深化-背後の中国を牽制
安倍晋三首相は25日午後、マレーシア入りし、参院選後初の外遊をスタートさせた。
経済重視の安倍政権としては、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟各国の活力を「日本の経済再生に
取り込んでいく」(首相)狙いがある。もともと経済的つながりが深いASEANとの関係をさらに強化する
ことで、沖縄県・尖閣諸島の問題で対立する中国をけん制する思惑もある。
「両国の間には東方政策に基づく層の厚い絆が存在している」。マレーシアのナジブ首相との会談後、
共同記者発表に臨んだ安倍首相は、日本とマレーシアの緊密な関係をアピールした。
マレーシアは1981年、マハティール首相(当時)が日本をモデルに経済成長を目指す「東方政策」を
提唱。82年以降日本へ送り込んだ留学生は既に約1万5,000人に上り、多くの知日派を生んだ。
この日の会談で安倍、ナジブ両首相は東方政策の継続に向け、日本側が「全面的に協力」していくこと
を確認した。
マレーシアでは、全国民の44分の1を占める中国系住民「華僑」の存在を無視できない。
中国の経済的な影響力は年々強まっており、「中国に気を使わざるを得なくなっている」(外務省幹部)
のが実情という。マレーシアのみならず、東南アジアでは中国が政治・経済面で存在感を増しつつある。
歴史認識で韓国との「共闘」が目立つ中国は、アジアで日本の孤立化を企図しているようにも見える。
今回の外遊には、もともと政府開発援助(ODA)などで密接な関係にあるASEAN各国との関係を深化
させ、中国の思惑通りに事を運ばせない意味合いもある。
参院選圧勝で長期政権も視野に入れる首相は、自由や民主主義などの価値観を共有する国々との連携
を深める「価値観外交」を積極展開していく方針。
26日にシンガポール、27日にはフィリピンでそれぞれ首脳会談を行う。
日本の首相が2国間会談のためシンガポールを訪問するのは実に11年ぶりで、マレーシアとフィリピン
6年ぶり。今後、ラオスやカンボジアといった「中国寄り」(首相同行筋)と目される国への年内訪問も検討
する意向だ。
-------------------------------------------------------------------------------------
安倍晋三Fbより~
最初の訪問国マレーシア。
三十年前から「ルックイースト」と称して日本から学ぼう、という政策をとってきた国です。
今や日本では退職後のセカンドハウスとして最も人気がある、安全で豊かな国となっています。
ナジブ首相との首脳会談では、単なる貿易や投資の量的拡大にとどまらず、両国の社会の結びつきを
強めるような協力関係について話し合いました。
マレーシアの社会的課題に対応する、高速鉄道、水事業、廃棄物発電。そして、最近マレーシアでも深刻
になっているガン治療の最先端機器の重粒子線ガン治療装置の導入プロジェクト。
マレーシアの患者さんに希望の光となることは、両国の関係を強化することになるでしょう。
私も、佐賀の重粒子線ガン治療装置を視察しました。これまで治療困難と言われていた患者さんが、
入院しないで完治できる、日本が世界に誇れる技術です。
こうした「日本の強みで、相手国の課題解決に資する」。私の成長戦略の柱です。
-------------------------------------------------------------------------------------

~平成25年7月25日外務省HPより
日・マレーシア首脳会談及びナジブ首相主催晩餐会(概要)
安倍晋三内閣総理大臣は、7月25日(木曜日)にマレーシアを公式訪問し、日・マレーシア首脳会談を
行うとともに、ナジブ首相主催晩餐会に出席したところ、概要は以下のとおりです。

 

1.日・マレーシア首脳会談
25日16時30分頃(現地時間)から約75分間、安倍総理はマレーシア首相府において、
ナジブ・ラザク・マレーシア首相との間で日・マレーシア首脳会談を行いました(先方:アニファ・アマン
外務大臣、ムスタパ国際貿易産業大臣ほか、当方:加藤官房副長官,中村駐マレーシア大使ほか同席)。
また首脳会談後、両首脳立会いの下、重粒子線がん治療に係る協力及びサムライ債発行に係る協力に
関する覚書の署名式が行われました。
(1)二国間関係
ア.安倍総理からは、6年ぶりに日本の総理としてマレーシアを公式訪問することができ喜ばしい旨
 述べるとともに、マレーシア側による温かい歓待に謝意を表明しました。
イ.両首脳は東方政策に基づく層の厚い絆の上に、時代に即した新しい関係を構築していくことで
 一致しました。ナジブ首相からは、東方政策「セカンドウェーブ」につき説明があり、両首脳はその
 方向性につき一致しました。
ウ.経済分野では、両首脳はインフラ整備協力の推進を確認し、高速鉄道、上下水道、医療などの分野
 において日本の高い技術を活用するために協力していくことで一致しました。
 特に医療分野では、両首脳は重粒子線がん治療に係る協力の進展を歓迎しました。
 また、25日までマレーシアで開催されていたTPP交渉会合について、両首脳は引き続き連携していく
 ことで一致しました。さらに、金融分野では、二国間スワップ取極の再締結交渉が開始されるなど
 協力の進展を歓迎しました。
エ.政治・安全保障分野では、両首脳は海上における防衛当局間、海上保安機関間の協力強化につい
 て一致するとともに、安倍総理からマレーシア海上法令執行庁(MMEA)への支援継続を表明しまし
 た。また両首脳は防衛交流を活性化することで一致し、安倍総理からは、防衛当局間覚書の早期の
 作成への期待が表明されました。
 さらに安倍総理から、マレーシアPKO訓練センターへの支援の継続を表明しました。
オ.交流分野では、安倍総理から「JENESYS2.0」による青少年交流、及びマレーシアに対する一般査証
 免除措置の再開につき言及し、両首脳は相互理解の促進の重要性を共有しました。
(2)地域情勢
日・ASEAN関係に関し、両首脳は日・ASEAN友好協力40周年を共に祝うとともに、12月に東京で行わ
れる予定の日・ASEAN特別首脳会議に向けて連携していくことで一致しました。
また両首脳は、アジア太平洋地域情勢についても意見交換を行いました。

 

2.ナジブ首相主催晩餐会
25日20時50分(現地時間)から約2時間、安倍総理は首相公邸において開催された、ナジブ首相主催
晩餐会に出席。
概要は以下のとおりです(先方:マハティール元首相、ナジブ首相夫人、アニファ・アマン外相ほか、
当方:加藤官房副長官、中村駐マレーシア大使ほか同席)。
(1)両首脳による挨拶
ア.ナジブ首相から、日本代表団に対する歓迎の意が述べられました。
 また、アベノミクスに対する高い評価が示され、日本経済の再興が日本企業によるマレーシアへの
 積極的な投資に結びつくことへの強い期待が示されました。さらに、過去30間の強い絆に基づいて
 二国間関係が一層強化されることへの期待が表明されました。
イ.安倍総理からは、6年ぶりに総理大臣としてマレーシアを訪問でき大変うれしい、マレーシアとの長年
 の友好関係は日本にとって貴重な財産であり、未来を担う青少年を中心に今後も両国間の相互理解
 を促進し、両国の絆を更に強固なものにしていく決意である旨述べました。
(2)やり取りの内容
両首脳からそれぞれの内政・経済事情について説明があり、東アジア情勢について意見交換が行われ
ました。また安倍総理から、日本国内における憲法改正や集団的自衛権に関する議論・検討状況につい
て説明しました。
さらにスポーツを始めとする文化交流について、親密な雰囲気の下、議論が行われました。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/164-d029550f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。