筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総裁「ネット第一声メッセージ」

2013年7月4日
安倍晋三総裁、ネット第一声「ネットユーザーの皆さんへ」

 

いつも自民党を応援してくださるネットユーザーの皆さんに向け、安倍総裁から
「ネット第一声メッセージ」をお届けします。
本日公示された参議院選挙の抱負などを語る安倍総裁のメッセージ動画です。
-------------------------------------------------------------------------------------
~2013年7月4日 日本経済新聞より
アベノミクスに審判 参院選公示、21日投開票
ねじれ解消 焦点に 433人立候補
ネット選挙解禁

第23回参院選は4日公示され、21日の投票日に向けた17日間の選挙戦が始まった。
昨年12月の第2次安倍内閣発足後、初の本格的な国政選挙で、安倍晋三首相の経済政策
「アベノミクス」が審判を受ける。
自民、公明両党が非改選議席とあわせた過半数を得て、衆参両院の多数派が異なる「ねじれ国会」
を解消するかが焦点。今回からインターネットを使った選挙運動が解禁になった。
午後1時20分現在、選挙区271人、比例代表は12政党・政治団体の162人の合わせて433人が届け
出た。立候補の届け出は4日午前8時半から午後5時まで。選挙区は各都道府県の選挙管理委員会、
比例代表は東京・霞が関の中央選挙管理会で受け付けた。
参院議員の任期は6年、総定数は242人。半数の121人を選挙の時期を3年ずらして選ぶ。
121人の内訳は都道府県単位の47の選挙区選出が73人、全国1ブロックの比例代表選出が48人。
今回から神奈川と大阪の改選定数が3から4に増え、福島と岐阜は2から1に減る。
首相は「ねじれ国会」の解消を目指す。
非改選議席は自民50、公明9の計59で、与党が過半数の122議席に達するには63議席、自民単独で
は72議席の獲得が必要。
憲法改正に前向きな自民党、日本維新の会、みんなの党などの合計が非改選と合わせて参院の3分
の2(162議席)を占め、国民に改憲を発議する環境が整うかも注目だ。
野党は円安に伴う物価高など「アベノミクスの副作用」への批判を強めている。成長戦略や消費増税
でも、それぞれの立場を訴える。憲法改正、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加の是非や、原発・
エネルギー政策なども論点になる。
ネット選挙運動の解禁で政党や候補者、有権者はホームページやフェイスブック、ツイッターなどの
交流サイト(SNS)で、選挙期間中に投票の呼びかけなどができるようになった。
各党党首は4日午前、一斉に第一声をあげた。生活の党の小沢一郎代表は午後、街頭に立つ。
21日は一部地域を除いて午後8時に投票を締め切り、即日開票する。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2013年7月4日 FNNnewsCH

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/154-77bdf73e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。