筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアは今“スターウォーズ”?

支那は海洋侵略に飽き足らず、宇宙空間までも侵略のペースをあげはじめました。
陸、海を問わず、サイバースペースでもやりたい放題の支那が、本格的に宇宙空間に進出すれば
何をしでかすか分かったものではありません。米・露・支による三つ巴のスペースウォーズの危機が
目前なのかも知れません。

 

~2013年6月12日  FNNnewsCH
中国、「神舟10号」打ち上げ 宇宙空間めぐる戦略も見え隠れ

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~2013年06月12日 中央日報 日本語版
中国、有人宇宙船「神舟10号」打ち上げ成功
…アジアは今“スターウォーズ”

中国の有人宇宙船「神舟10号」が11日午後5時38分(日本時間6時388分)、内モンゴル自治区の
酒川衛星発射センターから打ち上げられた。昨年6月に中国有人宇宙船では初めて宇宙ドッキング
に成功した「神舟9号」以来1年ぶりとなる。
中国の最先端ロケット「長征2F」に搭載されて宇宙に打ち上げられた「神舟10号」は、歴代最長期間
となる15日間、宇宙空間に滞留しながら実験用宇宙ステーション「天宮1号」と自動・手動ドッキング
練習を1回ずつ行う予定だ。中国は「神舟9号」をはじめ、これまで4回ドッキングに成功しているが、
今回は全く違う軌道と角度でドッキングを試み、完ぺきな技術を確保するという目標だ。
中国は「神舟10号」とのドッキングを最後に「天宮1号」を廃棄し、2014年から改良されたより大きな
「天宮2号」と「天宮3号」を順に打ち上げ、2020年までに米国ロシアが独占している国際宇宙ステ
ーション(ISS)並みの実験施設を確保する計画だ。
「神舟10号」には聶海勝さん(47)、張暁光さん(45)、王亜平さん(33、女性)の3人の宇宙飛行士が
搭乗した。中国は03年に初めて有人宇宙船を打ち上げ、10年間で10人の宇宙飛行士を確保した。
特に王さんは中国の若者世代を代弁する八零後(80年代生まれ)で、30代の科学者が中国宇宙科学
の核心に浮上し始めたという意味がある。
「神舟9号」に搭乗した劉洋さん(35)に続く2人目の女性宇宙飛行士の王さんは「天宮1号」で、地球
とつないで中国の小中学生およそ1億5,000万人に宇宙物理学の講義をする予定だ。
授業とともに実際に宇宙空間での実験を見せながら学生の理解を助け、学生の質問にも現場で答える。
王さんは「宇宙飛行士という生涯の夢がかなったうえ、中国初の宇宙教師になって、言葉では表せない
ほどうれしい」と話した。授業はテレビで生中継される予定。
----------------------------------------------------------------------------
~2013年06月11日 AFP BBNews
中国、有人宇宙船「神舟10号」打ち上げに成功
 

 

中国は11日、ゴビ砂漠にある酒泉衛星発射センター(Jiuquan Satellite Launch Center)から
有人宇宙船「神舟10号」を打ち上げ、同国過去最長となる有人宇宙ミッションを開始した。
国営テレビが打ち上げの瞬間を放送した。
中国は、「増大する国力」を象徴する野心的な宇宙探査計画に、さらに力を注いでいる。
神舟10号は、同国史上2人目の女性飛行士、王亜平氏(33)ら宇宙飛行士3人を乗せ周回軌道に
15日間滞在する。実験用モジュール「天宮1号」とドッキングし、医療実験や宇宙技術実験を行う
予定だ。
打ち上げには、バラク・オバマ米大統領との首脳会談を終えたばかりの習近平中国国家主席も
立ち会った。
中国は2003年に初めて宇宙での有人飛行を行ったばかりで、能力面では依然として米国やロシア
に遅れを取っている。だが計画は極めて野心的で、2020年までに月面に人を着陸させ、地球を周回
軌道する宇宙ステーションを設置させることなどを目指している。
-------------------------------------------------------------------------------------
~2013年6月12日 [11日北京ロイター
中国の有人宇宙船打ち上げ成功、「無駄遣い」との批判も
中国の有人宇宙船「神舟10号」が11日、内モンゴル自治区の酒泉衛星発射センターから打上げ
られた。すでに打ち上げた無人宇宙実験船「天宮1号」とドッキングを行う。
神舟10号は現地時間午後5時38分、女性宇宙飛行士1人を含む3人を乗せて打ち上げられた。
宇宙での滞在は15日間で、中国の宇宙飛行士の間では最長期間となる。
3人はドッキング後にさまざまな科学実験を行うほか、地球と交信して学生らに講義をする予定。
習近平国家主席も発射センターを訪れ、打ち上げ前に飛行士らを激励。国営メディアによると
「あなたたちは中国の誇りであり、このミッションは輝かしく神聖なものだ」と語った。
一方で、食の安全や大気汚染など国内問題が山積している中、多額の予算を宇宙開発に充てる
ことへの疑問も出ている。
中国ツイッター「新浪微博(ウェイボー)」には「なぜこの予算を中国の本当の問題解決のために
使わず、無駄遣いするのか」との批判も見られた。

 

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/142-e5abe02c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。