筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は『天長節』

本日は『天長節』(天皇誕生日)です。
この佳き日に当り、日本国民として心より慶祝を申し上げるとともに、天皇陛下の御健康、御長寿、
御皇室の弥栄を祈念申し上げます。

                 菊のご紋

           016.jpg


~2013年12月23日 読売新聞より~
みなの幸せ願って…天皇陛下誕生日祝い一般参賀
陛下は、皇后さまと皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻とご夫妻の長女眞子さまとともに、午前中に3回
宮殿のベランダに立たれた。
陛下は大勢の参賀者を前に「喜ばしいこと、心の痛むこと、様々なことのあった一年でした」と振り
返り、「大きな台風が大島を襲い、少なからぬ地方が風水害の被害に苦しみました」と被災者を
気遣われた。東日本大震災の復興がいまだ途上にあることにも触れ、「私どもはこれからも被災者
のことを思いつつ、国民みなの幸せを願って過ごしていくつもりです」と述べられた。

imp13122311430007-p3.jpg

~2013年12月23日 産経ニュースより~
「被災者のことを思い、国民みなの幸せ願う」 皇居で一般参賀
天皇陛下の80歳の傘寿のお誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居で行われた。
陛下は、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さまとともに宮殿・長和殿のベランダ
に立ち、にこやかに手を振って、集まった人々にお元気な様子を見せられた。
大勢の人々が日の丸の小旗を振るなどして祝福するなか、陛下はマイクを通じてあいさつされた。
東日本大震災や土石流が起きた伊豆大島の台風被害などに触れた上で、「これからも被災者のこと
を思いつつ、国民みなの幸せを願って、過ごしていくつもりです。来る年がみなさんにとり、良い年
であるよう祈っています。ありがとう」と述べられた。
午前中には、宮殿で皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方や、宮内庁職員らからの祝賀もお受けに。
午後には安倍晋三首相ら三権の長らによる祝宴や、各国の大使を招いた茶会などがあり、夜まで
多くの祝賀行事に出席される。
夕方には未成年のお孫さまの敬宮愛子さま、佳子さま、悠仁さまが御所を訪れ、お祝いのあいさつを
される予定。

lif13122312120008-p4.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2013年12月23日 読売新聞 【社説】
天皇陛下80歳 公務の負担軽減を検討したい
天皇陛下が80歳の誕生日を迎えられた。お元気で過ごされていることを心から喜びたい。
陛下は昨年2月に心臓の冠動脈のバイパス手術を受け、順調に回復された。現在は手術前と同じ
ペースで公務に取り組まれている。
誕生日前の記者会見で、陛下は「年齢による制約を受け入れつつ、できる限り役割を果たしていき
たい」と述べられている。公務については「しばらくはこのままでいきたい」と語り、健康上の理由
による公務の軽減には否定的な考えを示された。
国民の幸せを祈り、国民と共に歩み続けることに強い使命感をお持ちだからだろう。
今年も、陛下は皇后さまと共に東日本大震災の被災地や熊本県水俣市などを訪ねられた。
先日、インドを公式訪問された際も、過密な日程をこなされた。
陛下にお元気で公務を続けられてほしいと願う国民も多いことだろう。そうであればこそ、ご負担が
過重になってはなるまい。宮内庁は、公務時間のより一層の短縮や、皇太子さまや秋篠宮さまへの
一部公務の引き継ぎも、検討していくべきだろう。
常に国民を思いやる陛下の姿勢は、自らの葬儀や御陵に関する考え方にも表れている。
宮内庁は11月、江戸時代から続いてきた土葬を火葬に変更し、御陵は規模を縮小する方針を明ら
かにした。御陵の整備や葬儀にあたって、国民に負担をかけてはならないという天皇、皇后両陛下の
お考えを踏まえたものだ。
伝統を守りつつも、時代に即した皇室のあり方を模索し続ける陛下らしいご決断と言えよう。
今回の記者会見では、皇室と政治の関係について質問が出た。
高円宮妃久子さまが、2020年東京五輪・パラリンピックの開催を決めた9月の国際オリンピック
委員会(IOC)総会に出席されたことに関し、一部メディアなどが問題視していた。
陛下は、判断の難しい場合、「宮内庁長官や参与の意見を聴くことにしています」と答えられた。
天皇は「国政に関する権能を有しない」とする憲法4条を順守し、自らを律するというお立場を改め
て強調されたのだろう。
久子さまは、IOC総会で大震災への各国の支援などに謝辞を述べただけで、東京招致への直接的な
言及は避けられた。「皇室の政治利用」に当たるはずがない。
この問題でこれ以上、陛下の心を煩わせてはならない。
..............................................................................................................................................................

平成25年12月23日 産経新聞 【産経抄】
長寿社会のお手本
作家の阿川弘之さん(92)が、かつての海軍の関係者の集まりに出たとき、ある老翁から聞いた話だ。
「長生きするには、自分がストレスを受けてはいけません。人にストレスを与へつづけることです」。
「昭和の妖怪」と言われた故岸信介元首相の「長生きの秘訣」もよく知られている。そのひとつが、
「義理を欠け」だ。

▼天皇陛下がきょう80歳の誕生日を迎えられた。陛下には、どちらの「長生きの秘訣」も無縁である。
 「被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆がさまざまな形で少しでも多く分かち合っていくこ
 とが大切であろうと思います」。
▼東日本大震災の発生後まもなく、ビデオメッセージのなかで述べられている。
 国民の身の上に大きな災いが降りかかるたびに、わがこととして心を痛められる。
 これほど大きなストレスを他に知らない。
▼「義理」とは違うが、ご公務を欠かされることは一切ない。
 小紙の皇室ウイークリー欄に目を通すだけでも、天皇、皇后両陛下のご多忙ぶりに驚いてしまう。
 しかも宮内庁担当の記者によると、報道されないどころか、記者にも公開されない皇居内の行事も
 数多い。
▼これまで何度も、陛下のご負担軽減が課題となってきた。 もっとも公務を減らせば陛下はそれも
 ストレスと感じられる、との懸念が宮内庁関係者にあるそうだ。
 大きな手術も経験された。それでもなお激務をこなされる「秘訣」は何だろう。
▼どうやら、皇后さまとの皇居内のご散策と、公務のない日のテニスが、ストレス解消に役立っている
 ようだ。この夏にはお二人が初めて出会った軽井沢のコートで、ペアを組んでプレーを楽しまれた
 と聞く。いつまでも、長寿社会のお手本でいらしていただきたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~2013年12月23日 読売新聞より~
天皇陛下、がんとの闘い続く
昨年2月の心臓バイパス手術後、懸命のリハビリで回復、多忙な公務の日々に戻られた天皇陛下。
だが、がんとの闘いは、10年以上にわたり続いている。
陛下は2003年1月、前立腺がんの摘出手術を受けられたが、その後、腫瘍マーカー(PSA=前立腺
特異抗原)の値が微増。04年7月から、がんの再発を抑えるホルモン療法が始まった。
「がんを告知されても全く動じず、すぐに手術を決断された」。そう振り返るのは、当時医療チーム
を率いた北村唯一・元東大教授と垣添忠生・元国立がんセンター総長。
両氏によると、陛下は手術を前に「特別視せず、通常の形式でやってほしい」と希望、検査結果や
術後の経過を国民に正確に発表するよう求められた。
「ご自身の体は、国民のものというお考えなのだろう」と垣添氏は語る。
科学者である陛下は、医師団に科学的な説明を求め、ホルモン療法の開始についてもPSAの値の推移
を見ながら、ご自身の考えも交え判断されたという。
陛下は、同療法の副作用のため骨粗しょう症の進行が見られ、散策やテニスなどの運動療法が欠かせ
ない。
傘寿を迎え、宮内庁幹部は「公務のない日を増やすなど日程を見直したい」と話すが公務を大切に
される陛下の意向もあり、明確な策は打ち出せていない。
..............................................................................................................................................................

~2013年12月23日 産経ニュースより~
傘寿 避けられぬご負担軽減
天皇陛下が、歴代天皇3位の長寿となる80歳を迎えられた。
現代の皇室に譲位という制度がない以上、ご高齢である陛下の公務のご負担を軽減していくことは
避けられない課題だ。
陛下はこの1年も連日のようにご日程をこなし、11~12月にはインド訪問も果たされた。
だが平成15年にがんのため前立腺の全摘出手術を、24年には心臓手術を受けるなど、健康上の危機
を何度も乗り越えられた過去がある。
がん治療でのホルモン療法の副作用で骨粗鬆症となる恐れもあるため、テニスや散歩などの運動に
努められている。
宮内庁は21年、在位20年を機にご負担軽減策をまとめ、式典でのお言葉を原則として控えるほか、
お出まし時間の短縮といった方策を示した。各行事の回数を70代半ば時点の昭和天皇と比べると、
陛下は大使の拝謁が約4.6倍、都内や地方へのご訪問は約2.3倍も多くなっていたからだ。
ただ、ご自身は昨年のお誕生日会見で「負担の軽減は公的行事の場合、公平の原則を踏まえてしな
ければならないので、十分に考えてしなくてはいけません」との考えを示されている。
今年の会見でも昨年に続いて、「今のところしばらくはこのままでいきたい」と言及された。
宮中祭祀の継続についても強い意志をお持ちだ。 夜と未明のお出ましがある新嘗祭について、
昭和天皇は69歳から未明分を取りやめたが、陛下は時間を短縮されたのみ。
祭祀に携わる関係者は「伝統を守るという気力でカバーされているのでは」と気遣う。
宮内庁は、お務めのない日を増やすなど日程の組み方の見直しなどを検討しているものの、側近は
「そもそも80歳の方がされる仕事量ではない。何とかしなければ」と話しており、ご負担軽減は喫緊
の課題だ。

  imp13122313330008-p1 (1)


■前侍従長・渡辺允さんインタビュー
 「『無私』が陛下のなさっていることの本質」
天皇陛下を最初にお見かけしたのは昭和18年、私が学習院初等科1年で、陛下が4年生の時でした。
校庭で、休み時間か何かに陛下が友人と遊ばれているのを拝見した記憶があります。
「ああ、あの方が皇太子殿下なんだな」と。
初めてお目にかかったといえるのは、天皇、皇后両陛下が皇太子・同妃時代の昭和62年に外務省か
ら米国ご訪問に随行した時でした。昭和天皇のご手術があり、皇后さまのお母様、正田富美子さんも
ご病気中で、ご心配を抱えてのご旅行でしたが、まったく表面にお出しにならず、米国との関係づくり
に努められました。
訪米中に黒人の議員団から、ニューヨークのハーレムへいらしてほしいと要望がありました。
唐突なことでもあり、どうするべきか事務方では慎重論もあり、ご説明したら「それは行きましょう」
と即断された。そのときの決断力、ご判断は印象的でした。
陛下が主に取り組んでこられたのは、先の戦争の犠牲者の追悼、それから、災害の被災者、障害者、
高齢者など苦しみ、悲しみを持つ人を慰め、励まされることでしょう。
日本を代表して各国と友好親善に努められることもそうです。究極的にはそれが平和の基礎となるか
らです。
災害のお見舞いというと、東日本大震災などの大災害が報道されますが、その他に大雨や台風、土石
流などいろいろなことが毎日起きている。
陛下は、小さなものであっても、常に気にかけて報告を求められる。行方不明者があれば、ご静養など
を取り止めにされることも多々あります。
根底には、常に国民の幸せを願うとともに、憲法に定める「象徴」として身を持さなければならないと
いう思いがあられると思います。「無私」という言葉がありますが、全て国民のためにやっておられ
る、それがなさっていることの本質だと思う。
陛下は学者的なご性格で、「物事は正確でなければならない」とはっきりしておられるから、知らない
ことは「知りません」と申し上げていました。
ご自分も誠実に身を持しておられるだけに、いい加減なことや、不誠実なことはお嫌いですね。
陛下がおっしゃっていることですが「象徴」であるということはどういうことなのか、どうすれば良い
のかということを追い求めながら、今日まで来られた。誰かのやったことを倣えば良いのではなく、新
しいことが起これば、ご自分で決めなければならない状況にずっとおられた。
国、国民から、大げさにいえば世界から、何を求められているかを常に考えておられる。
一方で、宮中祭祀など、伝統を守るということはきちっとされている。ただ時代に流されるということ
はない。バランスの加減は大変難しいが、常に何をなさってもどこかから批判があるお立場であり、
戦後の難しい時代でもあった。陛下は、その中を切り開くようにして来られた。
皇太子時代から、「国と国民のために尽くす」という思いでここまでやってこられた。
国民のみなさんには、その重みをよく分かっていただきたい。お立場上なかなかおっしゃることはでき
ないが、何事にも陛下のお考えがあることが尊重されるべきだと思います。(談)

渡辺允(まこと)宮内庁参与
平成7年に宮内庁式部官長、平成8年から約10年半にわたって侍従長を務める。

..............................................................................................................................................................

~2013年12月23日 毎日新聞より~
首相の国政報告「内奏」の写真初公開
宮内庁は天皇陛下80歳に合わせ、公私にわたる様子を伝える写真や映像を公表した。
中には、首相と皇居で面会する模様も含まれ、同庁は史上初めて公開する「内奏」の場面としている。
内奏は、首相や閣僚が皇居を訪れて国政などの報告・説明をする行為。法律上の定めはないが、戦後
も歴代内閣が続けている。皇室の政治関与を巡る議論につながりかねないため、内容は明かさないの
が不文律になっている。陛下の歩みを示すため公開されたもので、特定秘密保護法が国会提出された
10月25日に安倍晋三首相が皇居を訪れた際に撮影した。
他に、陛下が車を運転するシーンもあり、宮中祭祀に関する貴重な記録も多く含まれる。

「内奏」の場面
 「内奏」の場面

9月23日 秋季神殿祭の儀
 「秋季皇霊祭の儀・秋季神殿祭の儀」皇霊殿・神殿で13年9月23日

9月30日 伊勢神宮への使者の派遣の儀式
 伊勢神宮への使者の派遣の儀式=皇居・宮殿「竹の間」13年9月30日

11月 1日「新嘗祭」の「献穀」
 「新嘗祭」の「献穀」=皇居の賢所参集所で13年11月1日

11月23日「新嘗祭」の神嘉殿の儀(夕の儀)
 「新嘗祭」の神嘉殿の儀(夕の儀)13年11月23日






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/14-07f22c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。