筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相が、ニコニコ超会議で語ったこと

4月27日(土)の安倍総理の午後の動きを見てみると
・午後1時50分~2時34分:東京・日比谷公園の日比谷公会堂で開催された
 「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」に出席。
・午後3時~同16分:トルコの国営放送のインタビューと中東の衛星テレビ局「アルジャジーラ」の
 インタビューを受ける。
・午後4時13分~同41分:千葉市美浜区の幕張メッセで開催中のインターネットサイト「ニコニコ動画」
 のイベントに参加。
・午後5時39分~午後8時10分:東京ドームでおこなわれた、EXILEのコンサートを観賞。
 (下村博文文部科学相、俳優の杉良太郎ASEAN特別大使が同席)
・午後8時29分、私邸着 --- となっていました。
翌日の28日午後からロシアと中東3カ国を訪問するために、離日する予定になっています。
中東訪問前に、ちゃんと地元メディアの対策をされているのは、流石というところでしょうか。
EXILEのコンサート観賞は、ロシアとの交渉に備えて「鋭気を養った」というところでしょう……。
これについてはマスコミも取り上げていたので知っていましたが、「ニコニコ動画」のイベント参加に
ついては、まったく知りませんでした。
このイベントで安倍総理が語った内容の方が、EXILEのコンサート観賞よりも重要なことだと思い
ましたので、以下にその内容を紹介しておきます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
~2013年4月27日 CNET Japanより
安倍総理がニコニコ超会議2を電撃視察--「ネットで世界を変えましょう」
4月27日、幕張メッセで開催中の巨大イベント「ニコニコ超会議2」に安倍晋三内閣総理大臣が来場。
政党ブ―スや自衛隊ブースなど、約30分にわたり会場内を視察した。
安倍総理は自民党ブースに設置されている宣伝車「あさかぜ」に登壇。
「これからはネット選挙が解禁になります。みなさんと一緒に戦っていくことができるんです。
私も昨年からFacebookをはじめました。一緒にネットを活用して、日本と世界を変えていきましょう」
と演説した。
安倍総理の突然の訪問に会場内は騒然となったが、自民党ブースをはじめ行く先々で多くの来場者
が詰めかけ、大きな声援を送っていた。

 
-------------------------------------------------------------------------------------
マスコミは報じない、安倍首相がニコニコ超会議で語ったこと
 

ジャーナリストの角谷浩一氏との約5分間のトークセッション全文

 

◇ネット活用と報道、政治について語った
角谷:ニコニコ超会議2を歩いていただいて、この雰囲気いかがですか?
安倍:すごい盛り上がっていますね。初めて来ますが、こんなにたくさんの若い皆さんが集まっている
    とは知りませんでした。
角谷:自民党ブースで少しお話されたと思いますが、そのときの雰囲気は?
安倍:自民党ブースは街宣車の「あさかぜ」を持ってきて、ミニ街頭演説をさせていただきましたが
    しかし普通の街頭演説と同じくらいたくさんの皆さんに聞いていただいて「がんばろうコール」
    をやったんですが。通常、選挙の時、必ず「がんばろう!」というがんばろうコールをやるんです。
    だいぶたくさんの人に、初体験をしていたけたんじゃないかと思います。

◇街宣車「あさかぜ」でミニ演説 
 
角谷:総理になってからFacebookで日頃の日常生活で、我々がふつう見られないような写真もアップ
    されてて、インターネットとは最近、非常に親和性が高いと思いますけど、インターネットを使って
    みて、Facebookとか使ってみていかがですかね?
安倍:実はあのFacebookは女房が始めました。それを見ていて、私は最初、これ止めたほうがいいん
    じゃないかと言ったんです。ハマるから。でもなかなか面白ろそうだし、自分の意見をマスコミを
    通さずに、直接国民の皆さんに届けるには、これは非常に優れているのかなと思いまして、昨年
    はじめからスタートしました。今おかげさまでFacebookで31万人の人に、フォローしていただい
    ておりますけど、いろいろな意見がきて、本当に参考になりますし、国会の論戦でもそうなんです
    が、なかなか私たちがこれは伝えたいと思ったことが、テレビのニュースではカットされたり、
    新聞ではまったく取り上げられない、ということが多いものですから。
    そういう意味においては、このFacebookで、実際、私がこういうこと言いましたよ、こういうことが
    あったんですよと伝えると、本当に威力があるなといま実感しております。

◇「テレビは編集される、ネットならストレートに」
角谷:逆に自分の考えがこういうふうに聞こえて、とらえられてしまった、それを修正したり、また新しい
    意見を取り入れたり、そういう意味ではインターネットの双方向というのは役に立ちますかね。
安倍:これは本当に役に立ちますね。誤解されているというのが、意見として来ますから、わかり易い
    ですね。あとテレビですと、どうしても編集されますので、(インターネットだと)編集されずに自分
    の考えをそのままストレートに伝えることができます。
    よく「ストレートニュース」っていう言葉があると思いますが、必ずしもストレートではないのです。
    だいぶ相当加工されていることが多いものですから、我々から言わせれば。そういう意味におい
    ては、ネットは本当に大きく政治を変える力になったなと思いますね。
角谷:今日、この超会議2でもたくさんの若い人たちが来ています。いろいろ自分の趣味、いろんな興味
    に皆が向かって頑張っています。だけど、まだまだ政治との距離はあるかもしれない。
    ネット選挙が解禁です。参議院議員選挙に向けて総理はどんなお考えですか。
安倍:ネット選挙解禁になって、まだまだ初めての経験ですけど、今までは限定で、やっていいことしか
    決まっていなかったんですね。ですからFaxもダメと。ですから聴覚障害者の耳の悪い方が、電話
    はいいけど、Faxダメだから、集会の連絡がわからない。
    これはもうネットであれば簡単に使えますし。それと使い方について、まだ上手くやれるかどうか、
    みんなで若い議員を中心に研究しています。

◇ネット選挙、「問題が出てきたら乗り越えればいい」
角谷:いろいろ試行錯誤あるでしょうけど、新しい政治の形が、扉が開かれると思っていいですか。
安倍:初めての試みですから、いろいろ問題出てくると思いますよ。なんか問題が出てきたからといって
    止めるのではなく、それをもっと乗り越えていくことが私は大切じゃないかと思います。
角谷:安倍さんとこうやってお話するのは、去年の選挙前の党首討論のとき以来です。
安倍:懐かしいですね。
角谷:ニコファーレでやりましたけども、参議院選挙が近いですけど、もう一回参議院選挙の党首討論
    またやりたいんですけど、どうですかね。
安倍:やっぱりニコファーレの総裁選挙のときもそうでしたし、あと総選挙もニコファーレでやりました。
    ぜひニコファーレでああいう企画はやってもらいたいなと思います。
    あれはまさに双方向でどんどん周りに(コメントが)出てきますよね。
    「田原さんいればよかったのに」ってああいうふうに、いま表示されていますし。
    あれがやっぱり特徴ですから。

◇「元気な日本を必ず取り戻す」
角谷:その書き込みが面白いし、それが双方向になっていくと。
    さあ安倍総理とは時間があまりないんですけど、いま見ているたくさんのユーザーの皆さん、
    そしてこちらに集まっている皆さんに、安倍総理からメッセージをお願いします。
安倍:私はもう元気な日本を必ず取り戻していきます。若い皆さんもですね、まさにこの元気な日本の
    中で皆さんがそれぞれの場で、頑張ってもらいたいと思いますし、特に若い皆さんにはですね、
    大きな力が秘められていますから、その力を存分に生かして、地域を良くするためにも、日本の
    ためにも、頑張ってもらいたいと思います。
    皆さんどうか、よろしくお願いします。一緒に頑張りましょう。
角谷:内閣総理大臣、安倍晋三さんでした。ありがとうございました。

 

 

 

 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/120-79516c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。