筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧日本軍の大型潜水艦「伊400」ハワイ沖で発見

伊400型潜水艦(伊號第四百潜水艦)は潜水空母として、1944年12月~45年7月にかけて3隻が就航しま
した。全長122m、 排水量3,530t、最大速力18.7kt、潜行深度100mで、地球一周半分の航続距離を誇り、
特殊攻撃機『晴嵐』を3機搭載、日本海軍最高の秘密兵器といわれました。
今回発見されたのは「伊400型」潜水艦の一番艦です。
二番艦の「伊401」は2005年3月に、ハワイ大学ウィルシャー教授のチームによってオアフ島沖で発見され
ています。この2隻は米軍が接収、研究調査した後、1946年ハワイ近海で米軍の実艦標的として撃沈処分
されました。 ちなみに、三番艦の「伊402」は1946年4月、長崎県五島列島北方の東シナ海において、
実艦標的として撃沈処分されています。( 参考:Wikipedia)

伊400型潜水艦
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年12月4日 CNNより
旧日本軍の巨大潜水艦を発見、ハワイ沖
ハワイ大学の研究所は、第2次世界大戦後の1946年に米海軍によって沈められた旧日本軍の巨大
潜水艦「伊400型」が、オアフ島沖の海底に沈んでいるのを発見したと発表した。
伊400型潜水艦は、オアフ島南西沖の深さ約700メートルの海底で8月に発見され、米国務省と日本
政府に連絡した後に発表したという。
伊400型潜水艦は全長約120メートル。姉妹艦2隻と合わせて当時としては世界最大の潜水艦だった。
燃料補給を行わずに世界のどこへでも到達できる能力を持ち、当初は米本土を攻撃することも想定。
800キロあまりの爆弾を搭載できる翼折りたたみ式の水上機3機を格納し、事実上の潜水母艦として
の性能を持っていた。
結局米本土攻撃には使われず、限定的に運用されたのみで1945年の終戦を迎えた。
今回見つかったのは、終戦時に米海軍が拿捕した日本の潜水艦5隻の中の1隻で、調査のためハワイ
に送られていた。しかし第2次大戦後に旧ソ連と米国との緊張が高まる中、伊400型の先進的な技術が
ソ連海軍の手に渡ることを恐れて、米海軍が沈没させたという。
米海洋大気局(NOAA)の専門家によると、同艦の斬新な設計は、それまで対艦兵器としかみなされてい
なかった潜水艦の用途を一変させるものだった。「第2次世界大戦後の潜水艦は、この方向で実験と
設計の変更が行われ、核の時代の弾道ミサイル発射能力を持った米軍潜水艦に行き着いた」という。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年(平成25年)12月4日17時42分 NHKニュースより
旧日本軍の大型潜水艦 約70年ぶりにハワイ沖で発見
太平洋戦争中に旧日本軍が建造した、当時としては世界最大級の潜水艦がハワイ沖の海底でおよそ
70年ぶりに見つかり、注目が集まっています。見つかったのは、旧日本海軍の潜水艦「伊400」です。
ハワイ大学の研究グループが20年余りかけて調査を進めた結果、オアフ島沖合の深さ700メートルの
海底で見つかりました。潜水艦は全長およそ120メートルで、映像からは甲板や機関銃のようなものが
見られます。
潜水艦は、翼を折りたたんだ爆撃機3機を搭載し、それらの爆撃機は潜水艦が海上に浮上してから僅か
数分で飛び立つことができるなど、高い攻撃能力を持っていました。また、給油をせずに地球を1周半で
きる能力があったとされ、当時としては最新鋭のものだったということです。
この潜水艦は、旧日本軍による出撃の途中に終戦を迎えたことからアメリカ軍が接収し、最新の技術が
当時のソビエトの手に渡ることを防ぐため、1946年にひそかに海に沈められました。
研究グループの1人は「長距離航行ができる潜水艦が攻撃能力を持ったことはそれまでの戦術に大き
な変化をもたらしており、画期的だった」と話していて、今回の発見には注目が集まっています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年12月4日 産経ニュースより
旧日本軍の大型潜水艦「伊400」ハワイ沖で発見 高度技術流出恐れ米が破壊
米ハワイ大の海洋調査研究所は3日までに、旧日本軍の潜水艦の残骸をオアフ島沖の海底で発見した
と発表した。原子力潜水艦が建造されるまでは世界最大級だった「伊400」で、第2次大戦の終結直後
に米軍が押収、高度の技術がソ連の手に渡るのを警戒し、破壊して沈めた。
オアフ島南西沖の深さ約700メートルの海底で同研究所の有人潜水艇が見つけた。
伊400は全長約120メートルで翼を折り畳んだ攻撃機を3機搭載できた。給油無しで地球を1周半連続
航行する能力があったとされ、旧日本軍は当時米国が管理していたパナマ運河などへの攻撃に使うこ
とを検討したとみられている。
現地で調査した米海洋大気局(NOAA)の専門家は「それまでの軍事戦略を変える攻撃能力」を持つ
潜水艦だったとしている。
米軍は戦後、伊400など旧日本軍の潜水艦5隻をハワイの真珠湾に移送して能力を調査し1946年に
現場海域で沈めた。同研究所は92年からこれらの潜水艦を探す調査をしている。(共同)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
日本軍の極秘潜水艦 Japan's Secret Weapon
・part1
・part2
・part3
・part4
・part5
・part6
・part7
・part8
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://metalhorse.blog.fc2.com/tb.php/1-0b853c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。