筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから支持者が離れていくんですよ民主党さん

1月12日の衆院予算委で、安倍総理に対して民主党の緒方林太郎議員が北朝鮮による拉致問題に関する質問をしま
した。その内容の酷さには呆れるばかりで、予算委員会で時間をとって質問すべきものとは思えません。
緒方議員の質問の意図は、あきらに、安倍総理を中傷し貶めることにあることが見え見えでした。
安倍総理は議員になりたての頃から、故中川昭一氏とともに拉致問題に取り組んできた数少ない政治家の一人です。
元小泉総理が訪朝するまで、共産党や社会党、朝日を中心とする進歩的文化人たちが「北朝鮮が日本人を拉致などす
る筈がない」と主張し、北朝鮮の蛮行を認めようとはしない時代のなかで、拉致被害者家族とともに闘い続けてきた
安倍総理に対して、拉致問題の傍観者であり門外漢で不見識の元外務官僚に、とやかく問い質す資格などありません。
安倍総理が指摘するように、拉致問題に関して日本国内で批判し合うような状況は、北朝鮮を喜ばせ、利することに
なることを忘れてはなりません。緒方議員は、それを分かっていながら今回のような言動をしたとすれば、北朝鮮の
フロント組織の一員、或は見做し工作員ではないかと思われても仕方ありません。
ちなみに、緒方林太郎議員のfbを覗いてみると、書き込まれている筈の批判的なコメントが殆ど見当たりません。
他の多くのユーザーによれば、抗議や批判の書き込みを次々に削除もしくはブロックしてようで、自分の言動に責任
を持たない、偏狭な卑劣漢だと自ら明かしているようなものです。 北九州、いや、福岡の恥です。





////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1月13日 産経 安倍総理激怒
(1月13日 産経新聞より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2016年1月12日 WSJ [時事通信社]
http://jp.wsj.com/articles/JJ11884373191045064186117377420991053672043
安倍首相、拉致利用批判に猛反発=「無責任な誹謗中傷」—衆院予算委
「あなたがこういう質問をすること自体が、本当に残念」 「一人の方の本で誹謗中傷するのは無責任だ」
12日の衆院予算委員会では、民主党の緒方林太郎氏が拉致被害者蓮池薫さんの兄、透氏の著書を根拠に安倍晋三
首相が拉致問題を政治利用したのではないかと追及したのに対し、首相が猛反発する場面があった。
緒方氏は、透氏の著書「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」を引用しながら、首相が官房副長官
だった2002年当時、帰国した薫さんら5人の北朝鮮への再入国に当初は反対していなかったなどと指摘した。
首相は「当時は北朝鮮に戻す流れだったが私は断固として反対した。私が言ってることが真実だと(国会議員)バッ
ジを懸けて申し上げる」と色をなし、「私の言っていることが違っていたら、国会議員を辞める」と言い切った。
緒方氏は「首相は拉致問題を使ってのし上がったのか」とも挑発。首相は「大切なことは、全ての拉致被害者を奪還
するために全力を尽くすことだ。そういう質問をすること自体がこの問題を政治利用している
」と「逆批判」を展開
した。



スポンサーサイト

申年 政界展望

1月1日付の産経新聞の5面(総合)面に<平成28年版申年「政界」展望>と題して、過去の申年を振り返り28年の政界を
占った面白い記事がありました。
確かに過去の申年には日本の岐路となるような重要な事が起きており、今年も何か起こりそうな予感がしないでもありません。
衆参同日選挙が行われるかもしれません。ロシアのプーチン大統領の来日を契機として平和条約締結と北方領土問題解決が現実
味を帯びるかもしれません。また、国内で大規模なテロ事件が起きる可能性も否定できません。

1月1日 産経 政界展望

  1月1日 産経 政界展望01
  1月1日 産経 政界展望02



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

敬頌新禧

平成28年 丙申(ひのえさる)

皆様、明けまして御目出度うございます。
皇紀2676年を迎えるに当り、御皇室の弥栄を寿ぐとともに、皆様の平安とご多幸を祈念申し
上げます。


1月1日 産経 天皇陛下 新年のご感想5
(平成28年1月1日 産経新聞より)


1月1日 NHK 新年祝賀の儀
(平成28年1月1日 NHKニュースより)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

平成28年1月1日 首相官邸HPより
安倍内閣総理大臣 平成28年 年頭所感

あけましておめでとうございます。
「石の上にも三年」
東北の被災地では、災害公営住宅への入居が進んでいます。新たな産業の芽も育ち、復興は新たなステージに移ろう
としています。
地球儀を俯瞰する視点で展開してきた、平和外交、そして経済外交も、大きな実を結びつつあります。
平和安全法制によって、あらゆる事態に万全の備えを行い、戦争を未然に防ぐ。私たちの子や孫の世代に平和な日本
を引き渡していく基盤を築くこともできました。
そして、20年近く日本経済を低迷させる原因となってきたデフレとの闘い。この3年間、経済の再生に全力を挙げ
てきました。その結果、雇用は100万人以上増え、17年ぶりの高い賃上げ。
昨年、青森、秋田、徳島、高知、福岡、熊本、沖縄の7県で有効求人倍率が過去最高を記録するなど、地方創生も着
実に進んでいます。もはやデフレではない。私たちは3年間で、そういう状況を創ることができました。
すべては、安倍政権の改革に、ご理解とご協力を賜り、大きな力を与えて下さった、国民の皆様のおかげです。
4年目の年頭にあたり、改めて、心より感謝申し上げたいと思います。

「築城三年、落城一日」
政府には、常に国民の厳しい目が注がれている。そのことを肝に銘じ、さらに高い緊張感を持って、政権運営にあた
っていかなければならない。その思いを、新年にあたって、新たにしています。
本年、新たな挑戦が始まります。
「少子高齢化」という構造的な課題に、真正面から、立ち向かう。「一億総活躍」社会への挑戦です。
半世紀前、初めて日本の人口が一億人を超えました。高度成長の真っただ中で、頑張った人が報われる、今日よりも
明日はもっと豊かになる。その実感があった時代です。
半世紀後の未来でも、人口一億人を維持する。お年寄りも若者も、女性も男性も、一度失敗を経験した人も、難病や
障害のある方も、誰もが、もう一歩前に踏み出すことができる。「一億総活躍」の社会を創り上げることは、今を生
きる私たちの、次世代に対する責任です。「戦後最大のGDP600兆円」「希望出生率1.8」「介護離職ゼロ」
という3つの明確な「的」を掲げ、新しい「三本の矢」を放ちます。いよいよ「一億総活躍・元年」の幕開けです。
いずれも、最初から設計図があるような簡単な課題ではありません。困難は、もとより覚悟の上です。
しかし、「未来」は他人から与えられるものではありません。私たちが、自らの手で切り拓いていくべきものであり
ます。そのスタートを切る本年は、挑戦、挑戦、そして、挑戦あるのみ。未来へと果敢に「挑戦する一年」とする。
その決意であります。
本日から日本は国連安全保障理事会の非常任理事国に就任し、世界の平和と安定に大きな責任を担うこととなります。
さらに本年、伊勢志摩に世界の主要なリーダーたちを招き、サミットを開催します。
日本とアフリカの首脳たちが一堂に会するTICADも行います。日中韓サミットも日本が議長国です。
日本が、まさに世界の中心で輝く一年であります。
不透明さを増す世界経済、テロとの闘い、貧困や開発の問題、さらには気候変動。世界は常に様々な課題に直面して
います。 より良い未来、より良い世界を築くための国際社会による挑戦に、終わりはありません。
そうした世界の中にあって、日本は、しっかりとリーダーシップを発揮してまいります。

最後に、国民の皆様の一層の御理解と御支援をお願い申し上げるとともに、本年が、皆様一人ひとりにとって、実り
多き素晴らしい一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

                                        平成28年1月1日
                                        内閣総理大臣 安倍 晋三

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
平成28年1月1日
安倍 晋三fbより

1月1日 安倍総理fbより

明けましておめでとうございます。
昨年は様々な事に挑戦いたしましたが、御支援いただきありがとうございました。
本年もより良い年にしていくため全力を尽くして参ります。
皆様にとっても今年一年が素晴らしい年となりますよう祈念いたします。







テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。