筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様、良い年をお迎えください

今年も色々ありました。平成27年がより良き年でありますように・・・。


社会部長十大ニュース

「社会部長が選ぶ今年の十大ニュース」(新聞之新聞社主催)の選考会が15日、産経新聞など在京の
新聞・通信8社の社会部長らが出席して東京都内であり、
1位に「集団的自衛権の行使容認を閣議決定」を選んだ。 2位以下は次の通り
(2)御嶽山噴火や広島の豪雨など自然災害相次ぐ
(3)消費税8%スタート、景気足踏みで再引き上げは延期
(4)衆院選で自公大勝、解散前に「政治とカネ」で女性2閣僚辞任も
(5)袴田事件で再審開始決定、48年ぶり釈放
(6)青色LEDで日本人3氏がノーベル物理学賞
(7)STAP細胞論文に改ざんなど不正
(8)朝日新聞が「吉田調書」、慰安婦記事の一部取り消し、社長が辞任
(9)危険ドラッグの事件事故が激増、規制強化
(10)朴槿恵韓国大統領めぐる報道で産経新聞の前ソウル支局長起訴

【番外】
ソチ五輪で羽生選手が金、全米テニスで錦織選手が準優勝 ▽高倉健さん、菅原文太さん逝く

(12月29日 産経ニュースより)



安倍政権この1年





12月27日 産経号外01
12月27日 産経号外02





スポンサーサイト

奉祝天長節 平成弐六年壱弐月弐参日

天皇陛下の御誕生日を心より御祝い申し上げ、陛下の御長寿と御皇室の弥栄を御祈念申し上げます。


                        菊のご紋


 天皇陛下 81歳に01


2014年12月22日 KYODO NEWS【共同通信社】
天皇陛下、81歳に 平和国家として支え合いを


2014年12月23日 AFPBB News
天皇陛下、81歳の誕生日 Japanese Emperor Akihito turns 81



天皇陛下について AFPが竹田恒泰さんにインタビュー


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

平成26年12月19日 天皇陛下の記者会見(宮殿 石橋の間) 宮内庁HPより

天皇陛下お誕生日に際し(平成26年)

宮内記者会代表質問

問1
この1年を振り返り、印象に残った出来事をお聞かせください。
来年は戦後70年の節目を迎え、両陛下のパラオご訪問が検討されています。改めて先の戦争や平和に対するお考えをお聞かせください。

天皇陛下
この1年を振り返り、印象深い出来事としては、最近スウェーデンで行われたノーベル物理学賞の授賞式で赤崎、天野、中村3博士が受賞
されたことです。赤崎、天野両博士が青色発光ダイオードを作り、さらに同じ頃独自にもその研究を果たしていた中村博士によりその実用
化が進められました。照明器具として消費電力が少なく発光による熱し方も少ないことから、社会の様々な分野で利用されていくことと思
います。成果を上げられた3博士の業績を誇りとし、深く敬意を表します。
痛ましい災害もありました。8月には大雨が広島市を襲い、土砂災害によって74人が亡くなりました。先日被災地を訪問しましたが、暗闇
の中で木がなぎ倒され大きな石が土砂と共に落下してくる状況は想像するだに恐ろしく、人々の恐怖はいかばかりであったかと思います。
また9月には御嶽山の噴火により、死者、行方不明者が63人となりました。紅葉を楽しもうと登った人々であったことを思い心が痛みます。
長野県北部でも11月に震度6弱の地震が発生しましたが、幸いにも地域の人々の日頃の訓練と消防職員の協力によって死者を出すこと
はありませんでした。建物の被害は大きく、冬に向かっての生活の苦労が深く察せられますが、死者がなかったことはうれしいことでした。
新聞に大きく取り上げられるような災害ではありませんが、常々心に掛かっていることとして、多雪地帯での雪害による事故死があります。
日本全体で昨冬の間に雪で亡くなった人の数が95人に達しています。この数値は広島市の大雨による災害や御嶽山の噴火による災害
の死者数を上回っています。私自身高齢になって転びやすくなっていることを感じているものですから、高齢者の屋根の雪下ろしはいつも
心配しています。高齢者の屋根の上での作業などに配慮が行き届き、高齢者が雪の多い地域でも安全に住めるような道が開けることを願
ってやみません。
家族のことについては秋篠宮家の佳子が国際基督教大学で勉強することになりました。先輩の眞子から大学のことを十分に聞いた上で
決めたことですから、きっと良い大学生活を送ることになると期待しています。
私には叔父に当たる三笠宮が元気に白寿を迎えられたことは私どもの大きな喜びでした。それと共に6月の桂宮薨去という悲しい出来事
もあり、三笠宮、三笠宮妃のお寂しさを深くお察ししています。
先の戦争では、300万を超す多くの人が亡くなりました。その人々の死を無にすることがないよう、常により良い日本をつくる努力を続ける
ことが、残された私どもに課された義務であり、後に来る時代への責任であると思います。そして、これからの日本の、つつがない発展を求
めていくときに、日本が世界の中で安定した平和で健全な国として近隣諸国はもとより、できるだけ多くの世界の国々と共に支え合って歩
んでいけるよう、切に願っています

問2
宮内庁が24年あまりをかけて編纂し、この夏に両陛下へ奉呈された「昭和天皇実録」に関してのご感想と、昭和天皇についての思い出
や天皇としてのお姿から学び生かされていることをお聞かせください。

天皇陛下
昭和天皇実録は、宮内庁書陵部が中心となって多くの資料に基づき編纂したもので、完成までの苦労には計り知れないものがあったと
察しています。携わった関係者の努力に深く感謝しています。これから折にふれ手にとり、御事蹟(ごじせき)に触れていくことになると思
います。このことは大変に困難な時代を歩まれた昭和天皇を、改めておしのびするよすがになろうと思っています。
昭和天皇との思い出については様々なことがありますが、夏の那須の附属邸に滞在していて、御用邸に滞在していらっしゃる昭和天皇、
香淳皇后をお訪ねしたり、植物を御覧になるため、その植物の自生地にいらっしゃるのにお供をしたりしたことが懐かしく思い起こされま
す。実録にも私の結婚の翌年の夏の記述に『皇后及び皇太子妃と御同車にて御用邸敷地外の広谷地(ひろやじ)に向かわれ、同所にて
お揃いで湿地のサギソウ等を御覧になる』と記されています。
この時私は那須を離れ、地方で行われる行事に出ていたのですが、昭和天皇は生まれたばかりの浩宮を守って留守をしている美智子が
寂しくないよう、香淳皇后と共に散策にお誘いくださったのではないかと思います。少し後になりますが、皇后と私とで、廻谷(めぐりや)で
あったかと思いますが、お供した時には、皇后に水辺の白い花で、野生のスイレンであるヒツジグサの花をお教えくださいました。
この2度の大切な思い出のため、皇后にとりサギソウとヒツジグサはそれ以後ずっと特別な花となっていたようで、それから大分後になって
私どもが女の子に恵まれ、清子(さやこ)と名付けたその同じ日に私どもは清子のお印にヒツジグサを選びました。昭和天皇が『大変よい』
とお喜びくださったことが、うれしく思い出されます。
昭和天皇から学んだことは多いと思います。結婚前には葉山の御用邸に昭和天皇、香淳皇后と一緒に泊めていただくこともありましたか
ら、そのような時に昭和天皇から学んだことが多くありました。人のことを常に考えることと、人に言われたからするのではなく、自分で責任
を持って事に当たるということは、昭和天皇の御言動から学んだ大きなことであったのではないかと思っています。


【この1年のご動静】

天皇陛下には、本日、満81歳のお誕生日をお迎えになりました。
この1年は大きなご健康上の問題もなく、お元気にお務めを果たされました。国事行為については、陛下は内閣から上奏のあった1042件
の書類にご署名やご押印をなさいました。
また儀式や行事として、最高裁判所長官の親任式、国務大臣始め88名の認証官任命式、新任外国大使28名の信任状捧呈式、大綬章
及び文化勲章の親授式、勲章受章者の拝謁などに臨まれました。授賞式や記念式典には17回ご臨席になりました。
御所や宮殿では文化勲章受章者及び文化功労者、日本学士院会員、日本芸術院会員、新認定重要無形文化財保持者、シニア海外ボラ
ンティア及び日系社会(青年・シニア)ボランティアの代表等、両陛下のご成婚を記念して創設された皇太子明仁親王奨学金の奨学生、
若手研究者を顕彰する「明日の象徴」受賞者、海外に派遣されて帰国した国際緊急援助隊員にお会いになり、その労をねぎらい励まされ
ました。その回数は26回を数えました。
各省庁の事務次官、外務省総合外交政策局長からのご進講は13回に及び、行幸啓や行事に関するご説明は45回お受けになりました。
このほか、新嘗祭の献穀者や勤労奉仕団として皇居にこられた延べ7958人の方に63回にわたってお会いになりました。

東日本大震災の関係では、皇后陛下と共に今年3月に開催された3周年追悼式にご臨席。7月には宮城県南三陸町、気仙沼市などをご
訪問になり、知事等から復興状況等についてのご説明をお聴きになったほか、南三陸町の商店街や気仙沼市の魚市場をご視察になりま
した。またこの折に、登米市の国立療養所東北新生園をご訪問になり、霊安堂にご供花の後、入所者とご懇談になりました。
ハンセン病療養所は全国14か所ありますが、両陛下は、このご訪問により昭和43年の国立療養所奄美和光園(鹿児島県奄美市)ご訪問
以来、全ての療養所の入所者とお会いになったことになります。
そのほか、被災した歴史文化資料の再生に取り組む活動を紹介する特別展や、復興を支援するチャリティーコンサートにもお出ましになり
ました。

地方へのお出ましは、前述のほかに今年3月には昨年式年遷宮を終えた伊勢神宮をご参拝。5月には全国植樹祭ご臨場のため新潟県に
お出ましになり、その折、平成16年に発生した新潟県中越地震の被害とその後の復興を伝える小千谷市のおぢや震災ミュージアムそなえ
館をご視察、また見附市の葛巻地区ふるさとセンターで平成16年7月に発生した新潟・福島豪雨災害の復旧状況をお聴きになり、刈谷
田川防災公園で水害復旧状況をご視察。
6月には日本学術振興会が神奈川県葉山町で開催した欧米主要国の博士号取得前後の研究者を招致して研究機会を提供するサマー・
プログラムの歓迎レセプションにお出ましになりました。
また、神奈川県横浜市で開催された世界作業療法士連盟大会・日本作業療法学会の開会式及びレセプションにご臨席。
さらに、学童約800人を含む1400人を超える人々が犠牲となった沖縄県から本土に向かう学童疎開船対馬丸が沈没してから今年70年
を迎える沖縄県をご訪問。慰霊碑・小桜の塔にご供花、ご拝礼後、対馬丸記念館をご視察、遺族や生存者とご懇談になりました。
陛下は、平成9年に対馬丸が海底から発見されたとき、「疎開児の命いだきて沈みたる船深海に見出だされけり」と御製をお詠みになって
います。
10月には国民体育大会ご臨場のため長崎県をご訪問。その折に、来年戦後70年を迎えることから平和公園でご供花なさり、恵の丘長崎
原爆ホームをお訪ねになりました。長崎県行幸啓は当初2泊3日のご予定でしたが、大型で強い台風19号が接近したため、関係者がその
備えに専念できるようにとの両陛下のお考えから、2日目の開会式ご臨席後のご予定をお取りやめになって還幸啓なさいました。
11月には全国豊かな海づくり大会ご臨席のため奈良県をご訪問。
また、平成26年2月大雪災害とその後の復興状況等をご視察になるため埼玉県深谷市をご訪問、次いで、有機農業を通じた里づくりで
平成22年度農林水産祭むらづくり部門で天皇杯を受賞した小川町下里地区の農地をご視察になりました。
12月には広島県広島市をご訪問になり、今年8月の豪雨災害とその後の復興状況をご視察、被災者を見舞われ、復興尽力者をねぎらわ
れました。翌日は広島平和都市記念碑(原爆死没者慰霊碑)にご供花なさり、広島原爆養護ホーム矢野おりづる園を訪問されました。
この度、比較的新しい原爆養護ホームをご訪問になったことで、両陛下は広島県内に4か所ある原爆養護ホームの全てを訪れたことにな
ります。

昨年からお始めになった私的ご旅行では、5月に洪水の防止と足尾銅山から流出した鉱毒の沈殿化を目的に作られた渡良瀬遊水地及
び足尾銅山の鉱毒問題に取り組んだ田中正造に関する資料を展示する佐野市郷土博物館をご訪問。また足尾銅山跡地では、鉱毒ガス
や乱伐等による荒廃した山林がボランティア等の植樹活動により予想以上に再生されている様子をご覧になり、お喜びになりました。
9月には青森県をご訪問。東日本大震災により被害を受けた八戸港をご視察、復興状況についてご聴取になった後、種差海岸をご散策。
翌日は、黒石市のりんご生産農家と青森県産業技術センターりんご研究所を訪問されました。
私的ご旅行を含む地方へのお出ましは、ご静養のための御用邸へのお出ましを除き、14県29市5町3村でした。

都内の行幸啓としては、国会開会式、全国戦没者追悼式、恒例となっている日本国際賞、日本芸術院賞、日本学士院賞等の授賞式や各
種周年記念式典等に44回お出ましになりました。このうち2月には両陛下で伊豆大島(大島町)を訪問され、昨年10月の台風26号によ
る土砂災害の状況とその後の復興状況をご視察になり、被災者を見舞われ復興尽力者をねぎらわれました。

外国との関係につきましては、国賓として3月にベトナム国主席閣下及び令夫人、4月に米国大統領閣下、10月にオランダ国国王陛下及
び王妃陛下を両陛下してお迎えになり、歓迎行事、ご会見に臨まれ、宮中晩餐を催され、お別れのご挨拶にお出ましになりました。
オランダ国国王陛下及び王妃陛下とは、御所でもご昼餐を共にされました。
また、公賓として来日されたサウジアラビア国皇太子殿下、アラブ首長国連邦アブダビ首長国皇太子殿下とのご会見、午餐に臨まれたほ
か、ソマリア国大統領閣下、モルディブ国大統領閣下、パラグアイ国大統領閣下、ミクロネシア国大統領閣下と会見されました。
スイス国大統領閣下及び令夫人、マーシャル国大統領閣下及び令夫人、エストニア国大統領閣下及び令夫人、グルジア国大統領閣下及
び令夫人とは両陛下で会見されました。パラオ国大統領閣下とはご会見の後、両陛下してご昼餐に臨まれました。さらに、公賓として来日
されたオーストラリア国首相、バングラデシュ国首相、インド国首相をご引見になったほか、スペイン国下院議長、モロッコ国参議院議長、
キルギス国議会議長をご引見になりました。
公式実務訪問賓客として来日されたトルコ国首相夫妻、イスラエル国首相夫妻とは両陛下でご引見になりました。また同じく両陛下で、
ルクセンブルク国皇太子同妃両殿下、昨年の両陛下インドご訪問時の首相で勲章受章のため来日された、マンモハン・シン前インド国首
相、ヨルダン国国王陛下、王弟アリー殿下及び王族ガーズィ殿下を御所でのご昼餐に、カタール国前首長妃モーザ殿下、ベルギー国王女
マリア・ローラ殿下を御所でのお茶にお招きになりました。
なお今年12月にベルギー国元国王妃ファビオラ陛下が崩御され、閣議了解により皇后さまが国葬にご参列なさいました。
両陛下には、ベルギー国国王フィリップ陛下から直接に崩御をお伝えするお電話があり、陛下は、両陛下と故ボードワン元国王・ファビオラ
元国王妃両陛下との長きにわたった友情に鑑み、皇后さまがご参列になるのが一番ふさわしいのではないかとのお考えを示されました。

在京外交団とは,この1年間に着任後間もない18か国の大使夫妻をお茶に、着任後3年を経過した24か国の大使夫妻を午餐にお招きに
なり、離任する19か国の大使夫妻をご引見になりました。
日本から赴任する44か国の大使夫妻にも出発前にお会いになり、帰国した50か国の大使夫妻をお茶に招いて任地の話をお聴きになり
ました。

御用邸へは、両陛下で葉山御用邸と那須御用邸にお出ましになりました。那須御用邸ご滞在中は、例年どおり農家を訪問されたほか、
陛下が傘寿をお迎えになった折から、過去にご訪問になった農家の方を邸内の嚶鳴亭にお招きになって懇談されました。
8月下旬には例年どおり長野県軽井沢町、群馬県草津町でお過ごしになるご予定でしたが、広島県広島市で豪雨災害が発生したことか
ら全てのご予定をお取りやめになりました。

今年12月、崇仁親王殿下が白寿をお迎えになり、陛下は皇后さまとご一緒に宮邸をご訪問になりました。また、6月8日に宜仁親王殿下が
薨去された折には、両陛下して桂宮仮寓所及び赤坂東邸を訪問されたほか、豊島岡墓地に行幸啓になりました。

宮中祭祀については、恒例の祭祀等に22回お出ましになり、天長祭及び歳旦祭はご代拝とされました。また、新嘗祭神嘉殿の儀につきま
しては、夕の儀は昨年同様にお出ましの時間を短縮され儀式の半ばより出御されましたが、暁の儀は陛下のご健康への影響を考慮して、
儀式終了までの間、御所でお慎みいただくことに改められました。

陛下は今年も例年どおり、皇居内生物学研究所の一画で種籾たねもみのお手まき、お田植えをなさりお手刈りをなさいました。また、陸稲
と粟をお子様及びお孫様方とご一緒に種をまかれ刈り取られました。粟は、新嘗祭の折にお手刈りになった水稲と共にその一部をお供え
になりました。また神嘗祭に際しては、お手植えになった根付きの稲を神宮にお供えになりました。

魚類のご研究については、皇居内の生物学研究所で京都大学教授及び生物学研究所職員らとお続けになっておられ、国立科学博物館
本館で開催された魚類分類研究会には3回ご出席になりました。

この1年は陛下の傘寿を奉祝する様々な行事が催されました。
春と秋には初めて宮殿の特別参観と皇居乾通りの一般公開が実施され、通常は平日に行っている皇居一般参観が土曜日も実施されま
した。また、京都御所秋季一般公開の期間は7日間に延長されました。
皇后さまは陛下のために「日本の民俗芸能」を催され、三の丸尚蔵館では特別展「天皇陛下 昭和28年欧米14か国の旅~新たな感動と
出会い~」が、都内のデパートでは両陛下の傘寿を奉祝する特別展「天皇皇后両陛下の80年―信頼の絆をひろげて―」が開催されまし
た。このほか、皇宮警察音楽隊や警視庁音楽隊による傘寿奉祝コンサート、宮内庁及び皇宮警察の職員主催の音楽会や宮内庁職員によ
る奉祝茶会等が催されました。
一方、傘寿をお迎えになったことを節目として、僅かながら両陛下のお仕事の軽減も話し始められており、両陛下が毎年恒例とされてきた
「こどもの日」及び「敬老の日」にちなんだ施設ご訪問を今年限りとされ、来年からは皇太子同妃両殿下及び秋篠宮同妃両殿下にお譲りに
なることにされました。
また、園遊会でのお道筋を一部変更するなど、お務めの一部を行事の趣旨やご年齢に応じたものとする見直しも進められました。


~NHKニュースより~
天皇陛下 81歳に NHK








与党批判の票が共産党とは・・・

今回の総選挙で残念でならないのは、投票率の低さもさることながら、何といっても「次世代の党」が惨敗し2議席に減ってしまったことで
す。中山成彬氏をはじめ、日本再生に必要な方々が落選してしまいました。安倍総理としても予想外の結果だったかもしれません。
逆に驚愕したのは、共産党が8議席から21議席と大きく議席を伸ばしたことです。自民党に対する批判票が、共産党へ流れたことに戸惑
いを感じているのは私だけではないはずです。我が国の有権者は、共産主義の実態を理解しているのでしょうか。
共産党は、さも国民の味方のような主張をしていますが、共産主義というイデオロギーに基づく政党であり、その世界観、歴史観や人間観
が人々を幸せにしないことは実証済みです。同党が共産主義思想を破棄したなどと聞いたことはありません。
彼等の真の狙いは「天皇制」の廃止と、日本社会を転覆し支那の属国または自治州にすることに他なりません。彼等は、天皇陛下の存在
自体を否定し認めようとはしません。彼等は選ばれし自分達が指導者として、愚民である日本国民を管理・統治し、支那のような国にする
ことが最終目的なのです。そのためには手段を選びません。
有権者の中には、共産党イデオロギーは支持しないが与党批判の声として票を投じた人々が多くいたのでしょう。志位和夫共産党委員長
のほくそ笑みが、「悪魔の微笑み」に見えたのは私だけでしょうか・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年12月16日 NewSphere(ニュースフィア)より

日本共産党の躍進に海外紙注目 民主党より明確な“反・安倍”への支持か

14日に開票された衆議院選挙で、自民・公明連立与党は3分の2以上の議席を獲得した。与党勝利、野党敗北とみられているこの選挙
で、唯一の例外が共産党だ、と海外各メディアは報じている。 圧倒的多数を獲得した与党に対し健闘した共産党に注目した。

◇共産党、議席数を2倍に
共産党は、比例、小選挙区あわせて21議席を獲得。公示前の8議席から議席数を2倍以上に伸ばした。選挙戦では、平和主義、反原発
など、安倍政権に明確に対抗する方針を示した。
沖縄1区では、自民党の候補を破り、普天間基地移設反対を主張する同党の赤嶺政賢氏が当選を決めた。共産党が小選挙区で議席を
獲得するのは18年ぶりとなる。
衆議院では法案の提出に20人以上の賛同が必要だ。つまり共産党は今回の議席数増加で、党の主張をより国会の場に反映することが
できるようになる。

◇政治の現状に不満な人々の受け皿に
共産党は2017年に予定されている消費税増税の中止、またTPPへの不参加を主張している。党首の志位和夫委員長は、2011年の福
島第一原発事故後、原発の再稼働に反対してきた。 集団的自衛権行使を容認する憲法の再解釈にも反対だ。
日本大学の岩井奉信教授は、「実際に野党として機能している唯一の党だ」「不満を持つ有権者の受け皿となっているようだ」(ブルーム
バーグ)とみている。
志位氏も14日、「安倍政権に真正面から挑む共産党の姿勢と提案が、有権者に支持されたのだと思う」「経済と外交のどちらの問題でも
我々の公約が社会に広く受け入れられた」(サウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙(SCMP))と十分な手応えを感じているようだ。
明治大学の伊藤剛教授は、「一部の人にとっては、(共産党への投票は、自民党への)反対票なのだ」、「しかし、同時に共産党はしっかり
した政治方針を持ち、妥協しない政党として実際的な評価もある」(SCMP)としている。
また、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、当選した21人の共産党候補者のうち、6人は女性だったことを取り上げている。他党に比べ女
性の比率が最も高い。例えば自民党は、290人のうち、25人だった。

◇共産党という名前
日本共産党は1922年に立党した。党のHPによると、当時日本のアジア侵攻に反対したため、第二次世界大戦後まで、正式な党組織と
して認められなかった。戦後、再び正式に立ち上げ、1979年には、消費税導入に反対を主張し、最大の39議席を獲得した。
同党は、中国共産党や旧ソビエト連邦の共産主義からも独立した党だ、と説明している。
共産党という名前は、今となっては古めかしい響きかもしれないが、変わることはないだろう、と志位氏は2013年に話している。変わらぬ
名前は「ぶれない党だということの象徴だ」という。
頻繁に分裂・統合したり名前を変えたりする党には有権者が信頼を置くことはできないのでは(WSJ)、と他の野党の動きと比較して共産党
の信頼性をアピールした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年11月24日 zakzak【高木桂一の『ここだけ』の話】より

反日に媚びる志位共産党はどこの国の政党なのか

日本共産党が11月2日、東京都江東区の夢の島公園で4年ぶりに開いた「第41回赤旗まつり」(略)で、志位氏が行った記念演説の中身
たるや、「反日」一色に染まる韓国に媚びる姿勢が全開で、「韓国共産党」のお祭りと見まがうような光景だった。
「この党を大きくすることに日本の未来はかかっている」と題した志位氏の記念演説は、安倍晋三政権が「亡国の政治」で暴走していると
断言し、「国民の批判に一切耳を貸さない強権体質」 「カネの力で政治をゆがめる金権体質」と切り捨てるなど、対安倍政権攻撃のオン
パレードだった。共産党の発表によると、この日、全国から夢の島公園に集まった党員、支持者らは約8万人。(略)
筆者には、限りなく耳障りが悪かった志位氏の「ご高説」を、ここで逐一書き連ねるのもおぞましいので割愛する。だが、志位氏がわけても
悦に入って力説していた、自身の韓国訪問問題については触れておきたい。
志位氏は10月24~27日まで、日韓議員連盟(会長:額賀福志郎元財務相)の訪韓団のメンバーの一員としてソウルを訪れた。
ちなみに志位氏は同議連の副会長である。同議連メンバーは、大統領府で、朴槿恵大統領と約50分間会談した。
会談後、記者会見した額賀氏によれば、朴大統領は「韓日国交正常化50周年の記念すべき来年を、よい年にすることが重要。韓日関係
は難しい状況にあるが、問題を解決せねばならない」「慰安婦問題を含め正しい歴史認識の上に立った両国関係の改善を図るべきだ」と
述べたという。
しかし、10月8日に産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が朴大統領への名誉毀損で在宅起訴された問題については、日本側から触れ
ずじまいだったというから呆れる。
志位氏は27日に韓国側に請われて高麗大学で「北東アジア平和協力構想を語る」と題する講演を行ったが、そこでも前ソウル支局長問
題には言及しなかった。訪韓前に保守系有力紙「朝鮮日報」や左派系日刊紙「ハンギョレ」といった韓国の主要メディアにインタビューを
受けながら、ソウル支局長問題については、やはり素通りした。
この問題に関し、志位氏は10月9日の記者会見で「言論の自由、報道の自由は守られなければならない。言論による体制批判には言論
で応えるのが、民主主義のあるべき姿だ。懸念と憂慮を持っている」と述べていた。
党幹部は「志位委員長が記者会見で見解を表明したのだから、改めて言及する必要がない」と語るが、志位氏は韓国世論にその見解を
直接訴え、発信する絶好のチャンスをみすみす逃したのである。
案の定、赤旗まつりの記念演説でも志位氏は訪韓の「成果」と「反響」をことさら強調しながら、前ソウル支局長問題については黙殺を貫
いた。それどころか、朝鮮日報(10月16日付)が自身のインタビューと合わせて「反安倍の先鋒に立つ日本共産党『歴史ねつ造勢力に未
来はない』」という特集記事を大きく掲載した紙面をわざわざ披露し、「私の記事の方が同じページの岸田文雄外相の記事より大きい」
と皮肉ってみせた。今も国家保安法で共産党を認めていない韓国に“歓待”されたことが、よほど嬉しかったのだろう。記念演説で志位氏
は、自身が韓国で「厚遇」されたことを勝ち誇ったかのようにとうとうと語り続けた。
「100年以上の歴史をもつ高麗大学で日本の政党代表が講演するのは、私が初めてということだった」
「大学として大変重視し歓迎していただいた。会場となった国際会議場には立ち見も出る200人以上の研究者、学生、市民、日韓の記者
が集まり熱気に包まれていた。私が1時間余り講演した後、質疑応答は予定の30分の2倍以上となり温かい拍手や笑いが何度も起こる
心の通うものとなった」
「韓国での私の話には、たくさんの感想が寄せられたが、共通していたのは、ある若い女性が語った感想だった。『新しい希望を持つこと
ができた。私が知っていた日本は安倍首相のことばかり。でも今日の話を聞いてそれとは別の日本がある、良心的、進歩的な考え方を持
っている政党があることを知り、希望を持つことができた』と」
「韓国のみなさんにとって、日本というと安倍首相ということになる。安倍政権からは、韓国国民の心の傷をえぐるような悪いニュースばか
り流れてくる。日本とは永久に仲良くなれないのではないかという絶望感すらあったと聞いた。そういう中で、日本共産党の存在を知った
韓国の若いみなさんが『別の日本』『新しい希望』を見いだしてくれたのは大変うれしいことだ」
なんてことはない。韓国側は歴史認識問題をめぐり「反安倍=反日」でシンパシーを抱く日本共産党を持ち上げているだけだ。
同党がそれに乗せられ、手放しで喜んでいる構図である。
志位氏は昨年5月、自著『日本共産党とはどんな党か』の韓国語版を上梓したほか、この10月には2冊目の韓国語の著書『新たな躍進
の時代を目指して』を刊行した。
共産党の活動を禁止している反共国家・韓国で「赤旗」ソウル支局開設を悲願とする日本共産党としては、韓国側におもねるしかない。
前ソウル支局長問題に頬被りを決め込む背景に、過剰な対韓配慮があることが透けてみえる。(略)
一体、この政党はどこの国の政党なのか-。日本共産党は一日も早く朴政権に合法として認めてもらい、さっさと党名を「韓国共産党」に
代えた方がいい。 (政治部編集委員 高木桂一)




テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

電子レンジ 「突沸」に注意を!

皆さん、経験はありませんか? 私は2度あります。冷めたコーヒーを温めた時。冷たい牛乳を温めた時。レンジから取り出そうと触れた
途端に ブワーっ と噴き出して、危うく火傷しそうになりました。
電子レンジなどで液体を加熱する際、場合によっては沸点(水の場合は100℃)を超えても沸騰しない「過加熱状態」となり、そこに振動
などが加わると「突沸」が起こるとのことです。注意しないといけませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年12月4日 朝日新聞デジタルより

「突沸」でやけど相次ぐ 飲食物の温め方にご用心

みそ汁やコーヒーなどを電子レンジなどで温めた際に、急に沸騰して噴き上がる「突沸(とっぷつ)」と呼ばれる現象が起こり、やけどを
する事例が相次いでいると国民生活センターが4日、発表した。「冬の間は飲食物を温めることが多くなる」と注意を呼びかけている。
液体の飲食物を加熱した時に、うまく対流しないことなどが原因で沸点に達しても水蒸気の泡が出ないことがある。その状態で振動を
与えたり加熱を続けたりすると、突然泡が噴き出して中身が飛び散ることがある。これが突沸だ。 調味料を加えた時など、小さなきっか
けでも起こりうる。センターによると、突沸でやけどなどを負ったという情報が2009年4月以降35件寄せられた。
「電子レンジで豆乳を加熱した。外に出してのぞきこむと、突沸が起こり顔をやけどした」などだ。顔の被害が半分を占め、1カ月以上の
けがが8件あった。危害のおそれがある「危険」事例も33件あった。これとは別に医療機関からもやけどの事例が2件寄せられた。
突沸はガスコンロやIHクッキングヒーターでも起きることがある。みそ汁やカレーなど、とろみのある食品はより注意が必要だ。
センターは①電子レンジでは飲み物を温めすぎない ②温めすぎた場合は1、2分は待って外に出す ③ガスコンロなどでみそ汁などを
温めるときは、火力を弱めにして、かき混ぜる ―― などの注意点を挙げている。 (高橋健次郎)


2014年12月4日 NHKニュースより
12月4日 NHK 「突沸」に注意



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

総統閣下は、強制連行の件でお怒り・・・

MADムービーといっていいと思いますが、なかなかシュールでよくできています。笑わしてもらいました。

総統閣下は、強制連行の件でお怒り&マイケル・ヨン氏の記事紹介


****************************************************************************************

ブログ『ケント・ギルバートの知ってるつもり』より

2014年11月29日
マイケル・ヨン氏の記事の日本語訳

著名な米国人ジャーナリストであるマイケル・ヨン氏と連絡を取り、彼が昨日発表した記事を、日本語に翻訳して皆さんに紹介する許可を
もらいました。
https://www.facebook.com/MichaelYonFanPage/photos/a.235978145664.135781.207730000664/10152528275045665/?type=1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日韓問題: 第二次世界大戦中、韓国人男性が臆病者だったとでも言うつもりか?

なかなか晴れない疑問

第二次世界大戦中、大日本帝国陸軍が20万人もの韓国人女性を強制連行して、性奴隷(慰安婦)にしたという疑惑について、裏付けの
取れない主張が現在も拡大し続けている。それらは主に韓国からの主張である。
慰安婦たちの主張を裏付ける証拠を求めて、米政府は3000万ドル(30億円超)の費用を掛けて調査を行った。
約7年の歳月を掛けて大勢の米政府職員や歴史学者が過去の公文書を徹底的に調査した結果、有力な証拠は何一つ見つからなかった。
結局3000万ドルが無駄に費やされた。
IWGの最終報告書は2007年に米国議会に提出され、発表された。誰もこの報告書を最初から最後まで読むことなく、慰安婦問題につい
て書いたり語ったりする資格を持っていない。
数多くの裏付けを取れない主張が韓国から次々と出されている。しかし韓国人の主張は、裏目に出てしまうことがある。
その当時の韓国(朝鮮半島)は実際のところ日本の一部だった。プエルトリコが米国の一部であるようなものだ。
日本軍には韓国人の兵士がたくさんいた。だから日本軍が20万人の女性を強制連行したのであれば、韓国人兵士が韓国人女性の強制
連行に加担していたことになる。これはやっかいな現実である。しかし、もっとややこしくなる。
現在、韓国の大統領である朴槿惠は、日本が大勢の韓国人女性を強制連行したと何度もしつこく責め立てている。この主張が、ブーメラン
のように戻ってくる様子を想像してみよう。
朴大統領は日本が数十万人の韓国女性を、性奴隷にするために強制連行したと言うが、彼女の父親はその当時、日本軍の陸軍将校だっ
たのだ。しかも、韓国人男性が日本軍の行為に反抗して戦ったという証拠は何も残っていない。
戦争中、韓国の人口は約2,300万人だった。そして現在、テキサス州の人口は約2,600万人である。
テキサス州の女性を20万人強制連行しようとしたら何が起きるだろうか。きっと辺りは血の海に染まるだろう。その目的に動員された軍隊
は何千人もの兵士を失うし、その報復として何千人もの市民が軍隊に虐殺されることは間違いない。
その場所には証拠がいくらでも残るだろう。写真、動画、戦闘の痕跡など。テキサスで20万人の女性を奪ってレイプしようとしたら辺りは間
違いなく血の海になる(しかし韓国にはそのような痕跡が無い)。
つまり朴大統領の話は必然的に、第二次世界大戦中の韓国人男性は、臆病者の集団だったと言っていることになってしまうのだ。
この件について、日本軍の将軍や提督の立場からも考えてみよう。
日本は米国、オーストラリア、イギリス、中国、さらに連合国とも戦争している最中である。どう考えても手いっぱいのはずだ。特に米国は海軍
と海兵隊が進軍し、日本兵を見つけ次第どこであろうと攻撃していたのである。
軍隊の全ての指揮官は、常により多くの兵力と補給を求めるものだ。それが世の中の常である。誰か将軍に聞いてみるといい。
もしくは企業の経営者に聞いてみるといい。競争相手に勝ちたい時、あるいは防御したい時には何が必要かと。彼らは常により多くの経営
資源(=人、物、金)を欲しがるはずである。
20万人の女性を強制連行して彼女たちを監視し移動させ、食べさせる目的に経営資源を費やす将軍がいるとすれば、どんな種類の馬鹿
なんだろうか。わざわざ、もう一つの戦争を作っているようなものだと気付くはずだと思うが?
日本人は軍事戦略を立てることに長けていた。日本人は独自に潜水艦や航空機、空母まで製造していたのだ。真面目かつ非常に賢明な
民族でなければ出来ないことだ。米軍と連合軍の攻撃がのど元まで迫ってきているのに、日本軍の将軍たちが貴重な資源を女性の強制
連行に費やすはずが無い。彼らは戦争の真っ最中だった。春休み中だったわけではない。
真面目な軍人やビジネスマンであれば、20万人の女性を強制連行することの愚かさが常識として分かるだろう。全く馬鹿げているし、そん
なことをしたら朝鮮半島内で新しい戦争を生み出してしまう。朝鮮半島(韓国)は日本の陣地である。そして韓国人は米国人を相手に戦争
をしていたのだ。韓国人は我々(米国人)の敵だったのである。
韓国人男性の話に戻ろう。米陸軍が20万人のテキサス女性を強制連行しようとすれば、惨劇になるだろう。
特に、軍人の中に多くのテキサス男が含まれていたとしたらどうなるだろうか。多くの韓国人男性が日本兵に含まれていたのと同じように。
テキサス男は立ち上がり、米陸軍を攻撃するだろう。橋は爆破される。兵士たちは毎日射殺される。基地は燃やされる。陸軍側も報復して全
面戦争になるはずだ。
ということは韓国人男性は韓国人女性を守ろうと、こぶしを振り上げる人間が一人もいないほど臆病者なのだと我々は信じればいいのか?
数多くの女性が強制連行されるのを黙って許したのであれば、確かに韓国人男性は臆病者であり、その息子である現代の韓国人男性は、
臆病者の父親を持っていることになる。現実は私たちも良く知っているように韓国人は臆病者などではない。韓国人はとても勇敢な民族だ。
そうすると、実際には何が起きたのか?資料を見ても、サルでも分かる常識で考えても、大規模な強制連行が行われた事実は無かったとい
うことだ。全部が嘘だったのだ。誰かがどれだけ日本を憎んでいようとも関係が無い。嘘は嘘であることに変わりはない。
今まで殆ど誰も存在すら知らなかった、IWGの報告書を読んで欲しい。
もし全部を読む時間が無いようなら、報告書の中で慰安婦(Comfort Women)を検索して、その部分だけでも注意深く読んで欲しい。
http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。