筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭恵夫人は、安倍総理の「秘密兵器」…

今回の訪米で安倍昭恵夫人は、児童擁護センターを訪問したり、レセプションや講演をいくつもこなしたかと思えば、ミッシェル・
オバマ米大統領夫人と懇談したりと、安倍総理とは異なる“ソフト外交”を展開しておられました。
そんな昭恵夫人のことをワシントン・ポスト紙は「安倍首相の秘密兵器」と紹介していましたが、昭恵夫人の独自日程は、夫人の
提案で実施されるものもあるそうですが、基本的には外務省がプランを作成し、昭恵夫人に提示して決められることが殆どらし
いです。外務省筋によれば“アッキー外交”には、(1)安倍総理の掲げる、「女性の輝く社会」の具体化 (2)ハンデを持つ人達も、
生き生きと暮らせる社会の実現 (3)日本の文化や伝統に理解のある、海外の親日家を大切にすること --という3つのコンセプト
があるのだそうです。
また、官邸関係者によれば「昭恵夫人は外遊中の総理が分刻みのスケジュールで回りきれない部分を、夫人が行動することで
補おうとしている」とのことで、外遊時の独自日程についても、必ず総理の了解を得ているのだそうです。
安倍総理の掲げる「積極的平和主義」を、昭恵夫人が“ソフト外交”で側面支援している、と言えそうですね。

9月26日、昭恵夫人はfbに、「ミッシェル・オバマ夫人との懇談。今回初めてお会いしましたが、暖かい雰囲気のとても素敵な方
でした。女性や食の問題などあっという間に時間が経ってしまいました・・・」と、ミッシェル夫人とのツーショット写真とともに書き込
んでいました。初めてのファーストレディー同士の顔合わせで、話しが弾んだようですね。

ファーストレディー対談

2014年09月27日毎日新聞東京朝刊【ニューヨーク青木純】より
安倍首相夫人:ファーストレディー初対面
国連総会出席の安倍晋三首相に同行している夫人の昭恵さんは25日昼(日本時間26日未明)
米ニューヨーク市内でオバマ米大統領の夫人ミシェルさんと約30分懇談した。2人は初顔合わせ
で、安倍政権の進める「女性の輝く社会」の実現や食の安全などについて意見交換した。
懇談後、昭恵さんは自らのフェイスブックに「暖かい雰囲気のとても素敵な方でした」などと書き込
んだ。

平成26年9月27日 産経新聞より
9月27日 日米ファーストレディ対面

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回の訪米を前にして、9月17日の中央日報日本語版に安倍昭恵夫人のインタビュー記事が掲載されていました。
首相夫人となってから南朝鮮メディアの取材に初めて応じたことになります。取材した記者によれば〝政治的なイシュー
に関する質問はしないという条件でインタビューに応じた〟ということです。その一部を読んだだけでも、昭恵夫人の人柄
が表れていると思いますので、抜粋して転載します。

(9月9日の昭恵夫人のfbに「韓国の新聞、中央日報の取材を受けました」と記載)
中央日報 取材

--首相夫人として最も重要な役割は何ですか
夫人「夫と一緒に海外へ行ったり外国の首脳を迎える時、日本に対して良い印象を抱けるように誠意を
   尽くして努力しています。外国に行った時、その国の良い点を学んで帰り、日本の人たちに伝えるの
   も私の役割だと考えています。夫は支持者だけでなく全ての日本人の首相なので、夫が会えなかっ
   たり夫を嫌がる人たちの話を聞いて、夫に伝える役割もします。夫が聞きたがらない話も、するしかあ
   りません」

--首相に言いにくい苦言を代わりにする「家庭内の野党」の役割をしているという意味と聞こえますが
   原発や環太平洋経済連携協定(TPP)のような政治的イシューで、言い争ったことはありますか
夫人「どの家庭や組織でも、意見が全て一致することはないと思います。しかし、政治的なイシューで夫と
   論争をすることは殆どありません。夫は選挙で選ばれた首相であり、私は妻の資格なので、夫にどう
   こう言うことはできません。夫に反対する人たちの意見を伝えて、ある政策を変えたりするのには限界
   があります」

--安倍首相に伝える意見のうち韓国の話もありますか
夫人「韓国の人たちともっと親しく付き合いたい、という話をよくします。私が韓国と関係がある行事に出席
   することには夫も積極的に賛成しています。このために私を非難する人たちもいますが、夫は私を支持
   しています」

--政治家としての安倍首相をどう評価していますか
夫人「言葉や行動に変わりがなく、正義感が強い。国のことを深く考える政治家です。また、有権者と国民
   を非常に重視しています」


--立派な政治家という意味でしょうか
夫人「私はそう思います」

--安倍首相の強いイメージを昭恵氏のソフトなイメージが補完し、実際、昭恵氏が安倍首相の政治的
   「秘密兵器」だという評価もありますが、どう思いますか
夫人「戦略的にそうしているのではありません。ただ、私の考えをそのまま話しているだけです」

最後に「韓日関係の改善のために、両国の国民に話したいことがあれば」という記者の質問に対し、
「日本と韓国は最も近い国です。韓国人と日本人は似ているところも沢山あります。お互い理解し合いながら、
良い関係を築くことができればいいと思います。多くの韓国人が日本を訪問し、日本の良いところを実際に見
て感じて欲しいと思います。今でも日本には韓流ファンがたくさんいます。韓流ファンでなくても、多くの日本人
が韓国に負担なく行き来しながら、韓国人と良い関係を築いていって欲しいと望んでいます。韓日関係だけで
なく全ての事がそうですが、よく知りもせずにお互いを非難するのは、正しくないと思います」と率直に答えてい
ます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
9月23日 セーフホライズン・ブルックリン児童擁護センターを訪問
児童擁護センターを訪問
(昭恵夫人のfbより)

9月24日 米戦略国際問題研究所(CSIS)セミナーにてスピーチ
CSISで講演

2014年09月24日産経ニュースより
「女性が輝く社会」PR 昭恵夫人、米ワシントンで講演
訪米中の安倍昭恵首相夫人が23日、ワシントンで講演し、平和構築や紛争予防の分野で女性が活躍できる余地は
大きいと強調、首相の掲げる「女性が輝く社会」を世界に広げるため、日米両国の協力をさらに深めようと呼び掛けた。
昭恵夫人は女性の活躍を後押しする首相の施策を紹介。「日本はしっかり行動する国だと主人はいつも言っている。
米国や世界の皆さんに日本の行動を見ていただき、日本の取り組みが世界に広がっていけば素晴らしい」とPRした。
悪化した日中関係に関する質問には「国同士の対立は仕方ない時があるかもしれない。しかし私は一人の女性として
どんな国の方とも仲良くしたい」と答えた上で「女性の方が平和を好むのではないか。解決(の鍵)は女性同士のつな
がりにもあると期待したい」と述べた。(共同)
……………………………………………………………………………………………………………………………
2014年9月24日 朝日新聞デジタル(ワシントン)より
米紙「首相の秘密兵器」 昭恵夫人がワシントンで講演
安倍晋三首相夫人の昭恵さんは23日、ワシントンのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)で講演した。
日本では、長時間残業することが有能であるとみなされる風潮が残っていると指摘した上で、「女性が男性と同じように
働くことが、幸せで良い社会だとは思えない。いろいろな働き方が認められる社会がすてきだと思う」と述べた。
「女性は、受け入れる、横につながる、ネットワークするのが得意」だとし、「男性は、偏見かもしれないが、ピラミッド型の
社会を好むような気がする。男性の社会に、そのまま(女性を)放り込むのは少し乱暴だと思う」と述べた。
質疑応答の中で、日中関係の悪化について聞かれた昭恵さんは「国同士は、国益を背負って対立するのも仕方がない
時があるのかもしれないが、一人の女性として、どんな国の方とも仲良くしたいと思っている」と話した。
ワシントン・ポスト紙は同日の紙面で「安倍首相の秘密兵器」として昭恵さんを大きく取り上げた。
昭恵さんの言動が、安倍首相の保守派のイメージを和らげているなどと分析している。
……………………………………………………………………………………………………………………………
2014年9月25日 世界日報より
昭恵夫人が米首都で講演、女性の力で国際協力や平和構築を
安倍晋三首相とともに訪米中の昭恵夫人は23日、首都ワシントンの有力シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)
が開いた女性の活躍に関するセミナーで基調講演した。
昭恵夫人は安倍政権が目指す「女性が輝く社会」の実現について、「主人は総理大臣として自分に課せられた歴史的
使命であると積極的に取り組んでいる」とアピールし、首相を側面支援した。
昭恵夫人は、「男性は縦割りでピラミッド型の社会を好む。これからは女性らしさ、男性らしさを持ったまま、いろいろな
働き方、貢献ができる社会になるといい」と主張。また、「女性の受け入れる力、つながる力が平和と明るい未来とをつく
る」と述べ、女性の活用は経済成長のみならず、国際協力や平和構築を促進するとの見方を示した。
昭恵夫人はこれまで「日本では政治家の妻が政治を語ることを好まないため、選挙の時以外はあまり表に出なかった」
が、今月都内で開かれた女性国際シンポジウムでシェリー・ブレア元英首相夫人と対談するなど、表舞台に立つ機会が
増えている。これについて、「日本が大きく変わったという一つの表れではないか」と語った。
悪化する日中関係について質問を受けると、「総理夫人という立場ではあるが、一人の女性としてどの国とも仲良くした
いと思う」と述べ、女性のつながりを通じて関係改善に貢献したい考えを示した。(ワシントン早川俊行)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
9月25日 ジャパン・ソサエティと経団連による<米日ウィメノミクス・セミナー>
米日ウィメノミクス・セミナー

9月25日 <和食レセプション>
和食レセプション
(昭恵夫人のfbより)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
9月26日 <グローバル・パートナーシップ・フォーラム>
APDR3による沿岸防災に関するハイレベルシンポジウム
グローバル・パートナーシップ・フォーラム
(昭恵夫人のfbより)

2014年9月26日 スポーツニッポンより
NYで安倍昭恵夫人が基調講演 防潮堤見直しを海外に訴え
安倍晋三首相とともに訪米している昭恵夫人は25日、ニューヨークのフォード財団で開かれた防災シンポジウムで基調
講演し、東日本大震災の被災地に高い防潮堤を造る計画に疑問を投げ掛けた。
昭恵夫人は宮城県気仙沼市で海産物を育てる栄養分を海に送り込むため植林事業を進めているNGOの活動などを
紹介した上で「きょうは防潮堤の話をしに来ました」と切り出した。「私は計画に反対する活動家ではありません」と断り
ながらも、住民から海が全く見えなくなってしまうような巨大防潮堤は、かえって防災意識を鈍らせかねず、将来にわた
って巨額な維持費の負担を地元に残すことにもなると懸念を表明。
夫人は防潮堤計画が被災地住民を推進派と慎重派に分断する「壁になってしまっている」と嘆き「海は恐ろしい津波を
送ってくることもあるが、海と森を隔てることなく、人間が自然と共生できるような解決策を見いださなければならない。
そのために知恵を貸してほしい」と訴えた。
夫人の演説は英語で約15分。その後の質疑で「国内でもいろいろやっているが、なかなか動かないので海外の皆さま
にも知ってもらいたいと思ってこの場を借りた」と述べた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
9月26日 イザベラ高齢者センターを訪問
イザベラ高齢者センター

9月26日 HIV/AIDSの感染者、患者のための施設「ハウジング・ワークス」を訪問
「ハウジング・ワークス」

9月26日 アキレス・インターナショナル(障害者ランナー)の皆さんと
(障害者ランナー)の皆さんと

(以上、昭恵夫人のfbより)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年9月24日 NewSphere(ニュースフィア)より
昭恵夫人、“友人にしたい”など海外で好評 安倍首相のイメージアップにも貢献
安倍晋三首相の夫人、昭恵さんは、旺盛に社会活動を行い、居酒屋を経営し、Facebookなどを通じて自ら発信し時には
首相が推進する政策に公然と反対を唱えている。その活躍ぶりと人柄は、新しいファーストレディー像を成すものとして、
海外メディアで話題となっている。

【昭恵さんの親しみやすさが、首相のイメージアップに貢献?】
昭恵さんは気さくで親しみやすく、大部分の人が友人に欲しいと思うようなタイプだろう、とワシントン・ポスト紙は人物評を
下している。日本酒が大好きで、居酒屋も経営している。店では、夫の選挙区である山口県下関市で自ら育てている無農
薬のお米「昭恵米」を提供している、と記事は紹介する。
昭恵さんのFacebookや公式サイトのプロフィール写真は、田んぼで農作業をしている姿だ。
安倍首相がプライベートでくつろいでいる姿の写真を、昭恵さんは時折、Facebookに投稿している。ワシントン・ポスト紙は
その中から、首相がアイスクリームを食べている写真や、自宅と思しき場所で満面の笑みを浮かべている写真をピック
アップしている。厳しい印象がある首相の、こうしたソフトな一面を明らかにすることは、首相のイメージアップにつながって
いるようだ。昭恵さんは首相にとって、ますます秘密兵器になりつつある、と記事は語る。
上智大学国際教養学部の中野晃一教授(政治学)は、「もしも昭恵さんがいなかったら、首相は特権階級の出自で、非常
に強硬な右派の見解を持つ人物、単に頑固な保守派だという印象を、きっと与えていたと思います」と同紙に語っている。
記事は、昭恵さんのメディアへの露出は、安倍首相のイメージ戦略ではないかといぶかっているが、本人は否定している
ことを紹介している。

【昭恵さんと首相の見解の相違が、公開の席上で明らかに?】
ウォール・ストリート・ジャーナル「日本リアルタイム」は、9月12・13日に東京で開催された「女性が輝く社会に向けた国際
シンポジウム」の公開フォーラムでの、昭恵さんの発言を紹介している。このシンポジウムは、政府、日本経団連、日経新
聞などが共催したものだ。
記事はまず、昭恵さんが原発再稼働や防潮堤建設などの問題で、首相とは対立する立場をあらわにしていることを紹介
する。昭恵さん自身はそのことについて「総理大臣は、自身や所属政党と意見を同じくする人たちだけの代表ではない。
対立する意見を持つ人たちの声を伝えたいと思っています」とシンポジウムで語った。また、聴衆に対して、自分は夫の姿
勢を変えようとしているわけではない、と請け合った。
それに対して安倍首相は、同じ席で、「銘記していただきたいのは、昭恵は、わたしはさまざまな意見に耳を傾けるべきだ
と言っていますが、それはわたしが国会で一日中していることでして、家に帰ってからもさらに異論が述べられるのです。
それに、昭恵は、わたしの考えを変えようとはしていない、と言っていますが、これは明らかに事実と異なることです。
けっこう議論になります」と、冗談めかして反論したことを、記事は伝えている。

【昭恵さんは「ウィメノミクス」の体現者?】
昭恵さんは、いくつかの論点については「家庭内野党」だが、首相の政策のうち「ウィメノミクス」については非常に熱心な
支持者であるとAP通信は伝えている。この政策は、女性の社会進出、労働力人口への参加を促し「女性が輝く社会」を実
現するというもので、安倍政権の最重要課題の一つであるとされている。上述のシンポジウムも、その取組の一環として
開催されたものだ。
昭恵さんによると、昭恵さんのスケジュールがとても多忙なので、夫である首相はときどき皿洗いをしたり、ごみを出したり
しなければならないそうだ(他2紙によると洗濯も)。昭恵さんは、日本の女性の社会進出にはこうした柔軟性が必要とされ
る、と語っている。また昭恵さんは、女性の職業人としてのキャリアは、子育てなどによってしばしば中断させられるが、そ
こから職に戻ることができるような柔軟性が、社会的に認められることが重要だと語っている。
ワシントン・ポスト紙は、首相が昭恵さんを、「ウィメノミクス」の先頭に立つべく世に送り出している、と語っている。
しかし順序としては、首相は、活躍する昭恵さんの姿を見て、「ウィメノミクス」の着想を得たのかもしれない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年9月27日 産経ニュースより
存在感増す「秘密兵器」昭恵夫人
「今回初めてお会いしましたが、暖かい雰囲気のとてもすてきな方でした。女性や食の問題などあっという間に時間がたっ
てしまいました…」
国連総会出席のため、ニューヨークを訪問中の安倍晋三首相(60)に同行している昭恵夫人(52)は25日午後(日本時間
26日未明)、自身のフェイスブックにミッシェル・オバマ米大統領夫人(50)と、市内のホテルで懇談した感想を書き込んだ。
これまで首相とオバマ大統領の個別の首脳会談はワシントンと東京で1回ずつ開かれているが、夫人同士の対面は初め
て。約30分間の懇談は、両ファーストレディーとも関心が高い「食の安全」の問題などで盛り上がった。
昭恵夫人は、第2次政権発足以降行われた25回の首相外遊のうち14回に同行。外遊先では積極的に首相とは別の独自
日程を組み、教育施設に日本語の書籍を「昭恵文庫」として寄贈したり、医療機関や社会福祉施設などで、一般人と交流
したりするなど、昭恵夫人流の“ソフト外交”を展開してきた。こうした活動は現地メディアの格好の取材対象となり、外遊
に同行するたびに昭恵夫人への注目度は高まっている。
今回の米国訪問でも講演や視察の依頼が殺到し、泣く泣く断るケースも多かったという。23日に首都ワシントンのシンクタ
ンク、戦略国際問題研究所(CSIS)で行われた講演も、CSIS側からの強い要望だった。
昭恵夫人はニューヨークからの300キロを鉄路で移動。首相が掲げる「女性の輝く社会」の実現に向け意気込みを語った。
「女性が男性と同じように働くことが幸せで良い社会だとはとても思えない。女性も男性もいろいろな働き方、輝き方が認
められる社会がすてきだと思う」
率直に語る昭恵夫人への聴衆の関心は高く、質疑応答では日中関係に関する質問も飛び出した。昭恵夫人は「国同士
の対立は仕方ない時があるかもしれない。しかし私は1人の女性として、どんな国の方とも仲良くしたい」と答えた上で、
「女性の方が平和を好むのではないか。解決(の鍵)は女性同士のつながりにもある」と述べ、自ら日中関係の修復の手
助けをしたいとの意向も示した。
海外で存在感を高める昭恵夫人について、米紙ワシントン・ポストは「首相の秘密兵器」と位置付け、タカ派の印象が強い
首相のイメージをソフトにすることに貢献していると分析する。実際、12日に都内で開かれた女性国際シンポジウムでは、
家庭で洗濯や皿洗い、ゴミ出しなどを行う首相の日常を紹介し、会場を沸かせた。このシンポジウムでは昭恵夫人が“家
庭内野党”とも称される自身の行動について、「主人の考え方を変えさせようなんてつもりはない」と強調し、会場の客席
にいた首相が、「昭恵は明らかに私の考えを変えようとするときもあり、結構議論になる」と反論する場面もあった。
続けて首相は「私や私の党に投票していないであろう人の意見も聞く機会は、おかげで増えた」と昭恵夫人を持ち上げた
ものの、内心は冷や汗タラタラなのかもしれない。
25日にニューヨークのフォード財団で開かれた防災シンポジムでは、昭恵夫人が東日本大震災の被災地で計画されてい
る巨大な防潮堤建設事業に疑問を投げかけた。「私は、計画に反対する活動家ではありません」と断った上で、「海と森を
隔てることなく、人間が自然と共生できるような解決策を見いださなければならない。そのために知恵を貸してほしい」と訴
えた。
首相周辺は「昭恵夫人は、最終的に首相の反対することは決してやらない人だ」と指摘するが、昭恵夫人の影響力が高
まっているがゆえに、「秘密兵器」の取り扱いには細心の注意が必要といえそうだ。 (桑原雄尚)




スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

太宰府の民家で発見の神像、九州最古か

九州歴史資料館(福岡県小郡市)が発表したところによると、2012年11月、宝満山(太宰府市)での史跡調査の過程で
民家から偶然見つかった神像(男神立像)が、9世紀頃(平安時代初期)の作とみられ、九州最古の神像の可能性があ
るということです。これまで九州では、10世紀後半の八幡奈多宮(大分県杵築市)の神像が最古とされていました。
日本最古級とされる松尾大社(京都市)の神像と、ほぼ同時期(9世紀頃)の作だとすれば、貴重な研究資料ということに
なります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年09月22日西日本新聞より
太宰府で9世紀の神像確認 九州最古か、民家で発見
九州歴史資料館(九歴、福岡県小郡市)が、九州最古とみられる神像彫刻を同県太宰府市内の民家で発見した。
形状などの特徴から平安時代前期の9世紀に作られたと推定され、国内最古級の可能性もある。10月10日に始まる
九歴の特別展「福岡の神仏の世界」で一般公開される。
発見されたのは、貴族の装束をまとった男神立像(りゅうぞう)。カヤ製の一木造りで、台座を含む高さは55.6センチ。
一昨年、宝満山の史跡調査の過程で偶然見つかった。
九歴の井形進学芸員(仏教美術史)によると、頭部が大きく胴体が太いなどの形状、衣のひだの彫り方などの技術が平
安時代前期の神像の特徴を示す。井形さんは「古さはもちろん、簡素に神を表現する技術も優れている」と話す。
日本に現存する最初期の神像は、松尾大社(京都市)の男神坐像など9世紀にさかのぼる。九州では、10~11世紀に
作られた八幡奈多宮(大分県杵築市)の八幡三神坐像などが最古の神像とされていた。一方、仏像彫刻では浮嶽神社
(福岡県糸島市)の仏像などが9世紀に作られ、九州最古級という。
発見された神像は、角張った頭部がこれらの仏像と酷似し、「北部九州の信仰文化圏の中で生み出されたものだろう」
と井形さんは推察する。来歴は不明だが、もともとは北部九州の有力者の手にあったとみられる。
別府大学の八尋和泉客員教授(仏教美術史)は、「神像は人目に触れないように保管され、仏像に比べて比較研究が
進んでいない。今回の発見は、全国的な神像研究が進むきっかけになるはずだ」と指摘する。

               9世紀の神像


2014年9月22日 朝日新聞デジタル/福岡より
太宰府に神像、九州最古か 平安時代前期の作
九州最古とみられる神像彫刻が、福岡県太宰府市の民家に保管されていたことがわかった。
九州歴史資料館(福岡県小郡市)が確認し、21日、明らかにした。平安時代前期の作とみられ、形や構造の特徴から、
現存する国内最初期の神像が造られた9世紀制作の可能性がある。
神像彫刻は剣や鏡などのような神体の一つで、神社に人目に触れないよう保管されることが多い。
今回見つかった神像彫刻は貴族の装束をまとう男性の立ち姿で、台座を含め高さは55.6センチ。材はカヤとみられ、
内側にえぐりを入れない一木造り。体形は幅広く奥行きがあり量感豊かで、顔立ちは険しい。
彫刻表現はシンプルで衣のひだは深く、角張った冠をひもで縛る様子も表現されている。
九歴によると、こうした古式をとどめた姿から、現存最古とされる松尾大社(京都市)の神像などと同じ9世紀に造られ
たとみている。九州では10~11世紀ごろの八幡奈多宮(大分県杵築市)の像などが最も古いとされてきた。
詳しい来歴は不明だが、九州最古級の木像仏群といわれる、浮嶽神社(福岡県糸島市)の木彫像群や旧若杉観音堂
の木造千手観音立像(九歴で保管)などと造形上の共通点があり、北部九州で造られたとみられる。
九歴の井形進学芸員(仏教美術史)は、「9世紀にさかのぼると思われる神像の出現は驚きだ。初期の神像は、座像や
僧形が多く衣冠束帯風の立像は珍しい。初期から多様な姿があったことを示唆し、新しい基準作になる」と話す。
神像は、10月10日から九歴で始まる「福岡の神仏の世界」展で展示される。 (編集委員・中村俊介)

《解説》 伝播の過程に新視点
神像彫刻には謎が多い。仏像が寺院で広く礼拝の対象になってきたのと対照的に、神像は神殿の奥深くに隠され、
「軽々しく見てはならぬもの」との性格が強いからだ。仏像に比べて研究も進んでいないだけに、古式の神像が新た
に見つかった意味は美術史上でも大きい。当時の神像彫刻の中心から外れた地域での確認も、研究者を驚かせた。
神像は当時都が置かれた近畿から、徐々に地方に伝わったと考えられているからだ。今回の発見は、神の像を造る
文化がかなり早くから九州に浸透していたことを物語り、神像信仰の成立や伝播の過程を解く新視点を提供したと
いえる。日本で神像が造られ始めるのは奈良時代末で、現存するものは9世紀が最古。仏像の影響を受けて成立し
たと考えられているが、今回の神像には仏教的な影響が弱いとの指摘もあり、神としての姿形が初期から確立して
いた可能性も出てきた。素材には、うろ(空洞)のある木が使われていた。
日本には古くから森羅万象に魂が宿るとするアニミズムの考え方があり、八百万の神々もその表れだ。
「うろのある木に聖性を認め、素材に選んだのかもしれない」と九州歴史資料館の井形進さん。とすれば、いにしえ
の信仰の一端を垣間見る材料としても興味深い。

《八尋和泉・別府大客員教授(仏教美術史)の話》
格段に古く、9世紀と言われて否定する人は少ないだろう。全国的に注目されるべき大きな発見だ。
造形的にもしっかりしている。なぜ京都や奈良でなく九州で見つかったのか、どんな系統なのか。
これを機に神像研究が進むことを望みたい。






テーマ:地域のニュース - ジャンル:ニュース

領海内に〝赤い旗の漁船団〟 支那の密漁船か!?

小笠原諸島の父島からおよそ10kmの近海(日本の領海内)で、赤い旗を掲げた多数の漁船が網を海に投げ入れ操業
していたとのこと。8月頃から増え始めたらしい。
山田吉彦東海大学海洋学教授によれば、「中国の漁船で、宝石サンゴや赤いサンゴを採る密漁漁船」ではと・・・。
海上保安庁も尖閣諸島における支那との対応に手一杯で、密漁船の取り締まりが手薄になっているとすれば、支那の
密漁船団のやりたい放題、という状況になっているのかもしれません・・・。


小笠原諸島に赤い旗掲げた大量の漁船団 サンゴ密漁か


2014年9月26日(金)18:59 フジテレビ系(FNN)より
9月22日、大量の漁船団が日本の領海内に現れ、船には赤い旗が掲げられていた。船に掲げられた謎の赤い旗。
大きなアンテナを装備している船もあった。その数は、およそ20隻。
これは9月22日、ダイビングショップの人が小笠原諸島で撮影した写真。当時、ダイビングショップの人は、嫁島から
父島へ戻っていた。そのとき、この船団が航路をふさいできたので、写真を撮ったという。
漁船が操業していたのは、父島からおよそ10kmの近海で、まぎれもなく日本の領海内。複数の船員たちが青い網で
何かを大量に引き上げていた。船団は網を海に投げ入れ、サンゴなどを採っていたとみられている。
東海大学海洋学部の山田吉彦教授は「中国の漁船だと思います。おそらく、宝石サンゴ、赤いサンゴの密漁漁船だと
考えられます」と語った。
宝石サンゴと呼ばれる赤サンゴは様々な宝飾品に加工され、中国の富裕層に人気があり、日本では高知沖や沖縄沖
などが漁場となっている。サンゴ専門店アートコーラル銀座の清水和洋社長は、「価格面では、どんどん値段が上がっ
ているのが現実。3倍から5倍くらいには、なっているかなと思います」と語った。
中国の富裕層の増加にともない、赤サンゴの価格は上昇しているという。北京市のアクセサリーショップ店員は、「贈り
物として買う人が多く、最近は一般の人でも買えるようになってきた」と語った。
これまでにも、日本近海では、たびたび違法なサンゴ漁をする中国や台湾の漁船が摘発されている。
山田教授は「まずは、現行犯でなければいけない。小笠原沖というのは非常に離れた海域なので、常に監視ということ
ができないので…(摘発は非常に難しい)」と語った。


小笠原諸島に赤い旗の漁船団 目撃した船長を直撃しました


2014年9月26日(金)19:02 フジテレビ系(FNN)より
9月22日、大量の漁船団が日本の領海内に現れ、船には赤い旗が掲げられていました。 漁船団の写真を撮影した
人が乗るダイビングボートの船長・笹井信利さんを電話で直撃しました。

(船の航路をふさぐようにしてきた時の状況は?)
大体、午後0時ぐらいから船団が現れて、ダイビング終わって帰る3時ごろまで、ずっとそのへんに回ってまして。
いよいよ帰ろうかという時に、進路方向に数隻船が浮いてまして、その船をよけるように帰ってきたわけです。


(向こうの漁船側が笠井さん側の船をよけるような感じはなかった?)
20隻ぐらい浮いている大量の船は、中心線よりに、東の方にまとまっていまして、数隻が周りをパトロールするように
回ってるんですね。その船の1隻が、僕らが真っすぐ帰るところの進路を、右に左に動いているわけですよ。右に行く
から左を通ろうとすると返ってくる。いやでも進路を変えなくちゃいけないと。その一番最短に寄った時に撮った写真
が、アップの写真なんですけど、初めてですね。

(何かを引き揚げるような様子、専門家によると赤サンゴではないかということだが、これはどのように映った?)
わたしも専門家ではないので、以前から、こういう密漁が行われているといううわさは島では流れていますので、また
何かしているのかな、という感じで。あまりにも数が多いので、2014年になって、8月の頭から、少しずつ見え出して
るんですね、はじめ1隻、次3隻。9月15日に11隻、22日に20隻、また25日に17隻ってね。結局、大群でわたしたち
の目の前に現れてるわけですよ。


テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

阿蘇が「世界ジオパーク」に認定

9月23日、パリに本部を置く『世界ジオパークネットワーク』が、「世界ジオパーク(世界的に貴重な地形や地質が残る自然公園)」に、
熊本県の「阿蘇」を認定しました。日本国内では、島根県隠岐諸島に続き7件目の認定になります。
熊本県北東部に位置する阿蘇は、今も噴煙を上げ続けている中岳など多様な火山地形が広がる高原地帯で、阿蘇山の巨大噴火に
よるカルデラは面積が約350㌔㎡にも及んでいて世界最大級の規模を誇っています。2009年に日本ジオパークに認定されていました。

阿蘇01

阿蘇02


……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

2014年9月24日 産経ニュースより

九州・山口は世界遺産“宝庫”?

九州・山口にこの1、2年で世界遺産ブームが到来するかもしれない。エリア内に構成資産の大半がある「明治日本の産業革
命遺産」は来年に世界遺産登録される可能性があり、「長崎の教会群」も再来年の登録を目指しているからだ。
だが、探してみると海外の著名世界遺産に似ているスポットが、九州・山口には数多く存在する。ブーム前夜、身近な場所で
世界遺産旅行の気分を味わってはいかがだろうか。 (田中一世)

「壱岐のモンサンミシェル」「和式のモンサンミシェル」こう呼ばれる場所が、長崎県の壱岐島にある。
島東部にある直径わずか約60メートルの島に立つ小島神社だ。干潮になると壱岐島から小島に通じる約200メートルの
砂地の参道が姿を現し、徒歩で参拝することができる。

小島神社

フランス北西部の海上に浮かぶ小島の修道院「モンサンミシェル」も、今でこそ橋が架かっているが、昔は満潮時に渡る
のが難しかった。カトリックと神道の違いはあれど、潮が引けば参拝できる巡礼地、というのが共通点だ。
壱岐市観光連盟によると、小島が「モンサンミシェル」と呼ばれ始めたのは昨年ごろ。誰が名付けたのかは謎だが、パワ
ースポットとして観光客が増え始めた。
フランスのモンサンミシェルは1千を超える世界遺産の中でも有数の人気観光地なだけに、地元は観光客誘致に期待を
寄せる。市観光連盟の担当者は、「こちらも神秘的な場所です。恋愛成就に効果があるそうで、女性に人気がある」と
アピールする。小島神社の後藤須々美宮司は、「自然の不思議に神々の気配を感じてほしい」と語る。

自然が造った奇景を楽しみたければ、英・北アイルランドの「ジャイアンツ・コーズウェー」に似ていると話題の七ツ釜(佐
賀県唐津市)がおすすめだ。ジャイアンツ・コーズウェーは、石の柱(柱状節理)が、海岸線沿いに続く景勝地だ。
太古の火山活動で流れ出たマグマが冷えて固まって形成された。七ツ釜も大規模な柱状節理が見られる。しかもこちら
は、海に浸蝕され柱状節理に多数の洞穴(海蝕洞)が空いている。船で洞穴に入ることもでき、本場北アイルランドには
ない楽しみがある。今月6日に関東などで放送されたテレビ東京の旅番組でも取り上げられた。

七ツ釜

自然遺産では中国四川省の湖水地帯「九寨溝(きゅうさいこう)」も有名だ。青く透き通った水をたたえる五彩池が知られる
が、山口県美祢市には、勝るとも劣らないほど青く美しい別府弁天池がある。

別府弁天池

訪れた人が、「九寨溝っぽい」 「日本の五彩池と呼びたくなるような美しい池」などとインターネット上で紹介している。
ただ、別府弁天池のボランティアガイドの男性は「中国人観光客も来られるが『似ている』と言われたことはありません。
私も九寨溝のことはよく知らないのですが…」と語る。
ネットで話題が先行している段階のようだが、美祢市観光協会の担当者は「見た人に『似ている』と思ってもらえるなら、
『日本の九寨溝』として今後PRできるかもしれませんね!」と期待を寄せている。
美祢市が期待するように、「世界遺産」をからめた観光アピールで成果を出している地域もある。

大分県宇佐市の山あいにある西椎屋地区
頂上が尖った円錐形の小山(高さ約200メートル)が、世界遺産でもモンサンミシェルと並んで屈指の人気を誇るマチュ
ピチュ(ペルー)の聖なる山「ワイナピチュ」に似ている。その麓には集落の家屋と棚田の石垣があり、マチュピチュの
城壁に見えなくもない。
住民グループ「大銀杏の会」が平成22年、近くの高台に案内板を設置し、本場ペルーのマチュピチュの写真を掲載、見
比べられるようにし、「宇佐のマチュピチュ」としてPRしている。そのそっくり具合は、産経新聞でも既報した。
宇佐市職員で大銀杏の会事務局長の井上涼治氏は「マスコミにも取り上げられ、今夏は次から次へと見物客が来てくれ
た」と喜ぶ。大銀杏の会はさらなる観光客誘致に向け、駐車場と展望台の整備を市長に要望しているという。

西椎屋地区

宇佐と同じ大分県豊後大野市の「原尻の滝」は地元観光協会のホームページや旅行サイトなどが「東洋のナイアガラ」
「大分のナイアガラ」と紹介している。確かに落差20メートル、幅120メートルの滝は米国とカナダ国境の大瀑布を思い起
こさせる。ただ、本場「ナイアガラの滝」は、意外なことに世界遺産に登録されていない。

「原尻の滝」





テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

9月21日の「たかじんのそこまで言って委員会」は必見

9月21日の「たかじんのそこまで言って委員会」は“「朝日新聞」大検証!大激論!スペシャル”でした。
スペシャルMCとして、櫻井よしこさんが出演されています。「たかじん」ならではの内容は必見です。




2014年9月23日 J-CASTニュースより

「慰安婦報道」めぐり、朝日新聞社長から「絶交されました」
「紙面で謝罪」求めた時事通信OB・加藤清隆さん、明かす


朝日新聞の慰安婦報道問題に関連して、時事通信社OBで政治評論家の加藤清隆さんが、朝日新聞の木村伊量社長に「絶交された」
と、テレビ番組のなかで明かした。加藤さんは8月の放送で、木村社長に対し「紙面での謝罪」を求めたが断られた、と話していた。
時事通信社特別解説委員だった加藤さんは、この番組収録のために辞表を出してきたという並々ならぬ意気込みで臨み「洗いざらい」
(加藤さん)を話した。

加藤さんが出演した番組は、2014年9月21日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)。
視聴者から多数の要望があったという「朝日新聞 大検証・大激論SP!」をテーマに放送し、産経新聞編集委員の阿比留瑠比さん、
元朝日新聞ソウル特派員の前川惠司さん、月刊「WiLL」編集長の花田紀凱さんらを迎え、慰安婦問題の「吉田証言」、原発事故問題の
「吉田調書」について議論した。
番組の序盤で、司会の辛坊治郎さんは「実は本日お越しの時事通信社だった加藤清隆さんは、今日の番組収録のために時事通信社に
辞表をお出しになられました」と紹介した。その理由を聞かれて加藤さんは、
 「木村社長の関係のこともしゃべらないといけないんですが、とにかく後顧の憂いなく洗いざらいしゃべるために関係を切ってきた」
と説明すると、スタジオでは観客や出演者から拍手が起こった。加藤さんは番組中、一連の朝日新聞報道に対して厳しくコメントし「誤報
っていう言い方は止めた方がいいと思う。誤報っていうのはミステイクでしょ。違う、これは捏造です」と断言する場面もあった。
8月10日放送の同番組で加藤さんは、慰安婦問題の検証記事が掲載された日(8月5日)に木村社長と会って「はっきり一面で謝罪した
方がいいよ」と求めたが、「歴史的事実を変えることはできない。したがって、謝るようなものではない」と断られたと話していた。
その後、木村社長は9月11日に会見を開き慰安婦問題の「吉田証言」について、「その訂正が遅きに失したことについて、読者の皆様に
お詫び申し上げる」と謝罪、翌日紙面でも会見内容を報じた。
今回21日の放送で辛坊さんから「その後、木村社長との関係はどうなんですか?」と質問されると、加藤さんは、「絶交されました」と明か
した。放送ではその後、別の話題に移り、「絶交」の具体的な内容には触れなかった。 (略)
一方で加藤さんは、木村社長への評価・期待も口にした。番組終盤で、「木村君とは個人的関係切れていますから、彼の擁護ではない」と
前置きしたうえで次のように指摘した。「(初報から)32年間、誰一人として、こういう検証記事をやろうとしなかった。97年にやったというけ
ど、あんなもの不完全なものでした。ここまでやったということは、1%だろうが0.1%だろうが木村社長の功績だと認めていいと思います」
そして、「やめることは簡単なんです。逃げ出せばいいんだから。じゃなくて木村社長はがんばって残って朝日新聞は悔い改めて」と、会社
に残って体制を変えていくことへの期待を語った。



テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

李登輝元総統、5年ぶりに来日 「日本やっぱりいい国」

2009年9月以来、5年ぶりに台湾の李登輝元総統(91)が19~25日の日程で来日されています。
李登輝元台湾総統は20日に大阪市内で講演し、安倍政権による集団的自衛権の行使容認について、「尖閣諸島や
南シナ海問題で、中国は軽率な行動に出られなくなり、地域の安定に寄与する」と述べ歓迎する意向を示したうえで、
「今や世界は戦国時代。国際社会で自分の身を守るために武力を持つことが必要だ」と、憲法改正の必要性も指摘し
たそうです。李登輝元台湾総統は以前より「憲法9条の改正」と日本版「台湾関係法」制定に期待を寄せておられます。
7月3日付の『中央社フォーカス台湾』によれば、李登輝元総統は、日本の集団的自衛権行使容認は日米同盟強化と
なり、アジア地域にも好影響をおよぼすという期待感を示し、「これで米国を安心させることができるだろう」と述べたと
伝えています。また日本は今後、フィリピン、オーストラリア、インドとの軍事関係が深まり、台湾にも良い影響がもたら
されるとしたうえで、中国大陸は釣魚台列島(尖閣諸島)や南シナ海問題で軽率な行動に出られなくなるとして、「地域
の安定に寄与する」と評価した、とも伝えていました。

   李登輝元総統

李登輝元台湾総統が2月24日、WEDGEのインタビューに答えた記事がありますので、最後に転載しておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年09月19日20:24 【共同通信】より
李登輝氏、5年ぶり来日 日台関係「より強固に」
台湾の李登輝元総統は19日、5年ぶりに来日し大阪市で記者会見、「日台の心の結びつきがより強固となる契機に
なるよう願っている」と述べ、25日までの滞在を日台の一段の関係強化につなげたいとの意向を示した。
自民党有志議員らが目指している「日本版・台湾関係法(仮称)」の策定について、「相当困難」と予測しつつ「法的な
ものを持てば日台関係はもっと良くなる」と述べ、支持を表明。米国版のような軍事面での関係強化を想定しているの
かなど、具体的内容には触れなかった。
李氏の来日は2009年9月以来で、00年の総統退任後6回目。日本の交流団体「日本李登輝友の会」が招いた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年9月19日19時53分 産経ニュースより
李登輝氏が6回目の来日「日本やっぱりいい国」
台湾の李登輝元総統(91)は19日、関西国際空港に到着後、大阪市内で記者会見し、「台湾のためにしなければな
らない仕事を日本から学んで帰りたい」と抱負を語った。
李氏の来日は「日本李登輝友の会」の招きに応じたもので、2009年9月以来、5年ぶり6回目。
今回は初めての家族連れとなった。李氏は会見で「日本は5年前に来たときよりも進歩している。やっぱりいい国だ」と
到着の印象を語った。その上で来日の目的として、がん治療、再生エネルギー、肉牛飼育の視察を挙げ、日本の技術や
経験を「台湾の役に立てたい」と述べた。一方、日本への機内で同行記者団の代表取材に応じ、靖国神社を参拝する
予定はないと話した。07年の来日では、実兄がまつられる同神社に参拝した。
李氏の来日は25日まで。大阪、東京で講演するほか、北海道も初めて訪れる。 (田中靖人)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年09月20日 毎日新聞東京朝刊より
李登輝・台湾元総統:来日 日台関係強化に法制定呼びかけ
台湾の李登輝元総統(91)が19日、5年ぶりに来日した。関西国際空港に到着後、大阪市内のホテルで記者会見した
李氏は、日台間の経済や人的往来など関係強化の法的根拠となる「台湾関係法」の制定を日本側に呼びかけた。
2000年の総統退任後、来日は6回目。25日までの日程で大阪、東京で講演するほか、初めて北海道も訪れる。
米国は1979年に台湾(中華民国)と断交後も同盟関係を維持するため、米国の国内法「台湾関係法」を制定した。
日本は72年に断交したが、同様の法律はない。 【鈴木玲子】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年9月20日 産経新聞より
「日本は憲法改正して真の自立国家に」
来日中の台湾の李登輝元総統(91)は20日、大阪市内で講演し、アジアの平和と安定のため「日本は憲法を改正して
真の自立した国家となるべきだ」と述べた。
李氏は、米国の国力低下により「中国は、米国にアジアを安定させる力の余裕がないことを見抜いている」と警告。
日本が安定に貢献すべきだとした上で、「国家の根幹たる憲法を放置していては、日本は世界の動きから取り残され
る」と憲法改正の必要性を訴えた。また日本の集団的自衛権の行使容認について、「大歓迎だ」とした上で、「戦後長
らく続いた日本の不正常な状態を正し、再生していくための第一歩だ」と評価した。
李氏は、戦中に京都帝国大学に在学中、志願して大阪の旧陸軍第4師団に入隊したという関西との縁についても語っ
た。会場には約1,600人の聴衆が訪れた。
一方、李氏は同日午前、宿泊先のホテルで、中性子を利用するがん治療について専門家から説明を受けた。
李氏は「日本独特で設備の費用も安い。世界最高の治療法ではないか」と述べ、台湾からの研修医の派遣と、その後
の台湾への機材導入に期待を示した。 (田中靖人)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年(平成26年)9月21日NHKニュースより
台湾元総統 日本の集団的自衛権を歓迎
5年ぶりに日本を訪問している台湾の李登輝元総統は20日に大阪で講演し、日本政府が閣議決定した集団的自衛権
の行使容認について、「中国は軽率な行動に出られなくなり、地域の安定に寄与する」と述べて歓迎しました。
19日から5年ぶりに来日している台湾の李登輝元総統は、20日に大阪で講演を行い、およそ1,600人の聴衆を前に、
アメリカは経済力の低下から単独で世界の主導的な役割を果たす力を失っていると主張しました。
一方で、存在感を増している中国については「役人の腐敗や信じられないほどの環境汚染など、とても国際社会での責
任ある役割を任せられない」と批判するとともに、軍事力の強化や、南シナ海などの領有権を巡る強硬な姿勢に強い危
機感を示しました。そして、日米同盟を強固なものにする必要性を訴え、日本政府が閣議決定した集団的自衛権の行使
容認について、「中国は軽率な行動に出られなくなり、地域の安定に寄与する」と述べ、中国軍の動きをけん制する効果
が期待できるとして歓迎しました。さらに李元総統は、台湾を含む東アジアの平和のためにも「日本は憲法を改正して、
真の自立した国家となるべきだ」と述べました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年02月24日 WEDGE REPORT (WEDGE編集部)

李登輝・元台湾総統インタビュー (聞き手/編集部 大江紀洋)

日本への期待 安倍総理への期待

日本統治時代の台湾で育ち、京都帝大で学び、学徒出陣で戦地にも赴いた。武士道を愛し、日本人よりも日本人らしい
精神性を体現する李登輝元総統には、いまの日本がどのように映るのか。靖国から憲法まで縦横無尽に語り尽くす。

ーー昨年末に安倍晋三総理が靖国神社を参拝しました。

国のために命を捧げた英霊に、国の指導者がお参りをするのは当然のことで、外国から口出しされるいわれはない。
私の兄も、海軍志願兵として出征しフィリピンで散華したため靖国神社に祀られている。これは政治の問題ではなく、魂
の問題だ。私も総統在任中、台北にある忠烈祠に春秋の2回、参拝に行った。ただ、ここに祀られているのは抗日戦争で
亡くなった大陸の国民党の兵士であって、台湾とは全く関係がない。しかし、私は大きな愛でもって彼らの霊を慰めるた
めにお参りに行った。

ーーアベノミクスは、一貫して高く評価していますね。

為替の切り下げが重要だということを私は十数年前から言ってきたが、やり切る政治家がいなかった。
経済成長の道は、国内消費、投資、輸出、そしてイノベーションの4つ。日本は台湾と同じく資源を持たない。しかし、新し
い製品をつくる技術と開発力がある。このような国にとっての柱は、輸出であり為替が重要だ。為替切り下げは、近隣窮
乏策だという人がいるがそうならない。輸出が増えると輸入も増える。しかし、これまでの日本の総理は中国や韓国ある
いは米国からの批判の心配ばかりしてきた。日本国民の指導者だ、という考え方がなかった。国際社会における経済的
自立、精神的自立こそがデフレ脱却の鍵だ。

ーー世界経済の今後について、どう見ていますか。

私はこれからの国家経済運営において、中国の国家資本主義的「北京コンセンサス」も、米国の新自由主義的「ワシン
トンコンセンサス」もうまくいかないと見ている。
北京コンセンサスは、外国の資本と技術を頼りに、国内のあり余った労働者を活用する手法だ。成長率は高くても中産
階級は生まれず、格差に国民の不満が渦巻いている。
「小さな政府」を志向し、国境を越えた資本の自由な移動を推進するワシントンコンセンサスも問題が多い。グローバル
資本主義はこれまで、世界経済をダイナミックに拡大させてきたが、金融市場の不安定性、所得格差拡大と社会の二極
化、地球環境汚染の加速や食品汚染の連鎖といった本質的欠陥を解決できていない。
私は12年間の台湾総統時代、まず農業の発展に力を注いだ。そして農業が生み出した余剰資本と余剰労働力を活用
して工業を育成した。国家が基礎になって、国内の資源配分を行うこの経済運営は、日本がモデルになっている。
経済発展は、元手となる初期資本をどこから生み出すかにかかっている。西欧は植民地から奪うことができたが、アジア
の国々は地租を基礎にするしかない。日本の戦後の傾斜生産方式は、その代表例だった。
今後も、グローバル資本主義にただ任せておけば、国内の経済が良くなるという可能性は余りない。個別国家の役割は
依然として重要で、とりわけ指導者の責任は重い。その意味で、安倍総理が打ち出している、「3本の矢」を高く評価して
いる。

ーー中国や韓国は安倍政権の外交政策を批判しています。

安倍総理が就任早々、大胆な金融政策を打つと同時に、東南アジアを歴訪したのは素晴らしいことだ。
中国や韓国の理不尽な要求に屈せず、アジアで主体性を持った外交を展開しようとしている。日本は世界のためにアジ
アの指導者たれ、です。これからの世界の安全保障環境をもっともよく分析しているのは、イアン・ブレマーの「Gゼロ」だ
ろう。中国には国際秩序を維持しようという意思はない。周辺国の内政や領土への干渉を繰り返し、力を誇示している。
米国がこのままリーダーシップを失えば、世界はリーダー不在の時代になる。アジアや中東では、地政学的リスクが拡大
するだろう。国際政治の主体は国家である。複雑な国際環境に面して国民を安全と幸福に導き、平和を享受できるかど
うかは、ひとえに指導者の資質と能力にかかっている。
指導者のリーダーシップという問題に、この20年間、日本は苦労し続けてきたが、安倍総理は経済政策にしても外交に
しても、大変よくリーダーシップを発揮していると思う。

ーー憲法改正をどう考えますか。

私はこれまでも、憲法9条は改正すべきだとはっきり言ってきた。国際政治では、それぞれの国家に対して強制力を行使
できる法執行の主体は存在しない。国防を委ねることができる主体が存在しない限り、政策の手段としての武力の必要
性を排除することは考えられない。戦争が国際政治における現実にほかならないからこそ、その現実を冷静に見つめな
がら、戦争に訴えることなく秩序を保ち、国益を増進する方法を考えるのが現実的見解だ。
日本は、憲法改正という基本的な問題を解決しなければ、どのような問題に対しても国の態度をはっきりさせることがで
きない。

ーー指導者がリーダーシップを発揮するために何が必要でしょうか。

信仰です。本物の指導者は常に孤独だ。国家のために尽くしていても、反対勢力やメディアから批判される。孤独に耐え
るには強い信仰が必要だ。それが、あらゆる困難を乗り越える原動力になる。
最近の日本には、国民や国家の目標をどこに置くかについて、きちんと考えを持った指導者がいなかった。
安倍総理は、違う。彼には彼なりの信仰があるように私には思える。私の場合は、キリスト教という信仰があった。
私はもともと農業経済の学者でした。40代で奨学金を得て、米コーネル大学に留学し、そこで書いた博士論文が評判
になった。当時、台湾では土地改革をめぐって農業問題が深刻になっており、行政院副院長(日本の副首相にあたる)
を務めていた、蒋介石の息子、蒋経国に呼ばれ、自分の考えを説明する機会があった。そして、蒋経国が行政院長(首
相相当)に就いたとき、政務委員(国務大臣相当)として入閣することになった。48歳の時です。
6年間政務委員を務めその後6年間、台北市長や台湾省主席を経験したのち、蒋経国総統から副総統に指名された。
そしてその4年後、蒋経国が亡くなり、憲法の定めで総統に就任した。なぜ私のような人間が、蒋経国に抜擢され総統
になったのか。それは神のみぞ知る、です。

ーー「万年議員」を引退させたり、総統選挙を直接選挙にしたりと、大改革を次々実行しましたね。

私はもともと学者だから、権力もお金も派閥もなかった。そういう人間が改革をやろうとしたものだから、困難ばかりで夜
も寝られなかった。国内では既得権者と闘い、対外的には大陸中国との問題があった。そうした困難な事態に直面した
とき、私は必ず聖書を手にした。まず神に祈り、それから聖書を適当に開いて、指差したところを読み、自分なりに解釈し
て、神の教えを引き出そうとした。自分を超えた高みに神が存在していて助けてくれる。そのような信仰が、一国の運命
を左右する孤独な戦いに臨む指導者を支えてくれる大きな力となる。

ーー日台関係をどう見ていますか。

台湾に対して、日本は長い間冷淡だった。しかし、司馬遼太郎さんが「街道をゆく」で台湾紀行を書いたり、中嶋嶺雄さ
んが「アジア・オープン・フォーラム」を開いたりしたおかげで、少しずつ関係は改善した。
そして、安倍総理がフェイスブックで、「友人」と発言し、懸案の漁業協定締結にもこぎつけてくれた。これらは、ここ40年
間、日台間に存在した表面的な関係を具体的な形として促進したものと言える。
残る課題は、日本版「台湾関係法」の制定だ。日本は日中国交正常化に伴う中華民国との断交以来、日台交流の法的
根拠を欠いたままだ。国内法として台湾関係法を定め、外交関係を堅持している米国を参考にしてほしい。これは、今後
「日米台」という連合によって、新しい極東の秩序をつくる上で、良い礎となる。




テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

仁川:バッジが旭日旗に似ているから…

南朝鮮に関することは、極力取り上げないようにしています。しかし、今回は腹が立つというより、呆れるほか無いような
ニュースを小さい記事ながらも、産経、読売、朝日、毎日の各紙が報じていましたので、取り上げてみました。
ニュースの内容は、《16日に仁川市の富平(プピョン)女子高校で練習していた日本ホッケー男子選手たちが、見学に
来ていた女子高校生に記念品としてバッジを渡したところ、このバッジが旭日旗に似ているということで、生徒が教師に
連絡。学校側が18日に大会組織委員会に問題として報告。日本の関係者は困惑している》というものです。
協会のシンボルマークのバッジは1946年頃から使用されているもので、国際試合などで相手チームと交換しているも
のであり、韓国との対戦のときも何度も使ってきたものだそうです。
読売は「韓国では旧日本軍が使った旭日旗は軍国主義の象徴として反発が強い」からと問題の背景をあげています。
毎日は「韓国では最近、戦前の日本の軍国主義の象徴として、旭日旗を敵視する風潮が強まっている」と理由を挙げ
ていますが、〝最近〟ではなく、3年くらい前から酷くなったと伝えるべきです。
南朝鮮の歪んだ反日教育が、まともな歴史も、国際常識も知らない若者たちを育て、何でもかんでも反日の材料にして
日本叩きをしなければ気が済まないという、哀れな国民を増やしてしまったのでしょう。
そんな民度の低い国の振る舞いに、いちいち、反発したり憤慨したりしても仕方ありません。理屈が通じないのですから
いくら話したところで無駄です。我々は冷静に、真実を語り、正論を述べて、毅然と対応するだけでいいのではないでしょ
うか。無駄にかかわらず、捨て置く(無視する)のが、最善策だと思いますが・・・。
旭日旗について分かり易く書かれた記事が、3月20日のSANKEI EXPRESSにありましたので、転載しておきます。

平成26年9月20日 産経新聞
9月20日産経 仁川

2014年09月20日05時29分 読売新聞 【仁川(韓国)=矢萩雅人】より
記念に渡したバッジ「旭日旗」類似と騒ぎ…仁川
19日に仁川で開幕したアジア大会に出場するホッケーの日本男子選手が、韓国の女子高生に日本ホッケー協会の
バッジをプレゼントしたことが、思わぬ波紋を呼んでいる。
聯合ニュースによると、16日午後、仁川市内の高校の室内ホッケー場で練習していた選手が、練習を見に来ていた
女子生徒約20人にバッジを渡したところ、生徒は教師にバッジが旭日旗に似ていると報告。学校側は生徒が不快に
感じたとして、大会組織委員会に連絡したという。
このバッジは、同協会のシンボルマークで、スティックの下に太陽が描かれたデザイン。国際試合などで相手チーム
と交換しているもので、選手は記念品という認識だったという。
組織委から日本側に抗議や問い合わせなどはなく、同協会から報告を受けた日本オリンピック委員会は、「伝統があ
るシンボルマークで、問題はない」と話している。
韓国では旧日本軍が使った旭日旗は軍国主義の象徴として反発が強い。

          日本ホッケーチームバッジ

2014年9月20日 朝日新聞デジタルより
日本ホッケー協会バッジ、旭日旗を連想? 韓国で問題視
仁川(インチョン)アジア大会に出場するホッケーの日本男子選手が、韓国の女子高校生に日本ホッケー協会のバッジ
を渡したことが、問題視された。2本のスティックの下に太陽を描いた協会のバッジのデザインが、旭日旗を連想させた
という。交流を図ろうとした行為が思わぬ反発を招いたことに、関係者は困惑している。
韓国の聯合ニュースなどによると、16日に仁川市の富平(プピョン)女子高校で練習していた選手たちが、見学に来て
いた女子高校生約20人に記念品としてバッジを渡した。ところが、韓国で旭日旗は日本の軍国主義の象徴とされてお
り、不審に思った生徒が教師に連絡。学校側は18日、大会組織委員会に問題として報告した。組織委は詳細を調査中
としている。
日本ホッケー協会によると、協会のシンボルマークは1946年ごろから使用している。国際試合ではバッジを対戦相手に
手渡しており、韓国との対戦でも何度も使ってきたという。今大会に出場する男女代表のヘッドコーチはいずれも韓国人
だ。仁川入りしている日本オリンピック委員会(JOC)関係者は「相手を不快にさせようという意図は全くない」と説明。
日本ホッケー協会の宮野正喜広報・マーケティング委員長も、「コメントのしようがない」と驚いていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年09月20日 毎日新聞東京朝刊 【仁川(韓国):澤田克己、芳賀竜也】より
仁川アジア大会:
お礼のバッジ、旭日旗のよう ホッケー選手、練習場で配布 協会マーク、韓国内で波紋
19日に開幕した第17回アジア大会に出場するホッケー男子の日本代表チームが、練習会場となった仁川市内の女子
高の生徒らに渡したピンバッジが、韓国内で波紋を巻き起こしている。
日本ホッケー協会のマークを描いたものだが、学校側が「(日本の軍国主義の象徴である)旭日旗だ」と反発。日本協
会側は「予想外だ。国際親善のつもりだったのに」と戸惑っている。
学校側によると、日本チームが16日夕、同校での練習を終えて引き揚げる際、見学していた約20人の生徒にバッジを
配った。生徒たちはその後、バッジの模様に気づいて、学校に届けたという。学校は18日、大会組織委員会に報告した。
組織委は「経緯を確認中だ」と話している。
日韓関係が悪化する中、韓国では最近、戦前の日本の軍国主義の象徴として、旭日旗を敵視する風潮が強まっている。
日本ホッケー協会のマークは、組み合わせた2本のスティックとともに放射状の陽光を放つ太陽の上半分が三角形の中
に描かれたもので、旭日旗に酷似している。協会によると、デザインを決めた経緯に関する記録は残っていない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年3月20日SANKEI EXPRESS【軍事情勢】より

韓国・旭日旗禁止法は有名ブランドへの嫉妬

吉田茂元首相(1878~1967年)が存命なら、韓国国会で唐突に審議に入った《旭日旗禁止法案》の淵源(えんげん)
を「軍国主義の亡霊」ではなく「有名ブランドへの嫉妬」と総括するかもしれない。
大日本帝國海軍の《軍艦旗=十六条旭日旗》を、海上自衛隊の《自衛艦旗》として最終的に承認するにあたり、吉田が
語った感想から入る。「世界中でこの旗を知らぬ国はない。どこの海に在っても日本の艦であることが一目瞭然で実(ま
こと)に結構だ。海軍の良い伝統を受け継いで、海国日本の守りをしっかりやってもらいたい」

◇群を抜く知名度
国内では、「めでたさ」なども表す旭日旗だが、「ライジングサン=昇る朝日」として世界中で名をとどめ、知名度は群を
抜く。Tシャツにプリントして、自己主張する外国人は日常の光景になった。米空軍の大統領専用機エアフォースワンの
カラーリングも手掛けた工業デザイナー、レイモンド・ローウィ(1893~1986年)が、日本のビールメーカーの依頼で、
ライジングサンを想起させるラベルを創った気持ちが分かる気がする。
対する韓国海軍の海軍旗を知る外国人はどれほどいるだろう。この格の違いに、韓国人は嫉妬する。情念・怨念の濃さ
に哀しみさえ漂うが、国際法は学習しなくてはならない。
そもそも、軍艦は国家の延長とされ、国外に在っては、不可侵権など大使館と同様の特権を持つ。大きな権能を有する
軍艦の証しが軍艦旗だ。国際法上は軍艦たる海自艦も当然、軍艦(自衛艦)旗を掲げる義務を負う。従って、十六条旭
日旗に対し、韓国内での製造や掲揚に罰則を科す法案の審議は、主権侵害を意識した無礼な作為である。
ところが韓国人は、地球上のあらゆる国・分野で「旭日旗狩り」を行う。その目の付け所は、常人の及ぶところではない。
何と、歴史的建造物のステンドグラスの中にも「軍国主義の亡霊」を創り出す。
在米韓国人団体が3月22日、米ペンシルベニア大学・芸術文化研究棟の学生食堂にあるステンドグラスの即時撤去を
学長に要求した。ステンドグラスには、赤い太陽から扇の骨のような縞模様が延びているのだとか。
棟が建てられた、1928年頃にはめ込まれたようだ。韓国人学生がフェースブックに写真を掲載したのが発端だった。
他に▽旭日旗の戦犯性認識 ▽「事件」に関する個人・団体への教育 ▽外部への要求受諾表明-を求めた。
団体会長は、「知性が生まれる場に、戦犯旗のデザインが飾られたのは衝撃」と述べている。

◇芸術性に富む究極の意匠
韓国側は旭日旗自体に加え、「デザインを想像させる」だけでクレームを付ける。サッカー・体操の日本チーム向けユニ
ホームや、サポーターの応援旗だけに限ってもいない。つるし上げられた、人物や組織・企業は当初??。次いで執拗
さにゾッとしたに違いない。
ニューヨーク近代美術館展示の芸術作品 ▽韓国アイドルグループの東日本大震災向けチャリティーTシャツ ▽日本
のアイドルが発信したツイッター上のデザイン ▽英ロックバンドのプロモーションビデオ ▽米ミュージシャンのコンサー
ト映像 ▽英企業のロゴ ▽ニュージーランド企業のチョコレート広告 ▽イタリア製スマートフォンケース ▽カナダ人総
合格闘家の道着……。並べてみて見えてきた。90年近くも前、ペンシルベニア大学のステンドグラスを手掛けた工芸作
家や後のローウィと同様、世界中の感性が、きらびやかでしかも雄々しい動かしがたいライジングサンの芸術性に魅せ
られたのだ。実際、帝國海軍の軍艦旗を、海自が《自衛艦旗》として受け継ぐ経緯(いきさつ)は、旭日旗がいかに究極
の意匠であるかを物語る。
54年の防衛庁・自衛隊創設前、旗章も全面的に見直される方向となった。まず、海自の前身、保安庁警備隊内で広く
意見を集め、図案を募集した。学者や画家の意見も聴いたが、軍艦旗復活が大勢だった。一方で、戦後の左翼・情緒的
反軍平和の風潮が復活を許さないのでは、との危惧もあった。そこで▽直線的 ▽単色 ▽一目瞭然 ▽すっきり ▽一
見して士気を高揚 ▽海上部隊を象徴するに十分 ▽海上における視認の高さ ――を条件に、新たな旗を考案する方
針となった。

◇米内穂豊よない・すいほう画伯も脱帽
方針を受け、東京藝術大学の意見を聴くと「軍艦旗は最上のもの。国旗との関連、色彩の単純鮮明、海の色との調和、
士気の高揚など、全条件を満たしている」との回答を得る。
図案研究は続き、米内穂豊画伯(1893~1970年)に図案作成を依頼した。画伯は悩み抜いた末「20枚ほど案を描い
たが、どうしても自分の意に満たない。軍艦旗の寸法があれば参考にしたい」と要請。数日後、画伯は重大な結論を口
にした。「軍艦旗は黄金分割による形状、日章の大きさ、位置光線の配合など実に素晴らしく、これ以上の図案は考えよ
うがない。それで、軍艦旗そのままの寸法で図案を1枚描き上げた。お気に召さなければご辞退いたします。ご迷惑をお
かけして済みませんが、画家としての良心が許しませんので」
“画伯の作品”は、最終検討を経て庁議にかけられた。前述した予備的な意見聴取段階と同じに、庁議でもデザインで
はなく▽帝國海軍との関係 ▽創設する海自への影響 ▽国民感情 ――などが焦点となった。結局、保安庁長官は裁
可したが、もう一つハードルが待ち受けていた。
主(ぬし)がいない軍艦旗を惜しみ、日本外洋帆走協会(現・日本セーリング連盟)が国籍旗として正式登録していた。
防衛庁では協会に掛け合い、快くデザインを譲ってもらっている。
斯(か)くも国際的に有名な軍艦旗は少ない。「極一部」を除き、斯くも国内外の人々に愛されるデザインも少ない。
ところで、軍艦に行き会った民間船は揚げる国旗を少し下げ元の位置に戻す、敬礼をせねばならぬ海の慣行がある。
領海では各国の警察権が及ぶが、公海では伝統的に軍艦が“警察権”を担保してきた。この役割への敬意の表明だ。
軍艦側も、敬礼を受けると同時に軍艦旗を少し下げて答礼する。
禁止法施行後、海自艦の韓国入港時、韓国民間船は果たして十六条旭日旗に敬意を示せるだろうか。国際人たる品格
とシーマンシップが問われる。 (政治部専門委員 野口裕之)




テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

三連水車や山田堰が、世界かんがい遺産に

9月16日、国際かんがい排水委員会(ICID)の第65回国際執行理事会において、日本が遺産候補として申請した
9施設が、「かんがい施設遺産」として登録されることになったそうです。
我が福岡からは、朝倉市の「山田堰、堀川用水、水車群」が登録されました。県南部の農業地帯で稲作だけでなく、
梨や葡萄、柿などの果樹栽培も盛んな地域です。
山田堰の近くには、中大兄皇子が斉明天皇の喪に服されたとされる「木の丸殿」跡がある御陵山(「恵蘇八幡宮」)
があります。自分がよく知っている地域の水利施設が、国際的に認められるなんて嬉しい限りです。

≪山田堰≫
山田堰

≪三連水車≫
三連水車

============================================================
2014年09月17日 西日本新聞より
三連水車、通潤用水などを登録 かんがい施設遺産、国内第1弾
農林水産省は16日、非政府組織「国際かんがい排水委員会」(ICID、本部インド・ニューデリー)が今年から始めた
国際的な登録制度「かんがい施設遺産」に、福岡県朝倉市の山田堰(ぜき)、三連水車などを含む伝統的水利施設
や、熊本県山都町の通潤(つうじゅん)用水など国内の9施設が第1弾として登録されたと発表した。
ICIDは、かんがい技術の開発や研究などを目的に1950年に設立され、96カ国・地域が加盟。
同遺産は、かんがい施設を適切に保全することなどを目的に創設。建設から100年以上経過し、農業の発展に貢献
したダムや分水施設、水路などが選ばれる。今回は、日本など5カ国の17施設を登録。国内からは10施設が申請さ
れていた。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年9月17日 朝日新聞デジタル/福岡より
三連水車や山田堰が世界かんがい遺産に
朝倉市の山田堰土地改良区が運営する山田堰や堀川用水、三連水車などの水車群が16日、非政府組織(NGO)
の「国際かんがい排水委員会」(ICID、本部・インド)が選定する「かんがい施設遺産」に登録されることが決まった。
農水省によると、同日のICIDの理事会で、世界で17件(うち日本は9件)が認定された。遺産制度は今年創設された。
堀川用水は江戸時代の1663年、筑後川の水を干ばつに悩む農村地帯に導くため築造され、1789年に三連水車な
どの水車群、その翌年に石張りの山田堰が完成した。用水は現在、計88kmあり、652haの農地を潤している。
山田堰土地改良区の徳永哲也事務局長は「国際的に認められて光栄。350年の歴史がある施設を次世代に引き継ぎ
守っていく責任も感じる」と話した。 (大久保忠夫)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
農林水産省HPより

かんがい施設遺産の登録について

国際かんがい排水委員会(ICID)は、平成26年9月16日(火曜日)に大韓民国光州広域市で開催された第65回
国際執行理事会において、ICID日本国内委員会がかんがい施設遺産候補として申請した9施設を、かんがい施設
遺産として登録することを決定しました。

1.国際かんがい排水委員会の審査結果について

かんがい施設遺産は、かんがいの歴史・発展を明らかにし、理解醸成を図るとともに、かんがい施設の適切な保全に
資するために、歴史的なかんがい施設を国際かんがい排水委員会(ICID 本部所在地:インド、ニューデリー)が登録・
表彰する制度であり、本年度(平成26年度)に創設されました。
ICID本部に設置された審査委員会において、各国のICID国内委員会(日本事務局:農村振興局整備部設計課)から
申請があった候補施設の審査が行われ、本日、大韓民国光州広域市で開催された第65回ICID国際執行理事会に
おいて、5ヶ国17施設がかんがい施設遺産として登録されることが決定し、表彰が行われました。
ICID日本国内委員会が候補施設として申請した下記の9施設がかんがい施設遺産として登録されることが決定しま
した。

1. 稲生(いなおい)川 (青森県十和田市他)
2. 雄川(おがわ)堰 (群馬県甘楽町)
3. 深良(ふから)用水 (静岡県裾野市他)
4. 七ヶ(しちか)用水 (石川県白山市他)
5. 立梅(たちばい)用水 (三重県多気町他)
6. 狭山(さやま)池 (大阪府大阪狭山市)
7. 淡山疏水(たんざんそすい) (兵庫県神戸市他)
8. 山田堰、堀川用水、水車群 (福岡県朝倉市)
9. 通潤(つうじゅん)用水 ((熊本県山都町)

登録施設の詳細については、下記URLを御覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kaigai/ICID/his/his.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
福岡県HPより

「山田堰、堀川用水、水車群」の「かんがい施設遺産」登録について

朝倉市の「山田堰、堀川用水、水車群」が、国際かんがい排水委員会(ICID)が本年度創設した「かんがい施設遺産」
に本日登録されました。これについては、山田堰土地改良区を中心に、県、朝倉市が一体となって登録を目指してきた
ものです。

<今回の登録について>
・5ヶ国17施設が登録
・日本からは9施設が登録(山田堰以外の登録施設)
稲生川(青森県)、雄川堰(群馬県)、深良用水(静岡県)、七ケ用水(石川県)、立梅用水(三重県)、狭山池(大阪府)
淡山疏水(兵庫県)、通潤用水(熊本県)

・他国の登録は8施設
中国=4件、タイ=1件、スリランカ=2件、パキスタン=1件

<かんがい施設遺産制度について>
国際かんがい排水委員会(ICID:本部ニューデリー・世界96カ国加盟)が、かんがいの歴史・発展を明らかにし、理解
醸成を図るとともに、かんがい施設の適切な保全に資することを目的として本年度創設された制度。
建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したもの、卓越した技術により建設されたもの等、歴史的・
技術的・社会的価値のある施設を登録・表彰。

<これまでの経緯>
平成26年6月30日 ICID日本国内委員会で申請内容を審査(国内23施設中10施設の中に選ばれる)
平成26年7月15日 ICID本部(本部ニューデリー・世界96カ国加盟)へ申請書を提出

「山田堰、堀川用水、水車群」について
【山田堰】
1790年の建設された山田堰は、堰長320m、堰高3mの堰で、総面積25,370㎡の広さを持つ日本で唯一の「傾斜堰
床式石張堰」であり、筑後川から約553,000㎥/日を取水し、652haの農地を灌漑している。

【堀川用水】
堀川用水は、山田堰から取水した筑後川の水を農地に送るために開削された農業用水路である。
1663年に開削された当時の全長は約8kmであったが、その後より、多くの水をより遠くに運ぶために延長されてきた
結果、現在総延長、本線4.6km、幹線6.2km、支線77.3km、合計88.1km。

【三連水車群】
水車群は三連水車1基・二連水車2基であり、全て堀川用水に設置されており、水車群全体の揚水量約20,400㎥/日
により、堀川用水よりも高所にある農地35haを灌漑している。


朝倉市HP
http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1297659953084/

水土里ネット山田堰HP
http://yamadazeki.net/template_a-18-26





テーマ:地域のニュース - ジャンル:ニュース

高橋洋一氏も、朝日に掲載拒否されていた

朝日に記事の掲載拒否を受けたのは、池上彰氏だけではなかったようですね。
高橋洋一嘉悦大教授が、9月12日の夕刊フジのコラムに以下の記事を寄稿しておられましたが、もっと詳しい内容の
記事を9月8日、『現代ビジネス』に“池上さんだけじゃない!筆者が体験した「朝日新聞」もう一つの掲載拒否原稿を
読者に問う”
というタイトルで書いておられました。その中で「池上さんの話はその日のうちに大きくなったが、筆者の件
はその前日に少しツイートしただけなので大きな話題にもなっていない」「筆者のような例は、この雑誌では珍しくないら
しい。山形浩生氏や玉木正之氏のブログでも似たような掲載拒否の件が報告されていた」と語っておられます。
新聞にしても雑誌にしても、社の方針とか編集側の思惑など様々な理由があろうことは想像に難くありません。相当の
理由なら掲載拒否も止むを得ない場合も有るでしょう。しかし、池上氏の掲載拒否理由は不可解で納得いかないもの
でしたし、高橋氏の場合、「内容が高度すぎて理解できない」「書き直す時間はない」から掲載できないというのも理由
になっていません。「気に入らないもの」「都合が悪いもの」は、「無視」するか「無かった」ことにするという朝日の体質が
如実に表れているのではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年9月12日 zakzak 【「日本」の解き方】より

わたしも朝日に掲載拒否された 気に食わない原稿は排除

朝日新聞は、ジャーナリスト、池上彰氏の連載「新聞ななめ読み」の掲載をいったん見合わせた後、9月4日付で掲載した。
同じ頃、実は筆者も掲載拒否を受けた。ただし、こちらは掲載拒否のままである。
筆者が依頼されたのは、朝日新聞のジャーナリスト学校が発行する『Journalism[ジャーナリズム]』という雑誌(販売は
朝日新聞出版)の原稿だ。7月23日付メールで「アベノミクスをどう評価するかと同時に安倍晋三政権の経済政策や、メ
ディアのアベノミクス報道に対する姿勢などを批判する内容の論考」を依頼された。
メールだけではなく、打ち合わせも8月11日に1時間ほど行った。その打ち合わせでは、朝日新聞の慰安婦報道が話題だ
ったので、朝日新聞の経済報道を題材として書きたいという筆者の意向を述べた。
アベノミクスの第1の矢(金融政策)と第2の矢(財政政策)について、朝日新聞は、金融引き締めと緊縮財政という、筆
者から見ればデフレ脱却に最もふさわしくない政策を推していた。つまり、金融緩和に反対で、増税に賛成という立場だ。
経済学的な視点から見れば、これはダメな組み合わせで、正解は金融緩和と拡張財政だ。
同紙の原真人編集委員の論考が典型的だったので、それを題材にして間違いを指摘した。その後で、国民には金融緩
和反対、増税をいいながら、新聞業界には軽減税率を求めるのはおかしいことも書いた。その原稿を締め切り期限内に
担当者に送った。9月1日夜、「内容が高度すぎて理解できない」という理由で掲載できないとメールがあり、書き直す時
間はないので原稿料全額をすぐ支払う旨も書かれていた。時間的に筆者としては修正は可能だったが、一方的な掲載
拒否だった。
朝日新聞ジャーナリスト学校の『Journalism[ジャーナリズム]』なのだから、建前くらいはジャーナリストでいてほしい。
依頼があったとき、メディアによって色合いがあり、今回はアベノミクス批判が8割で、残り2割にその反対意見をあて、筆
者はその中で扱われていることくらいは察しがついた。しかし、その2割の中でも意見が気にくわないと排除するようでは、
ジャーナリストを名乗る資格がないだろう。
反対意見を徹底して排除するのは、同人誌ならともかく、『Journalism[ジャーナリズム]』というのはおこがましい。
何より朝日新聞の現場の人が、色々な人を取材するとき、「朝日新聞は社の方針に合わない意見は排除するのだろう」と
取材先にいわれたら、取材ができなくなってしまうだろう。
昔のように、新聞なしで意見表明できない時代であれば、筆者の件は表面化しなかっただろうが、今はネットの時代で誰
でも意見をいえる。その上、ジャーナリズムの基本を踏み外した朝日新聞は、国民の知る権利に貢献しないメディアだ。
朝日新聞が「報道の自由」を主張しても、「掲載拒否の自由」の冗談かと思われるのではないか。
(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ちなみに高橋氏は、「経済等の分野では不勉強な日本のマスコミは、まともな記事を書けないということ」を以下の記事で
言いたかったとのことです。

『現代ビジネス』9月8日、高橋洋一「ニュースの深層」より

以下、筆者が『Journalism』の依頼に応じて寄稿し、ボツになった原稿である。

◇リフレ派の勝利に終わった金融政策論争
アベノミクスは、金融政策(第一の矢)、財政政策(第二の矢)、成長戦略(第三の矢)から構成されている。成長戦略も面
白い論点であるが、本稿では金融政策と財政政策というマクロ経済学の分野に絞って論じたい。 (略)
まず、第一の矢の金融政策から述べたい。
はじめに学会ではどうなのかというと、金融政策については長い間論争の対象だった。主な論点は、①金融政策で物価を
コントロールできるか②金融政策によって生産や雇用の水準を高めることができるか③金融緩和を行うと財政破綻などの
大きな危険があるのかどうか、である。ここで、この点を詳しく論じるのは本稿の趣旨ではない。
幸いにも、金融政策について、顕著な効果があるということに肯定的で弊害が少ないという立場(リフレ派)の学者と、その
逆に、効果がなく弊害が大きいという立場(デフレ派)の学者の両方が共同で書いた本、原田泰・齊藤誠編『徹底分析アベ
ノミクス』(中央経済社、2014))が最近出版された。これまで、それぞれの立場の学者の書いた本はかなりあるが、両者の
立場の学者を含む、対比する形で書かれた本はなかった。日本でアベノミクスに関心が集まり、その検証をせざるを得な
くなったわけだ。筆者も、金融政策に肯定的な立場から、同書中に一つの論文を書いている。
同書と、これまでのデータ(特に消費増税を行うまで)を見ていただければ、どちらが正しかったかは明らかである。この意
味で、金融政策が有効かどうかという、いわゆるリフレ論争は一つの決着をみている。ここでは、日本アカデミズムにおけ
るリフレ論争を振り返っておこう。
筆者は1998年から2001年まで米プリンストン大学にいたが、知的刺激にあふれた時期だった。
前FRB議長のバーナンキ教授、2008年にノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン教授らが、日本を題材にして非伝統
的金融政策を毎週のセミナーで侃々諤々と議論されていたのは面白かった。一言で言えば、金融緩和政策を大胆にやれ
ば、デフレから脱却できるというものだった。
2001年に帰国後、経済財政諮問会議を手伝うことになったが、その当時の日本のアカデミズムに驚いた。一部のマイナー
な人たち(今ではリフレ派といわれる)を除き、主流派の人たちは、クルーグマンらの言うことは信じてはいけないと公言し
ていた。
例えば、諮問会議の民間議員だった吉川洋・東大教授から「高橋さん、貨幣数量説を信じているの?」と言われたことも
ある。
それに対して、「マネーをマネタリーベースにすれば、通貨発行益があるので、長期的には成立すると思います」と答えた
が、吉川教授は否定的だった。
こうした学会を変えるように運動すべきという人もいたが、筆者は、頑迷固陋な学者を説得するには実社会で証明するほ
うが近道と考えていた。もちろん、米国アカデミズムの賢人たちと同じ考えだから、失敗はないという確信があった。
幸いなことに、小泉政権での竹中平蔵大臣や中川秀直自民党政調会長には、筆者の説明を納得してもらった。
2003年3月の日銀人事で福井総裁になったが、デフレ脱却を約束したため、量的緩和はすぐできた。ところが、ゼロ金利
になると、どんな金融政策も無効になるという主張が出てきて、量的緩和の足を引っ張るような動きになった。
齊藤誠・一橋大教授のブラックホール論だ。モデル式もあるので、日本のアカデミズムで受け入れられていた。
しかし、その論文を読むと、経済学大学院生にはわからないが、数学科学生なら簡単にわかる誤りがあった。
筆者はそれを2003年5月号『経済セミナー』(日本評論社)に書いた。齊藤教授はびっくりして筆者にメールを送ってきたが、
その中で筆者の指摘に再反論はなかった。もちろん、表での再反論もない。日本のアカデミズムでは、筆者のような行動
はあり得ず、「なかったこと」になっているらしい。
小泉政権での量的緩和は不徹底であったが、データ分析すれば日本経済に好影響を与えたことがわかる。だが、それす
ら日本のアカデミズムの主流派は怠った(数少ない例外は関西大学の本多佑三教授)。
前掲した『徹底分析アベノミクス』の編者の一人は、齊藤誠・一橋大教授である。同教授は日本を代表するマクロ経済学
者である。11年前に齊藤教授の批判論文を書いた筆者は、今回も金融政策に効果があったとし、齊藤教授の見解を否定
している。前回も今回も齊藤教授からは反論がない。ということは、長年にわたる日本におけるリフレ論争が、リフレ派の
勝利に終わったと筆者が考える所以である。

◇インフレ目標に言及しない朝日の編集委員
こうした状況において、メディアが果たす役割は何だろうか。学会において、学者が一つの立場を主張するのは、どのよう
な立場であれ、学者として理解できる。それが学者の本分である。それが間違っている場合には評判を失うという、学者
なりの責任の取り方になっている。これは、学者がサラリーマンではないからできることだ。しかし、メディアの場合、書き
手は殆どがサラリーマンである。筆者はサラリーマンでない個人で頑張っている人を知らないわけでないが、日本で個人
のフリージャーナリストはごく少数しかしない。多くは、会社に属しているサラリーマン・ジャーナリストである。そうしたサラ
リーマンであると、きちんとした個人の意見は出てこないし、個人で取れる責任もない。これでは事後検証しても意味がな
いことになる。
また、メディアの人は、きちんとした学問の訓練を受けていないために、高度な専門知識に欠けている。このため、学会で
も意見の割れるような分野をきちんと報道できない。ややもすると、学会で割れている意見の一方のみを過大に扱い、中
途半端な理解であたかも自分の意見のように書く場合もある。そうした実例として、朝日新聞編集委員の原真人氏が書い
て朝日新聞に掲載されたものを取り上げてみよう。2012年12月19日付の「高成長の幻を追うな〈政権再交代〉」である。
以下、一部を引用する。

〈自民党圧勝を受けた金融市場は新政権を歓迎し、安倍晋三総裁が望んだ円安・株高が進んでいる。だが市場は
しばしば誤ったメッセージを発するものだ。財政と金融の両方でお金をばらまこうという「アベノミクス」は、短期の
相場を考える金融市場の人々には心地よく響くが、日本の将来にとっては危うい路線である。
量的緩和政策はデフレ解消や成長促進への効果が薄く、副作用が大きい。それがこの10年、日本銀行が試み
を重ねた末に学んだ答えである。にもかかわらず、安倍氏はデフレ脱却のため日銀に「輪転機をぐるぐる回して
お札を刷る」よう求めている。このうえ際限なくお金をばらまけばどうなるか。経済は好転せず人々の給料が上が
らないまま、金利や物価だけが上昇しかねない。その先にはギリシャのような危機連鎖が待っている〉
〈民主党政権も理解していたとは言えない。「コンクリートから人へ」といいつつ、整備新幹線の着工など大型公共
事業を進める逆行政策が目立った。さらにそれを加速させんとする安倍氏には、「名目3%成長」という人口増時
代の高い潜在成長率の感覚があるようだ。日本が人口減少の成熟社会となった今、そこにこだわれば、政策の
ゆがみは大きくなる〉
〈新政権がアベノミクスにとらわれ続けるなら、持続可能社会の実現をさらに遠ざけるだけだ。そうなれば、私たち
は遠回りのコストをまた負担させられることになる〉

安倍総裁が、〈「輪転機をぐるぐる回してお札を刷る」よう求めている〉とし、〈このうえ際限なくお金をばらまけばどうなるか〉
と書く表現は、悪意に満ちた感情論である。
当時の安倍総裁は、「インフレ目標における目標のインフレ率を達成するまで、金融緩和を無制限に続ける」よう、世界標
準のインフレ目標政策を求めているだけだ。実際、この日本の世界標準政策は、ダボス会議などの国際会議などで賞賛
を浴び、ノーベル賞経済学者クルーグマン・プリンストン大学教授らの世界の経済学者からは高く評価された。
それだけでも原氏の論説は的外れであったのが明らかだ。もっとも、この部分は、上述したように、日本のアカデミズムに
も大きな責任があるが、その尻馬に乗った原氏の責任も免れないだろう。いずれにしても、なぜ原氏は「目標のインフレ率
を達成するまで」という部分を書かないのだろうか。この点について、当時の安倍総裁はきちんと発言しており、原氏が意
図的に発言を歪めたとしか思えない。さすがに原氏も、金融政策において、インフレ目標が日本以外の先進国で行われ
ていることを知っていただろう(もし知らなければ、このような記事を新聞に書く資格はない)。だから、「インフレ目標」に言
及したくないとともに、安倍総裁の真意を歪める報道をしたのだろう。
他にも、お粗末な記述はある。〈「名目3%成長」という人口増時代の高い潜在成長率〉という記述であるが、原氏は、日本
以外の先進国の名目経済成長率や人口増加率を知らないのだろう。そうした無知の下で、日本は人口減少なので経済
成長できないと思い込んでいるとしか思えない。原氏に限らず、日本のメディアのテータ・リテラシーはきわめて低い。
官庁のサイトからデータをエクセル形式でダウンロードし、グラフを書けるジャーナリストはきわめて少ない。筆者は役人時
代に記者クラブの記者たちの相手をしていたが、その中で、役所のサイトのどこに統計データがあるのかも知らない記者
ばかりだった。当然、そのデータを読み、グラフ化することもできなかった。
原氏の〈「名目3%成長」という人口増時代の高い潜在成長率〉という記述がいかにデタラメであるかを示すには、世界の
先進国の名目経済成長率と人口増加率を知ればいい。筆者が大学の講義で大学生に教えていることを紹介しよう。
こうした国際的な物を調べるのは、国際機関が便利である。どこでも似たようなデータベースを開放しているが、ここでは
国際通貨基金をとる。そのサイトの中に、World Economic Outlook Databasesがある。そこでは、先進国の名目GD
Pと人口数の時系列データがある。それらをダウンロードして、各国ごとに、名目GDPと人口について、各年の伸び率を計
算し2000年から2012年まで平均をとり、各国を一つと点として散布図にしたものが以下である。

経済成長率グラフ

これを見ると、日本の名目経済成長率は先進国の中で最下位の低水準であるが、他の国では3%どころか4、5%でも高
いほうではないことがわかる。しかも、日本より人口減少の激しい国も少なくないことがわかる。それらの国をみれば、名
目経済成長率は日本よりも高いこともわかる。
しかも、人口増加率と名目経済成長との相関係数は0.01と無相関である。ついでに、人口増加率とインフレ率も無相関で
あるので、人口減少がデフレとかいう人もいるが、データから見れば関係ない。
繰り返すが、この散布図は、筆者が大学で教えており、インターネットからのデータによって高校時代の偏差値は必ずしも
高くない大学生でも1、2時間ほどで作れるものだ。この程度のことで、今の新聞の記述はウソであると読者から見透かさ
れているのだ。

◇「財政破綻は原発事故や核戦争より可能性が高い」のウソ
次に、第二の矢の財政政策に関するメディア報道をみよう。ここでも原真人氏の書いた物がいい材料だ。
2013年7月28日付の「消費増税 デフレより怖い『先送り論』」を全文取り上げよう。

〈 日本の財政破綻リスクを警告したり、その対策を提言したりする報告書が、民間機関から相次いで出ている。
東京財団の加藤創太上席研究員ら官僚出身者たちのグループは、国債暴落から始まる経済危機が早ければ
数年内におきる可能性があるとして、政府の緊急時の資金繰りや銀行の救済策を提言した。
「原発事故でわかったように、政府には危機想定シナリオがない。財政破綻は原発事故や核戦争より可能性が
高いのだから、早く準備しておくべきだ」と加藤氏は言う。
日本総研の河村小百合主任研究員は、終戦時の財政破綻が庶民を襲った衝撃を調べた。預金封鎖、資産差
し押さえ、土地や国債、預金などあらゆる財産への最大90%の課税。「破綻したら、政府は同じことをやらざる
をえない」
それにしても、なぜいま財政破綻研究がホットなのか。日本の財政が先進国で最悪でも、国債価格は高値のま
まで、暴落論はオオカミ少年扱いだった。なのに、なぜ?
「アベノミクスが始まったからです」と河村氏。 日本経済はよかれあしかれ、デフレ状態でバランスしていた。
景気はよくないが、金利がすごく安い。だから政府は1千兆円の借金が苦にならず、毎年、歳出額の半分を借金
に頼っていられる。
その均衡をアベノミクスが崩そうとしている。日本銀行の物価2%上昇目標を実現すれば、金利が上がり、政府
の利払いも増える。仮に税収が増えても、借金1千兆円の金利負担の方がずっと重い。
地方も含めた政府の借金額はすでに国内総生産(GDP)の2・5倍と終戦時なみの窮状だ。近年これほどひどい
例はアフリカなど一部途上国にしかない。ずっとこのままですむはずはない。そう考えるのが道理だ。金利上昇の
見通しが強まって、改めてそこが焦点になりつつある。
国際通貨基金も、日本政府に財政改革を求めている。10年後までに必要な増税や歳出削減の規模を毎年度予
算で50兆円以上とみる。消費税なら20%増税分にあたる大きな負担である。ほかの国際機関も同様の報告書
を出している。そんな状況でも、安倍晋三首相は、来年4月の税率3%幅の消費増税についてさえ、「やる」という
最終判断を留保している。増税による経済への影響が、デフレ脱却に水を差さないかと不安らしい。
とはいえ、この期に及んで日本が2015年に消費税を10%にできなければ、金融市場は「想定外だ」とパニックに
陥るだろう。その衝撃と混乱の大きさは、増税の影響の比ではないのではないか。
あるエコノミストに「そうなったらどうする?」とたずねたら、真顔で答えた。「海外に移住するか、預金をすべて外貨
にしますよ」 〉

ひたすら増税を主張しているが、ここで、根拠となる事実のウラを取っていない。研究者の報告書から引用したという言い
訳はあるだろうが、簡単に調べることができる。
まず、「財政破綻は原発事故や核戦争より可能性が高い」を鵜呑みにしている。財政破綻の確率には、格好の経済指標
がある。それは、ソブリンもののCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)のレートだ。各国の国債が破綻した時に保証しても
らう保険料のようなもので、そのレートが低いほど安全である。これは格付会社の恣意的な格付けと違って、金融機関が
身銭を切って市場で取引しているものなので、より客観的だ。
米国0.17%、英国0.19%、独0.20%、日本0.37%、仏0.40%、伊0.98%などとなっている(2014年8月29日現在)。
かつてギリシャは100%になったこともあり、保険がしない、つまりデフォルト状態だったことを示している。
この数字が50%であれば、2年間保険料を払うと破綻した時に保証してもらってトントンであり、2年に1回破綻するといって
もいい。それに比べて、日本の数字はラフに見積もっても200年間で1回あるかどうかのデフォルト程度だ。
これは、原発事故(数百年に1回)や東海沖地震(30年で90%の確率)より低いだろう。
この原理を知っていると、しばしば何年以内に日本は財政破綻するというロジックを破ることができる。
かつて、筆者も出ていたあるテレビ番組で、3年以内に破綻すると意見が出た。当時は東日本大震災のすぐ後だったので、
日本のCDSのレートが1.3%程度であった。これを紹介し、もし本当に日本が3年以内で破綻すると思っているなら、CDSを
買うべきだと言った。というのは、3年で4%近く「保険料」を払うことになるが、それで100%の「保険」がもらえるわけで、25
倍の高率配当になる確実な投資だからだ。今では、その当時よりも、市場関係者は日本が破綻すると見ていないが、中
長期的にはどうなのか。どのような経済情勢や経済政策が続いた場合、国債暴落につながる可能性があるのか。
財政破綻派は、さかんに国債価格が暴落するという。
それに対して、破綻をどのように定義するかが重要だ。メディアを含め、日本で論者といわれている人は感覚的な印象ば
かりで、確率的な表現ができない。破綻とは何年以内で何%と言わなければいけない。国債暴落も同じで、何年以内で
何%価格が下がるかと言わなければいけない。実は、名目成長率と名目金利との間には、殆ど同じという経験則がある。
この理論的根拠もなくはないのだが、この経験則は覚えておいていい。
仮に名目成長率が4%程度になると名目金利は4%程度になるが、それを2、3年後に達成した場合、今の長期国債の価
格は6割程度下がる。それを「暴落」と言うべきか。
なお、大恐慌の研究では、一時的な金利上昇を別にすると、大恐慌から脱出してもすぐには金利上昇がない。あるとして
も2、3年後だろう。これはデフレ脱却しても当分の間、設備投資は内部留保で行われ、外部資金が利用されるのはかなり
後になるからだ。

◇財政再建のカギはプライマリー収支
次に、〈日本銀行の物価2%上昇目標を実現すれば、金利が上がり、政府の利払いも増える。仮に税収が増えても、借金
1千兆円の金利負担の方がずっと重い〉という記述があるが、これは基本的な知識不足である。
まず、財政再建を言うときに、財政収支ではなくプライマリー収支を使う理由がわかっていないのだろう。実は、次のような
関係式がある。

(債務残高/GDP)の変化分=
-(プライマリー収支/GDP)-(名目成長率-名目国債金利)×(前期の債務残高/GDP)
・・・(*)

おそらく、この式を独力で導き出せるメディアの人は殆どいないだろう。中学レベルの数学力で導き出せるので、我こそと
思う人は挑戦してほしい。
財政再建とは債務残高対GDP比を発散(上昇)させないことなので、債務残高対GDP比の変化に着目しよう。

(*)の右辺の第1項から、
プライマリー収支を黒字化すると、債務残高対GDP比が減少し、
プライマリー収支が赤字化すると、債務残高対GDP比が増加し

右辺第2項から、
名目成長率>金利なら、債務残高対GDP比が減少し、
名目成長率<金利なら、債務残高対GDP比が増加する
ことがわかる。
ここで、名目成長率と名目金利は殆ど同じという経験則を思い出すと、プライマリー収支の動向が債務残高対GDP比に大
きく関係することがわかる。
これこそ、財政再建のカギは財政収支ではなく、プライマリー収支にあることを示している。ちなみに、債務残高そのものを
減少させるためには財政赤字を黒字化させる必要がある。
しかし、財政破綻を回避するためには、その必要はなく、債務残高対GDP比が発散(比率が継続的に上昇)しなければよ
く、そのためには、プライマリー収支が改善すればいいとなるわけだ。
なお、プライマリー収支の定義は、税収から歳出(国債費)なので、これには利払い費は含まれておらず、この意味でも利
払い費増加は気にする必要はない。
だから、原氏のように金利負担というだけで、まったく財政再建について無知であることを晒してしまう。
ついでに、以下の図のように、プライマリー収支は1年前の名目GDP成長率でほとんど決まる。だから、名目長期金利が
高くなっても名目成長率と同じ程度であれば財政再建の関係では全く問題なく、名目成長率が高くなればいいわけだ。

GDP成長率グラフ

◇「業界エゴ」で軽減税率求める新聞
メディアは財政再建を増税で行うと思い込んでいるが、それは間違いだ。実際、筆者が政権運営にタッチしていた小泉
政権では、増税なしでほぼ財政再建を行った経験もある。
プライマリー収支の実績について名目GDP比でみると、2003年度▲5.6%であったのが、2007年度に▲1.1%まで改善し
た。2008年のリーマン・ショックがなければ、2010年度には小泉政権での公約通りにプライマリー収支はゼロになっただろ
う。ちなみに、2007年1月の中期試算では、2010年度のプライマリー収支は0.2%と、財政再建が達成されるとされていた。
増税をすると、経済環境によっては名目成長率を低下させ、財政再建にはかえって遠回りになる。
財政再建を財政赤字のサステイナビリティの観点からいうのは正しい。しかし、その手段として増税よりも、主軸になるべ
きは経済成長なのだ。
原氏の文章はある意味で典型的なのだが、日本の新聞は「財政破綻」「増税」は好きだが、自分たちだけ「軽減税率」を求
めるので、読者からみれば浅ましくい。新聞業界は、消費税については軽減税率の適用を求めているという事実は、メ
ディアにとって不味い。軽減税率を言えば、真の意味での弱者対策にならない。富裕層が軽減税率対象品を購入すれば、
軽減税率の恩恵を受けられるからだ。軽減税率は業者のエゴである。だから、低所得者に対しては消費税負担の増加分
を何らかの補助金で支援するのが理屈上正しい。そのためには給付付き税額控除が最もやりやすい。
このため、欧州など消費税の先進国では、軽減税率はやめて給付付き税額控除で対応する動きがある。それなのに、新
たに消費税増税しようとする日本で、軽減税率の導入は周回遅れの政策である。
ここで新聞は、財政破綻を言い、消費税増税を主張しながら、自らの利益になる軽減税率を政府に嘆願するのは業界エ
ゴと批判されても仕方ないだろう。新聞業界は、軽減税率の補強のために欧米調査団を送っているが、こうした事実を
報道しないスタンスも読者の不信を買う。
アベノミクス報道から、メディアのいろいろな側面が見えてくるが、今やネットで国際的なデータや資料の入手もできるの
で、メディアの知識のなさや理解不足もすぐ露呈する。その一方で、業界エゴが見えてしまっては、メディアの将来も危う
いだろう。






テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

九月九日は「重陽の節句」ですね

9月9日は、五節句のひとつ「重陽の節句」です。菊を用いて不老長寿を願うことから別名「菊の節句」といいます。

五節句とは、江戸時代に定められた5つの式日(現在の祝日)をいい、1月7日「人日の節句(七草粥)」、3月3日「上巳の節句
(桃の節句/雛祭り)」、5月5日の端午の節句、7月7日「七夕の節句」、9月9日「重陽の節句」をさします。
古来より、奇数は縁起の良い陽数、偶数は縁起の悪い陰数と考え、その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりで、
めでたい反面悪いことにも転じやすいと考え、お祝いとともに厄祓いもしていました。中でも一番大きな陽数⑨が重なる9月9日
を「陽」が重なると書いて「重陽の節句」と定め、不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。

 九頭竜大社 健康長寿祈願祭
 (九頭竜大社の健康長寿祈願祭)

今では五節句の中でも影が薄くなりましたが、五節句を締めくくる行事として、昔は最も盛んだったといわれています。
こうした節句は行事と関係する植物の名前を冠して呼ばれることも多く、1月7日は「七草の節句」、3月3日は「桃の節句」、5月
5日は「菖蒲の節句」、7月7日は「笹の節供」、そして9月9日は「菊の節句」と呼ばれています。
日本では平安時代初期に貴族の宮中行事として取り入れられました。当時は、中国から伝来したばかりの珍しい菊を眺めなが
ら宴を催し、菊を用いて厄祓いや長寿祈願をしていました。これが時代とともに民間にも広がり、江戸時代に五節句のひとつと
なって親しまれるようになりました。
菊といえば晩秋の花という印象ですが、旧暦の9月9日は今の10月中頃にあたり菊の美しい季節でした。新暦に替わり季節感
が合わなくなり次第に廃れてきましたが、寿命を延ばすと信じられていた菊を使い、さまざまな風習が伝えられています。
また庶民の間では「お九日(くんち)」と呼ばれて親しまれ、秋の収穫祭と合わせて祝うようにもなりました。有名な「長崎くんち」
「唐津くんち」はその名残で、新暦の10月に開催されています。

 重陽の節句01

◇重陽の節句、行事の内容

・菊酒…本来は菊をお酒に漬け込んで作りましたが、お酒に菊の花びらを浮かべるだけでも良いようです。

・菊の被せ綿(きせわた)
  …前日に菊の花に綿をかぶせておき、翌朝、菊の露や香りを含んだ綿で身体を清めると長生きできるとされていました。

・菊湯…湯船に菊を浮かべて入ります。

・菊枕…菊を詰めた枕で眠り、菊の香りで邪気を祓います。

・菊合わせ…菊を持ち寄って優劣を競います(菊コンクール)。この時期、各地で菊まつりや菊人形展が開催されています。

・栗ごはん…江戸時代から、重陽の節句に栗ごはんを食べる習わしがあり、「栗の節句」とも呼ばれてきました。

・秋茄子…「おくんちに茄子を食べると中風にならない」と言われています。

(以上、暮らしの歳時記より引用)


太宰府天満宮 秋思祭

太宰府天満宮「秋思祭」
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/sanpai/saiten/special/shusisai




テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。