筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚の感染症、未だ終息せず

4月19日で取り上げた、豚の感染症「豚流行性下痢」(PED)が、未だ終息の兆しが見えないようで
す。28日、ようやく産経新聞が現状に警鐘を鳴らす記事を掲載しました。
マスコミは、PEDが全国に拡散しており危機的状況になりかねないと、もっと積極的に国民に知ら
せるとともに、政府に対して早急に対策を講じるよう訴えるべきだと思います。

   豚の感染症


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
平成26年4月28日 産経新聞より

豚感染症PEDで一大産地・九州に大打撃 肉価格高騰

豚の感染症「豚流行性下痢」(PED)が、なお猛威を振るっている。
昨年10月以降、全国33道県456農場に広がる中、九州7県でも鹿児島を中心に270農場で確認され、
死んだ子豚は5万7千頭(4月24日現在)に達した。
九州は豚飼養頭数が全国の3割を占める一大産地だけに、13年ぶりのPED蔓延の打撃は大きく今後
の出荷量減を織り込んで、すでに豚肉の卸売価格は前年比3割も上昇している。
PEDはウイルスが引き起こす。成獣が死ぬことは少ないが、子豚が感染すると高確率で死に至る。
人に感染することはない。昨年10月1日、沖縄県でPEDが確認されると、じわじわと拡散。
同年12月11日に鹿児島県の肝付地区、同月13日に宮崎県串間市の農場でPEDが確認された。
九州では13年ぶりの発生だった。
全国の豚飼養数968万頭(平成25年2月現在)のうち、九州は3割の305万頭を占める。
中でも鹿児島県137万頭、宮崎県83万頭と群を抜く。PEDはこの鹿児島、宮崎両県で猛威を振るっ
ている。今年2月、沈静に向かったが3月に再び増え始め、これまでに両県の計225農場で感染が
確認され4万5,655頭が死んだ。全国でPEDによって死んだ豚8万3,325頭の半分以上。
被害は20億円超と推計される。
「口蹄疫の流行から4年が経ち、気の緩みから防疫の抜け穴を作ってしまったかもしれません」。
鹿児島県の佐々木幸良・家畜防疫対策監は苦渋に満ちた表情で語った。鹿児島県は養豚業者が
多い地域に車両消毒所を設置するなど防疫態勢を強化しているが、発生農場は増え続けている。
さらに今月8日、畜産関係者に衝撃が走った。農家に防疫対策を指導する、宮崎県畜産試験場川
南支場(川南町)で、PED感染が確認された。いわば防疫の本丸で、飼育する子豚37頭のうち30
頭が感染していた。
宮崎県家畜防疫対策課の久保田和弘課長は「防疫態勢は県内トップレベルと自負していました。
どこからウイルスが侵入したのか、まったく分からない。『どれだけ対策を講じてもムダだ』と
あきらめの気持ちが農家に広がることを心配しています」と語った。
宮崎県は宮崎大などと協力して、試験場への感染ルート解明を急いでいる。
PED流行の影響は、市場に及び始めた。農林水産省などによると、3月の豚肉卸売り平均価格
(1キロ当り)は、関東で前年同月比2割高の466円、関西も同3割高の483円と値上がりしている。
子豚は誕生から半年で成育し出荷時期を迎える。農畜産業振興機構(東京)の担当者は「今夏に
出荷量が減るとの懸念も、価格高騰の一因となっている可能性が大きい」と分析する。
価格上昇の要因は、国内のPEDだけではない。
2013(平成25)年4月以降、米国でPEDが大流行しているのだ。届け出が義務付けられていない
ため、被害の全容は分からないが、米国農務省(USDA)によると感染は29州5,790カ所に及び、
おびただしい数の子豚が死んでいるという。日本が輸入する豚肉は米国が4割を占める。バーベ
キューシーズンの夏に米国内需要が伸びるため、日本への輸出が品薄になる可能性が大きい。
日米を含め、世界的に蔓延する今回のPEDウイルスは、中国発祥との見方が強まっている。
中国では2010年以降にPEDが大流行し、計100万頭以上の子豚が死んだ
農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)によると、中国のPEDウイルスは新型で遺伝
子型が米国や韓国、日本で確認されたものと類似しているという。
国境を越えて移動する人や飼料、資材にウイルスが付き中国から米国、韓国に拡大、日本に侵入
したとみられる。農水省動物衛生課の担当者は、危機感を募らせる。
「PEDウイルスが海を渡って国内に入ってきたとするなら、同じように口蹄疫ウイルスや、未知の
恐ろしいウイルスも侵入し得るということになります。常に最大の警戒が必要です」
感染確認から半年。PED終息の見通しは立っていない。 (津田大資)



スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

4月29日は「昭和の日」

              菊のご紋

本日4月29日は「昭和の日」
先帝陛下の誕生日にあたり、先帝陛下の御遺徳を偲び、感謝の意を捧げたいと思います。
「昭和」の由来は、四書五経の「百姓(ひゃくせい)昭明、協和萬邦」--- 国民の平和と世界の共存
繁栄を願う意味---だそうです。また、人々がそれぞれ徳を明らかにすれば世界の共存繁栄が図ら
れる、という意もあるそうです。
昭和30年代に少年時代を過ごした身としては、皆が助け合い、ささやかな幸せを求めつつ、少しづ
つ豊かになり、将来は「もっと良くなる」と信じて、貧しくとも一生懸命生きていた頃の思い出が
蘇えってきます。当時、天皇陛下の御真影もしくは皇室ご一家の写真が多くの家に飾られていたの
を不思議な思いで眺めた記憶が有ります。戦後の庶民は、陛下のお言葉を信じて、皇室を仰ぎつつ
戦後復興を成し遂げようとしたのです。君民一体となったからこそ、世界に類を見ない奇跡的とも
いえる復興を果たせたのだと思います。

  昭和天皇陛下

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
平成26年4月29日 産経新聞 【産経抄】より

昭和から学べ

今年の新入社員の経歴が、社内報で紹介されていた。当然のことながら、ほとんどが平成生まれの
若者である。改めて、昭和が遠くなるのを感じる。彼らはまた10代の中頃まで、ゴールデンウイ
ークの初日に当たるきょうを、「みどりの日」として迎えていた世代でもある。
▼言うまでもなく4月29日は、もともと昭和の「天皇誕生日」であった。昭和天皇の崩御の後「み
 どりの日」となったのは、この日を祝日として残すための緊急避難的な措置だったという。本来
 ならすぐにも、昭和天皇のご聖徳をしのぶのにふさわしい「昭和の日」とすべきだった。
▼実現に手間取った理由は、政局の混乱だった。当初反対していた民主党は後に賛成に転じ、社民
 党と共産党は最後まで反対した。
 背景にあるのは、昭和前半の日本を「暗黒」「軍国主義」と決めつける、歴史観だ。日本人から
 自国の歴史に対する愛着や誇りを失わせるのが目的らしい。
▼中国や韓国から、戦前の日本人の行為について攻撃されると、事実を確認することなく「ごもっ
 とも」と受け入れる風潮にもつながっている。
 勢いを得た両国は、やりたい放題だ。中国を訪問中のデンマーク女王が、「南京大虐殺記念館」
 を参観したという。どうやら中国は、対日「歴史戦」で、欧州までも巻き込むつもりのようだ。
▼それに対抗するには、まず日本人が昭和の歴史と真摯に向かい合うしかない。足かけ64年に及ん
 だ昭和という時代に、日本人は有史以来の最大の戦争を体験し、敗戦から経済大国へと奇跡の復
 活を成し遂げた。
▼そこから何を学び、日本の将来のためにどのように役立てたらいいのか。「バブル」さえ知らず
 に 育った新入社員諸君と、一度語り合いたいものである。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
平成26年4月29日 産経新聞【主張】より

昭和の日 あの時代に「復興」を学べ

「昭和の日」も今年で8回目となる。「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の
将来に思いをいたす」と祝日法にうたわれた趣旨は、国民に十分に浸透しているだろうか。
4月29日は言うまでもなく昭和時代の天皇誕生日だった。昭和天皇の崩御後は「みどりの日」と
なったが、昭和を振り返り、昭和天皇を偲ぶよすがとしたいとの国民の強い声を受け「昭和の日」
に改められたのである。しかし平成になって四半世紀以上が過ぎ、「昭和」は確実に風化しつつあ
る。激動の時代を身をもって体験した世代でも、記憶の中の風景は徐々に遠いものとなってきてい
よう。ましてや若者らにとっての昭和は、特段の思い入れもない「近過去」でしかなく、日本が米
国と戦ったことすら知らない大学生も少なくないという。
あらゆるものの変化が激しい時代だからこそ折にふれ、昭和の空気を吸い直してみることが大切な
のではあるまいか。決して甘い感傷でも懐古趣味でもない。むしろ将来の日本を考えるとき、昭和
の記憶を掘り起こし、そこから学ぶことは多いはずである。
米国に端を発する世界恐慌、満州事変…と不穏な空気の中で始まった昭和時代はやがて、わが国
開闢(かいびゃく)以来の敗戦に至る。が、戦後はめざましい復興を遂げ、経済大国と呼ばれるまで
に発展した。
奇跡の復興を果たせたのも、国民と常に苦楽をともにされた昭和天皇を中心に国民が一つにまとま
り、焦土に這いながらも多くの国民が伝統的な価値観である勤勉さや忍耐強さ、助け合いの精神を
失わなかったからに違いない。
ところが、そのような国民の連帯感も成長の陰でいつしか忘れられ、地域はおろか家族の間でも絆
がほどけていった。学校では建国神話などの歴史教育が遠ざけられ、若い世代から祖国への愛着
と誇りの芽が摘まれた。昭和が平成に残した課題である。
日本はいま外交、防衛、経済、震災復興などで近年にない厳しい状況に直面している。この難局を
打開し「平成の復興」を成し遂げるためにも、戦後復興の「あの時代」の記憶を呼び覚ましたい。
それがひいては、先の課題の解決にもつながるのではなかろうか。
どうだろう、今日は東京五輪の話などを糸口に、家族らと「あの時代」を語り合ってみては。



赤いラピート、行きます!!

「見せてもらおうか期間限定ラピートの性能とやらを…」

24日、南海電鉄が空港線開業とラピート運行開始20周年記念として、5月17日から公開される
ガンダムシリーズ新作映画「機動戦士ガンダムUC episode7『虹の彼方に』」公開キャンペーンと
コラボした、赤いラピート企画の「ネオ・ジオン」仕様の特別車両を公開しました。
特急ラピート1編成の車両外観を、映画の登場人物(“シャアの再来”と呼ばれる)フル・フロンタル
率いる組織「ネオ・ジオン」のイメージカラーの赤色に仕立てています。
車内には映画の登場人物である「ミネバ・ラオ・ザビ」「フル・フロンタル」「アンジェロ・ザウパー」
の専用席を設置するなどして、映画の世界観をモチーフにしたデザインが施されています。
ガンダムファンならずとも一度は乗ってみたいと思う、何とも魅力的な企画ですね。

南海特急ラピート01

南海特急ラピート02


南海電鉄HP
特急ラピート


2014年4月24日 SankeiNewsより
赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン


==============================================
2014年4月10日 産経ニュースwestより

ラピート真っ赤に一新!「南海の赤い彗星」vs「JRの白いヤツ」

関西空港アクセスでJR西日本に後れを取る南海電鉄が10日、濃紺色の関空アクセス特急
「ラピート」を真っ赤に塗り替え、人気ロボットアニメシリーズ「機動戦士ガンダムUC(ユニ
コーン)」に登場する「ネオ・ジオン」仕様にすると発表した。
JR西のアクセス特急「はるか」の車体は「地球連邦軍」のイメージと重なる白色。
南海の担当者は「ライバルは地球連邦軍。JRの白いヤツ(はるか)を、赤い彗星のラピートが
追撃する」と意気込む。 関空アクセス特急の覇権争いは宇宙戦争の様相を呈してきた。

◇かつてザク色、特急はグフ色…「認めたくないものだな…」JRとの差も塗り替えられるか
南海によると、ラピート登場20周年を記念し、1編成をネオ・ジオン仕様に変更。
上空を飛ぶ航空機からも分かるように,車体の屋根にもデザインを施した。
特別車両スーパーシートの5号車には、ネオ・ジオンを率いるフル・フロンタルら,登場人物の
専用席も設置する力の入れようだ。
今月26日から南海難波-関西空港間を1日10往復程度運行。記念の特急券引換券や入場券も販売
する。
先頭部の奇抜なデザインから「鉄人28号」の異名を持つラピートだが、ネオ・ジオン仕様に一新
するのには理由がある。
国土交通省近畿運輸局によると、関空アクセスの輸送状況(平成24年度)はJR西の約760万人
に対し、南海は約622万人と、水をあけられているのが現状だからだ。
ネオ・ジオンを率いるフル・フロンタルが搭乗するモビルスーツ(有人機動兵器)「シナンジュ」は
通常の3倍の速度を出せるのが特徴。
南海の担当者は「ラピートは3倍の速度は出せないが3倍の乗車率を目指す」。迎え撃つJR西
の担当者は「ラピートは“同盟”相手。互いに手を携え、サービス向上に努めたい」と話している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年4月24日 産経ニュースwestより

見せてもらうおうか、ネオ・ジオン専用席とやらを…
ガンダム号、内装はこんな感じ! 南海特急ラピート


南海電鉄は24日、濃紺色の関空アクセス特急「ラピート」を真っ赤に塗り替え、人気ロボットアニ
メシリーズ「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」に登場する「ネオ・ジオン」仕様に一新した特別
車両を公開した。 26日から難波-関西空港間を1日10往復程度運行する。

◇公私混同で企画? 大ファンの担当者にんまり
先頭部の奇抜なデザインから「鉄人28号」の異名を持つラピートだが、“赤い彗星”に生まれ変わっ
た特別車両には、ネオ・ジオンを率いるフル・フロンタルらの専用席も設置された。
南海電鉄のフェイスブックページには、中国人ファンとみられる人からもコメントが寄せられている
という。
ガンダムファンという南海の担当者は「発進準備は完了。赤いラピート行きます!」と気合十分だ。





テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

トロントで愛される“宗りん”

ホークス時代、九州のファンから愛されていた“宗りん”こと川崎宗則選手が、海外FA権を行使して
メジャー挑戦を表明したのが2011年オフのことでした。
2012年1月にシアトル・マリナーズとマイナー契約し、イチローとプレーするという念願を叶えました。
2013年3月に、トロント・ブルージェイズへ移籍。マイナー契約からのスタートでメジャーリーグで
の活躍は少なかったにもかかわらず現地では高い人気を得ており、チームメイトやファンから愛され
ているようですね。

   宗りん

公式Twitter ムネリン通信〜川﨑宗則〜">公式Twitter ムネリン通信〜川﨑宗則

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年4月21日 NewSphereより

“一年前は一言もしゃべれなかったのに…!?”
ブルージェイズ川崎の英語力アップに海外ファン驚嘆


ブルージェイズの川崎宗則選手は15日、3Aバファローからメジャー昇格し、即日ツインズ戦に先発
した。6回に逆転の口火を切る二塁打を放つ等、5打数2安打1得点の活躍を果たし、チームの勝利に
貢献した。試合後「SportsNet Canada」によるインタビューに答えた川崎選手は野球の技術だけ
でなく英語のスキルも上達している姿を見せた。
これまで英語の教本を片手に片言の英語で、必死に自分の気持ちを伝えようとするコミカルな姿は
たびたび話題になっていたが、今回のインタビューはそんな川崎選手を記憶しているファンを驚か
せた。インタビュワーの質問に対し、即座に英語で的確な回答を返している。
見違えるその姿を複数のメディアが取り上げ、ファンは驚きの声を寄せた。

2014年4月16日 SPORTSNETCANADA
   

【ムネ・マジック】
「reddit」や「YouTube」等海外メディアには、川崎選手のファンからの熱烈なメッセージが寄せ
られた。

◇「thebiglead」(「川崎宗則の英語学習への情熱には胸が熱くなる」との見出しの記事を掲載)
・一年前は一言も英語を喋れなかったのに、本当にすごいな。
・始めの十秒で、笑い死にそうになった。これからも絶対に川崎の近況を聞きたい。
・メジャーとマイナーを行き来しないでいいように、メジャー選手としての地位を固めて欲しい。

◇「reddit」
・自分の中に川崎が欲しい。
・川崎はみんなの中にいる。これが「ムネ・マジック」だ。
・彼がいなくて寂しかった。
・ムネ、おかえり!

◇「YouTube」
・英語がうまくなったよ。
・面白いことに、タフな野球選手の話し方が身についている。
・彼の英語はネイティブじゃないし、勉強中だ。でも冗談がうまい。
・彼は自分の気持ちを伝えることができる。これが一番重要だ。
・英語を学ぼうとしない野球選手が多い中、彼は努力している。
・本当にいい人だし、クールだ。
・彼は特別だ。去年から川崎が好きだったから、戻ってきてくれてうれしい。
・アメリカに来た日本人選手の中で一番好きだ。
・(カメラの前でウィンクしたりしておどける川崎選手を指して)ベスト・ウィンク賞をあげたい。

【ムードメーカー】
川崎選手は、どこでも守れる内野手として評価が高く、また明るくサービス精神旺盛な性格でファン
に愛されている。
川崎選手の愛すべき人柄を示すエピソードとして「SportsNet Canada」は同番組の女性アンカー
のために、結婚相手を探す手伝いをしようとした話を紹介している。
川崎選手は、ゲームの流れを作り出すだけでなく人の縁も作り出してくれる、と同番組は評している。
川崎選手のムードメーカーとしての役割について、USAトゥデイのスポーツブログ「thebiglead」
も次のように述べている。「ロジャース・センター(ブルー・ジェイズの本拠地)のダグアウトで、川崎
が感染力のある明るさを振りまくときに、試合がもっとよくなる」

明るく元気な川崎選手のプレーを、メジャーで見続けることをファンは願っている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年04月16日 J SPORTSより

川﨑宗則昇格!2014年版「ムネリン劇場」開幕!

(前略)
2013年、ブルージェイズの本拠地トロントで一躍人気者となった川﨑宗則。昨年同様、今季も開幕
はマイナーで迎えたが、13日にメジャー昇格が決定。開幕2週間で大舞台に帰ってきた。
(中略)
本拠地ロジャース・センターの一角を占める川﨑の応援団による“KAWASAKI'S KORNER”はもはや
お馴染みの光景だ。自らを「一番不安定な野球選手」と称する川﨑が、昨年ブルージェイズと契約し
たのは3月下旬。
既にスプリングトレーニング終盤を迎えていたが、4月にメジャー昇格すると、トロントのファンの
心を一瞬にして掴んだ。
5月下旬に自身初のサヨナラヒットを放つと、試合後のヒーローインタビューで「アイ・アム・ジャパ
ニイイイイイズ!(俺は日本人だぁぁぁ!)」と絶叫。さらに“カンペ”を取り出し片言の英語で
チームメイトへの感謝を述べ、観客の爆笑を誘った。
このインタビューは全米のスポーツニュースで大々的に取り上げられ「史上最高のポストゲームイン
タビュー」と話題になった。その後、川﨑の人気は止まるところを知らず、あるファンは「カワサキ
をオールスターに送り込もう!」と呼びかける動画を作成しYouTubeにアップした。
夏にマイナー降格した際も、マイナーで「カワサキTシャツ・デー」が催された。
シーズン終了後、ブルージェイズから自由契約となった。すると、カナダ最大のニュースサイト
『ザ・スター・ドットコム』の女性記者が、サイトに“公開ラブレター”を掲載。
「親愛なるムネノリへ。私たちはまだ1シーズンしか共に過ごしていないけれど、それは私たちが
あなたの虜になるには充分な時間だったし、まだお別れをする準備なんてできていません。私は、
あなたにお別れを言うためでなく、お願いをするためにこの手紙を書いています。ムネ、トロントに
残って!」と綴られた手紙からは、ファンのみならず地元メディアにも愛されていることが十二分に
伝わってきた。
ハイパーキャラが先行しがちな川﨑だが、野球に対する真摯な姿勢はプロ中のプロ。
マイナーの試合でも、常に準備を怠らず全力プレーで臨んでいた。「どんな状況でもやることは同じ。
特別に変えることはない」と語る。
「まさか自分がカナダで野球するとは思っていなかった。世界は日本だけではないと子供たちに伝え
たい」と川﨑。32歳の野球少年は、今なお目を輝かせている。
そして、昇格初戦となった15日のツインズ戦。先発した川﨑は、逆転の口火となる左翼線への二塁打
を含め、5打数2安打の活躍で、9-3の勝利に貢献した。
2014年もムネノリ・カワサキから目が離せない!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年04月18日 J SPORTSより

帰ってきた川﨑宗則とブルージェイズの絶妙な関係

川﨑宗則が帰ってきた。メジャーリーグに、ブルージェイズに。
「舞台は変わったけど、普段通りやるだけ。思う存分楽しみたいね」と川﨑。
4月15日の火曜日、敵地ミネアポリスのターゲット・フィールドのクラブハウスでのことだ。
彼のメジャー昇格が発表されたのは13日の日曜日だったが月曜日が休日だったために、彼がチームに
合流したのは実質この日が最初である。
「What time is Stretch, Kawasaki?」とチームメイトが話しかける。川﨑はそれに何気なく
スペイン語で応え、相手を笑わせる。彼の周囲にはいつも「やつと話すと、楽しい気分になれる」と
いう雰囲気が満ちている。そしてそれは去年からずっと続く、川﨑とブルージェイズの間にある幸福
で絶妙な関係である。「皆が、やつのことを愛している」とジョン・ギボンズ監督は言う。
「選手としては何かを起こす選手だ。正しく野球するだけではなく彼の周りではいつも何かが起きる」
日本人がメジャーリーグで認められるためには、何よりも有無を言わせぬような成績を収めることが
大事だ。だが、地元のトロントでチームの誰よりも大声援を受ける理由は他にある。
去年のある試合で、殊勲のサヨナラヒットを打ったことがきっかけだった。たった1試合なのに地元の
観客の頭の中に「チャンスに強い控え内野手」の像が刷り込まれた。
さらに試合後、通訳のいない川﨑がチームメイトの招きでTVのヒーローインタビューに呼ばれ「チー
ムメイトがチャンスをくれたから、何とかしたかった」と小さなメモを読みながら英語で叫んだ。
これがファンの心を捉えた。彼らの中に、「ブルージェイズのために、献身的なプレーをする面白い
日本人」という像が確立されたのだ。
それからはテレビの緩い番組(元レッドソックスのケビン・ミラーが司会している)に登場し、独特の
ストレッチや日本語を紹介したりと、全米レベルでも「ああ、あのブルージェイズのカワサキね」と
思われるような存在となった。
「おかしな日本人だと思われてんだろうね」。いつだったか、川﨑はそう言ったことがある。
その「おかしな日本人」像はしかし、日本人が外国で暮らす時のひとつの見本になる。
例えば今年のキャンプ。ドミニカ出身の選手に背中からしつこくスペイン語で話しかけられていた川﨑
は、スペイン語で何度か答えた後に突然、振り向いてこう言うのである。
「そんなこと言ったって俺には全然、通用しないんだぞっ!」
スペイン語に対する日本語だから、きちんと会話が成立しているわけではない。
しかし、毅然とした態度の川﨑に指をさされた選手が笑えば、その様子を見ている周りの選手も笑う。
スペイン語も日本語の意味もよく分からない監督やコーチ陣も、何となく可笑しくなって、笑う。
「一応、最初は英語やスペイン語で話してみるんだけど、途中から面倒臭くなって日本語になっちゃう
んだよね」
きっと、それでいい。当たり前の話だが、コミュニケーションを取るというのは、共通の言語で正しい
文法に則って話し合うことではない。
たとえ言葉が通じていても、コミュニケーションの取れない輩はいる。ネット全盛の時代だ。テキスト
や掲示板という「相手の顔が見えない」ツールであるがゆえに、不躾に自分の言葉を相手に押し付けて
も、何のお咎めもない不幸な時代である。
そんなツールがまったく通用しない“メジャーリーグの現場”で言葉が通じなくとも相手にぶつかり、
選手やコーチだけではなく、ファンやメディアとも気持ちを通じ合わせている川﨑の姿は、頼もしい。
開幕メジャーを逃した川﨑の昇格は、メイサー・イズタリス二塁手が怪我したためである。
チームがいつか補強に動けば、また危うい立場に置かれる。打てば使われる。打てなきゃ使われない。
そんなシンプルな法則を、誰よりも身にしみて分かっているのが、川﨑本人だ。
「やってやろうという気持ちがなければ、(アメリカに)来てない。そういう気持ちは小学校の時から
変わってないよ」と川﨑は言う。
彼が言う「やってやろう」という気概は、レッドソックスやヤンキース、あるいはレイズの後塵を浴び
続けるブルージェイズにこそ、必要なことだ。少なくとも次のようなひとことを、メディアの前で公然
と言ってのける選手を、私は他に知らない。
「今年の優勝候補はブルージェイズ。優勝候補の筆頭だよっ!」
17日のメジャー復帰第1戦、川﨑は0-2の6回、叩きつけるような打球で3塁線を破って2塁打を放った。
ブルージェイズはそこから怒涛の5連打などで大逆転。9-3で勝利を収めた。
川﨑は試合後、こう言った。「絶対に塁に出てやるという気持ちだった。(反撃の)きっかけを作れて良
かった。皆が繋げてくれたね!」

川﨑宗則とブルージェイズ。その今後に、期待する―。(文中敬称略)

ナガオ勝司

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年4月20日 デイリースポーツ

川崎3A降格「こういうのがメジャー」

ブルージェイズは18日、川崎宗則内野手(32)をマイナーに降格させると発表した。
故障していた主力のレイエス内野手の戦列復帰に伴う措置で、再び傘下の3Aバファロー所属となる。
同点適時打を放って勝利に貢献した試合後に、マイナー行きを通告された。
それでも落ち込むことなく、「こういうのがメジャー。今は絶好調だし、下に行っても打ちますよ」
とさばさばした表情で言った。


テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

「豚流行性下痢(PED)」が蔓延・・・

熊本県で発生した鳥インフルエンザについては大きく報道されていますが、何故か「豚流行性下痢
(PED)」についての報道は少ないようです。
今月初めには17県で約4万頭が死亡という状況だったのが、2週間ほどで倍近くに感染が拡大して
いるというのに、余り話題になっていません。
ちなみに、平成26年4月16日17時現在での農林水産省発表資料によれば、沖縄から北海道までの
全国30県で、豚流行性下痢(PED)が発生しています。
発生件数…320件以上、発症頭数…約275,000頭、死亡頭数…約70,000頭という状況です。
日本に先がけて、米国でも感染が拡がっており豚肉の流通量に影響が出ています。
このまま感染が拡がり、子豚の死亡が増え続ければ、豚肉市場に影響するのは必須で、豚肉価格が
高騰する可能性が大なのです。家計にも少なからず、その影響が及ぶことになりそうです。
豚肉好きには困った事態ですね。トンカツやカツ丼、生姜焼き等々の値段も上がるかも・・・。

=============================================
2014年4月3日 東京新聞より

豚の伝染病拡大 流行性下痢、17県で4万頭死ぬ

農林水産省は二日、子豚が感染すると高い確率で死ぬ豚流行性下痢(PED)の発生が、青森や大分
など十七県に拡大し、これまでに四万頭近くが死んだことを明らかにした。
この日、都道府県の畜産担当者を集めた全国会議で説明した。人がPEDに感染することはないが、
豚肉の流通量が減り、価格高騰を招く恐れもある。
PEDは昨年、国内で七年ぶりに発生。十月に沖縄県で一例目が確認された後、感染が拡大。
ことし二月にいったん減少傾向となったが、三月に入って再び増え始めた。
死んだ頭数(三月三十一日時点)は少なくとも鹿児島県で二万五千頭、宮崎県で九千三百二十六頭
三月に感染例が見つかった大分県で千四百十頭に上るなど九州地方で多い。
全国では三万九千百四十九頭に上っており、大きな被害が出た一九九六年と、ほぼ同規模となって
いる。
PEDは、ふんなどを通して広がる。この日の会議では感染拡大を防ぐために、農場の入り口で車両
の洗浄・消毒を実施することや、農場の訪問者に専用の衣類を用意するといった対策を畜産農家に
徹底してもらうよう、あらためて求めた。
農水省の担当者は「今は発生していない地域でも感染が広がる可能性はある。緊張感を持って対応
をお願いしたい」と呼び掛けた。
同省の統計によると豚の飼養頭数(昨年二月一日時点)は全国で九百六十八万五千頭。都道府県別
では鹿児島が百三十七万二千頭と最も多く、宮崎が二位で八十三万八千頭となっている。

香川でも感染 857頭発症確認
香川県は二日、綾川町の養豚場で見つかった豚流行性下痢の疑いがある子豚について、県東部家畜
保健衛生所での確定診断の結果、感染を確認したと発表した。県内では二〇〇六年一月以来八年ぶ
り。県によると、この養豚場では二日までに、生後三週間以内の子豚を中心に八百五十七頭が発症
うち子豚四頭が死んだ。症状が出始めた三月三十一日に遺伝子検査をした結果、陽性の判定が出て
いた。

     流行性下痢

<豚流行性下痢(PED)>
ウイルスが引き起こす伝染病で、餌をあまり食べなくなることや下痢が主な症状。
ふんなどを介して広がる。子豚が感染すると死ぬ確率が高く、母豚が感染した場合に乳が出なくな
り子豚が死ぬこともある。家畜伝染病予防法で、都道府県への届け出が義務付けられている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年4月9日 朝日新聞デジタルより

豚の流行性下痢、21県に拡大

子豚が感染すると高い確率で死ぬ伝染病「豚流行性下痢(PED)」が国内で広がっている。
農林水産省によると、流行は昨秋に始まり、3月18日までに19県で約3万9千頭の豚が死んだ。
発生県は今月7日時点で21県に広がった。
農水省は8日、農家が感染拡大を防ぐための対策を発表した。人には感染しない。
PEDは、豚やイノシシのふんに含まれるウイルスが原因の伝染病。生後10日以内の豚が感染する
と激しい下痢を起こし、高い確率で死ぬ。回復すれば食用として出荷できる。
農水省によると、沖縄県で昨年10月、国内で7年ぶりに発生。鹿児島県(死んだ頭数約2万5千頭)
宮崎県(同約9,300頭)、大分県(同約1,400頭)など九州を中心に広がり、関東や中四国地方へ
拡大した。発生が確認された21県のほか、今月8日時点で静岡、石川、岐阜、徳島各県で疑わし
い例を検査中だ。
国内で出荷される豚は2012年度で1,675万頭ほどあり、豚肉の価格に今のところ影響はない。
農水省が8日に発表した対策では、畜産農家がグループで消毒剤や消毒機器を買えば費用の半分
を出すことなどを打ち出している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年04月15日 毎日新聞より

豚流行性下痢:29道県で6万9,607頭死ぬ 農水省発表

農林水産省は15日、子豚が感染すると高い確率で死ぬ豚流行性下痢(PED)が14日の時点で29道
県に広がり、少なくとも合計6万9,607頭が死んだと発表した。
29道県には含まれていない岩手県でも感染の疑いがある豚が見つかっており、被害の拡大は止ま
っていない。発生が確認されたのは7日時点では21県だった。
農水省は10日から14日までに新潟、静岡、石川、富山、山形、福島、岐阜、北海道に被害が広が
ったことを確認した。(共同)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4月15日(火)1時2分配信 TBS系(JNN)より

豚流行性下痢、全国的な広がり

豚流行性下痢=PEDの広がりです。去年10月に沖縄で発生した後、翌11月に茨城。
その後、九州へと拡大して行きました。このように半年間に渡り全国的な広がりを見せています。
そして、14日も新たに岐阜県と北海道、千葉県でも感染を確認しました。
現在30道県にまで拡大しています。感染で1,000万円もの被害を受けた宮崎県の養豚農家を取材
しました。
畜産業が盛んな町として知られる宮崎県川南町。
この町で養豚業を経営する遠藤威宣さんも豚流行性下痢=PEDで飼っていた多くの豚を失いました。
PEDはウイルス性の感染病。感染すると下痢やおう吐などの症状が出て子豚の場合、殆んどが死ぬ
といわれています。
「厳重にセキュリティー(防疫)しているけど、それでも感染が収まらない」(被害に遭った養豚業
遠藤威宣さん)。遠藤さんら川南町の農家が厳重な防疫態勢を敷いていたのにはわけがあります。
2010年に川南町では口てい疫の被害が多く出て、大量の家畜が殺処分された苦い経験があったか
らです。口てい疫で大きな損害を受けて以来、消毒作業は厳重に行われていました。
それでも今回のPEDの感染を防ぐことはできませんでした。
「口てい疫の発生地だから各養豚場にこういったものを備えた。それでも今回のPEDの侵入を防ぐ
ことはできなかった」(被害に遭った養豚業 遠藤威宣さん)
飼育しているおよそ6,000頭の豚のほとんどがPEDに感染しました。このうち600頭が死にました
が、8割は子豚だといいます。
「1~2日で衰弱しバタバタ死んでいく。人間と一緒で赤ちゃんはかわいい。悲痛の思いでね」
(被害に遭った養豚業 遠藤威宣さん)。被害額は1,000万円近くになるといいます。
しかし、殺処分を行う鳥インフルエンザの場合と違い国から補償はなく、全額が自己負担だといい
ます。それぞれの農家で防疫態勢を強化するだけでは限界がある、と感じた遠藤さんは、道路での
消毒ポイントを増やすことを行政側に要請しました。
「これだけの交通量があるから、できるだけ早く(国道を)消毒するのがウイルスの侵入を防ぐため
に大事」(遠藤威宣さん)
鹿児島県鹿屋市の養豚農家にも不安が広がっていました。
「TPPの問題もあり、この病気で先行きが不安」(養豚農家)
「根気強く継続して消毒とかやっていかないと仕方ない」(鹿屋市畜産環境センター 米田洋一所長)

PED発生状況

PEDが国内で7年ぶりに確認されたのは去年10月の沖縄。以降30道県で感染が広がっていて、およそ
5万8,000頭の豚が死んでいます。日本への感染ルートについて専門家は・・・
「もともとが中国でまん延していたものがアメリカに飛んで、日本に入ってきたのは多分アメリカか
らだろう」(東京農工大学 白井淳資教授)
アメリカでは日本で確認される半年前、去年4月にオハイオ州で初めてPEDが確認されました。
ことし3月までで27の州に拡がり、260万頭以上もの子豚が死んだといいます。
「(アメリカから)餌が来たり豚そのものが輸入されたりすることで(PEDが)入ってくる」(東京農工
大学 白井淳資教授)

米国PED発生状況

流通量の減少は、価格の高騰を招くおそれがあります。
実際、東京市場では、豚の枝肉の卸売価格が今年2月から上昇し、今月は1キロあたり523円と、去年
より50円余り高くなっています。
PEDの感染に歯止めをかけるために重要となるのは「ワクチン」です。
農水省は現在、ワクチンメーカーに対し増産を要請しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4月18日 雑誌「OVO(オーヴォ)」より

豚肉価格高騰の恐れも 国内のPED、豚7万匹死亡

(前略)日本では現在、豚流行性下痢(PED)が静かに蔓延、すでに約70,000匹の豚が死んでいる。
PEDは日本だけでなく米国でも流行。米国の食肉業者などは急きょ、欧州で豚肉を買い付けており
それによる国際的な価格の値上がりが避けられず、国内での蔓延も加わり、日本でも急速に豚肉の
価格が上がる可能性が強まっている。
すでに食肉業界では「3割程度値上がりする」との見方も出ており、家計を直撃する恐れもある。
PEDと言っても、ニュースなどではあまり取り上げられておらず、知らない人も多いはず。
家畜伝染病予防法に基づき、獣医師が届け出る届出伝染病に指定されている急性伝染病で、症状は
食欲不振と水様性下痢。すべての日齢の豚がかかる。
しかし特に若い豚で症状が重くなりやすく、親豚の乳を飲んでいる哺乳豚での死亡率は時に100%
に達するという。あくまでも豚などの病気で、人に感染することがないとされているため、これが
あまり報道されていない要因となっているようだ。
しかし、2013年10月に日本では7年ぶりの発生が確認されて以来、14年4月14日現在で29県303
農場の豚に発症。すでに死んだ豚は約70,000匹に達している。
独立行政法人農業「食品産業技術総合研究機構(農研機構)」の動物衛生研究所などによると、中国
では1970年代、韓国では1980年代より発生が確認されており、両国では常に哺乳豚下痢の原因の
ひとつとなっているという。
また、中国各地では2010年以降、生後7日以下の哺乳豚を中心とする発生が増加している。
また米国では、2013年4月にPEDを疑う下痢の発生が確認され、5月にPEDと確定。
その後急速に拡大し、4月に1州2件だったのが、6月には12州218件、8月には17州479件、11月に
は19州1,373件と拡大。2014年3月26日現在、27州、5,019件の発生が報告されている。
米国では発生に関する法的な届出義務はなく、またワクチンは承認されていないというから、予断
を許さない状況だ。
国内では1980年代前半より発生が確認されていたが、1990年代より大規模な発生が相次ぎ、特に
1996年には約8万頭が発症、哺乳豚を中心に4万頭が死亡。
その後も散発的に発生が報告されたが、2006年の1件以降、7年間発生は確認されていなかった。
今回は、沖縄県で13年10月1日、母豚80頭規模の繁殖農場で発生が確認されたのが始まり。
2頭の母豚に嘔吐と下痢などの症状が出て、その後、妊娠豚や種雄豚にも拡大。4週間で半数の哺乳
豚が死んだ。この沖縄のケース以降、11月18日に茨城県、12月11日に鹿児島県、12月13日に宮崎
県などで相次いで発生。今年4月16日現在で、274,959匹に発生し、69,607匹が死んでいる。

食肉業界の専門家は「米国は欧州での買い付けがすでに終わっている。
日本では、楽観的にみて現在が病気蔓延のピークにしても、もとに戻るのは来年の1月。
豚肉価格はすでに上がる気配が出ている」と指摘している。




テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

「教育勅語」の原本確認

「教育勅語」は昭和21年、GHQの指示により奉読が禁止されました。昭和23年には衆議院と参議院
で排除・失効とされ、全国の小学校の「奉安殿」から教育勅語の謄本を回収、焼却処分されました。
「教育勅語」の排斥により、我が国の倫理道徳は低下し極端な個人主義が横溢、教育現場における
イジメはもとより、地域社会、家庭においても深刻な問題が多発しています。
「教育勅語」には、日本人が祖先から受け継いできた豊かな感性と美徳が表され人が心がけるべき
徳目が簡潔に述べられています。
私たちは「教育勅語」の精神を再認識し、日本再生のために精進することが必要だと考えます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
平成26年4月9日 産経新聞より

■教育勅語の原本確認 損傷激しく修復へ

文部科学省は8日、太平洋戦争以前に国民道徳や教育の基本理念とされた「教育勅語」の原本を
約50年ぶりに確認したと発表した。
1923年の関東大震災で、文部省(当時)庁舎が焼けた際に強い熱を受けて変色するなど損傷が
激しく、天皇の御名御璽を含む後半部分が開けない状態になっている。
貴重な史料として国立公文書館に移管し、修復を進める。
文科省によると、原本は62年に都内の展示会で公開されて以来、所在不明になっていた。
2012年秋ごろ、東京国立博物館の書庫で文科省職員が変色した文書を発見。
62年当時の原本の状態を記録した文書管理担当者のメモと照合するなど確認作業を重ねた結果
原本と判断した。

4月9日産経 教育勅語

■教育勅語原本確認
「父母への孝行」「友情」「夫婦の和」…再評価の声


半世紀ぶりに所在が確認された「教育ニ関スル勅語」(教育勅語)の原本。
戦後は学校現場から排除され、“軍国主義教育の象徴”というイメージが独り歩きするようになった
教育勅語だが、近年、いじめなど道徳の荒廃が問題となる中で、その内容を再評価する声も高まっ
ている。
「(教育勅語には)至極まっとうなことが書かれており、当時、英語などに翻訳されて他国が参考に
した事例もある。ただしその後、軍国主義教育の推進の象徴のように使われたことが問題だ」
下村博文文科相は8日、教育勅語の原本が確認されたことと絡めてこう述べ、内容そのものには問題
がないとの認識を示した。
明治23(1890)年に発布された教育勅語で示されたのは、
(1)父母への孝行 (2)兄弟姉妹の友愛 (3)夫婦の和 (4)友達の信 (5)謙遜 (6)博愛
(7)修学習業(勉学に励み職業を身につける) (8)智能啓発(知識を養い才能を伸ばす)
(9)徳器成就(人格の向上) (10)公益世務(世の中のためになる仕事に励む)
(11)遵法(じゅんぽう) (12)義勇(国難に際しては国のために尽くす) - の12の徳目。
翌24(1891)年から謄本が全国の小学校に配布され、修身(道徳教育)の根本規範とされたが戦後は
連合国軍総司令部(GHQ)の圧力などで学校現場から排除された。
ただ戦後教育史が専門の貝塚茂樹・武蔵野大教授によれば、当時GHQの中にも教育勅語の内容を評価
する声があり、GHQ民間情報教育局を中心に、昭和天皇による新しい教育勅語を発布することも検討
されていたという。
「教育勅語には万国共通の普遍的な価値が示されている。結局、天皇に否定的なGHQ民政局の圧力で
排除され“軍国主義教育の象徴”とみられるようになったが、戦後はその内容について殆ど検証される
ことはなかった。いわば問答無用で教育勅語が否定されるとともに、道徳教育そのものも敬遠され、
それが学校教育の荒廃につながっているとみる意見もある」と貝塚教授は指摘する。
いじめや校内暴力、不登校などが問題となる中、教育勅語に示された徳目の意義は小さくない。
文科省幹部の一人は「半世紀ぶりに原本の所在が確認されたことを機に、意義や内容についての検証
が進み、今後の道徳教育のあり方を考える一助になれば」と話している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4月8日 NHKnewsより
4月8日 NHKnews



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

クレムリンの素晴らしい3D画像

「ロシアの声」のサイトで公開されている、クレムリンの3D画像がとても綺麗です。
よかったら、ビジュアルツアーを楽しんでみて下さい。

「The Voice of Russia」より

Russian Kremlins
Voice of Russia begins its series of publications of virtual tours along
Russian Kremlins. The departing point is the Moscow Kremlin, a unique
building that is closely connected to the history of Russia.
The Moscow Kremlin is an official residence of Russian President and the
main symbol of the country.

The Moscow Kremlin
The Grand Kremlin Palace ←こちらをクリック
Russian Kremlins 3D 01

The Palace of the Facets ←こちらをクリック
Russian Kremlins 3D 02

The Teremnoy Palace ←こちらをクリック
Russian Kremlins 3D 03






テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

ロボットカンガルーが凄い!!

ドイツで誕生したロボットカンガルーが、可愛いけど凄い!!
その名も「バイオニック・カンガルー」は、いつまでも飛び跳ね続けることができるそうです。


2014年4月5日 不思議サイト「TOCANA」より

永遠に跳ね続けるロボットカンガルー!
完璧に自然を模した動きに驚愕!!


       「バイオニック・カンガルー」01

可愛い動きと内部のメカメカしい構造に、思わず萌えてしまう人も多いのではないでしょうか。
このたび「永久に跳ね続けるロボットカンガルー」が開発され、欧米メディアを賑わせています。
今月2日、米国IEEE学会の発行する雑誌「IEEE SPECTRUM」が報じたところによると、そのロボット
カンガルーの名前は「バイオニック・カンガルー」。生み出したのは空気圧機器でトップシェアを誇る
独フエスト社の研究者たちです。彼らは自然のカンガルーの跳躍を人工的に完全再現しようと、2年間
に渡って極秘裏に研究を続け、このロボットカンガルーを完成させました。
「バイオニック・カンガルー」の重さはわずか7kg、身長は1mしかありません。
跳躍のメカニズムは自然のカンガルーそのもので、しなやかで強靭な腱によって着地時に効率的にエネ
ルギーを回収。それを次の跳躍へとつなげることで、いつまでも飛び跳ね続けることができる仕組みと
なっています。高さ40cmの跳躍1回で、およそ80cm前方まで移動することができるといいます。
操縦者は腕にセンサーを巻きつけ、身振り手振りによって跳躍や静止、方向転換などの指示を送ること
ができるようです。では、ジャンプのメカニズムを詳しく見ていきましょう。
動きに弾みをつけるため「バイオニック・カンガルー」の脚には、空気を溜めておく部位が存在します。
まず一歩目のジャンプの前、その部位に高圧縮空気が溜め込まれるのです。そして次に「バイオニック
・カンガルー」は、自ら重心を一定の角度まで傾け、腱から空気を放出することで跳躍。空中に浮かんで
いる間、関節部分のトルクによって脚を前方へと引き出してから着地。腱がしなることでエネルギーが
蓄えられ、次の跳躍へとつながります。この繰り返しで「バイオニック・カンガルー」は飛び跳ね続ける
ことができるのです。

       「バイオニック・カンガルー」
フエスト社はこれまでにも鳥やクラゲ、ゾウの鼻など生物の体を模した多くのロボットを製作してきま
したが、今回の「バイオニック・カンガルー」は特に意欲的な1台となっているようです。
残念ながら今後の一般発売は予定されていないものの、開発を率いたハインリッヒ・フロンツェック博士
は「生物がどのように動き、そこから効果的にエネルギーを得ているのかを検証するために役立つだろ
う」とし、「産業システムのさらなる自動化に寄与する」と語ります。
これほど愛らしく親しみやすいロボットであれば、購入希望者も現れそうですね。
自然のカンガルーとの共演も見てみたいものです。 (ヨムノ・トルグ)

      

      元サイト MailOnline




テーマ:海外こぼれ話 - ジャンル:ニュース

ドキュメンタリー映画『パンドラの約束』が公開されます

原子力発電に関して様々な考えや意見があって当然だと思いますが、福島第一の事故以来、マスコミ
メディアが流がす情報は一方向に偏り過ぎだと思います。反原発の声や抗議行動は大きく取り上げ、
賛成派の声は黙殺してきました。原発を再稼働させないために、エネルギー問題や環境問題について
の情報を、あえて語ろうとはしません。
ネットにおいても、放射能に関して根拠薄弱な妄言や暴論が、まことしやかに流布してします。
反原発派による、低線量の放射線の影響や福島の現状について、必要以上に不安を煽る情報の拡散
により、原子力発電と放射能に対するいわれなき恐怖は、今でも風評被害をもたらしており過剰とも
いえる除染は、福島の復興を遅らせ続けています。
反原発派が過度の安全性を求め、「原子力はいらない」という極論を主張することにより再稼働でき
ない原子力発電を補うために、火力発電をフル稼働せざるを得ない現状です。
原子力発電の危険を断罪する反対派は、「安全・安心」がもたらされたと主張するかもしれませんが
火力発電による別のリスクや環境破壊問題については、口を閉ざしています。
原子力を使わないことにより我々国民は2011年から13年までに、9兆円以上のエネルギー購入代を、
電気料金の値上げとして負担する羽目になりました。このまま原発が再稼働しなければ、今後も電気
代は上がり続けるでしょう。さらに反原発派が持上げる「再生可能エネルギー」、特に太陽光発電が
普及しても、24時間365日発電するわけではないので、どうしても火力発電は必要となるため、エネ
ルギー購入を続けなければなりません。また、買取り制度による価格負担が上乗せされることになり
ますから、2011年以前の電気料金の2倍以上になってもおかしくありませんし、その高額電気料金の
まま続くことになるでしょう。一般国民の生活への負担が重くなるのは勿論の事、国内の製造業をは
じめ様々な分野の産業に大きな影響をもたらします。極論すれば、日本国内での生産活動が立ち行か
なくなり、日本経済は疲弊し衰退してしまうかも・・・。
原子力発電だけではなく火力発電も再生可能エネルギーも、其々にメリットとデメリットが有ります。
それらを踏まえた上で、様々な問題点を観念論や感情論ではなく、冷静に議論することが必要ではな
いでしょうか。安倍政権が掲げる「エネルギーのベストミックス」は、そういった意味において今後
の我々の生活に密接に関係してくるものなのです。

原子力発電や環境破壊問題を取上げたドキュメンタリー映画、『パンドラの約束』が4月12日から
名古屋市で先行ロードショーされるのをかわきりに、19日からは全国各地で順次公開されます。
この映画『パンドラの約束』は、2013年1月に米国の「サンダンス映画祭」で上映され、論争を巻き
起こした注目作品です。そして同年6月に全米で公開されましたが、以下にその時の論評の一部を紹
介しておきます。

<ニューヨーク・タイムス(6月14日の記事抜粋)>
ドキュメンタリーやそれを制作する自主映画には、制作者と意見を一つにする観客を狙った作品が
多く、釈迦に説法といった非難の声が寄せられる。
政治的に保守的な観客に向けたドキュメンタリー映画は少なく、映画祭での成功を模索しても成功
の度合いは様々である。その意味において「パンドラの約束」は、サンダンス映画祭とTrue・False
映画祭(ドキュメンタリー映画の米国映画祭)で素晴らしい功績を残している。

<科学雑誌 サイエンティフィック・アメリカン(6月11日の記事抜粋)>
「パンドラの約束」は、私たちのリスク認知に感情に訴えかけるようなイメージを効果的に活用する
ことで、我々に影響を与える説得力のある作品となっている。「冷戦時代など歴史的背景からの原子
力の何に対しても恐怖を持っている」そして「反原子力団体と非常に強く結びついたアイデンティテ
ィを持っている」ベビーブーム世代の環境保護活動家の心を変えることはできないかもしれない。
しかし、若い世代や寛容な心を持った観客がこの作品を見ることにより、この重要なクリーンエネル
ギーの資源(原子力)に関してよく知られている反対の理由だけでなく、大いに賛成する理由が議論
されるきっかけとなるのかもしれない。


私も、昨年8月に「WEDGE」でロバート・ストーン監督のインタビューを読んで以来、日本での公開を
楽しみにしておりましたので、映画館で内容を確認したいと思っています。
賛成派も反対派も他人の意見や、批評を鵜呑みにするのではなく、自分の眼で見て自分で考えて自分
なりの意見を持ち判断することが大切だと思います。
脱原発派や反日左翼はおそらく、この作品を「原発推進の根拠のないプロパガンダ映画」だと酷評し
て、認めようとはしないでしょうが・・・。

=============================================

2014年4月1日 日本エネルギー会議事務局HP より

『パンドラの約束』の一般公開が迫る
原子力発電に反対してきた環境保護派の人々が、原発支持に転換する動きを追ったドキュメンタリー
映画『パンドラの約束』(ロバート・ストーン監督、国内配給元:フイルムヴォイス)の一般公開が迫っ
てきた。米国の「サンダンス映画祭2013」の正式招待作品として、大きな論争を巻き起こした注目の
映画で、日本でも公開前から原発の賛成派、反対派さらには態度を決めかねている人々などから関心
を集めている作品である。
まず4月12日から名古屋市の「伏見ミリオン座」で先行ロードショーが始まり、続いて4月19日には
東京・渋谷公園通りパルコパート3前の「シネマライズ」をはじめ全国各地で順次公開される予定だ。
この映画の特色は、単に原発のメリットを訴えるのでなく、世界のエネルギー事情を詳細に分析する
とともにエネルギーと生活環境の関係、地球環境問題と発電システムの現状と将来などを冷静に評価
し、紹介している点である。
さらには、原発開発の歴史や原子力技術に携わってきた専門家の安全な最新型原子炉への挑戦も追っ
ている。その科学的な姿勢には、混迷を続ける我が国のエネルギー政策を再構築するために、重要な
視点が込められているとの認識から、当会議としても、広く国民の方々に認識を深めてもらうべきで
あると考え、先行特別試写会を開催してきた。

◆国民一人ひとりが、自分の問題として判断することが欠かせない
試写会などで映画をご覧になった、各界の方々から様々な意見が寄せられている。
ジャーナリストの櫻井よしこ氏は「この映画には福島の悲劇を克服して日本を元気にし、世界の人々
に幸福をもたらす、現実的な道筋が科学的に示されている」と評価。
作曲家の三枝成彰氏は「私は原発に否定的な考えを持っているが、地球環境問題への対応など、この
映画が提起している内容は驚きで、賛成、反対の壁を超えてぜひ多くの人に見ていただきたい作品だ
と思う」と率直な感想を寄せた。
さらにジャーナリストの田原総一朗氏は「浅薄な原発PR映画ではない。原発反対派と推進派が討論
する恰好の題材になる映画だと思う。日本の多くの映画館で封切られることを望む」と批評している。
専門家の多くは「原発を再稼働するか廃止するかは、国民ひとりひとりが自分の問題として判断する
ことが求められている」と強調している。まさに日本の将来に大きな影響を及ぼすテーマであるから
であろう。こうした判断をする際に、『パンドラの約束』は極めて重い問題提起となるに違いない。
一般公開にあたって、国民の一人でも多くの方々に劇場に足を運び、自らの冷静な考えをまとめる参
考にしていただけるように願っている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




映画『パンドラの約束』 HP

2013年8月28日 「WEDGE」編集部による
映画『パンドラの約束』 ロバート・ストーン
監督の特別インタビューは ↓
http://www.pandoraspromise.jp/director.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
平成26年4月4日 産経新聞より

原発の必要性、客観的事実で訴え 映画「パンドラの約束」
4月中旬に日本公開


原発に反対してきた人々が、原発支持に転じた様子などを描いた米ドキュメンタリー映画「パンドラ
の約束」が4月中旬に日本で公開される。客観的な事実を積み重ねて原発の必要性を訴える内容に、
政財界などで注目が高まっている。
同作品を手掛けたロバート・ストーン監督はもともと原発反対派だったが、環境保護を理由に原発支持
に変わった。映画では、地球温暖化に歯止めを掛けるため、二酸化炭素を出さない原発の活用が必要
との主張を紹介する。
東京電力福島第1原発周辺など世界各地を取材し、放射線が健康に与える影響を過度に恐れる必要が
ないとデータを使って説明するほか、安全性が高い原発の新技術にも言及する。
3月に行われた一般向け試写会には会社員など約450人が訪れた。
自民党の電力安定供給推進議員連盟(細田博之会長)も2月中旬に議員向け試写会を開き、参加した議員
は「原発に対して中間的な意見の人にぜひ見てもらいたい」と述べた。
同映画は4月12日に名古屋市の伏見ミリオン座で先行公開。19日から東京の渋谷シネマライズほかで
順次全国公開する。

      映画「パンドラの約束」のロバート・ストーン監督


平成26年4月5日 産経新聞より

「賛成派も反対派も見てほしい」映画「パンドラの約束」
 田中伸男・日本エネ研特別顧問

日本エネルギー経済研究所の田中伸男特別顧問に同映画の注目点を聞いた。

--映画への評価は
「原子力にはリスクが付きものだが、それがどの程度のものか客観的な情報を積み重ねて説明し
ている。原発事故から3年がたち、日本はエネルギー問題にどう対処していくか判断を下す時期
に来ているが、その議論の材料にしてほしい」

--環境問題の観点で原発支持に転じる人の姿が描かれている
「二酸化炭素の排出削減には原発活用が欠かせない。映画にもあったが、太陽光などの再生可能
エネルギーは、発電できない時に火力発電で補う必要がある。経済成長を続ける中国やインドな
ど新興国は原発の新増設を進めているが、それらの安全性を確保するため日本も貢献すべきだ」

--誰が見るべき映画か
「原発の賛成派でも反対派でも、この問題に興味がある人は見ることを薦める。映画を見ただけ
で全てが分かることはないが、多様な論点や事実が存在することは理解できるだろう」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年2月11日 産経ニュース

反原発を放棄した人々 冷厳な事実描いた「パンドラの約束」

(前略)
世界的に著名な環境保護活動家の中から、「やはり原発を推進しないと、地球温暖化や人口増加
に対応できない」と転換した人々が出てきたのだ。
原発問題を題材にしたロバート・ストーン監督は、ドキュメンタリー映画「パンドラの約束」で、
そうした環境活動家がエネルギー事情を知るに連れ、原発推進派に転向していく様を描いている。
情緒的な感覚から反原発論者になるタレント文化人が多いなか、試写会では見る者に冷厳な事実
を突きつけてくる。彼らは非難を承知でカメラの前に身をさらし、反原発を放棄することになっ
た経緯を語る。
その一人、環境活動家のシェレンバーガーさんは、福島第1原発事故のテレビ映像が米国で流さ
れた時、茫然自失の状態になったと証言した。反原発の旗手から一転、原発推進に宗旨変えした
直後だったからである。シェレンバーガーさんだけでなく同じように原発推進派に転向した英国
人作家のライナースさんもまた、福島事故で「パニックになりそうだった」と振り返る。
ライナースさんは東日本大震災から1年後に、福島市を訪ねて、その実態を探っている。
彼らに影響を与えたのは米国環境保護運動の“巨頭”ブランドさんで、エネルギー研究会に参加す
るうちに、原発こそが地球温暖化の解決手段であるとの結論に行き着く。
彼は「数十年にわたって環境保護派をミスリードしてきたことを後悔した」と述べる。
原子力の利用は1948年に、米国でウランが熱を効率的に発する実験に成功して始まった。
米政府は商業化を決意し「平和のための原発利用」が進む。「夢のエネルギー」が「悪魔」のそ
れに変わったのは、79年のスリーマイル島の原発事故からだった。
ちょうど原発事故を扱った映画「チャイナ・シンドローム」が公開されたばかり。
主演女優のジェーン・フォンダが、すぐに反原発運動の先頭にたった時代だ。
だがブランドさんやライナースさんは、石油など化石燃料を燃やしていれば世界で年間300万人が
大気汚染で死んでいると強調する。原発は風力についで安全な上に太陽光は日照時間が足らない。
米国の電力の20%が原発で賄われ、その半分がロシアの核兵器廃棄から再利用されるという。
原発の怖さは誰もが知っている。できれば避けたいが貧困地帯に病院ができエアコンで快適な生活
が広がれば、エネルギー使用量は増していく。
「核の廃絶」を望まぬものもまたいない。だが良心的な開発者が手を引いたとして、そうでない核
開発者が携われば事態はかえって悪化する。
評論家の福田恆存氏は「悪魔は一度地上に出現してしまった以上、二度と地下に戻らぬよ」という
過酷な現実を語った。 原発も核も、英知と技術を結集してどうコントロールするかにかかる。

東京特派員/湯浅博




テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

台湾の抗議デモについて

朝日新聞が3月30日、台湾の立法院を占拠する学生らの抗議デモについて、とても朝日とは思えぬ
客観的で分かり易い記事を掲載していました。人民朝日にも一部、真面な記者が居るようですね。

     立法院議場を占拠

台湾の学生たちは、中国との「サービス貿易協定」の撤回を求めて、抗議デモを行っています。
彼等は、この協定により支那本土から大量の労働者が台湾に押し寄せ、自分たちの職が奪われること
と、気付かないうちに中国にのみ込まれてしまう、という恐れから反対しているようです。
学生たちの主張や思いは理解できます。とはいえ、暴力によって台湾の自治を否定することが、本当
に正しいことだといえるのでしょうか・・・?
この件に関して小名木善行氏が台湾で取材された内容を、自身のブログ『ねずさんのひとりごと』で
報告されています。かなり長いですが、とても分かり易いので引用させてもらいます。

~2014年4月1日 NTDTVJP~
17カ国49都市で台湾の学生運動声援


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年3月30日22時11分 朝日新聞デジタルより

台湾「50万人」抗議デモ、中台協定の強行審議に反発

台湾で立法院(国会)を占拠する学生らの呼びかけで30日、台北の総統府近くで馬英九(マーイン
チウ)政権に抗議する大規模デモが開かれた。
馬政権は学生の要求を一部受け入れるなど歩み寄りの姿勢を見せるが、大規模集会で学生らへの
共感の大きさが示された。政権にはさらなる圧力となりそうだ。

◇立法院占拠の学生に呼応
「中国とのサービス貿易協定を撤回せよ」。
総統府に続く大通り。学生リーダーの台湾大学大学院生の林飛帆氏が叫ぶと、黒い服を着て通りを
埋め尽くした人たちが大声で唱和した。
集会は平和的に行われ、参加者は主催者発表で延べ約50万人。警察は午後4時時点にその場にいた
人数を約11万6千人と推計した。
この日の集会は、立法院を占拠する学生団体や社会運動団体が、「我々が少数派ではないことを示そ
う」と呼びかけた。学生らが立法院を占拠したのは今月18日夜。前日、中台サービス貿易協定をめぐ
り、与党国民党が立法院の委員会で中身を審議せずに強引に本会議送付を決めていた。
昨年6月に調印されたこの協定は事前に内容が伏せられ、「黒箱(ブラックボックス)」との批判が強
かった。にもかかわらず審議もしないという対応に「民主主義を踏みにじる暴挙」と反発が爆発した。
「国会」が占拠され、機能停止するという前代未聞の事態に陥ったが「政治が機能せず、やむにやま
れず行動した」という学生らの訴えに大きな支持が集まった。
協定は中国とサービス業を開放し合うが、台湾のサービス業には中小企業が多く打撃が大きいとの懸
念が大きかった。
23日夜に行政院に突入した市民らが警官に強制排除され、174人のけが人が出たことも政権への怒り
に油を注いだ。
学生らと行動を共にする中央研究院法律学研究所の黄国昌副研究員は「庶民の暮らしに直結する協定
をこんな形で締結させてしまえば、民主主義が終わってしまう。これは崖っぷちに立たされた台湾の
民主主義の最後の反撃だ」と語る。

◇背景に中国支配への不安
馬政権に対して反発が広がる背景には、協定を通じて中国の支配力が強まることへの不安がある。
サービス貿易協定に反対する団体の代表で、占拠に加わる弁護士の頼中強氏は「占拠を反中運動とと
らえるのは短絡的すぎる」としながらも、協定の問題の一つに広告代理業を中国企業に開放すること
を挙げる。中国側が広告出稿を通じて台湾メディアへの影響力を強め、言論の自由を損なう恐れがあ
ると指摘する。
中国との関係を重視する馬政権は2008年の発足後、経済面を中心に中国との交流を深めてきた。
馬氏はこれを業績と自負しているが、林氏とともに学生を引っ張る清華大学(台湾)大学院生の陳為廷
氏は「馬政権は中国にすり寄ってきた。大勢の人が問題だと考えていたが止めることができず、社会
に不満がうっ積していた」と話す。 こうした批判に対し、馬政権は反論に躍起だ。
協定破棄に追い込まれれば、中台関係のみならず、台湾が目指す環太平洋経済連携協定(TPP)などへ
の加入にも影響を与えかねないとの危機感がある。
馬氏や江宜樺(チアンイーホワ)行政院長らは、台湾が開放する度合いに比べ、中国の開放度の方が高
いなどとサービス貿易協定の利点を強調している。「『中国から大量の労働者が流れ込む』といった
誤解も多い」とも訴える。
馬政権は、学生が求める中台協議を外部から監視するシステムの法制化を受け入れるなど、一定の歩
み寄りも見せ始めた。だが学生らの要求とは隔たりが残り、林氏は集会で「立法院占拠をやめるわけ
にはいかない」と宣言した。
占拠の長期化は、馬政権のもとで進んだ中台関係改善にも影を落としている。
中国の国務院台湾事務弁公室の張志軍主任が4月中旬までに訪台する予定だったが、台湾メディアは
延期になったと伝えている。
馬氏と習近平中国国家主席の会談の年内実現も取りざたされていたが、当面は困難になったとの見方
が出ている。(台北=鵜飼啓)

〈中台サービス貿易協定〉
中国と台湾が互いのサービス産業の企業に市場参入を認める協定。
医療や建設、印刷、運輸、金融、娯楽など幅広い分野が対象。
台湾側が64項目を開放するのに対し、中国側は80項目とされる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月1日 ブログ『ねずさんの ひとりごと』より

台湾学生大規模デモのこと

台湾の立法院(国会議事堂)を占拠した学生と市民の数は、31日には50万人を超えるものとなりま
した。昨日まで台湾で取材をしましたので、その報告です。
(中略)
事態の情況をわかり易くするために順を追って、この事件について私の見たデモの情況についてお話
してみたいと思います。ちなみに私は、センセーショナルな報道をするつもりはまったくありません
し、いわゆる「煽り」をするつもりもまったくありません。
私は、私が台湾で知った事実を事実として、お話申し上げたいと思います。

1.事件の背景
今回のデモの主役は、台湾の大学生たちです。その台湾の大学生ですが、就職率は7割程度しかあり
ません。それだけ仕事がない、就職できないという苦しい情況におかれています。
こう書きますと、「それは日本の大学生だって就職は厳しい。大差ないのでは?」という声が聞こえ
てきそうです。けれど決定的に違うのは、その厳しい就職戦線をなんとか勝ち抜いて就職しても初任
給は日本円でだいたい66,000円位だという点です。日本のフリーターの月収の半分にも満たないの
です。
では物価はどうなのかというと、亜熱帯気候で農業は盛んなので、なるほど野菜や果物は日本と比べ
て3分の1くらいで安いです。けれどもディッシュペーパーや携帯、自動車、化粧品など、いわゆる
工業生産物になると、日本よりも3割前後(ものによっては倍以上)割高になっています。
ですので総じていうならば、日本と物価は、「たいして変わらない」ということができようかと思い
ます。そんな中にあって給料が7万弱なのです。しかも、これを得るための就職さえも厳しい。
そこへ、台湾の学生の初任給よりも安い台湾の最低賃金(約54,000円)も貰えば、本国で就職すると
きの倍額以上の月給となる支那人たちが大挙してやってくるわけです。
当然、台湾の雇用は破壊される。まずは、その現実があることを、是非わかっていただきたいと思い
ます。

2.事件の発端
そんな中にあって、台湾国民党(旧蒋介石の国民党/中華民国政府)の馬英九総統は、支那との間で、
「自由貿易協定」を批准しました。
ちなみに台湾のメディアでは、これを「中華人民共和国政府とのTPP」と呼んでいます。そうです。
実は、これは支那と台湾のTPP協定そのものなのです。そして注意が必要なのが、「自由貿易協定を
結んだ」という点です。これが台湾と支那との「条約」ならば、馬政権は国会にその条約案を図らなけ
ればならなかったのです。ところが馬総統は、これを政府だけで勝手に締結できる「協定」のカタチに
することで、国会を出し抜いたわけです。
けれど自由貿易というのは、国内産業や国内労働力市場、つまり国内の労働環境、もっといえば国内の
雇用を、同じ北京語を話す支那人たちに解放するというものです。そうなれば、台湾よりももっと安い
人件費の支那人たちが大挙して台湾にやってくる。
なにせ、言葉が通じるのです。就職も容易です。しかも支那自国内では空気は悪いし、賃金は台湾より
も、もっと安い。そうなれば台湾の雇用情況は、台湾人にとって、いまよりももっと厳しくなってしま
うわけです。
ということは、いまだって厳しい台湾の学生たちの就職が、ほんの何ヶ月かあとには、今よりももっと
はるかに厳しいものになってしまうのです。学生たちが怒るのも、あたりまえです。ですから台湾全土
から次々にデモに参加する学生たちがやってくる。
昨日あたりの台湾の気温は、28度です。日本でいったら初夏の陽気です。ですから路上に寝ても大丈
夫、という背景もあります。もっとも台北は亜熱帯気候ですから、夕方になるとスコールが降ります。
日本では、ゲリラ豪雨と言った方がわかりやすいかもしれません。とにかくたいへんな雨が降る。
その強い雨の中を、台湾の50万人の若者達は、男の子も女の子も頭からずぶ濡れになりながら、それで
も誰ひとり逃げ出そうなどとしないで、がんばっています。
何のためか。それは、自分たちの将来の就職のためであり、台湾の未来を、彼らが真面目に考えている
ためです。本当に、頭が下がる思いがします。
そして自由貿易協定によってやってくる支那人たちが、どういう人種であるのか、台湾の若者達は知っ
ています。
台湾の屋台や商店、コンビニなどでアルバイトをしながら大学に通う彼らは、特に馬政権になってから
以降、観光客として大量に押し寄せる支那人たちを、間近に見ています。
ケンカ腰で大声で騒ぎまくる。態度が横柄である。平気で万引きする。
台湾の人たちが、口癖のように言う「謝謝(ありがとう)」などという言葉も、そういう観念もない。
台湾の人たちにとって、支那人観光客は、まるで「ミニ台風」なのです。それを彼ら台湾人学生たち
は、生活の中で露骨に見て、体験している。
そういう支那と、台湾馬政権は、勝手に自由貿易協定を批准しようというのです。
では、なぜ馬政権は台湾の総統なのに、台湾の人々の生活基盤が破壊されるようなことを、平気でやろ
うとしているのでしょうか。

3.事件の背後
台湾は「中華民国」という名の国であると、多くの日本人は思い込んでいます。
ところが、この中華民国は、国際社会では「国家」として認知されていません。
台湾と、中華人民共和国は、多くの日本人が別な国と思っていますが、実は違います。
中華民国政権は、支那大陸の「正当な政権」を自称する旧蒋介石率いる国民党が、支那大陸を追い
出されて台湾に逃げ込んだ、いわば亡命政権です。
一方、亡命された側の台湾はもともと日本の北海道、本州、四国、九州、沖縄と同じ日本の一部で
す。そして日本は台湾について、大戦のあと、その処分権を連合国に委ねました。
委ねられた連合国は、ひとまず台湾にいた日本軍に武装解除をさせるために、支那の国民党の兵力
の一部を台湾に差し向けました。それだけの話だったのです。
ということは、日本軍が立ち退けば、国民党軍も、本来は立ち退いたかもしれない。
ところがその国民党が、支那共産党軍に追われて台湾に逃げ込み、そこでいわば「外来王朝」のよ
うな国家を、台湾に作ってしまったわけです。ですから国際社会は、支那大陸に中華人民共和国が
できた後、その中華人民共和国を支那大陸の正当な政府と認め、台湾にいる国民党政府は、国家と
して「認めない」という立場を、いまもずっと取っています。
ですから日本も、中華民国と国家としての正式な国交は持っていません。
そういう情況の中にあって、もとから台湾にいる市民の無事と安全、そして台湾の地位の正常化を
図ろうと、李登輝氏などがたちあがって結成したのが、台湾の民進党です。
台湾には、もとからの台湾人の方が、圧倒的に人口が多いですから、結果、台湾国民党の亡命政権
の中の国会には、台湾に亡命した漢族の国民党とその漢族の国民党を否定する台湾人による民進党
の二つが、二大政党となっています。そして、その民衆の圧倒的支持によって総統となったのが、
李登輝氏であったわけです。
ところが先の選挙で、総統の席を国民党が奪回し(このとき相当露骨な選挙違反があったといわれ
ています)、そして誕生したのが馬英九政権であるわけです。
馬政権は、そもそもが自分たちは「支那大陸の正当な政権である」と主張する政権です。
ですから彼らにとっては、支那大陸との貿易自由化は、支那大陸に住む民衆にとってメリットがあ
るならば、自分たちが支那本土に返り咲くために、是非とも必要な政策であるわけです。
実際の話、それによって台湾にもとから住む台湾人の生活がどれだけ悲惨なものになろうが、ひと
ことでいえば、「関係ない」というわけです。
これに対し今の台湾の多くの学生たちにとっては、台湾そのものが祖国であり、大切な国家です。
国民党が支那大陸に返り咲きたがろうが、そうでなかろうが、はっきりいって関係ない。
しかも(これは日本も同じなのですが)、台湾の若者達も、日本の若者達と同じで、近代史をまった
く知らずに育っています。
要するに彼らの発想の出発点は、あくまでも「いま」であり、「これから」です。
そして「いまの台湾」に、馬総統の市場開放という不条理な行動があり、「これからの台湾」がそ
れによって脅かされるということは、たいへんな問題であるわけです。

4.現実のデモ
去る3月30日は、学生と市民によるデモ隊がついに50万人という大規模なものになった日ですが、
この日、デモ会場に集った学生たちは、全員がお揃いの黒のTシャツを配給され、これを着込みま
した。これは現地では、テレビなどでしっかりと放送されています。
私は不思議に思い現地の人に聞いてみました。なぜ不思議に思ったかというと、平素、学業と生活
に追われている普通の学生たちが、お揃いのTシャツを用意するだけの資金を、いったいどのよう
にしたのだろうかと不思議に思ったのです。
答えは、比較的簡単に見つかりました。台湾大規模学生デモの主催者たちの学生です。
彼らは、台湾民進党の党首である蔡英文(さいえいぶん)女史と、きわめて近い関係の応援団です。
そしてこのデモは、民進党が全面的に背後でバックアップし、そのための資金も提供しているとい
うのです。さらに学生たちの台湾への集合のための費用も、やはり民進党の応援者の大人たちが、
これを全面的にバックアップしているというのです。
つまり日本に例えてみれば、民主党政権下におけるあまりの売国行為に、自民党総裁が怒って学生
たちを動員し資金その他を提供して、日本の国会や総理府などを占拠したようなものだ、というわ
けです。
日本でも、当時からたいへんな不況と就職難が続いていましたが、残念ながら日本ではこのような
事態は起こりませんでした。
それが良いとみるか、台湾の学生たちこそ素晴らしい行動と見るかは、意見の分かれるところかも
しれません。ですが、私個人としては、彼らの行動と心意気、そして彼らの国を思う熱い気持ちに、
喝采を送りたい気持ちでいます。
ところが、こうした彼らの行動に対し31日、米国の台湾での窓口機関である「米国在台湾協会(AIT
)」の理事を務める台湾問題専門家のデビッド・ブラウン氏が、米国の政治外交情報誌である「ネル
ソンリポート」を通じて、真っ向から「非法(=不法)」であるとして、NOを突きつけたのです。
「台湾と支那のサービス貿易協定について、議会承認を求める学生たちの主張は、もっともなことで
ある。けれどだからといって、それを立法院占拠という無法な行動が正当化されるべきものではない」
というのです。
米国在台湾協会(略称:AIT、American Institute in Taiwan)は、米国が台湾に設置した実務関係処理の
ための窓口機関です。一般にはAITは、事実上の「米国駐台湾大使」と紹介されているし、日本にも
米国の大使はいますから「似たようなもの」と思われがちですが、台湾の場合は国際的に承認された
「独立国」ではありません。
日本も終戦から昭和27年のサンフランシスコ条約締結まで(沖縄は返還された昭和47年まで)、
連合国による統治下にありました。ですから当時の日本は「日本国」ではなく、連合国統治領日本で
したし、沖縄も「連合国統治領沖縄」でした。要するに、連合国の統治下にあったわけです。
多くの日本人が「独立国」と思っている台湾は、実はそれは大きな誤認で、いまだ連合国の統治領下に
あります。日本でいえば、サンフランシスコ条約締結前の日本の状態にあるわけです。

ですから、台湾にある米国の在台湾協会(AIT)というのは、日本でいえば、かつてのGHQにあたる
ところとです。そして、台湾の国民党政権(中華民国)は、このAITの下に置かれているわけです。
そのAITが「非法」と言ったということは、イメージ的に言えば、日本でいえば、マッカーサーが
学生たちの行動に、Noを突きつけたことを意味します。
日本と違って台湾が複雑なのは、日本におけるGHQは米国が直接主管しましたけれど、台湾では、
中華民国政権(台湾国民党)を経由して間接的に支配した、という点です。
その中華民国政権は、台湾における「連合国による台湾の摂取を委ねられた」ことを奇貨として、
そのまま台湾を軍事占領したまま居座り、なんと27年間も戒厳令を敷いて軍事独裁を継続しました。
その後、李登輝先生らの運動によって元日本人である、もとからの台湾人たちによる政党の結成が
認められ、台湾の立法府には国民党と民進党という二つの勢力が生まれました。
ところが、台湾の支配(領有化)を図りたい中共政府は、この台湾国民党との関係を深め様々な工作
を施して、国民党を親中政権に仕立ててしまったわけです。そして国民党は非合法な手段を用いて
政権を民進党から奪還し、今の馬政権ができあがりました。
そういう意味では、一見すると今回の台湾民進党による大規模学生デモは、台湾の民主化を図ると
いう意味においては、むしろ米国としても歓迎すべきことのように見えます。
ところが、米国はAIT(日本でいったらGHQ)を通じて、これにNOを突きつけた、というわけです。
これが何を意味するかというと、米国は台湾国民党による支那への擦り寄りも、民進党による暴力
革命も、どちらも「認めない」という立場をとった、ということです。
ということは、この学生デモによって民進党政権が出来上がることを米国は認めない。さりとて米
国は国民党の馬政権を歓迎しているわけでもない、というのが現時点の台湾情勢である、というこ
とです。だからこそ、このAIT理事が「学生たちの行動を非法」と述べたというニュースは、台湾
の各紙の一面を飾る大問題となったわけです。
このことは、もっとわかりやすく言うならば、ひとつには台湾国民党政権が台湾民衆の手によって
完全に否定されたということであり、ふたつには先の大戦によって台湾を占領した連合国を代表す
る米国は、今回の一連の騒動における民進党の行為(学生デモ)をも否定したということです。
つまり台湾は、中華民国という国が認知されていない国家であること、国民党政権も民進党もどち
らもその中華民国政権の内側の組織として「否定された」ということです。これは大きな問題です。
私は、台湾の主権回復をどこまでも応援するし、学生たちのやむにやまれぬ気持ちから出た今回の
行動もよく理解できます。けれども手厳しいようですが、だからといって台湾が暴力によって台湾
の自治を否定することは、もし、これによって馬政権が倒れ、民進党祭政権が誕生したとしても、
台湾は国際的に認知されない、ということを示しています。
占領政府そのものの存在が、こうして否定されることがあるという事実は、実は現代社会における
一大トピックとして特筆されるべきことです。
これは、戦後の日本国憲法下の日本国政府が、ときに国際社会から否定されることもある、という
現実を、わたしたち日本人にも突きつけているからです。
それは、恐ろしい事態に思えるかもしれませんが、日本が占領統治から脱出するためには、必要な
ことといえるかもしれません。



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。