筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海兵隊員、沖縄警察署から表彰

久しぶりに沖縄のことについて・・・

1月13日、沖縄の北中城村瑞慶覧の国道330号で発生した、大型トレーラーと軽自動車2台との
交通死亡事故について報道したマスコミも有りましたが、この時、事故現場で救出活動に当たっ
た海兵隊員のことについては、どこも報道しませんでした。
地元沖縄のマスコミ・メデイアは、当然のことのように完全無視していますので、殆どの沖縄県民
はこの事実を知りません。相変わらず、自分たちに都合が悪いことは隠蔽するんですね…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~3月21日 在日米海兵隊 FBより~

沖縄を走る国道で起きた死亡交通事故現場で活躍した海兵隊員が沖縄警察署から表彰され、感謝
状を授与されました。この事故は全国ニュースにもなりましたが、現場で迅速に救出活動に当た
った海兵隊員のことは地元でもあまり知られていません。

   海兵隊員が沖縄警察署から表彰

【沖縄県沖縄市】
国道での交通事故への救急応対で、海兵隊員が感謝状を受賞

2月末に沖縄警察署長が、国道での交通事故現場で迅速に対応した海兵隊員に感謝状を授与しま
した。沖縄市にある沖縄警察署の知花幸順署長が、北中城村瑞慶覧の国道330号線で、大型トレ
ーラーの荷台部分が対向車線にはみ出し軽自動車2台を巻き込んだ1月13日の交通事故で、事故を
通報したスティーブン・ダニシ上等兵と、現場で迅速に対応した海兵隊の憲兵隊員5名に、感謝状
を手渡しました。
沖縄署事故捜査課係長の照屋盛良警部補は「事故が発生した際に、海兵隊員らが事故現場の安全
を確保し、被害者の救助や交通整理を行ってくれました。事故を起こした大型トレーラーの後ろ
を走行していたダニシ上等兵が事故を目撃し即座に車を路肩に停車し、事故被害者の救助活動に
あたってくれました。そして彼が所属している憲兵本部に無線連絡を入れたんです。現場には直
ぐに5名の憲兵隊員が急行し日本の警察が到着するまでの間、事故現場の対応にあたってくれまし
た」と説明しています。
ダニシ上等兵は海兵隊員が現場に到着すると、地元警察の到着を待っている間、多くの被害者を
救出することができたと話しています。
彼によると「キャンプ・フォスターの憲兵隊員が現場に駆けつけてくれて、被害者の救出を手伝っ
てくれました。次いで海兵隊の消防・救急隊員も現場に駆けつけ、車両に閉じ込められている人た
ちの救出を行いました。数分後に、地元警察が到着しました。現場では、被害者が適切な治療を
受けられるように全員が全力で車の中にいる人たちの救出を支援し、できる限りのことを尽くし
ました」と当時の事故現場の様子を説明しました。
今回、事故現場での対応を行った海兵隊憲兵隊、海兵隊消防隊そして沖縄警察署はこれまで一度も
一緒に訓練を行ったことは有りませんでしたが、それが援助の妨げになる事は有りませんでした。
今回の大事故は、大型トレーラーの荷台を固定するロックピンが外れ荷台部分が対向車線を走行中
の軽自動車2台に衝突したことで3名の尊い命が失われ、3名が重軽傷を負いました。
現場で対応した憲兵隊員の一人は「これまで一度も話したことも無く、同じ言語を話す訳でも無く
一緒に訓練したことも無い人たちが、隣り合わせで効率的に対応している姿を現場で見ていた人た
ちにとっては、非常に印象的だったかも知れません。でもそれが私たちの任務の意図するところで
あり、相手が誰であろうと関係なく自分たちがやらなければいけない任務をこなすのみです。地元
の警察官も、同じように考えていることでしょう」と話しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年1月15日 沖縄タイムス
1月15日沖縄タイムス







スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

追悼イベント『第3回ピースキャンドル』が開催

「大刀洗空襲」の日の3月27日、旧陸軍大刀洗飛行場跡地にある「大刀洗平和記念館」において
空襲犠牲者追悼イベント『第3回ピースキャンドル』が開催されました。

「ピースキャンドル」
<大刀洗平和記念館fbより>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年03月28日 西日本新聞より

紙灯籠に明かり、平和を祈る 大刀洗空襲から69年

旧陸軍大刀洗飛行場が標的となった大刀洗空襲から69年となる27日、筑前町立大刀洗平和
記念館で、紙灯籠に明かりをともして犠牲者を追悼し平和を祈るイベント「ピースキャンドル」
があった。「戦争は二度としない」-。
平和への思いが記された約1,300個の紙灯籠が夕闇に浮かび上がった。
筑前、大刀洗両町と朝倉市にまたがる一大軍事拠点だった同飛行場は、特攻隊の中継基地でもあ
った。
空襲は1945年3月27日と同31日の2回。犠牲者は千人を超え、立石国民学校の児童31人が命を
落とした「頓田の森の悲劇」も起こった。
空襲の体験談や朗読もあり、来場者の涙を誘った。
頓田の森で奇跡的に助かったが、一緒にいた姉を亡くした朝倉市の板部(旧姓桑野)イツ子さん
(76)が体験談を語り「サイレンや飛行機の音を聞くと今でも怖い。戦争を繰り返さないと強く
願い、語り続けたい」と話していた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年03月28日 読売新聞より

3月28日読売
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3月27日 NHKnews


テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

溶かされる寸前だった!!34億円の「金の卵」

2014年3月21日 CNNより

溶かされる寸前だったロシア皇帝の「金の卵」 34億円の価値

          faberge-golden-egg1.jpg

米中西部に住む金属スクラップ業者の男性が1万4,000ドル(約140万円)で購入した「金の卵」。
溶かせば500ドルくらいのもうけは出るだろうと男性が当初思っていたそれは、3,300万ドル(約34
億円)の価値を持つとされる芸術作品だった。
卵は小さく金も大した量にならないことに気づいた男性は昨年、卵のなかに入っていた時計に刻印
されていた「ヴァシュロン・コンスタンタン」という単語と「卵」でインターネット検索をしてみた。
そこで見つけたのは、英デーリー・テレグラフ紙の2011年の記事。
ロシア王室が保有していたファベルジェ工房製のイースターエッグの話で、もし見つかればその価値
は約34億円に上ると書かれていた。
驚いた男性はロンドンに飛び、ファベルジュの専門家キアラン・マッカーシー氏に鑑定を依頼した。
「ジーンズに格子模様のシャツ、スニーカーといういでたちの男性が入ってきた」とマッカーシー氏
は言う。「彼が渡してくれた写真のファイルのなかに、美術と骨董の世界の宝であるこの卵があった」
男性は美術品にうとく、自分が大変なお宝を手に入れたことを受け止めきれていなかった。
「彼はとにかく混乱して眠れず、食事も喉を通らず、他のことが考えられない状態だった」とマッカー
シー氏は言う。
革命前のロシアにあったファベルジェ工房は、ロシア皇室のために約50個の豪華な宝飾品のイースター
エッグを製作。今回見つかった卵は、皇帝アレクサンドル3世が1887年に妻に贈ったものだ。
卵の高さは8.2センチ。3つのサファイアがはめ込まれ、大きなダイヤモンドの部分を操作すると蓋が
開き、中の時計が出てくる仕掛けだ。この卵はその後、個人コレクターが買い上げたという。
マッカーシー氏が勤める宝飾品取引会社「ウォルツスキー」で、来月14~17日に一般公開される。


          faberge-golden-egg2.jpg


 <参考>
 「ファベルジェの卵」
 http://www15.plala.or.jp/gemuseum/gstry-faberge.htm




テーマ:海外こぼれ話 - ジャンル:ニュース

「ヤン坊マー坊天気予報」が終了・・・

「ヤン坊マー坊天気予報」が今月末で終了するそうです。なんと昭和34年から55年間も続いてい
たんですね。ものごころついた頃から親しんでいたので、TVで見れなくなるのは淋しいですね。


        ヤン坊・マー坊


2014年3月27日 日刊スポーツより

ヤン坊マー坊天気予報55年の歴史に幕

ヤンマーは27日、イメージキャラクター「ヤン坊マー坊」が登場する天気予報番組を3月末で
終了させることを明らかにした。 59年に始まり世代を超えて愛されてきた長寿番組だが、同
社は「知名度を高める役割を果たした」と判断し、55年の歴史に幕を閉じる。
「ぼくのなまえはヤン坊 ぼくのなまえはマー坊」の歌で有名な番組は、現在15県で夕方に
放送されている。番組では終了することを「また皆さんとお会いできる日を楽しみにしています」
のテロップとともに知らせている。終了後もキャラクターを紹介する公式ホームページは残す。
番組の動画も残す予定という。
番組は、双子の兄弟、ヤン坊とマー坊が世界を旅するという設定で、これまで200を超える作品
が作られてきた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2014年3月27日 産経ニュースwestより

ヤン坊マー坊の天気予報、ヤンマーが今月末で終了へ

農機大手、ヤンマー提供の気象情報番組「ヤン坊マー坊天気予報」が今月末で終了することが
27日、分かった。放送開始から55年、同社のブランドイメージ刷新を見届け役割を終える。
「天気予報」は昭和34年6月1日に放送開始。「僕の名前はヤン坊、僕の名前はマー坊」のテー
マソングで人気を博した。すでに平成12~13年にかけて関東、関西では終了。今年3月現在で
青森県から鹿児島県までの全国13地域に縮小していた。
同社は昨年からファッション重視の「農業ウエア」の開発などに取り組み、新たなブランドイメ
ージを模索している。番組終了について、同社は「会社と農業のイメージを変えていきたい。
2人は長く出演し役割を果たした」と説明する。今後、ヤン坊とマー坊はメディア露出を控えつ
つマスコットとして存続するという

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヤンマーの公式サイトには2人の特設ページがあり、「ヒストリー」のコーナーで放送第1回から
最新のものまで、各年代の動画を見ることができます。

ヤン坊マー坊のヒストリー

ヤン坊マー坊 ヒストリー | ヤンマー株式会社



テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

天皇、皇后両陛下 伊勢神宮ご親拝

三重県伊勢市を行幸啓中であられる天皇、皇后両陛下におかせられましては26日午前、
伊勢神宮の外宮をご親拝あそばされました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年3月25日 産経ニュースより

■両陛下、伊勢へご出発 20年ぶりに「剣璽ご動座」
天皇、皇后両陛下は25日午前、20年に1度、社殿を造り替え、ご神体を移す式年遷宮「遷御の儀」
を昨年終えた伊勢神宮を参拝するため、三重県伊勢市に向けて新幹線の臨時専用列車でJR東京
駅を出発された。 両陛下の神宮ご参拝は平成13年11月以来。
今回のご訪問では、皇位とともに伝わる「三種の神器」のうち、「剣璽(けんじ)」(剣と勾玉)を
携行する「剣璽ご動座」も行われ、両陛下に随行する侍従が黒いケースに入れられた剣璽を携えた。
剣璽が皇居から持ち出されるのは前回の式年遷宮後に伊勢神宮を参拝された平成6年以来20年ぶり。

2014-03-26_230306.jpg

両陛下は26日午前に衣食住の神、豊受大神を祭る伊勢神宮の外宮をご参拝。
午後には外宮から約4キロ離れ、皇祖神の天照大神を祭る内宮を参拝される。
内宮の正宮(しょうぐう)には神器の一つ「八咫鏡」がご神体として収められている。
27日は式年遷宮の資料を展示した「せんぐう館」などを視察し、28日に帰京される。

■皇室と伊勢神宮、深いつながり
伊勢神宮の内宮は、皇祖神の天照大神が天孫降臨の際に孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けたと
される「三種の神器」の一つ、「八咫鏡」をご神体としているほか、神宮祭主には旧皇族方が就い
ている。宮内庁は「皇室と神宮には強い結びつきがある」としている。
天皇陛下は毎年、稲の豊作を祈る祈年祭(きねんさい=2月)、収穫に感謝する神嘗祭(かんなめ
さい=10月)、新嘗祭(にいなめさい=11月)の3つの祭事のほか、式年遷宮の「遷御の儀」に当
たり、勅使を差し遣わされる。
また天皇陛下の代理として神宮の祭祀をつかさどる神宮祭主には明治以降、主に皇族が就き、現在
は昭和天皇の四女、池田厚子さん(83)が務めている。昨年までの式年遷宮では、天皇、皇后両陛下
の長女、黒田清子(さやこ)さん(44)が臨時祭主として池田さんを補佐した。
7~14世紀には天皇の代わりに、「斎王(さいおう)」と呼ばれる未婚の皇女が神宮に仕える制度も
あった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
FNNnewsCH




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年3月26日 産経ニュースより

   天皇陛下、伊勢神宮参拝

■両陛下、伊勢神宮外宮ご参拝
三重県伊勢市を訪問中の天皇、皇后両陛下は26日午前、伊勢神宮の外宮を参拝された。昨年
終わった20年に1度の式年遷宮「遷御の儀」後初めてのご参拝で、午後には内宮を参拝される。
両陛下は、宿泊所の内宮行在所(あんざいしょ)から車で外宮行在所へ。
最初にモーニング姿の陛下が、衣食住の神である豊受大神(とようけのおおみかみ)を祭る外宮
の正宮(しょうぐう)へ向かわれた。神職からおはらいを受けた後、正殿(しょうでん)前に進み、
玉串をささげて拝礼された。裾の長い参拝服姿の皇后さまも同様に正宮に向かい、参拝された。

   天皇陛下、伊勢神宮参拝01

■天皇、皇后両陛下が伊勢神宮参拝 真新しい社殿に玉串
天皇、皇后両陛下は26日、20年に1度社殿を造り替え、ご神体を移す式年遷宮「遷御の儀」を
昨年終えた伊勢神宮の外宮と内宮を参拝された。両陛下の神宮参拝は平成13年11月以来。
天皇陛下はモーニング、皇后さまは白いロングドレス姿。伊勢神宮の慣例に従い、午前に衣食住
の神、豊受大神を祭る外宮を、午後は外宮の約4キロ北西にあり皇室の祖神とされる天照大神を
祭る内宮を訪れた。
内宮では侍従の先導で陛下が玉砂利の参道を約500メートル歩き、真新しい社殿の正宮に。
神職のお祓いを受け、中心部の正殿に進んで玉串をささげ拝礼。玉串は陛下の姉で神宮祭主の
池田厚子さんが社殿に納めた。
陛下が参拝を終えた後、続いて皇后さまが同様に正宮で拝礼した。
皇位とともに継承される鏡、剣、曲玉の「三種の神器」のうち「剣璽動座」で20年振りに皇居か
ら持ち出された「天叢雲剣」と「八坂瓊曲玉」は参拝の際は携えず、内宮の中にある宿泊先の行
在所に安置して侍従が見守った。

    天皇陛下、伊勢神宮参拝01 (2)

     2天皇陛下、伊勢神宮参拝02

■「剣璽ご動座」戦後は減少、神宮参拝に限定
天皇、皇后両陛下の伊勢神宮ご参拝に伴い、20年ぶりに実施された「剣璽(けんじ)ご動座」。
戦後は警備上の問題などから大幅に回数は減少、神宮参拝に限って行われている。
皇位継承の証しとして受け継がれる三種の神器「八咫鏡(やたのかがみ)」「草薙剣(くさなぎ
のつるぎ)(天叢雲剣、あめのむらくものつるぎ)」「八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)」。
本体はそれぞれ伊勢神宮、熱田神宮(名古屋市)、皇居に安置され、皇居には、鏡と剣の「分身」
としての複製品も収められている。
戦前まで天皇が1泊以上の旅行で皇居を離れる際、侍従が剣璽を携えて随行していたが、戦後は
地方訪問が増えたことによる警備上の理由などから、昭和21年6月の千葉県訪問を最後に取りや
められた。 その後、昭和天皇が式年遷宮に伴い神宮を参拝した49年に復活した。
両陛下の即位後は、即位の礼を終えたことを神宮に報告する平成2年の「親謁(しんえつ)の儀」で
実施され、6年の遷宮後のご参拝でもご動座があった。
皇室の祭祀をつかさどる掌典職によると「剣璽は陛下とともにあるのが大原則」で、25日のご動座
では、侍従2人がそれぞれをうやうやしく持って両陛下に付き従った。
両陛下の伊勢ご滞在中は、宿泊先の神宮・内宮行在所に安置され、侍従が見守る。


天皇彌榮(すめらぎいやさか)


日韓近現代史を学ぶ

南朝鮮のことを、ちゃんと知っておくことも必要ですね。
宮脇先生のお話しを聞いてお勉強しましょう。


CGS(チャンネルグランドストラテジー)
「じっくり学ぼう!日韓近現代史」より

創氏改名 強制連行 慰安婦について語っておこう/宮脇淳子



テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

嫌韓から亡韓、そして無韓心へ

南朝鮮と、いかに付合うべきなんでしょうか・・・。
「無韓心」でいければ良いのですが、北朝鮮の問題も有り、そういう訳にもいかないのが現実です。
とはいえ「もう、うんざり」というのが正直なところです、、、

<2014年3月2日 新報道2001>

日韓の「歴史認識」 歩み寄りは可能か?


韓国の反日運動激化に...日本の「対抗策」は?



テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

日本人の危機感欠如に警鐘を鳴らす新刊本

平成25年4月に産経新聞出版から発刊された『脱原発が地方を滅ぼす』は、産経新聞九州版に連載
された「九州から原発が消えてよいのか?」をベースに、原発問題と真摯に向き合った良書でした。
同社より今月発刊された『貶める韓国 脅す中国』は、産経新聞に連載された「新帝国時代」を
ベースにしており、現在の日本を取り巻く現実の厳しさを浮き彫りにしてくれています。
危機感を覚えつつ興味深く読んだ次第です。これも時期を得た、良書だと思います。

******************************************************************************************

平成26年3月23日 産経新聞 【書評】より

日本人の危機感欠如に警鐘
『貶める韓国 脅す中国 新帝国時代 試される日本』


東アジアでは今、中国の台頭という巨大なパワーシフトが進行しつつある。これに対応すべく既
に米国、韓国、東南アジアなどは外交軍事政策の見直しを始めている。翻って日本は大丈夫なのか。
今の日本人に求められるのは、この歴史的転換期を生き延びる強固な意志と、そのための柔軟な
知恵ではなかろうか。
本書は46人の産経新聞記者が日本外交の直面する諸問題を精力的、多角的な取材により抉(えぐ)
り出した力作だ。
各章では、中国の軍事的台頭、尖閣諸島の防衛、中国の対日米諜報工作、歴史問題などをめぐる
中韓の対日宣伝戦、中国の対日サイバー戦などに関する生の最新情報が世界各地の現場から報告
されている。これらの情報はいずれも内容的に詳細ながら、分かりやすく書かれている。
国際問題を専門としない一般ビジネスマン、学生でも十分問題の本質を理解できるだろう。
特に、筆者が改めて「なるほど、そうだな」と唸った部分を幾つかご紹介しよう。
《 米の抗日活動家は「私がやっていることは、実際は日本のためだ」と断言した(序章)
 ▽中国人が広大な農地を求めてロシア・シベリアに続々と渡っている(第5章)
 ▽領空侵犯の際、空自パイロットの権限は警告射撃と強制着陸命令しかない(第6章) 》
そもそも「反日」活動家は、自らを「反日」とは呼ばない。
中国化しつつあるシベリアは、早晩ロシアにとって脅威となる。
尖閣上空では武力攻撃に至らない敵対行為に対する自衛権(マイナー自衛権)
の法的整理が喫緊の課題だ。
だが、本書を読み日本を取り巻く現実の厳しさを憂うだけでは問題は解決しない。
本書が浮き彫りにするのは戦後日本の危機感の欠如と、日本人が作り上げた心地良いシステムが
現在の国際政治環境に適合しないという不愉快だが否定しがたい現実だ。
中韓は人権・人道という普遍的価値を逆手に取って日本を貶め、脅そうとしている。
されば日本も普遍的価値に基づき守るべき伝統と価値を堂々と主張すべきだろう。
その意味でも、本書は一人でも多くの日本人に読んでもらいたい。

評・宮家邦彦(立命館大客員教授)

         産経新聞出版

    ( 産経新聞「新帝国時代」取材班著/産経新聞出版発行
           日本工業新聞社発売・本体1,300円+税 )



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

安倍総理、「笑っていいとも!」に生出演

3月21日、安倍総理はフジテレビ系のバラエティー番組「笑っていいとも!」に、現役の総理大臣と
して初めてスタジオで生出演しました。

3月22日 産経 「笑っていいとも」に
(3月22日 産経新聞より)

タモリ氏が「明日の新聞に『笑っていいとも、タモリと会食』と載りたいので」ということで
イチゴを安倍総理と一緒に食べましたが、翌日の新聞紙上で取り上げたのは、朝日新聞だけだ
ったようですね。朝日は如何なる意図で書いたんでしょうね。とても「シャレ」で、とは思え
ませんが・・・。

 ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・
~2014年3月21日 朝日新聞デジタルより~
<首相動静―3月21日>
【午前】9時39分、皇居。春季皇霊祭・神殿祭の儀に出席。11時20分、東京・富ケ谷の自宅。
【午後】0時23分、東京・新宿の「スタジオアルタ」。29分、フジテレビのバラエティー番組
   「笑っていいとも!」に出演。司会のタモリさんとイチゴを試食。
   1時11分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急。中国料理店「星ケ岡」で秘書官
   と食事。 44分、公邸。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年03月21日 BLOGOS編集部

「辞めろ!帰れ!!」"笑っていいとも!"出演の安倍首相に怒声

21日、安倍首相がフジテレビ系「笑っていいとも!」内の「テレフォンショッキング」に生出演した。

「笑っていいとも!」同様、タモリさんが司会を務めていた「ボキャブラ天国(92年~08年放送)」
のファンだったという安倍首相。32年の長きにわたって番組の司会を続け、「やめたいと思ったこと
は一度も無い」というタモリさんに「重要無形文化財ですね」「一度お酒を飲みながら長続きの秘訣
をお聞きしたい」と褒め称えた。
数々の著名人が出演してきた「笑っていいとも!」だが、現職総理の出演は初めて。
今回の出演についてタモリさんに尋ねられると「(バラエティ番組への出演は)批判される可能性も
伴うが、国民的な番組であり、政治番組で話すようなこと以外のお話もできる良い機会だ」と述べ、
和やかな雰囲気の中、仕事の息抜きの方法などを語った。
一方、同番組の放送が行なわれている新宿のスタジオアルタ前では、午前11時頃からデモ隊が集結。
「辞めていいとも!」などのプラカードを掲げ「安倍晋三は退陣、退陣」「ファシスト内閣恥を知れ!」
「再稼働反対!」などのシュプレヒコールを上げた。
12時23分、靖国通りに停めた自動車から徒歩でスタジオアルタへ向かう安倍首相に対し、
「恥を知れ!」「辞めろ!帰れ!」などの声が浴びせられたが、首相は周囲に手を振って応えた。
また、12時54分、放送を終えた安倍首相が出入口から現れると、デモ隊からは再び「辞めろ!」など
の声があがった。



「しばき隊」と同じように中指立てて、がなってる下品な輩が何人もいますね。
これって本当にデモなんですかね?



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

安倍総理、防衛大学校の卒業式で訓示

22日、安倍総理は防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式に出席しました。安倍総理は訓示の中で
自衛隊の活動にふれ「昼夜を分かたず救助活動にあたる自衛隊員の姿に、どれほど元気づけられた
ことか」「行方不明者の捜索を懸命に続ける自衛隊員の姿は、国民に大きな勇気を与えてくれた」
と感謝の意を示したうえで「今ほど自衛隊が、国民から信頼され頼りにされている時代はない」と
激励しました。
さらに、「世界中から感謝の声が寄せられ」「国際的に高い評価を受けている」「自衛隊は、もっ
と世界の平和と安定に貢献できる。世界は、諸君に大きく期待している」と語り、自衛隊は世界中
から称賛される存在だということを誇りました。
また安全保障問題について、「日本を取り巻く現実は、いっそう厳しさを増している」「日本近海
の公海上において、ミサイル防衛のため警戒にあたる米国のイージス艦が攻撃を受けるかもしれな
い。これは机上の空論ではない。現実に起こりうる事態である。その時、日本は何も出来ないとい
うことで、本当によいのか」と指摘し疑念を示しました。
さらに「平和国家としての歩みは、これからも決して変わることはない」「現実から乖離した観念
論を振りかざして、これまでの歩みを踏み外すことは絶対にない。我が国の立場は明確だ」
「平和国家という言葉を口で唱えるだけで、平和が得られるわけではない」「もはや現実から目を
背け、建前論に終始している余裕はない」「現実に即した具体的な行動論と、そのための法的基盤
の整備。それだけだ」「私は現実を踏まえた、安全保障政策の立て直しを進めていく」として集団
的自衛権行使の必要性と、自衛隊の活動などに関する法整備を進める意欲を示しました。

防衛大で卒業式

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014年3月22日 朝日新聞デジタルより

「現実踏まえた安保政策に」 首相、防大卒業式で訓示

安倍晋三首相は22日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示し「必要なことは現実に即
した具体的な行動論と、そのための法的基盤の整備。現実を踏まえた安全保障政策の立て直しを進
める」と述べ、憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認が必要との認識を強調した。
首相は「日本近海の公海で、ミサイル防衛のため警戒にあたる米国のイージス艦が攻撃を受けるか
もしれない」と指摘。「これは机上の空論ではない。現実に起こりうる。そのときに日本は何もで
きないということで本当に良いのか」と疑問を投げかけた。
そのうえで「平和国家という言葉を唱えるだけで平和が得られるわけではない。現実から目を背け
建前論に終始している余裕もない」と述べた。一方、首相は「戦後68年間にわたる平和国家として
の歩みはこれからも決して変わることはない。現実から乖離した観念論を振りかざして、これまで
の歩みを踏み外すようなことは絶対にない」とも表明した。
訓示では、日露戦争のあと学習院長になった乃木希典陸軍大将が、「軍人に教育などできるのか」
との批判に「どんな任務が与えられても誠実にまごころをもって全力を尽くす」と答えたとの故事
を引用。「諸君にはその覚悟をもってもらいたい」と激励した。
防衛大の今年度の卒業生は434人(女性30人)。うち任官拒否は10人と3年ぶりに2桁に増えた。
中退者は91人だった。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
安倍晋三首相が22日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で述べた訓示の全文は
以下の通り。

防衛大で卒業式01

防衛大卒業式での安倍首相の訓示全文

本日、伝統ある防衛大学校の卒業式にあたり、これからの我が国の防衛を担うこととなる諸君に心
からお祝い申し上げます。 卒業、おめでとう。
諸君の誠にりりしく、希望に満ちあふれた雄姿に接し、自衛隊の最高指揮官として、心強く、頼も
しく思います。
また、学生の教育に尽力されてこられた、国分学校長をはじめ、教職員の方々に敬意を表します。
日頃から防衛大学校にご理解とご協力をいただいているご来賓・ご家族の皆様には、心より感謝申し
上げます。
本日は、諸君がそれぞれの現場へと巣立つ良い機会ですので、内閣総理大臣そして自衛隊の最高指
揮官として、一言申し上げさせていただきます。
今日は22日。15年前の11月、中川尋史(ひろふみ)空将補と門屋義広1等空佐が殉職したのは22日
でありました。まずは諸君とともに、お2人のご冥福を心よりお祈りしたいと思います。
突然のトラブルにより、急速に高度を下げるT―33A。この自衛隊機から、緊急脱出を告げる声が
入間タワーに届きました。「ベール・アウト」。しかし、そこから20秒間。事故の直前まで2人は
脱出せず、機中に残りました。眼下に広がる、狭山市の住宅街。なんとしてでも、住宅街への墜落
を避け入間川の河川敷へ事故機を操縦する。5千時間を超える飛行経験、それまでの自衛官人生の
すべてをかけて最後の瞬間まで、国民の命を守ろうとしました。2人はまさに命をかけて自衛隊員
としての強い使命感と責任感を、私たちに示してくれたと思います。
「雪中の松柏、いよいよ青々たり」という言葉があります。雪が降り積もる中でも青々と葉をつけ
凛とした「松」の木のたたずまい。そこに重ねて「いかなる困難に直面しても、強い信念を持って
立ち向かう」人を称える言葉です。勿論、このような事故は二度とあってはならない。
我々は、そのために全力を尽くさなければなりません。
しかし、国家の存立にかかわる困難な任務に就く諸君は、万が一の事態に直面するかもしれない。
その時には、全身全霊を捧げて国民の生命と財産、日本の領土・領海・領空は、断固として守り抜く。
その信念を、堅く持ち続けてほしいと思います。そのために、どんな風雪にもビクともしない、あの
「松」の木のごとく、諸君には、いかなる厳しい訓練や任務にも耐えていってもらいたいと思います。
厳しい冬の中で「松」の木の青々とした姿は周囲の見る人たちを、大いに励ましてくれるものであり
ます。
2月の大雪災害において、雪で閉ざされ孤立した集落の人たちが、昼夜を分かたず救助活動にあたる
自衛隊員の姿に、どれほど元気づけられたことか。
昨年、豪雨被害を受けた伊豆大島でも、行方不明者の捜索を懸命に続ける自衛隊員の姿は、国民に大
きな勇気を与えてくれました。今ほど、自衛隊が、国民から信頼され頼りにされている時代は、かつ
てなかったのではないでしょうか。
諸君には、その自信と誇りを胸に、どんな困難な現場にあっても、「国民を守る」という崇高な任務
をまっとうしてほしい。そして、国民に安心を与える存在であってほしいと願います。
常に国民のそばにあって、気高く存在する「雪中の松柏」たれ。諸君には、こう申し上げたいと思い
ます。 自衛隊員を頼りにするのは、今や、日本だけではありません。
マレーシアでは、行方不明となった航空機の捜索に協力しています。
フィリピンの台風被害では、1,200人規模の自衛隊員が緊急支援にあたり、世界中から感謝の声が寄
せられました。
ジブチや南スーダンでもセ氏50度にも及ぶ過酷な環境のもと、高い士気を保つ自衛隊の姿は、国際的
に高い評価を受けています。
冷戦後の地域紛争の増加、テロによる脅威。変わりゆく世界の「現実」を常に見つめながら、自衛隊
は、PKOやテロ対策など、その役割を大きく広げてきました。
自衛隊の高い能力をもってすれば、もっと世界の平和と安定に貢献できるはず。世界は、諸君に大き
く期待しています。
今日、この場にはカンボジア、インドネシア、モンゴル、フィリピン、大韓民国、タイそしてベトナムから
の留学生諸君もいます。日本は諸君の母国とも手を携えて、世界の平和と安定に貢献していきたい。
ここでの学びの日々で育まれた深い「絆」をもとに、諸君には母国と我が国との「友情の架け橋」に
なってほしいと願います。
日本を取り巻く「現実」は、いっそう厳しさを増しています。緊張感の高い現場で今この瞬間も士気
高く任務に当たる自衛隊員の姿は、私の誇りであります。
南西の海では、主権に対する挑発も相次いでいます。北朝鮮による大量破壊兵器や弾道ミサイルの脅
威も深刻さを増しています。
日本近海の公海上において、ミサイル防衛のため警戒にあたる米国のイージス艦が攻撃を受けるかも
しれない。これは「机上の空論」ではありません。「現実」に起こりうる事態です。そのときに日本
は何もできない、ということで、本当によいのか。
戦後68年間にわたる、我が国の「平和国家」としての歩みは、これからも決して変わることはありま
せん。「現実」から乖離した「観念論」を振りかざして、これまでの「歩み」を踏み外すようなこと
は、絶対にない。我が国の立場は、明確です。しかし平和国家という「言葉」を口で唱えるだけで、
平和が得られるわけでもありません。もはや「現実」から目を背け、「建前論」に終始している余裕
もありません。必要なことは「現実」に即した「具体的な行動論」と、そのための法的基盤の整備。
それだけです。私は「現実」を踏まえた、安全保障政策の立て直しを進めて参ります。
すべては国民と主権を守るため。諸君におかれても、その高い意識を持って、いかなる「現場」でも
現状に満足することなく、常に高みを目指して、能動的に任務にあたってもらいたいと思います。
「唯 至誠を以て 御奉公申上ぐる一時に至りては 人後に落ちまいと 堅き決意を 有している」
日露戦争のあと学習院長に親任された乃木希典陸軍大将は、軍人に教育などできるのか、との批判に
こう答えたと言います。どんな任務が与えられても、誠実に、真心をもって全力を尽くす。その一点
では、誰にも絶対に負けない。その覚悟をもって、諸君には、これからの幹部自衛官としての歩みを
進めていってもらいたいと思います。その第一は何よりも、諸君を支えてくれる人たちへの感謝の気
持ちです。
乃木大将は、常に第一線にあって、兵士たちと苦楽をともにすることを、信条としていたと言います。
諸君にも、部下となる自衛隊員たちの気持ちに寄り添える幹部自衛官となってほしい。
同時に、諸君を育んでくださったご家族への感謝の気持ちを、忘れないでほしいと思います。
本日も、本当に数多くのご家族の皆さんが、諸君の晴れ舞台を見るためにご参列くださっています。
私も最高指揮官として、大切なお子さんを自衛隊に送り出してくださった皆さんに、この場を借りて
心から感謝申しあげたいと思います。
お預かりする以上、しっかりと任務が遂行できるよう万全を期し、皆さんが誇れるような自衛官に育
て上げることをお約束いたします。
最後となりましたが、諸君の今後のご活躍と、防衛大学校の益々の発展を祈念し、私の訓示といたし
ます。






テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。