筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敬頌新禧

平成29年 丁酉(ひのととり)

皆様、明けまして御目出度うございます。
皇紀2677年を迎えるに当り、皆様の平安とご多幸を祈念申し上げます。

酉年 恭賀新年







スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

皆様、良いお年を

本年も拙ブログに、多くの皆様方に訪問いただき、本当にありがとうございました。
今年は思うように時間がとれず、書きたい事の半分もアップすることが出来ませんでした。
天皇陛下の「譲位」のお言葉には、敢えて個人的な意見を書くことは控えました。
畏れ多いとともに、知識薄弱な者が2600年以上の伝統を紡いできたご皇室に対して、
あれこれと言えるものではない、と判断した次第です。

今年も産経新聞の『号外で振り返る平成28年』より、個人的に印象深かった記事を選ん
でみました。


2016年産経号外88
読売新聞の読者が選ぶ「日本10大ニュース」
では4位でした



2016年産経号外416  2016年産経号外527  2016年産経号外69


2016年産経号外624  2016年産経号外1027  2016年産経号外118


2016年産経号外119  2016年産経号外1216  2016年産経号外1228


<テロ関連>
2016年産経号外322テロ  2016年産経号外613テロ  2016年産経号外73テロ


2016年産経号外715テロ


<スポーツ他>
2016年産経号外 番外






テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

「勤労感謝の日」に思うこと

11月23日は「勤労感謝の日」。祝日法では「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」
となっています。 戦前の祭日だった「新嘗祭(にいなめさい)」に由来します。
新嘗祭は新穀の収穫を祝い、翌年の五穀豊穣を祈念する収穫祭で、1300年以上まえ、皇極天皇(飛鳥時代)
の時代に始まったと伝えられ、万葉集の和歌でも詠われています。
宮中では、身を清められた天皇陛下が神々に新穀を供えて一年の収穫を感謝するとともに、自らも食すること
により、国に稔りをもたらす力を得られるとされています。朝廷だけでなく、全国各地の農村においても新穀
への感謝の祭りが行われてきました。いわば、皇室と民間とが一体となった秋の「感謝祭」なのです。


kinen.jpg


11月23日は、1873(明治6)年の太政官布告により1947(昭和22)年までは「新嘗祭」という
祝祭日でした。1948(同23)年に「国民の祝日に関する法律」により「勤労感謝の日」になりました。

祝日と祭日



2016年11月21日All About NEWSより
http://news.allabout.co.jp/articles/c/466319/
11月23日は「勤労感謝の日」 その由来は?

2016年11月23日は「勤労感謝の日」。「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」
という趣旨で制定された国民の祝日ですが、なんとなく掴みどころがないと感じている方も多いでしょう。
そもそも由来は何なのか? 意外と知らない「勤労感謝の日」について説明します。

■勤労感謝の日」の由来~新嘗祭
「勤労感謝の日」は、新嘗祭(にいなめさい)という祭祀に由来します。
「新」は新穀、「嘗」は奉る、舌の上にのせて味をためすという意味で、「新嘗」はその年に収穫された新
穀を神様に奉って恵に感謝し、口にすることを表しています。新嘗祭の歴史は古く、『日本書記』には飛鳥
時代に行ったという記述があります。現在でも新嘗祭は宮中をはじめ全国の神社で行われており、五穀豊穣
を祈願する祈年祭と相対する重要な祭祀とされています。とくに宮中では、天皇陛下が自らお育てになった
新穀を奉るとともに、その新穀をお召し上がりになります。新嘗祭は宮中恒例祭典の中の最も重要なものと
され、新天皇が即位の礼の後、初めて営まれる大規模な新嘗祭を大嘗祭(だいじょうさい)といいます。
新嘗祭が「勤労感謝の日」になったのは1948年(昭和23)で、戦後のGHQの占領政策により改められ
ました。

■なぜ11月23日なの?
「勤労感謝の日」のもとになっている新嘗祭は、旧暦では11月の第2卯の日に行われていましたが、のち
に11月23日に固定され、「勤労感謝の日」に引き継がれました。日付が11月23日になった理由は、
新暦の導入にあります。1873年(明治66)に太陽暦(グレゴリオ暦)が導入された際、旧暦11月の
第2卯の日を新暦にあてはめると翌年の1月になってしまうため、新暦の11月第2卯の日で行うことにし
ました。それが11月23日だったのです。そして、翌年からは日付が変動しないよう11月23日に固定
され、現在に至ります。

■感謝の気持ちを表して
古来、日本人は命を支える「食」を大事にし、神聖なものとしてきました。そして、祭事を通して天の恵み
に感謝をささげてきました。まつり(祭り、祀り、奉り、政り)の原点もそこにあります。
農耕を営み、米を主食とする日本人が、新嘗祭を最も重要視したのも頷けることでしょう。
このような日本人の感性は、日常にも息づいています。おいしいご飯がいただけることに感謝するだけでな
く、食事に至るまでの多くの人の働きにも感謝をしたい……こうした思いを表したのが、「いただきます」
「ごちそうさま」ということばです。
(「いただきます」「ごちそうさま」の意味 https://allabout.co.jp/gm/gc/390299/

現在は農作物に限らずすべての生産を祝い勤労をねぎらう「勤労感謝の日」になっていますが、その由来か
ら、日本人が育んできた深い思いや感謝の念を感じることができます。 (三浦 康子)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2015年12月23日 産経ニュースより
http://www.sankei.com/region/news/151223/rgn1512230001-n1.html
神道の命運左右した「視察」
GHQに新嘗祭見せよ…占領政策から神社守った宮司の戦い
連合国軍総司令部(GHQ)の占領下にあった日本で、神社の命運を左右した「視察」が70年前、所沢市の
中氷川神社で行われた。GHQによる国家神道への実態調査で、昭和20年12月15日に発令された神道指
令に大きな影響を及ぼしたとされる。準備期間はたった3日。進駐軍への恐怖を抱きながら、視察を受け入れ
た宮司の静かな戦いがあった。 (さいたま総局 川峯千尋)

■「神社を破壊すべき」過激意見もあったGHQ
「3日後に、新嘗祭を総司令部の係官に見せてほしい」。同年11月22日、中氷川神社の山口文治宮司=当
時(60)=は、突然来訪した内務省神祇院考証課の宮地直一課長=同(59)=からこう告げられた。
当時、神道は「国家神道」として優遇され、宗教ではないとみなされていた。一方、日本の非軍事化・民主化
を進めていたGHQ内では、天皇を頂点とした精神的な団結力が日本人を戦争に突き動かしたという考えから、
日本人の精神的改革のため「神社を破壊すべきだ」という過激な意見もあった。
教育・宗教を所管した民間情報教育局(CIE)は神道に対する日本人の考え方を知ろうと靖国神社(東京)
を視察。さらにケン・ダイク局長は、CIE顧問を務めていた宗教学者、岸本英夫氏=同(42)=に「どこか
民間の神社の祭りを見たい」と希望を出した。条件は「11月25日、場所は司令部からジープで1時間以内」
だった。

■神主苦悩「万が一あれば累は全神社に及ぶ」
宮地課長を通じて白羽の矢が立ったのが、中氷川神社だった。現在の朝日達夫宮司(67)は「社格制度で県社
として認められていたことや、宮地さんが神社を訪れていたことで選ばれたのではないか」と推察する。
その宮地課長は「万一、悪い印象を与えれば全神社の浮沈にも関わる。そういう事情をくんで、どうか引き受
けてほしい」と頼み込んだ。辞退したものの、押し問答の末に視察を受け入れた山口宮司は、手記で「軽々し
く引き受けられるものではなかった。万一のことがあれば、自分の身はどうあれ、その累は全神社に及ぶのだ」
と苦悩をつづった。
「新嘗祭を3日で準備するなんて、常識じゃ考えられない。ましてや『鬼畜米英』と恐れられた時代です」と、
朝日宮司は先代の決断に思いを馳せる。
「祭典に関しては誰も絶対に口出しはしない」。それが山口宮司の出した条件だった。
「命がけで奉仕するのに、いちいちだめ出しをされたら到底務められない」。決意の下に、氏子総代や家族を
巻き込んだ嵐のような3日間が始まった。

■「外国人正座できない」食材集めに奔走も
連合国軍総司令部(GHQ)の視察を引き受けた中氷川神社(現所沢市)の山口文治宮司=当時(60)=は、
すぐに地域の氏子総代を集めて事情を説明し、新嘗祭の準備に取りかかった。
戦後の困窮の中で、お供え用の野菜や魚は氏子らが持ち寄り、酒は国の機関である神祇院などから提供され
ることになった。「外国人に正座はできないだろう」と、戦時中、境内に滞在した陸軍通信隊が残した机を
直会(なおらい)の会場に並べた。外国人用の仮便所も作った。
つい先日まで「鬼畜米英」と呼んだ相手をもてなすため、人々は奔走した。

■「娘たちにいたずらされたら…」
難題は、舞姫だった。新嘗祭に奉納舞は欠かせない。しかし、「娘たちにいたずらでもされたら大変だ」と
誰もが怖がった。「そこで山口姉妹の出番だったんです」と笑うのは、山口宮司の四女、平野順子さん(75)
だ。5歳だった平野さんは、4人姉妹の姉が踊ったのを覚えている。社務所に疎開していた宮内省楽部の多
(おおの)忠朝楽長=同(62)=の娘も舞姫にかり出された。
迎えた昭和20年11月25日。ジープで乗り付けた民間情報教育局(CIE)の一行は、出迎えの町長ら
に機嫌良く日本式の礼を返した。怖いもの見たさか、神社には町中の人が集まって視察の様子を見守った。

■酒を「飲んだふり」で必死のもてなし
拝殿で行われた奉納舞では多楽長が呼んだ宮内省の楽人の演奏と立派な装束が娘たちをあでやかに演出した。
「ワンダフル」。視察を担当したCIEのケン・ダイク局長らはCIE顧問の岸本氏の説明に興奮した様子
で、祭典の様子を写真に収めた。一行は直会で用意された赤飯や煮魚をきれいに平らげ、大きな湯飲みで酒
を何杯も飲み、氏子らは飲んだふりをして少ない酒を回した。
視察を終えて車に乗り込む際、一行の1人が平野さんを抱き上げた。日本人側に緊張が走った。が、ドロッ
プやガムを渡すと優しく抱き下ろし去っていった。「父は私が泣いたら終わりだと思っていたそうです」。
幸い、幼児は笑顔で一行を和ませた。岸本は手記に「歓を尽す。司令部側に対して、よき知識を供給」と記
している。

■ファシズムの施設と全く違う
約3週間後の12月15日、発令された神道指令は政教分離を徹底させたが、神社の取り壊しといった日本
人の精神文化の破壊には踏み込まなかった。
国学院大の大原康男名誉教授(宗教行政)によると、発令までにCIEが視察したのは靖国神社と中氷川神
社だけで、「厳かで優雅な神社の祭典を視察して、ナチズムやファシズムといった全体主義的な施設とは全
く異なるものだと実感したのだろう」と視察の影響を指摘している。

【神道指令】
昭和20年12月15日、GHQが政府に対して発した指令
「国家神道、神社神道ニ対スル政府ノ保証、支援、保全、監督並ニ弘布ノ廃止ニ関スル件」
の略称。
ポツダム宣言で認められた「信教の自由」を前提に、政教分離を目的として出された。
神社を国が管理する「国家神道」を廃止し、神社は宗教法人として存続することになった。



テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

申年 政界展望

1月1日付の産経新聞の5面(総合)面に<平成28年版申年「政界」展望>と題して、過去の申年を振り返り28年の政界を
占った面白い記事がありました。
確かに過去の申年には日本の岐路となるような重要な事が起きており、今年も何か起こりそうな予感がしないでもありません。
衆参同日選挙が行われるかもしれません。ロシアのプーチン大統領の来日を契機として平和条約締結と北方領土問題解決が現実
味を帯びるかもしれません。また、国内で大規模なテロ事件が起きる可能性も否定できません。

1月1日 産経 政界展望

  1月1日 産経 政界展望01
  1月1日 産経 政界展望02



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

「社民党」がクラウドファンディングで資金集め?

11月24日から『ZIPANGO-ジパンゴ 政治家を応援するクラウドファンディング』というサイトにおいて、社民党の
地方若手議員等による「社民党ユース」が、クラウドファンディングによる政治資金出資を募っています。
社民党全国連合常任幹事の山としひろ市議(愛知県江南市)が、11月27日に自身のブログにおいて協力を呼び掛け
ていますが、目標金額¥200,000円に対し、12月5日現在、¥67,000円で出資者数12人という状況です。

http://blog.goo.ne.jp/yama-future/e/38281664f2228e76397f4e1fab1a104f
   社民党全国連合幹事 山としひろ

興味のある方は、以下の『ZIPANGO-ジパンゴ 政治家を応援するクラウドファンディング』を、ご覧になられて下さい。

「未来」・「若者」・「世界」を見据えたユース(若者)活動をしたい!
http://zipango.shootingstar.jp/projects/1932

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

世の中には奇特な方もおられるようで、2万円もする『福島みずほ副党首(参議院議員)と語る会』に1人出資されて
います。私はお金を出すから貰ってくれと頼まれても拒絶しますが、三千円払って『福島みずほの直筆サイン入り色紙』
が欲しいという方が6人もいらっしゃいます。こういう方々の好意により、青息吐息、虫の息の「社民党」が生き長ら
えていられるんですね。
福島瑞穂議員は国会で質問にたてば、あれも駄目これも反対と政府批判を繰り返し、メディアにおいても独特の持論を
唱え安倍批判をまくしたてるかと思えば、原発反対、安保法案反対などの集会に馳せ参じては気勢を上げておられます。
さぞリベラルや左巻きの人々から支持されているのだろうと思いきや、お仲間からも見向きもされなという悲惨な状況
となっています。これが現実というものです…、国民もバカではありませんからね。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
12月4日 面白ニュースjpg
http://netgeek.biz/archives/59343

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

<産経新聞より>
12月5日 産経 社民党の再生は


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

私は、慰安婦問題において、この福島瑞穂氏が重要戦犯の一人だと確信しておりますので、是非とも国会参考人質問
に招聘して、弁護士時代の行状を詳らかにして欲しいと望んでいます。

5月13日 深層NEWSより
櫻井よしこvs福島瑞穂大激論


(見ていない方は是非ご覧ください。櫻井さんの鋭い問いに対する福島氏の反応が見物です)




テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。