筑紫の国の片隅で…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反原発派は熊本地震をも利用したいのか

4月14日夜以来の熊本地震で、お亡くなりになられた方々のご冥福を心より祈念申し上げます。
震度1以上の地震が430回以上も発生しており、予断余許さない状況が今なお続いております。
被災地域の皆様のご無事を願うばかりです・・・。



CgKo09EUUAEAZbR.jpg
ちばてつや「風のように」アニメ公式より)


東日本大震災のときもそうでしたが、今回もネット上では悪質なデマをはじめ、被災者の不安を煽るかのような
とんでもない投稿が散見されます。そんな中の一つに、時事通信が16日に報じた、黒川第一発電所(南阿蘇)に
関する記事に対しての誤解を招くようなツウィートが拡散されていました。
発信元はよく分かりませんが、黒川第一発電所のような被害が川内原発に起きないとは言えないから運転を停止
するべきだ、という趣旨のものです。
反原発の立場から様々な意見や見解を主張するのは自由ですが、発電所の構造や発電システムの事などをきちん
と理解したうえで論理的におこなうべきでしょう。水力発電、火力発電にも原子力発電と同様に発電方式に違い
が有ることすら知らない、としか思えない内容に呆れてしまいます。
黒川第一発電所は水力発電であり、阿蘇谷一帯を流れる黒川から取水した水を導水路でヘッドタンク(水槽)に
貯水したうえで、2本の水圧鉄管で発電所にむけて水を落とし、2台の水車を回転させて発電するシステムです。

黒川第一発電所施設図
(パワーアカデミー 電気の施設訪問レポートより)

時事通信が報じた「地震で崩落した黒川第一発電所の施設」の写真は、上図でも分かるように山頂に有る「水槽」が
崩落したのであり、発電所そのものが崩落したわけではありません。


4月16日 時事 崩落した黒川第1発電所の施設

地震前のGoogleアースで位置関係をみると、以下の様になっています。これを見れば、発電所自体が被害をうけた
訳ではないことが分かります。とはいえ、発電施設の要であるヘッドタンクが崩壊したことにより、県内2番目の
発電量(42000Kw)の発電所が発電不能になってしまいました。
経産省によれば15日現在、熊本県内の水力発電所のうち、大平発電所(50万Kw)、横野発電所(1550Kw)、
竜宮滝発電所(200Kw)の3ヵ所が発電を停止しています。
熊本県内には火力発電所が苓北発電所(140万Kw)の一ヶ所しかなく、電力使用量が増える夏にむけて電力供給が
懸念されます。


黒川第一発電所水槽

黒川第一発電所

共産党など反原発派が大きな地震が起きているから「川内原発を停めるべきだ」と、主張して政府を非難していますが、
川内原発における運転停止の設定値は、補助建屋1階で水平260ガルとなっており、今回マグニチュード7.3を記録した
16日午前1時25分頃の大地震でも12.6ガルで、規定値を下回っていました。
(引用 新電力ネット
http://pps-net.org/column/16562 より)
 なお、川内原発は620ガルまで耐えられるよう設計されています。
(ガル=加速度・・・地震により建物等にかかる瞬間的な力を表す単位)
以上のような状況下において、「川内原発を停めろ」というのは、放射脳害による、根拠の乏しい感情論以外の何もの
でもないと思うのは私だけでしょうか。


<参考>
パワーアカデミー 電気の施設訪問レポート vol.12
九州電力・黒川第一発電所を訪問
http://www.power-academy.jp/electronics/report/rep01400.html





スポンサーサイト

「ドリカム新幹線」が運行開始

7月8、9日にKBC九州朝日放送の深夜TV番組『Duomo』で、『ドォーモ☓ドリカム~ドリカムのPVを九州
の皆と作るのだ!!!』という企画ものをやっていました。ドリカムの中村正人さんからの依頼に応えて、九州新幹線の
イメージ曲「九州をどこまでも」のPVをドォーモが作るという内容。
中村正人さんとドォーモスタッフの斉藤ふみさんの2人で、九州各地をぶらぶらしながら映像素材を集めてまわり、
最後は熊本城で沢山のファンとともにPV撮影。サービス精神旺盛な中村正人さんが印象的でした。
楽しくて二夜連続で見たおかげで完全に寝不足。日中は生あくびの連続でした。


九州新幹線では新たなプロジェクトがスタート! スローガンは「夢をかなえに、今日行こう」
「ドリカム新幹線」特設サイト
JR九州 ドリカム新幹線
http://www.dct-shinkansen.com/


ドリカム新幹線15秒TVCM「宣言篇」(JR九州)


7月7日 西日本 ドリカム新幹線

7月8日 朝日 ドリカム新幹線

201578ORICON STYLE Newsより

ドリカム、九州新幹線でサプライズライブ「ねえ、ありえなくない?

人気ユニット・DREAMS COME TRUEが7日、JR九州とのコラボレーションで、この日から運行開始
された「SPECIALドリカム新幹線」の車内で七夕ライブを開催した。
初日の特別運行に招待された50組100人は、
博多~鹿児島中央を時速260キロで走行する新幹線
の車内にドリカムがサプライズ登場すると大歓声。

織姫ならぬ歌姫・吉田美和の歌声に、驚きとうれしさのあまり涙をぬぐう女性客の姿も見られた。

『ドリカム新幹線プロジェクト』の一環として運行開始された「SPECIALドリカム新幹線」は、車体に
吉田と
中村正人のビジュアル、「あなたのDREAMS大募集!」企画から選ばれた154の夢が書かれた
星型のステッ
カーがラッピングされたスペシャル仕様。

午後4時4分、JR博多駅を発車直後、中村の車内アナウンスに続いて、吉田、中村、バンドメンバー
が登場
すると、座席を外して特別に設けられたステージでサプライズライブが繰り広げられた。
九州新幹線がアーテ
ィストとタッグを組んで車体をラッピングしたり、車内でライブを行うのは今回が
初となる。

「ようこそ、ドリカム新幹線へ!」と挨拶した吉田は、「ねえ、ありえなくない? 新幹線の中だよ!?
ニッコリ。ヒット曲「うれしい!たのしい!大好き!」「サンキュ.」「何度でも」のアコースティッ
クバージョ
ンを演奏したほか、停車した熊本駅のホームでは「九州をどこまでも」を初披露。

乗客、ホームに集まった約300人の観衆とともに大合唱となった。

SPECIALドリカム新幹線」は8月31日まで運行。
この日行われたライブの模様は、九州新幹線のCMとし
て後日放送される予定となっている。


   ドリカム新幹線 車内ライブ 

201578日 ニュースサイト「ナタリー」より

DREAMS COME TRUE、九州新幹線車内でサプライズライブ

DREAMS COME TRUEとJR九州のコラボレーション企画「ドリカム新幹線プロジェクト」の一環として
SPECIALドリカム新幹線」の運行がスタート。昨日7月7日の初日には100名を招待しての特別運行
行われ、この車内でドリカムのサプライズライブが実施された。

特別運行には「ドリカム新幹線プロジェクト」の「あなたのDREAMS大募集!」企画に応募した約5千名
の中から選ばれたドリカムファンが参加。
JR博多駅での出発セレモニーのあと、ドリカムが書き下ろした
キャンペーンソング「九州をどこまでも」
をBGMに、「SPECIALドリカム新幹線」が入線し、ファンを乗せ
てJR鹿児島中央駅に向けて出発した。
発車直後に中村正人による車内アナウンスが流れ、吉田美和と中村、バンドメンバーが座席を外して設け
られ
たステージに登場。ライブが行われることは事前に告知されていなかったため、乗客からは驚きと喜
びの声が
上がった。吉田の「ようこそ、ドリカム新幹線へ! ねえ、ありえなくない?新幹線の中だよ!?
という挨拶
に続き、「うれしい!たのしい!大好き!」「サンキュ.」「何度でも」がアコースティック
バージョンで披露さ
れた。その後は熊本駅に停車して「九州をどこまでも」を披露。
乗客のほか、熊本駅のホームに集まった約300
人のファンとともに合唱し「みんなのおかげで大成功!」
という吉田の言葉でライブが締めくくられた。(略)




熊本市電「COCORO」運行開始

熊本市電の新型車両COCORO」(超低床電車)の営業運転が3日から始まりました。
「COCORO」はJR九州の豪華寝台列車「ななつ星」を手掛けた工業デザイナー水戸岡鋭治さんがデザインを担当。
木材をふんだんに使った内装が特徴だそうです。さしずめ「ななつ星」の市電版という感じでしょうか。熊本に行った
際には、是非乗ってみたいですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
熊本市電「COCORO」出発式



2014年10月04日 西日本新聞朝刊(熊本)より
熊本の新型市電COCORO出発
水戸岡さんデザイン、チンチン電車のイメージ一新

熊本市電の新型路面電車「COCORO(こころ)」が3日、営業運転を始め、同市中央区の交通局で出発式があった。
2両編成で、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭治さん(67)がデザイン。
外観は、熊本城のたたずまいからヒントを得た濃茶色。車内には、カエデとクルミの板を使い、座席の間に大小の
テーブルを置くなど、「チンチン電車」のイメージを一新した。
テープカットした水戸岡さんは「熊本の水と緑と情熱、新しいまちづくりをやる心意気を表現した」。
豪華さではなく「こころ」の大切さを込めたという。「COCORO」は、JR熊本駅と繁華街などを結ぶ全2系統を走る。

cocoros01.jpg

cocoros02.jpg cocoros03.jpg

2014年10月04日 読売新聞(九州)より
ななつ星みたいな市電「COCORO」発車
熊本市電の新型超低床電車「COCORO(こころ)」(2両編成)の運行が3日、始まった。
JR九州の豪華観光寝台列車「ななつ星in九州」を思わせる落ち着いた濃い茶色の外観で、新たな市電の顔として
人気を集めそうだ。市電の開業90周年を記念して導入。数多くの鉄道車両を手がけている工業デザイナー、水戸岡
鋭治さんがデザインした。同市中央区大江の市交通局大江車庫で出発式があり、来賓として招かれた水戸岡さんは
「この車両が、街づくりをみんなで考えるきっかけになれば素晴らしい」とあいさつ。テープカットの後、関係者を乗せ
た「COCORO」は、近くの九州学院みどり幼稚園の園児約40人に見送られながらゆっくりと街中へ向かって走り出し
た。運行予定は、毎日午前9時頃に市交通局のホームページに掲載される。

cocoros04.jpg

2014年10月04日 産経ニュース(九州)より
熊本市電新型車両 COCORO出発進行
JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた工業デザイナー、水戸岡鋭治氏の手による熊本市電の新型車
両「COCORO(こころ)」=写真=の出発式が3日、開かれた。市中心部や熊本城など各所を結ぶ路線に導入され、市民
や観光客の足として活躍する。
幸山政史市長は「熊本の魅力を引き立ててくれる存在になると期待している」とあいさつ。近くの幼稚園からは園児約
50人が集まり、手を振って市電を見送った。
外観は熊本城天守閣の黒い壁板を意識し、高級感のある濃い茶色の塗装を施した。床やテーブルにカエデなどの木材
をふんだんに使った温かみある内装で「森と水の都」を表現した。高齢者や車椅子利用者も乗り降りしやすい超低床車
両となっている。

cocoros5.jpg

2014年10月04日毎日新聞(熊本)より
超低床車両「COCORO」出発進行
熊本市電が新たに導入した超低床車両「COCORO」(2両)の運行が3日、スタートした。
同市中央区の大江車庫で出発式があり、関係者らが参加して運行開始を祝った。
COCOROは、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星」を手がけた工業デザイナーの水戸岡鋭治さんが車両デザインを
担当した。停留所との段差がないバリアフリー仕様で、外装は熊本城をイメージした濃い茶色のメタリック塗装。
折りたたみ式ベンチやテーブルなどの内装に可能な限りの木材を使用し、「森と水の都くまもと」を表現しているという。
出発式で、幸山政史市長は「熊本の街の魅力を大いに引き立ててくれる存在になることを期待している」とあいさつ。
水戸岡さんは「COCOROが走ることで、街づくりを皆で考え直すきっかけになれば」と話した。
その後、関係者らを乗せたCOCOROは大江車庫近くの九州学院みどり幼稚園の園児約40人の見送りを受けながら
同車庫を出発して街を走り始めた。 【井川加菜美】



テーマ:地域のニュース - ジャンル:ニュース

阿蘇が「世界ジオパーク」に認定

9月23日、パリに本部を置く『世界ジオパークネットワーク』が、「世界ジオパーク(世界的に貴重な地形や地質が残る自然公園)」に、
熊本県の「阿蘇」を認定しました。日本国内では、島根県隠岐諸島に続き7件目の認定になります。
熊本県北東部に位置する阿蘇は、今も噴煙を上げ続けている中岳など多様な火山地形が広がる高原地帯で、阿蘇山の巨大噴火に
よるカルデラは面積が約350㌔㎡にも及んでいて世界最大級の規模を誇っています。2009年に日本ジオパークに認定されていました。

阿蘇01

阿蘇02


……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

2014年9月24日 産経ニュースより

九州・山口は世界遺産“宝庫”?

九州・山口にこの1、2年で世界遺産ブームが到来するかもしれない。エリア内に構成資産の大半がある「明治日本の産業革
命遺産」は来年に世界遺産登録される可能性があり、「長崎の教会群」も再来年の登録を目指しているからだ。
だが、探してみると海外の著名世界遺産に似ているスポットが、九州・山口には数多く存在する。ブーム前夜、身近な場所で
世界遺産旅行の気分を味わってはいかがだろうか。 (田中一世)

「壱岐のモンサンミシェル」「和式のモンサンミシェル」こう呼ばれる場所が、長崎県の壱岐島にある。
島東部にある直径わずか約60メートルの島に立つ小島神社だ。干潮になると壱岐島から小島に通じる約200メートルの
砂地の参道が姿を現し、徒歩で参拝することができる。

小島神社

フランス北西部の海上に浮かぶ小島の修道院「モンサンミシェル」も、今でこそ橋が架かっているが、昔は満潮時に渡る
のが難しかった。カトリックと神道の違いはあれど、潮が引けば参拝できる巡礼地、というのが共通点だ。
壱岐市観光連盟によると、小島が「モンサンミシェル」と呼ばれ始めたのは昨年ごろ。誰が名付けたのかは謎だが、パワ
ースポットとして観光客が増え始めた。
フランスのモンサンミシェルは1千を超える世界遺産の中でも有数の人気観光地なだけに、地元は観光客誘致に期待を
寄せる。市観光連盟の担当者は、「こちらも神秘的な場所です。恋愛成就に効果があるそうで、女性に人気がある」と
アピールする。小島神社の後藤須々美宮司は、「自然の不思議に神々の気配を感じてほしい」と語る。

自然が造った奇景を楽しみたければ、英・北アイルランドの「ジャイアンツ・コーズウェー」に似ていると話題の七ツ釜(佐
賀県唐津市)がおすすめだ。ジャイアンツ・コーズウェーは、石の柱(柱状節理)が、海岸線沿いに続く景勝地だ。
太古の火山活動で流れ出たマグマが冷えて固まって形成された。七ツ釜も大規模な柱状節理が見られる。しかもこちら
は、海に浸蝕され柱状節理に多数の洞穴(海蝕洞)が空いている。船で洞穴に入ることもでき、本場北アイルランドには
ない楽しみがある。今月6日に関東などで放送されたテレビ東京の旅番組でも取り上げられた。

七ツ釜

自然遺産では中国四川省の湖水地帯「九寨溝(きゅうさいこう)」も有名だ。青く透き通った水をたたえる五彩池が知られる
が、山口県美祢市には、勝るとも劣らないほど青く美しい別府弁天池がある。

別府弁天池

訪れた人が、「九寨溝っぽい」 「日本の五彩池と呼びたくなるような美しい池」などとインターネット上で紹介している。
ただ、別府弁天池のボランティアガイドの男性は「中国人観光客も来られるが『似ている』と言われたことはありません。
私も九寨溝のことはよく知らないのですが…」と語る。
ネットで話題が先行している段階のようだが、美祢市観光協会の担当者は「見た人に『似ている』と思ってもらえるなら、
『日本の九寨溝』として今後PRできるかもしれませんね!」と期待を寄せている。
美祢市が期待するように、「世界遺産」をからめた観光アピールで成果を出している地域もある。

大分県宇佐市の山あいにある西椎屋地区
頂上が尖った円錐形の小山(高さ約200メートル)が、世界遺産でもモンサンミシェルと並んで屈指の人気を誇るマチュ
ピチュ(ペルー)の聖なる山「ワイナピチュ」に似ている。その麓には集落の家屋と棚田の石垣があり、マチュピチュの
城壁に見えなくもない。
住民グループ「大銀杏の会」が平成22年、近くの高台に案内板を設置し、本場ペルーのマチュピチュの写真を掲載、見
比べられるようにし、「宇佐のマチュピチュ」としてPRしている。そのそっくり具合は、産経新聞でも既報した。
宇佐市職員で大銀杏の会事務局長の井上涼治氏は「マスコミにも取り上げられ、今夏は次から次へと見物客が来てくれ
た」と喜ぶ。大銀杏の会はさらなる観光客誘致に向け、駐車場と展望台の整備を市長に要望しているという。

西椎屋地区

宇佐と同じ大分県豊後大野市の「原尻の滝」は地元観光協会のホームページや旅行サイトなどが「東洋のナイアガラ」
「大分のナイアガラ」と紹介している。確かに落差20メートル、幅120メートルの滝は米国とカナダ国境の大瀑布を思い起
こさせる。ただ、本場「ナイアガラの滝」は、意外なことに世界遺産に登録されていない。

「原尻の滝」





テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

クルーズトレイン「ななつ星in九州」が公開

9月13日、「九州版オリエント急行」を目指した日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」が公開
されました。総工費は約30億円!! 10月15日から運行を始めるようです。
3泊4日コースの「DXスイートA」は、なんと1室2人で約113万円だそうです。それでもツアーの予約は
来年6月まで埋まっているとのこと。2014年7~9月分の予約は、来年1月上旬から受け付けるそうです。

 

 クルーズトレイン「ななつ星in九州」JR九州
 http://www.cruisetrain-sevenstars.jp/index.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~2013年9月13日 産経ニュースより

◇「ななつ星」総工費30億円の車両初公開! JR
JR九州は13日、豪華寝台列車「ななつ星in九州」の車両を、報道陣に初めて公開した。
〝和〟をテーマに、総工費約30億円をかけ内装から調度品までこだわった。
10月15日に運行を始める。1編成7両で、今回の公開は1~3号車。
1号車はソファやバーカウンターがあるラウンジカー、2号車は食事をするダイニングカー。
3~7号車が計14室の客室で、全室にシャワー、トイレを完備している。
最も高価な3泊4日コースの「DXスイートA」は、1室2人で最高約113万円。
JR九州が募集する予約は、既に来年6月まで埋まっており、倍率は7~9倍に上った。

 

◇高級感あふれるこだわりの内装 九州版オリエント急行・ななつ星公開
JR九州は13日、「九州版オリエント急行」を目指し10月15日に運行を始める豪華寝台列車
「ななつ星in九州」の車両を、小倉総合車両センター(北九州市)で報道陣に初公開した。
総工費30億円。磨き上げたワインレッドの外観、内装は高級材を使い、調度品にまでこだわった
高級感あふれる列車が誕生した。ななつ星は機関車と客車の8両編成で、このうちピアノも備える
ラウンジカーとダイニングカー、スイート2室の客車を公開した。
車内は高級木材をふんだんに使った洋風の造りに、組子細工を壁にあしらうなど和の雰囲気を
取り入れた。
客室の洗面鉢は、有田焼の人間国宝で今年6月に亡くなった十四代目酒井田柿右衛門氏の作品
を使った。

 


ななつ星は1泊2日と3泊4日の2コースで九州の観光地を巡る。1人当たり最高55万円の価格設定
だが、首都圏を中心に応募が殺到している。
予約受け付けを終了した来年6月出発分までの抽選倍率は10倍近くになった。
来年7~9月分の予約は1月上旬から受け付ける。
-------------------------------------------------------------------------------------
~2013年9月11日 産経ニュースより
ななつ星専用バスも高級感 列車と同じあずき色
JR九州は11日、10月に運行開始する豪華寝台列車「ななつ星in九州」の乗客が駅から観光地などに
向かう際に使う専用バスを、福岡市で報道陣に公開した。外観は列車と同じ深いあずき色で、高級車
並みの光沢感を出すなど、こだわりが詰まった車体となった。
ななつ星の列車と同じく水戸岡鋭治氏がデザインし、既存の貸し切りバスを約3千万円かけて改造した。
外装は「トヨタ自動車の高級車ブランド『レクサス』と同じ手法」といい、通常1回のところを3回に

分けて塗装し、輝きのある重厚な仕上がりに。
内装は天井や床、肘掛けなど一面に木材をふんだんに使い、落ち着いた雰囲気。座席は32席と通常より
ゆったりとしたつくりで、景色が見やすいよう、左右で位置をずらすなど細かい工夫を凝らした。

 

 

 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。